・・・されど役者的妹尾blog

太く拡げよう僕の細道   since.2006.4.14
1

ドレスの教え





チャイナドレスのおねいちゃんが、私に膝枕をしてくれてます。

このおねいちゃん、背が高くて、ぼんきゅっぼんで、素晴らしく健康そうな肉体美。

ドレスの上からでもはっきりと分かるスタイルの良さです。

どこかで見たことがある顔なんだけど、記憶を辿っても出て来ない・・・。



私の髪を指先でそっとすべらせながら、優しいまなざしを向けています。

シルクの肌触りと弾力を感じる太ももで、ほっぺが柔らかくて良い気持ち。

寝ころんだまま思い切り伸びをしますと、身体を反らしてそれに呼応してくれます。


じっと見つめたまま。




なんか、惚れそう。

おお、もう、なんか・・・はい、好きですって言いそうな。




すると、そのおねいちゃんが言いました。





「じっとしてて・・・そのままじっと・・・。ゆっくり寝てるといいわ。じっと、じっと・・。」





わーいわーい! 楽しい感じになってきそうだぞ、って起きあがろうとするのですが、身体が動かない。

全然。

どこもかしこも。



あれれ?




すると、またおねいちゃんが言いました。





「じっとしてて。 身体がね、疲れているの。今無理して動いちゃったらお葬式がうまくいかなくなるわよ。」




って。

あらららら。

それは困ります。


おねいちゃんが言った<お葬式>っていうのは間違いなく今度の芝居のことね。

だって、お葬式的な題材だし。





据え膳食おうと頑張っちゃったら、身体をこわして舞台がうまくいかなくなるよ! っていう、ものすごい遠回しのお言葉なのかしら。

ま、そうとしか考えられないんだけどね。






誰が親切に教えてくれたのかは知らないけれど、次からはもう少しあっさりめのでお願いしたいと思いますわ。

大好物(中華料理屋さんと映画でしか見たことがないけど)のチャイナドレス着たべっぴんさんじゃなくて、亀仙人みたいなお爺ちゃんだったら普通に聞けたのに。

まあどうせ使い物になる状態ではありませんがね…ほっとけ。

とにかくぎりぎりまで俺を試そうとする、もうそういうのやめてください。









皆様に謹んで訂正がございます。


チラシをご覧になった方、もしくは手にして下さった方・・・。



「妹尾、チケットを買ってやろうと思って何回も電話しているのにさっぱり繋がらないじゃないかっ!」



と、何度もお叱りを受けまして。

その都度ゴメンナサイと謝っていたのですが、ちょっと調べてみましたら・・・。チラシに記載してある電話番号に謝りがあることが発覚しました。



・・・。



本当にすいません。

人生50年の節目として、去年から取り組んできたこの企画なのに・・・初っぱなから間違った電話番号を堂々と印刷して配布してしまったなんて・・・。



笑えないしシャレになりませんし、もう、本当に申し訳ございませんでした。



問い合わせ先 03-5368-0512 は誤りで、


正しくは、


03-5368-0551



でございます。



完璧に、私共の不注意、失態でございます。

お詫び申し上げます。



芝居の内容は台詞を間違ったり、出番を間違ったり・・・一切しませんのでなにとぞ見捨てないでやって下さいませ。






お稽古の方はね、昨日は<衣装パレード>というのをやりました。

本番と同じ衣装や小道具を揃えてバランスを見たりデザインを考えたり、ちょっとしたお直しをしたりして。



だんだん緊張感も高まってくるし、ぐっと引き締まるものが感じられてきます。








各人いろんな意見を持っているし、主張もちがうし。

楽しいことばっかりじゃないけど、産みの苦しみってのはそういうもので。

全ては役者の芸術性が最高潮に引き上げられた状態、つまり本番でお客様に観てもらう日のためにあります。

そこまではどんな艱難辛苦があろうとも、ぶっ倒れるわけにはいかんですばいですたいじゃけんそーどす。

たとえ、チャイナドレスのおねいちゃんが・・・だったとしても!



強か意志を持たねばならぬでおじゃるったい!

チャイナドレス





該当の記事は見つかりませんでした。

1 Comments

へから夫人 says..."チャイナドレスのおねいちゃん♪"
そのチャイナドレスのおねぇさん、私じゃありませんでした?



妹尾さんに突っ込まれる前に、旦那とTOMMYさんにハリセンで、ボコボコにされそうです。はい。

峰不二子ばりのおねいちゃんだったんでしょうね。

お葬式と聞いて、ちょっとギックリしました。
妹尾さん、そのままあの世に連れて行かれるんじゃないかと。
よかった。お芝居の中の話で。(^-^)



印刷物の間違いって、ほんと怖いです。
私も経験あるのですが、あのぞっとする感じは二度と味わいたくないです。
2011.09.05 10:00 | URL | #no8j9Kzg [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://gekijuku.blog27.fc2.com/tb.php/936-09e94989