・・・されど役者的妹尾blog

太く拡げよう僕の細道   since.2006.4.14
5

よく聞く話・・







ちょっとずつ腰の具合も良くなってきまして。

駅の階段を上る恐怖心も薄らいできました。





お芝居の稽古にいそしんでいますが・・・いやはや、何とも産みの苦しみと申しますか。

本当に脳みそと身体が二つ欲しい感じです。


ま、幸せなことですから。











「ゲキ塾。」のウタちゃんが岩手から無事に戻ってきました。

やっとね。



で、すぐに「ゲキ塾。」に復帰したい!って言っているのですが、やはり石巻に残っている親族の方が気になるらしく。

もう一度ゴールデンウィークには元気づけに戻ります!って。




しっかり者の、本当に心の優しい女の子です。





仙台の実家に戻ってきた・・・なんて知人もチラホラ出始めていて。

徐々に、徐々にですが鼓動を始めている感覚が伝わってきます。

何としてでもパワー全開、早く立ち直ってもらいたいモノです。




これ、復興したらもしかしたら…東北地方ってものすげぇパワーのあるスポットになるんじゃないかしら。

なんか、リバウンドするって言うか、日本の勢力地図を書き換えちゃうんじゃないかしら?みたいな気がします。





とにもかくにも  ガンバレ日本!














***********************************************


ちょっと固苦しいいことを書いてしまいますが。



洗脳。



最近、私の身近でそれに近いことがありました。

洗脳って言う言葉がそのまま使って正しいのかそうでないのかは置いておくとして…。




心を書き換えられる、考え方を大きく曲げる、的な。



すごいもんです。

白かったモノが黒になる・・・。

自分では全く気付いていないでしょう、多分。

気付ける人なら洗脳はされないだろうし。




心を書き換えられる、機械的に言うと別のロムをぶち込まれるっていうのは、中身の問題なので外見からは区別がつかないものだと思っていました。

ハードじゃなくてソフト。




でもね、分かるんですね、人間は。



顔つきから雰囲気から、目つきまで。

何かが憑依したのかと思うほど。



自分なんかは一生懸命に空気を探ることばっかりやってますので、エラそうに言うワケじゃないんだけども本当にオーラが変わります。

50cmくらい離れて、つまり横に座って話していると、肌に伝わってくるモノが全く違う。



もちろん、良い方向に変わればそれはそれでとっても気持ちいいのだけれど。






「あれれ?どうしたの?なんか雰囲気変わったね?」


「ちょっと、ある人からこんなことを教えてもらって・・・。」


「ほうほう、どんなこと?」






で、話を聞いていきますと・・・。

もう、本当にすごい。

ってか、単純。

あまりにもシンプルで、普段通りならそんな眉唾な話は誰も信じない!ってくらいな。





例えば、よくあるケースで言うと、




「奥さん奥さん、たったのね、千円。千円でこれを買って、それをお友達に紹介したらさ、1年後には100億円だわ。イヤ、これ本当。ホラ、見て見て、この写真の奥さんなんかさ、家と別荘とベンツ買っちゃってるでしょ、ホラこの写真。なんか税金対策で大変らしいよ。でもね、みーんな幸せになれるからいいんだよね、もちろん奥さんが幸せ配達人みたいなモンなんだけどさ!」



って、こんなに頭の悪い分かりやすい言葉なんだけど、ある条件を満たせばすっかり浸透していくのですな。






何と言っても一番の要素は、<欲望>があること。

そんなの誰にでもある。

知ってる。

ただ、そのゲットの仕方を知らない人は多いですよね。

この、洗脳される人たちは多くがそう。

頑張ること を知らない人。

楽ちんに目的を遂げようと考える人。




「そんな夢、めちゃめちゃ簡単に適うよ。だって、こうしてああして、で、そうすれば良いだけだもの。ね、俺を信じてみ!しんどい事なんて無いよ、大丈夫。」




で、次の条件はこれらのことを密接な環境で行うってこと。

その人だけ、特別に聞かせてあげてるって。

プレミア感を持たせることにより、選ばれた一握りの人であるのよ、と。






そして次は外部の情報をシャットアウトさせていく方向へ。

必ずと言ってよいほど、




「自分以外の人間を信じるな!」




的な言葉が出てきます。

簡単な理屈。

比較されたり、心理を考えられたりしたら自分の過ちがバレるから。

この文言は最早彼らの常套句、否、スローガン的な言葉として笑い飛ばされておりますが。










芸能界的な・・・。

ある意味夢があり、ある意味ヤクザで、ある意味難しい世界。



絶対に。

断言しても良いですが、絶対に楽ちんちーんな近道なんてありません。



一部の、とってもウンの強い人・・・にしてみても一時はどうにかなったとして。

頑張る力がない人、上を目指すガンバリを怠った人は終わります。

その力というのは、ゼロから、つまり全くの無名から這い上がる力と同じです。

ましてや経験のない、人間としても成長過程にある若者がヘラヘラ笑いながら好きなことだけやって、好きなものだけ食べて、学ぶことをしなければ・・・どんな職業であれ神様は微笑んでくれる訳がありません。






「学ぶな、聞くな、感じるな。

常識なんていらない、この世界はそういうものだから。

大丈夫、キミは絶対に売れる。

自分には守るコネと力がある。」






妹尾がこの世界に足を踏み入れてからもうすぐ30年。

どんだけこういう話を聞いてきたことか。

私も直接そういう(マジでヤバい、恐い)場面に遭遇しましたし。

でもね、それで今でも幸せそうに笑っている人を一人も知らない。

ってか、もともとそこのきっかけでドカンと火がついた人を私は知りません。

売れたいが為に自らそういうことを望んだ人もいます…が、それでも上手くいかない。

自分から飛び込んでもダメなのに、言うがままではなおさらです。






人の欲望を利用した欲望。

心の隙間、小さければ風邪ひくくらいで終わるけど大きな隙間になっちゃったら人生がねじ曲げられてしまいます。




自分をしっかり持って。

持つというのは、今の自分が絶対!ってんじゃなくて、常に上昇してるんだって。

未来の自分も信じて。

頑張れば美しい答えは出てきます。








ちょっとね、哀しいなーと思う縁の切れ目があったもので…書いてみました。













該当の記事は見つかりませんでした。

5 Comments

なを says...""
ろくでなしのでれすけに恋をした話かと思ったべよー。

巻くだけでやせる!
とか
飲むだけでサイズダウン!
とかにときめく自分のことかと思ったべよーっ。

信仰は自由であります。
しかしそれ故
それを人に押しつけるのはよくないのだ。

人が変わっちゃうのは悲しいね。
2011.04.23 05:55 | URL | #- [edit]
難波鷹史 says...""
 人間を神とあがめたり崇拝したりする宗教は、
疑ってかかるべきだと思います。
新興宗教には圧倒的に多いのではありませんか?
それで、こちらは「死への恐怖を取り除いてくれるという欲望」を
満たしてくれるものと定義できるかもしれません。

 結局、人は死んじゃうので、なんとかしてほしいってことです。
科学が万能になり、人間の老化と死を克服したら宗教はなくなってしまうか
衰退する可能性はあると思います。

 ねずみ講的なものや儲かるビジネスは、やはり「物欲」を満たして
くれるものでしょうかね。
 結局、両者とも「本物」でなければ、気が付くまでの期間の程度は
ありますが、最後にはだまされるということです。

 そういえば、高校を卒業して、二年経たないぐらいのときに、
同級生から電話がありました・・・。
 「おまえ、人生が変わるゾ」
 「生活が変わるゾ」
 「ちょっと話をしたいから、駅前まで来てよ」

 待ち合わせ場所に行ってみたら、すっぽかされてしまったけど
あれは、それでよかったんだなと思いましたね。
2011.04.22 16:17 | URL | #- [edit]
TOMMY says...""
妻の親族にネズミ講を勧められたことがありましたね。
「アホか」と言ったら向こうは大激怒。

「オマエのためを思って言ってるんだ」と。
違うでしょ、アンタの利益のためでしょ?

これを機に妻との親族とは絶縁状態です。
そんな話を持ち込む妻も妻ですが。。。

イヤな世の中ですね。
2011.04.22 14:36 | URL | #- [edit]
seitaro says...""
単純な言葉であればあるほど、だまされる確率は多いと思います。
仕事柄、そんな人山ほどみてきました。
「どうしてそんなことに騙されるの!?」
と思うのは外の人間のみで、信じ切っている人には届かない常識があるのだと思います。
それが現実です。

宗教はその最たるものでしょうね。僕は無神論者なので、ひかれたりはしませんが、人間は弱い生き物なので、つい頼りたくなっちゃうんでしょうね。何かに。その気持ちはよくわかります。

だって、楽チンで世の中生きていける方が絶対いいですもん。でも、楽チ~ンな人生にはそれだけの軽いものしかないのかもしれません。

妹尾さんの考えに同感です。哀しい縁切りですか・・・仕方ありませんね。それ以上の楽しい出会いがあることを信じていきましょう♪
2011.04.22 13:39 | URL | #- [edit]
ななみっくす says...""
洗脳…で思い浮かぶのは宗教です。
人様の信仰や考えにとやかく言うつもりはありませんが
自分の家がそうでしたから…

夜逃げ同然に九州から関西へ出て来て
貧乏まっしぐらだった、私が生まれる前の家族には
宗教は、たぶん、唯一の救いだったのかも知れません。

私は、生まれてからそんな環境で育ったので
自分が「洗脳」されてる事に気付いたのは
中学くらいの頃でしたが
結局、それが原因で、現在も親と距離を置かざるを得ない状態です。

何故、自分が気付けたのかは良く解りませんが
本当にあの「洗脳」はすごいです。
絶対、教祖様しか見えなくなる。
だから、オウムが事件を起こした時は
憤りと同じだけ、自分もああなってたのかも、
という思いもしたものです。

それを「宗教」と呼んでいいのか解りませんけど…
2011.04.22 12:39 | URL | #N0fGSRtA [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://gekijuku.blog27.fc2.com/tb.php/886-cbf639ee
-
管理人の承認後に表示されます
2011.04.28 08:48
-
管理人の承認後に表示されます
2011.04.23 08:22