・・・されど役者的妹尾blog

役者道を邁進している人たちの稽古場風景。 最後に笑うのは自分だ,系。 だ-か-ら、やることやって言ってますとも!   since.2006.4.14
5

発表です




皆様、たくさんのコメント、(裏も含めて)ありがとうございます!

100%、確実に読ませていただいております。

(鍵付きのは遅れて気付きますが……)




9月ガンバレ、とか励ましのお言葉もいただきますし、今日はタイミングもビンゴなので発表させていただきます。






<9月、妹尾プロジェクトの上演内容について>****************************


箇条書きにしてもつまらんので、多少もったいを付けつつ、お話し的に書きます。

まず。

去年から始めていた台本探し。

このね、台本っつーか脚本っつーのは肝だからさ。



どうしてもここはエゴでもいいから自分が気に入るモノを作りたいと思って。



藤山 寛美さん。


出てくるのよ、頭に。

ガキの頃から、松竹でやってるのを当たり前のように観てたし。

テレビのオンエアだけど。

土曜日あたりだったかな?

吉本とはまた全然違うテイストでね。




大好きだったもの。

笑って、泣けて、大円団って。




意識なんてしたこともないし、とりとめて影響を受けているわけでもないハズなんだけど…。

自分で芝居を作ろうと思ったら出てくるのよ、藤山寛美さんが、頭に。



うん、こりゃ、もう何かのお達しだな、と。

自分の本能のままにやってやろうと。

ああいう芝居が好き!





そのころ、準備ノートに書きなぐってる言葉があるので引用します。


**********************************************

・熱いのダサイという今の風潮 → 全然ダサくない。


・必死に、ひたむきにもがく姿はカッコ悪い → 全然、超カッコイイ。



キハク(原文ママ)になってきている感覚を呼び覚ませ。

ガキの頃を振り返ればそんなことばっかりだろ。


***********************************************


って。

これは自分の中にある、最近の風潮に対するサジェスチョンだし。

ここをキープしながら、ってのが強いし。



プラス、


<人間はまだまだ捨てたもんじゃねえ。>



っていう自分の基本理念が乗っかって。


で、こんなキャッチコピーにたどり着いた。





なんだかんだ 云うけれど…

人間、まだまだ捨てたもんじゃねえ…

お魅せしましょう……昭和役者の心意気!

ああ、 煙が目にしみる  わなあ。









・・・

これ、このままチラシのデザインに載っけます。

今、デザイナー、印刷関係の方とギャラ交渉打ち合わせ中です。





台本は<煙が目にしみる>です。

そういう脚本があります。




レイ・クーニーとか、永井愛さんとか、ニール・サイモンとか……有りモノももちろん。

いろんなのを調べてみましたが、今はこれが一番いい。

いいっていうのはあったかいってこと。

俺にとって。

スタートを飾るにふさわしい、素晴らしい脚本です。




これにするぞ!って心に決めてから、「ゲキ塾。」の山本いつみと二人で、他所さまがやっている(どこかの研究所の卒業公演みたいなやつ)この作品を観に行ったことがあります。

私、なにも言わないで。

まだまだ若手だけの拙いお芝居でしたが、終演後いつみが私に、




「私、今観たお芝居、いつかきっとやりたいです。すごく良くて、上手じゃないんだけどでも、泣けてきました。」




って。

私、心の中でガッツポーズ。


うん、<本に守られる>って言葉があるけど、正にその通りだな、と。

つまり、人の心に染み渡る、素晴らしい脚本だ、ということです。


神戸の石本っちゃん(役者、演出家、親友)がこの本に太鼓判。ってか鉄板だと言っていた意味もよく分かりました。

これは心強い。











でね。

やっと来たんですよ。

上演許可証

上演許可証。

だからタイミングがビンゴ!ってことさ。











その本を、ずーっと毎日改訂作業を行っているんですよ。

自分流に。



元々のストーリーはものすごく好きなので問題なしですが、登場人物がね、増えたり減ったり、設定年齢が違ったり、バックボーンの情報を現代に置き換えたり。

毎日13時間とか、調子こいたらやっちゃってる。




そりゃ腰も痛くなるわな。




出演していただくキャストの方も紹介します。

今日のところは名前だけだけど、順次、詳しいことは載せていきますね。


稽古日誌的なブログも用意してるし、問題がクリアになればユーストリームでも流す予定。




(敬称略でね)

赤星 昇一郎

福井 裕子

高田 裕司

中條 サエ子

奈良 チャボ

藤倉 みのり

山本 いつみ

森川 拓也

湯川 智子

岡 めぐみ

平 章大

田中 優也



鮎原 せり

濱口 陽平




で、私もちょこっとだけ。


超ベテランさん、脂のりきりさん、若手さん。

若手さんは「ゲキ塾。」の子達で。

めちゃ良い体験になるだろうしね。




当初考えていたモノよりずいぶんと大きなスケールになってしまいましたが、上等です。

ばんばん受けて立ちます。

自分、千秋楽まで、死んでもいいくらいの覚悟で全てに臨み、皆に迷惑かけるから死ぬ気で死なないように生きます。

死ねないもの。



向こう5年間分の妹尾をぶっ込んでいきますから。

絶対に映画を作りたいので。






*******************************************

ま、ね。

そんなこんなで自分ら頑張らなイカン言うてるんですけど。

身体、あってのものだね。




またしても魔法使いのお爺さんのところに行ってきました。

腰痛は治ってるんだけど、9月までの体力が持続するように、骨盤から顎から全部の骨をまっすぐにしてもらうために。




そしたら、そこで悲しいお話しが!




「妹尾さん、あなたは本当に恵まれた身体をしてるよ。背骨はまっすぐに戻ってるし、筋肉のバランスもいい。飲み過ぎだけ注意すれば内臓も特に問題はないでしょう。変に体力が有りすぎるから無理が利いちゃってぼろぼろになっちゃうのよ。」




「まあ、それは有り難いことです。両親に感謝、かな。」




なんてしおらしいこと言ってましたら、先生が、




「でもね、ここは駄目だな、全く駄目だ。死ねばいいのに。」



後半は嘘だけど、そんな感じに云われたことがありまして。



「なああんすか、それ。なんすか。」



「ここをちょっと押してみるよ。軽くね。でもきっと妹尾さん、あんた飛び上がるよ。痛くて。いくよ、せーの……。」




って、腰のどこら辺かよく分からんところを(うつ伏せだし)キュイって。

私、はっきりと、しっかりした滑舌で、




「あんぎゃらららああああ!」




って叫びました、はい。

痛いのを通り越して寒い、冷たい。

初めての種類の刺激。





「ここね、睾丸系ね。シモ。これはね、からっきしだわ。本当ならマシュマロみたいな弾力があって、押し返してくるようじゃなきゃ駄目なんだけど…あんたね、鉄筋。こりゃ、精子ダメだわ。」




「……はい……えと……なんて答えれば……ダメ云われても……。」




「治そ。人間力も上がるし、生体オーラも強くなるから。とにかくこんなんじゃ話しにならんよ。まだ50前なんだからさ、老け込んじゃうには早いよ。」






って。


おお、そうかいそうかい、そうきたかい。

だったらね、おれもいわせてもらうけど、そんないろっぽいはなしなんかそうそうおちてるわけじゃないんだわさ。

そらつかわなきゃいろいろとやぼったいこともでてくるだろうけど、そんなにきっついこといわんでもええやないですか、せんせ、そらせっしょうやがな。




針とかうたれて。

眼球にうたれるのと同じくらい?痛くて。

キャンキャン叫びまくって。

でも My son の為に頑張らねばって。

精子の生死に関わることですから。(うまくもナンともない)






やる気、勇気100倍、・・・なんだけどね。

から回ってるんでしょうか。




さ。

台本を睨めつけつつ、お姉ちゃんも横目でちらり、と。



Please stand up , my son !






該当の記事は見つかりませんでした。

5 Comments

へから夫人 says..."ボロボロのヒーローと言うか、おばちゃんですが。"
私も、いがきちさんと同じく、旦那の「そこ」を探して押してみたくなりました。(笑)


一生懸命やってる姿、ボロボロになりながらもやっている姿・・・・。確かにかっこいいですよね。
自分の顔を犠牲にしてまで、お腹がすいた子を救うアンパンマン。ヒーローって、そんなにかっこいいだけじゃないし、ボロボロになったりする。そこが原点だと、やなせさんの新聞のインタビュー記事で読んだことがとても心に残っています。


当事者になって、心が折れそうなこともあって、悩んでいることもあるけど、
もっとボロボロになってもいいや。

そんな気もちょっとしました。

「煙が目にしみる」

いつか、「どこに行ってもないのよ!」と探されていた本でしたよね?

ボロボロ泣けそうです。煙が目にしみて・・・。
2011.06.17 10:44 | URL | #no8j9Kzg [edit]
seitaro says...""
(爆)
それは大変な問題ですね。ぜひ、治してもらってください。大切です(笑)

公演がみえてきましたね。中目黒!?日程は5日間かぁ~ふむふむ。楽しみですね。
おねぃちゃんをチラ見しながらリフレッシュしていきましょう♪
2011.06.17 09:12 | URL | #- [edit]
いがきち says...""
ああ、ワクワクなお話ねぇ♪と読み進めていったら残念なオチが…。

素敵なお芝居にしてください。
そして、その~、どこらのツボ(?)なのかを図解入りで解説してください。旦那を押してみるから。
2011.06.16 23:08 | URL | #- [edit]
難波鷹史 says...""
 くっ、僕もその魔法使いに見てもらいたいなぁ。
最近、頭痛がしょっちゅう起こるのですよ。姿勢は僕いいほうですが、骨が曲がってんだか、
健康なんだか、結局脂肪肝気味だし。よくわかんない。
2011.06.16 16:44 | URL | #- [edit]
HcinMannパパ says...""
痛さが伝わってきます・・・お大事になさって下さい。(-人-)

そして、素晴らしい公演になりますように。(^人^)
2011.06.16 15:25 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://gekijuku.blog27.fc2.com/tb.php/905-63e63c09