・・・されど役者的妹尾blog

役者道を邁進している人たちの稽古場風景。 最後に笑うのは自分だ,系。 だ-か-ら、やることやって言ってますとも!   since.2006.4.14
1

野球小僧・高田さん

お芝居の稽古に、通し稽古というのがあります。

本番と同じように、ミスがあってもずーっと続けてやってみよう!って意味合いで。

大体、小劇場のお芝居では本番の1週間から10日ほど前にその稽古に入っていくことが多いように思います。



今回の<いるだけ>も、通し稽古をやり始めました。

弱いところ、場面の作り方が見えてきます。

そこを特に集中して練習する、と。



昨日、初めて衣装と小道具をを付けてやりました。

うんうん、なかなか面白いモノができあがってきてます。




ネタバレになるから書けませんが、衣装の斬新さに驚いてしまいまして、笑いをこらえながらの稽古となってしまいました。

出演してる人間が笑ってる場合じゃないのですが、今のウチになれておかなければ本番でそんなことがあっては大変ですし。

今のウチにウミを出しておく…という事でオッケーです。





全て終わりまして、いろいろなミスを指摘されたりしましたが、一番大きなミスは今回の主役・・・私の先輩でもあり球団ゼッツの仲間でもある 高田裕司 さんの髪型。




「長い。切ろう!」



と言うことになりまして、急遽p稽古場、その場での断髪式が行われました。

高田裕司



ま、元々野球小僧だったのでとっても似合っていますがね!


本当に面白い作品に仕上がってきています。

老若男女を問わず楽しめると思いますので、是非観にいらして下さいませ!







なお、予約を入れて下さっていますたくさんの方、心より感謝を申し上げます。

こんな状態の中で、芝居に必死に打ち込める環境にも感謝します。



分からないから・・・遮二無二やるしかないから。


お会いできることを楽しみにしております!










該当の記事は見つかりませんでした。

1 Comments

へから夫人 says..."断髪式"
イカツ目の(失礼-_-;)おじさんが、散髪セットみたいな感じで髪を刈られている図は、
なかなか趣深いものがありますね。

初めて見る光景です。

しかし、器用に刈られるものですね。

私、こどもの髪も自分で刈る自信ないです。
2011.05.16 16:08 | URL | #no8j9Kzg [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://gekijuku.blog27.fc2.com/tb.php/894-0b0c8cdf