・・・されど役者的妹尾blog

役者道を邁進している人たちの稽古場風景。 最後に笑うのは自分だ,系。 だ-か-ら、やることやって言ってますとも!   since.2006.4.14
3

<えろ将軍>への道





今日は初っぱなから気分の悪い記事を目にしまして。




****************************************

<Yahooニュースより>

金沢市を中心に1人暮らしの女性宅に押し入り計8人に性的暴行をし、金品を奪ったとして、強盗強姦(ごうかん)などの罪に問われた鈴木三郎被告(41)の裁判員裁判で、金沢地裁(神坂尚裁判長)は8日、「悪質かつ卑劣」として、懲役29年(求刑懲役30年)を言い渡した。

 判決は「被害者の苦痛は極めて大きく、その後の影響も深刻」と指摘。被告に性犯罪の常習性が認められるとし、被害者が激しい処罰感情を持っており、「刑を決める上で、ある程度考慮すべきだ」とした。


****************************************





むかしむかし・・・私がまだ30才になる前のお話し。



私の仲良しで、酒飲み友達でもあり、相談相手。

多くの役者をサポートする立場にいた女の子。




一緒に酒を飲み、そろそろ帰ろうかと言い出したのは夜中の1時くらいだったかと。




「コンビニによって買い物をしてから帰る。」



ま、いつものパターンだし、彼女の家もすぐ近く。

歩いて5分かからないところ。

別に心配する訳でもなくいつも通りの別れ方で私も家路につきました。



帰宅して風呂に入り、何となくテレビを付けてぼけえーっとしていましたら携帯電話が鳴りまして。

夜中とはいえ、麻雀のお誘いや飲みのお誘いはしょっちゅうありましたから慣れたものです。

液晶を見ると、やっぱり役者の友達。



「出た!今から飲みに来い電話だわ。 今日はもういいかもなあ・・・・」



っと電話に出ました。

何て断ろうかな?何て思いながら話し始めましたら、何か様子が違う。

相手の方は私と同じ年齢の男性で、九州男児まる出しの面白くて強い男。

その男が必死に冷静を保とうとしています。




「…妹尾ちゃん、あのね、今▲▲から電話があったんだけど・・・なんかさ、何を言ってるのか分からないんだよ。ただ、ずーっと泣いてて。」



▲▲は先ほどまで一緒に飲んでいた女性です。



「ええ、何で? 何かヒドいこと言って泣かしちゃったんじゃねーの、○ちゃんがっ! へへへー、だってさっきまでゲラゲラ笑って飲んでたよ! この色男!」



「違う違う。なんか様子がマジなんだわ。携帯の一番最初に出てた番号が俺だったからかけてきたって…。 ちょっと嫌な予感がするんだけど…妹尾ちゃんさ、家がそんなに遠くないから先に見に行ってやってくんない? 俺もすぐに行くからさ。」




ものすごいシリアスな空気です。



了と返事をし、▲▲宅に速攻で駆けつけました。

チャイムを押します。

がちゃっと▲▲が出てきます。



いきなり私の胸に飛び込んできて、両手で顔を覆っています。

嗚咽。



・・・・。


「どうした?」


とは聞けませんでした。

聞けないんじゃなくて聞くまでもありませんでした。







裸の上に大きめのジャンパーを羽織っただけの姿。

涙。

恐怖に震える肩。

散乱している部屋。




それらのモノが意味する答えは一つです。





「部屋に入ろう。もうすぐ○ちゃんも来るから…。温かいものでも飲もうよ。」




身体を小さく丸めて泣いているだけの彼女に、かけてあげれる言葉が見つかりません。



ゆっくりゆっくり、身体と時間を溶かすように話し始めました。




必死に、切々と訴え始めます。



・・・・・。


・・・・・。


・・・・・。




(いきなり押し入ってきて乱暴をし、財布まで盗んで去った、と。)





私は、怒りで身体中の血液が沸騰しそうになってきました。



出来ることは何?

考えて考えて。

遺留品になりそうなものや指紋が残っているかもしれないもの、全て袋に入れて私が管理しました。





が。

そこからが大変。

当たり前ですが、女性はそういうことを公にしたくはありませんし、記憶の中からも消し去りたい。

でも、憎きバカたれをぶん殴るためには捕まえなくてはならない。

捕まえるためには警察に届けなくてはならない。




警察に連絡するか?


様子を見ているととてもじゃないけどそんなコトできそうにありません。



<いやいや>をくり返し泣き叫んでいます。

発狂しそうなほど。





「▲▲、辛いかもしれんけどさ、警察に連絡しようよ。 捕まえなきゃ▲▲と同じ涙を流す奴がどんどん増えるよ…、ここで止めようよ・・勇気を持って…ずっとついてるからさ…。」




夜が明けた頃、やっと彼女は首を縦に振りました。


私が警察に連絡しました。

細かく説明しましたらすぐに鑑識、刑事、女性警官が車5~6台でやってきました。




その日の夜までずっと事情聴取をしました。

男ばっかりじゃアレだろうと言うことで、共通の女友人も最小限で集めまして。

・・・。



その後、1年以上経ってから犯人が捕まったと連絡がありました。

やはり何件も犯行を繰り返していたようです。


警察に、見に来ますか?と聞かれたそうですが、思い出したくもないことを思い出させないでよ!と切れてしまったそうです。


理解できる、かも…。






現在は何事もなく笑いながら酌み交わしていますが、彼女の傷が癒えるにはあと数年・・・否、やはり一生かかっても消し去ることは出来ないでしょう。








という、そんなムカついた、最悪な事件を思い出してしまったぞ、と。












俳優はせくすぃーであるべきだぞ! と教育されてきました。

その通りであると思います。

私、自称<えろ侍>ですが、そんな私といえどもやっぱり無理矢理系なのはキライ。

おおおおおっっ!なビデオなんかでも、ちょっとでも強引な設定とかがあるとドン引きしてしまいます。



これもその影響なんでしょうか?





そうではないと思いますが・・・私の<えろ将軍>への道はまだまだ険しそうであります。


赤マムシ飲んで頑張ります!












該当の記事は見つかりませんでした。

3 Comments

風見光太郎 says..."怒る(-_-メ"
赦せない・・私が妹尾さんの立場なら、犯人を探し出してぶん殴ってやりたい。

殴っただけじゃ気が済まないかも・・自らの欲望を満たす為なら、他人は平気で不幸にする奴☆赦せません(Θ_Θ)

記事を読んだだけでも頭に来たんだから、妹尾さんが体験した時は想像を絶する怒りがこみ上げて来たでしょうね。

読みながら女友達が脳裏に浮かびました
夜遅い時は男が用心棒に成らないと駄目ですね・・・それにしても悪は絶えないなぁ・・死ぬより辛い苦しみを体験させた加害者が懲役刑だけで、生きてられるなんて赦せない(-.-)

これ以上☆悪が蔓延る世の中は見たくないです。
2011.02.09 14:41 | URL | #- [edit]
へから夫人 says..."そうそう、愛のないエロはいかんぜよ。"
赤マムシ・・・・ですか・・・。

あれ?赤マムシドリンクって、そう言う時に飲むためのものだったの?


これは、怖い話です。
警察に届けなかった人の話も聞いたことがあります。
強姦されている車のすぐ隣を、巡回中のパトカーが通り過ぎてて・・・。どんなにもがいても声を出そうとしても無駄だったと・・・。


性犯罪者は、刑罰の他にち〇ぽ切断するべきです。睾丸切除かどっちか。
野放しにしたらダメです。

2011.02.09 13:34 | URL | #no8j9Kzg [edit]
seitaro says...""
許せないです!!
彼女の勇気は称賛に値します。そんな害をなす身勝手なやつを許しておくわけにはいきません!!
性犯罪は、何度も辛い思いを女性はすることになるわけで、本当に許せません。犯人が捕まっても一生忘れることが出来ないですよね。まわりの人が温かく支えてあげるしかないです。

飲みに行って、帰り、タクシーに乗っても絶対に家の前までおくることにしています。
「すぐそこ」が一番危険なことを知っているから。男女関係なく誰に対しても、この意見は譲りません。絶対、玄関前までおくって、入るのを見届けてから帰ります。

愛のないエロはいけません!!
愛のあるえろ将軍になってください(^^)
2011.02.09 12:54 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://gekijuku.blog27.fc2.com/tb.php/855-99ac1488