・・・されど役者的妹尾blog

太く拡げよう僕の細道   since.2006.4.14
3

除夜の鐘に誓う






「ゲキ塾。」の正太こと森川拓也が男になります。


イツミこと山本いつみが女になります。



なんか、大人の階段的なことじゃなくて、グンと立派に成長するって意味で。

12月に、「ゲキ塾。」プロデュース第三弾として、普段からお世話になっているI&Iファクトリーさんによる


第1回 TONOGEKI演劇祭開催

戸野廣浩司記念劇場


に参加させていただく運びとなりました。

ただいま絶賛本読み中で、キャスティングの真っ最中でもあります。

果たしてどのようなことになるのか、とても楽しみ。

若いパワーを爆発させていきますばい!


静かに、でも激しく見守りたいと思います。

どんどん先輩連中を脅かす役者が出てきて欲しいものです。









「どうしてここにいるんですかっ! 帰って!」



どうしてここにいるんですか?









**********************************



<とびだせ新選組!>

→ http://tobidase.net/index.html



この映画に出演することが決まりました。

ちょっと前に書いたのですが、昔お世話になっていた師匠からのお誘いです。

とってもポップな脚本です。

とっても楽しめそう・・・そしてなによりも懐かしいメンバーとの再会が!







メタルダーが終わった時、<夜想会>という演劇集団を運営していた野伏翔さん(恩師)が、レッスン中にこんなことを言われました。



「妹尾、もっともっと自分を磨いてみたいと思うのなら、舞台をやれ! 芝居の奥深さと楽しさ、厳しさなんかも全部つまってるぞ!」



二つ返事で。

そうこうしているうちにシェークスピアだの福田善之だの筒井康隆やら清水邦夫・・・なんてハマっていきまして。




当然、最初は何も出来ませんから怒られっぱなしで。



「ホントすいません、アホなんで何も分かりません!」


って大声で言うのが日常的な挨拶にまでなっていました。





「妹尾、お前は芝居はさっぱりだけど勢いとパワーはある。十分ある。いいところだけど、これからはそれだけじゃダメだから。多くを学べ。」




って。

ま。

勢いだけで生きていたし芝居もしていましたから。




「小さくまとまらない!」




って言っていたのは、まとまり方が分からなかっただけで、もう少し外郭を形成したいといつも思っていましたもの。






とにかく、20年ぶりくらいに師匠の演出の元、映画に出演させてもらいます。

本日からリハーサルが開始されまして。

今から行ってくるところでごzぁいます。


楽しい作品になること、間違いありませんのでどうぞ楽しみにしていてください!




「別に・・・大人ですから。・・ホントばっかみたいっ!」


別にー、大人ですから






**********************************************




映画<カムイ外伝>でお世話になった M 助監督が先日の<煙が目にしみる>を観に来てくださいました。

いつも飲んで楽しくさせてもらっているのですが、作品作りに関しては厳しい方で。

お酒を飲めない監督が普通に夜中まで付き合って下さるのですが、



「妹尾さん、俺ね、知人だからって何か嘘を作ってモノを言ったりはしません。本当に正直に言います。この舞台、めちゃくちゃ良かったです。感動しました。本当に良かったですよ!」



って、手をギュッと握ってくれて。

熱く熱く語ってくれました。

熱くなりすぎて、飲み屋に携帯電話を落として帰りましたが、ま、いつものことで。





その監督が自分で作品を作ると言うことで読んでいただきました。

脚本、ものすごい不思議な感じの、面白そうなもの。

今スケジュールを縫い縫いしるところですが月末から始まります。


そのまえにオールキャストが集まって顔合わせを!という連絡が、これまた別の知り合いの助監督さんからありました。

それも<カムイ外伝>のときにお世話になった方。




「なんで!?」


「いや、もうこうなったら皆で全面的に応援しようと言うことになって。 M さんを盛り上げていきますわ。妹尾さん、いろいろとまたよろしくお願いします!」





もう涙ちょちょ切れモノ!

懐かしい、あの懐かしい戦友達がまた一堂に会します!



わーいわーい、がんばるぞおお!





「私、後悔なんてしてません。・・・私たち純粋に恋人同士だったんです。」

私、後悔なんてしてません。







*****************************************************







喉仏は、どうして喉仏というか、ご存知ですか? それは喉の骨が、ちょうど仏様が座って、手を腕の前で組んだような形をしているからです。喉仏がくずれずにきれいに残っている方は、

生前たいへん良い行いをされた方です。

さあ、ご覧下さい・・・。」



のど仏








身体に気を付けて除夜の鐘を迎えようじゃないですか!






該当の記事は見つかりませんでした。

3 Comments

僚 says..."はじめましてm(__)m"
はじめましてm(__)m兵庫県在住の僚と申します。私はこれまで見た映画の中で「月の夜☆星の朝」が一番大好きです!同じ兵庫県出身と言う事もあり、青田浩子さんのファンです♪ 突然失礼かと思いますが、浩子さんはお元気でしょうか?
2011.10.10 22:36 | URL | #- [edit]
ピクミン says...""
まとまり方がわからなかっただけ・・・
すいません、笑ってしまいました!www

JINとは逆バージョンですね。でも面白そうですね。
どの役をされるんでしょう。気になります。
永井刑事部長?。それとも藤堂平助?。
魁先生との異名があり、品行の悪さから近藤に遠ざけられた
と、ありましたが・・・・・wwwww(by wiki)

そんなことを考えたりするのもチョット楽しかったです。
くれぐれもご自愛くださいませ(=^・^=)vv
2011.10.10 20:46 | URL | #- [edit]
へから夫人 says..."大掃除のスケジューリングは っと・・。"
10月になったなぁと思っていたのに、もう除夜の鐘の話!?そうか・・・もう年賀状の心配もそろそろ・・・。

と思わずには居られなかったタイトルです。

多忙を極めているようですが、本当にいちファンとして嬉しく思います!(^-^)
楽しみが押し寄せてくる感じです。

ぜーんぶ片付くころに、買ったバイクでwelcome to KANSAI!!
2011.10.10 17:32 | URL | #no8j9Kzg [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://gekijuku.blog27.fc2.com/tb.php/949-1a421701