・・・されど役者的妹尾blog

太く拡げよう僕の細道   since.2006.4.14
2

もっとこう、平均的に・・・


医者に行きました。

もうエネルギーが無くなりそうで・・・。



全体の稽古が終わってからも<抜き稽古>という、ちょっと弱いシーンの稽古をします。

ベテラン役者に混ざると、どうしても初舞台の人や何年も経験していない人が見劣ってきます。



そんなん、始めから上手に出来るわけがないから当たり前です。

分かっていることですし全く大丈夫なのですが、だからといってそのまんまにしておくのは問題があります。

お客様には素人もベテランも区別がないのですから。



だもんで、出来る人と同じようなところまで引き上げる・・・的な稽古をします。

その結果、ベテランさんよりも素晴らしいシーンができあがったりすることもあります。

これが楽しい。

びっくりもするし、ドンドンアイディアも湧いてくる。



それが役者同士の化学反応となって更にお互いが上を追いかける・・・そして上質なモノができあがる、って寸法ですな。





とはいいましても、まあ言葉で言うのは簡単ですが、出来なかったことをいきなり出来るようにするっていうのは大変なことです。

今までに自分の中にないことを起こしていく・・作り上げるんですから。

いきなり新しいクセが出来たり習慣が出来たり。

逆に言えばそれこそ役者道の醍醐味だったりもするのですがね。






今、正にその真っ最中。

若手の人たちが目を血走らせて頑張っています。

絶対に負けない、くじけない、あきらめない!・・・そんな意気込みがひしひしと伝わってきます。


ですからついついつられて夜遅くまで稽古をしてしまうのですが、妹尾的には体力が本当にキツイ。





汗びっしょりに稽古をして、夜の道を歩きながら一日を振り返ります。

頭を抱えるほど困っていたシーンが、若手の頑張りでドンドン良くなってきている・・・ことを思い返してはムヒムヒっとニヤついてて。

でも、足元がおぼつかなくてフラフラしてる、みたいな。



嬉しいのにしんどい。

うん、こりゃある意味<ハイ>です。

ラリってるみたいな。




ハイになりすぎて駅のホームから落っこちるのもいやなのでお医者さんに行きましたのさ。

元気のクスリ下さい、咳を止めて下さい…って。


















先日、懐かしい師匠に会いました。

野伏翔さん。

DVC00376.jpg


私は20歳の頃からずーっと「センセイ」って呼んでます。

夜想会>という、私が以前お世話になっていた演劇集団の主催者です。

この夜想会で私は多くを学びました。

数多くの舞台にとっても良い役で出演させて頂き、たくさんの役者さんに揉まれ、自分なりではありますがお芝居の作り方…のようなものを学ばせてもらいました。



最期に芝居をしたのはいつだったろう・・・思い出そうとしてもはっきりと思い出せませんが、たしか<平将門>のお芝居で、それも十数年前だったかと・・・。






「うわー、ご無沙汰してます。お元気そうですね!」




「おう、病気なんか全然しないよ。妹尾も相変わらずでっかいなあ!」





と再会を祝し、軽く乾杯を。





「ネットで探して見つけて下さったそうで。すいません、疎遠にしちゃって。無精な男なんですわ!」




「いーのいーの。続けてる限り、ずーっと繋がるようになってるんだから。」





「はい。で、どうされましたか?」







センセイは演出家として年間に何本も舞台を作り、また、映画も監督されています。

今度、10月にも映画の監督をされるそうで。

すごい才能を持ってる方なので不思議ではありませんが、ものすごく忙しくされています。





「新撰組のな、ちょっと面白い話しがあってな。舞台でやったら大ウケしたもんで、どうにかしてやろうかなーと思っていたら、映画化しようって話しをもらってさ。」




「そりゃ凄いじゃないですかっ! 素晴らしい! へー、うわー、いーなー、すごいなー! 幕末モノ、私も大好きですし。」




「うん。じゃあ妹尾出ろ。」




「はい?」



「面白い役があって、読んでたら妹尾のキャラにぴったりなんだよ。」



「うわうわうわうわ。」








10月。

テレビが一本入っていて、11月の芝居も出演決定してるから稽古がある。

12月には「ゲキ塾。」でもう一本舞台を作るのでそっちにいかなきゃ。

更に11月、スケジュールは何とかするから出てくれって舞台に誘われてる。



その上に映画ですか?







「センセイ、ちょっと待って下さい。ちょっと整理しますから。とりあえずドンピシャでカブってる芝居のプロデューサーと相談してから、ってことでいいですか?」


「いいよ。」



「有難うございます。超前向きに考えますので4日だけ下さい!」






びっくりしましたが、後は懐かしい話しに花を咲かせて。

昔は怖くてたまらないセンセイだったのに、今はニコニコしてて。

私も猿から少しは進化して、人間として扱ってもらえたんだなーと!








楽しい時間はあっという間に過ぎていきました。

久しぶりにお会いできてとても嬉しかったです。


そしてごちそうさまでした!





今やってることだけで手一杯なんですが、よく言えば運が向いてきたし、へんてこりんな言い方をすれば、




何でこんなに一時に重なるんじゃい!



もっと平に、こう、平均的に来てくれんもんかなーっと。

この業界の人の七不思議のように言われることです。






「仕事って、一本決まるとどどどどどーってきて、無くなるとパタっと無くなる。なんでこんなに偏るのかね。断らなきゃ奈良にのは凄く惜しいよ。」






が、まあ幸せな嘆きです。

何とか調整して、やりくりしてみようと思います。

詳細が決まりましたらここにも発表しますね!






ああ、しんどいのに楽しい・・・






東北に持って行けるような作品にするぞ!

うおおお!




該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

へから夫人 says..."楽しみです"
どこの業界でも、「繁忙期」と言うのはあるんでしょうけど、
芸能のお仕事と言うのは、また「波」という意味で特殊でしょうね。

「類は友を呼ぶ」というか・・・。お菓子が家に集まる時って、あちこちからお菓子を頂いたりして、集まりませんか?

あ、それと仕事を一緒にするのも、どうかと自分で突っ込みますけど。

でも、妹尾さんがご活躍なのは、とっても嬉しいですの。
9月のテレビのお仕事??うわ。こっちでも見れますか??
また詳細がお知らせ出来るタイミングになった時は、ばばーんと発表して下さいな。
2011.08.31 10:45 | URL | #no8j9Kzg [edit]
HcinMannパパ says...""
忙しい時って狙ったかのように用事が重なりますけど、充実しすぎてる時って劇的に成長出来ますよね。

がんばってください!(^o^)
2011.08.29 16:48 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://gekijuku.blog27.fc2.com/tb.php/934-11162a21