・・・されど役者的妹尾blog

役者道を邁進している人たちの稽古場風景。 最後に笑うのは自分だ,系。 だ-か-ら、やることやって言ってますとも!   since.2006.4.14
5

宇宙って広すぎて…



咳が。

出始めたと思ったらもうダメ、とまらない。

咳のしんどさは当然好きではないので無理をせず医者に行きました。

インフルではなくほっとしたものの、今流行している風邪だとか。

3週間くらい咳が止まらないんだって。



仕方がないのでこれまた嫌いなマスクをしております。

熱や他のしんどいことが起こっていないのが救いですな、はい。








さて、今年やろうとしている大きなイベント事の準備が少しずつ形になってきております。

まだ頭の中だけで進行していることも多いのですが、それでも一歩ずつ・・・。

今日もその準備のために動きます。

ああ、早くしっかりした形にして報告したいなーっと!






















大きさの比較。


ココに書いてある文字、この大きさで英語の<i>を見て下さい。

この<i>の、点の部分を太陽の大きさとします。

すると、水金地火木土天海冥・・・の太陽系はこのページに収まりますが、それらを含む銀河系の大きさは、アメリカ合衆国の国土の広さと同じになるんですって!




んで、その銀河系と同じようなモノが現在分かっているだけで数千億個あるんですと!




もうね、人間の頭脳がいくら無限を想像できたとしても、意味不明な広さ。

そんな中のね、<i>の点よりも小さな星の、その中の小さな国(と言われる土の上)の上で蠢いている私?・・・こんなのはもう只の極小微生物です。



その極小微生物の女性観なんぞを書いてみたいと思います。

女子を敵に回すつもりはじぇんじぇんないので、怒らないでくらさい・・・。(特に一部の人)







セレブ。

セレブレティ。



セレブという意味は元々「多くの」「大衆」「名声」「評判」]を表します。

硬い文章で「著名人」「名士」を表していた言葉が、「一流の有名人」「スター」という意味にとられるようになったのは最近のメディアによるものですって。





私の周りにもいろんな団体がありますが、ひときわ異彩を放つグループに、<セレブ会>なるものがあります。

ネーミング、十分に残念な感じが満載なのですが、その歴史は古く、私がその存在を知ってからでも既に十数年経っています。




元々は、うら若き乙女が集まり、夜な夜な密談を繰り返す…謎めいた結社のような存在だったらしく。

今で言うところのガールズトークのハシリだったら平和なのですが・・・。




しかしてその密談というモノを見た者はおらす、全てが一切の謎で包まれています。

独身男性を生け贄にしながら大量のアルコールを摂取、血の滴る肉や生きたままの猿の脳に舌鼓をうつ。

世界征服や女帝世界の構築、男子奴隷制を企んでいる・・・等々の噂は聞いたことがありました。

ゲルショッカーやシネシネ団より恐ろし目です。

不定期に集まり、密約を交わしてはまた方々に散る、といったことのくり返しを行っていたようです。




しかし、時が流れて現在では主要メンバー、うら若き乙女もその姿を変えてきているはずです。

人間として一番物怖じしない年齢に突入していると考察されます。

女児から女の子、女の子から女性、そしてメス、おばちゃんへと出世魚のように形態を変化させていく中で、言うならば最強・最終形態です。


世界征服や男奴隷制度も現実のモノとなってしまうかもしれません。

もしくはそんなことはすっかり忘れて、単にアルコール風呂に浸かっているだけなのかも。

会話の内容は既に凶器・暴力の域に達していると思われ、男性がついていける内容ではないはず。

誠に恐ろしい限りですが、彼女らの陰謀を暴く手だてがありません。

<実話ナッ●ルズ>あたりの編集さんに潜伏取材を頼んでみようかしら。









と、こんな団体さん・・・例えば近所のお母さん仲間やPTAの繋がりだったり・・・がそこら中に存在しているんですと!

銀河のように。

男がいくら鍛えて単体で強くなったとしても、女たちが群れて軍団となり、絶対的なパワーを持てばもう太刀打ちできません。



星雲 対 流れ星。



女性はもとより S 的な素養は圧倒的で、身を守る本能の強さも比較になりません。

染色体的に説明しても動物としては男より進化した形。



あああ、なんてアマゾネスな!

男はどこに向かえばよいのでしょうか!



損することばっかりな上に、つまはじきにされたり価値を決められたり判断される側。

仕方なく本能のままに突っ走ったら社会性から逸脱してしまう。

大人しく働いたあとは<ハウス>してなきゃ。

ばうわう。



改めて思うけど、哀しい生き物だったのね、男って。







知人の結婚式で挨拶を求められると、使い古された言葉ですが私はいつも



「女性には2つのタイプがおられます。1つは気の強いタイプで、もう1つはもっと気の強いタイプです。ご新婦がどちらのタイプかは分かりかねますが、是非参考になさって下さい。」



と進言します。

さすがに40年以上生きてきますと、気の弱い女性なんて存在しないことに気付いております。

オブラートの包み方の違いだけ。

その包みを見てダマされて喜んでるのが男。



「この飴ちゃん、赤い包みだからイチゴ味だと思ったら味は紅ショウガだった!」



的な?

それでもがまんして美味しそうに目を細める男は、やはり哀しい生き物…。








でもね、私はもう一度生まれ変わってこれるなら、やっぱり男がいいと思っちゃうんですわ。



理由は分かりませんが、多分、男としての達成感をまだ持てていないからだろう、と。

逆に達成感が持てれば、今度は女性に生まれてみたいと思うのかしら?



じゃあ、<ラブ注入>みたいな人たちは先を行ってるってことなのかしら?














あああ。



まぁ何にせよ、極小微生物の抱えている来世への悩みなんて屁の突っ張りにもなりません。




(意味の分からんコメントですが、別に病んでいる訳ではありませんからご安心を。いつものことです!)







該当の記事は見つかりませんでした。

5 Comments

oisan says..."時には思いませう"
時には広い宇宙に思いを巡らせるのも、大切な事だと思います。

人間は、宇宙や自然のごくごく一部に過ぎないんですが、どうも自分勝手な争いや資源の浪費ばっかやっているようで、どうもいけません(自分も含めて)。

昔はノストラダムスの大予言などひどく恐いと思ってましたが、人間がつまらない事ばかりやっているので、最近は「こら滅亡してもしゃあないなぁ。」的になって悟ってしまってます(苦笑)。


それから、「宇宙は広すぎて」いいと思います。何でもわかってしまうのは、やはりちょっとつまらない。未知のフィールドがあればこそ、探検や希望やロマンがある…と信じてます(だからいつまでも頭の中がガキだと言われますが(笑))。
2011.02.23 00:42 | URL | #- [edit]
なを says..."おす!"
は~い。
世界最強生物のママ世代でぇす。

今後、宇宙最強生物オバチャンへと進化する予定です。

てか、せのーさん、なんか怖い目にでもあったの?(笑)
2011.02.21 21:37 | URL | #- [edit]
へから夫人 says..."女は夜集う"
まさに昨夜、セレブではないけど、ママ友の飲み会が催されました。
子供の話、学校の話、保育園の話。
そこで色んな情報が交換されます。
若いお母さんからは、すごい話も飛び出し・・・カルチャーショックとともに、もう大笑いの渦です。

健全なる飲み会で、男を食らう相談や、サルの脳味噌チューチュー吸うわけでも、陰で世界を操るような大物がいる訳ではありませんが、とっても楽しかったです。

生まれ変わったら??
是非!男になりたいですわ。
でも、生まれ変わっても、旦那と結婚しようと思ったら、旦那には女になってもらわないといけませんな。

あ、でも、私生まれ変わったら藤原紀香のようになる予定でしたわ。
ははは・・・。

この際どっちでもいいですわ。居るかどうかわからないけど神様に任せます。
なんなら、今と同じ人生もう一回でも全然嬉しいです。

そしてまた、どんな形でか解らないけど、妹尾さんと出会いたいです。
2011.02.21 13:08 | URL | #no8j9Kzg [edit]
wedding dress says...""
宇宙では長く時間がすごして、
大いになりました
でも、宇宙のどんなものも正面と反面があります。
これは面白いと思いますね。
2011.02.21 12:07 | URL | #KnHW2vQ. [edit]
seitaro says...""
病んでるわけではないのなら安心・・・って病んでなくてこのコメントの方が心配ですよ(笑)
女性に何か嫌なことされましたか??(笑)か弱いと思っていた子の本性を隠れ見てしまったとか??(笑)

女性は子供を産み、育てていくわけですから、本能的に強いのかもしれませんね。

「女子会」はきっと潜入してみると驚くべき現実に直面するかもしれませんよ。「女子校」が「お嬢様学校」ではないという事実と一緒で。知らない方が幸せなことは世の中あふれております(^皿^)

風邪、お大事に。
2011.02.21 11:48 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://gekijuku.blog27.fc2.com/tb.php/859-8f4ac8ea