・・・されど役者的妹尾blog

太く拡げよう僕の細道   since.2006.4.14
6

全国のちびっ子ハウスへ




♪ 強ければそれでいいんだ~

力さえあればいいん~だ~

ひねくれて星をにらんだ僕なのさ~ ♪




<タイガーマスク>のエンディング。

こんな歌詞を歌いながらも、肩をすぼめて木枯らし吹きすさぶ路地を寂しそうに歩いている…。

強けりゃ良いってモンじゃない、空虚感を見事に表現していました。



「なんで強いのに哀しいんだろう? 大人って複雑なんだねー…。」



幼かったとは言え自分の哀しさが満載です。





伊達直人といえば、<タイガーマスク>の本来の姿。

ちびっ子ハウスにあらわれて、みなしご達にプレゼントを送り届ける正義のヒーローです。



この伊達直人現象。


日本全国、ほとんどの県に伊達直人が現れているそうで。

足長おじさん的な。

ランドセルやプレゼントを寄付して。



良いことでしょう? いろんな意見があるかも知れないけど、少なくとも犯罪行為、悪いことじゃない。

個人的にはとても心が温まります。





こんなニュースを読みました。



「2人の女の子が埼玉県草加市役所を訪れ、「児童養護施設にプレゼントしたい」と申し出た。
職員が尋ねたところ、2人は草加市内の小学6年の友だち同士。

内訳はノート4冊とポップコーン、別の袋には袋入り綿菓子とスナック菓子2袋。」



いろいろ話を聞こうとしたけど、数分で恥ずかしそうに走り去っていったそうな。



か、可愛い・・・!




自分が小学6年生だった頃を思出せば、何となく胸の奥のきゅいーんとした酸っぱいモノがよみがえります。



めっちゃ頑張ってイイことをしよう!


的な。

ある日、特定の時間だけ改心して、訳も分からず良いことをしようと思う瞬間。

子供だったから出来た、一心不乱な無垢。




一緒に添えてあった手紙に、「ちょっとしたものですが受けとって下さい。正義のヒーロー タイガーマスク まゆ毛っちょ&伊達萌菜人。」


って。



この行為に対して、ある意味正しいかも知れない大人的な意見は置いておきましょう。






朝からとても清々しい気持ちになれました。

まさに、私が表現者を続ける根本的なエネルギーです。



人間って、全然捨てたもんじゃないっ!

















お勧めブックのコーナー!

今ハマっている小説で、「刑事・鳴沢了/堂場瞬一」ものがあります。

すんごい小気味よいテンポで話が進みますので、読み始めたらなかなか中断するのが難しいシリーズです。

ハードボイルド…っぽいんですが、結構自分のことを良く喋る主人公。

狙いが少しずれているところがまた何とも言えず、人間の不完全さを表現できていておもしろい。

冬の夜長、みなさんも是非ご一読を。



長風呂で身体を温めるのにちょうど良い本だと思いますよ。

ちなみにシリーズモノに鳴っていますので、是非<雪虫>からどうぞ!





あと、お願い的な…。

私、<レイ・クーニー笑劇集>っていう絶版本を探してます。

適正な価格で売っているところはないものか?

もしも情報がありましたら是非お願いします!






さ、ラーメン食べて「ゲキ塾。」稽古にいってきます!



該当の記事は見つかりませんでした。

6 Comments

隼 says...""
小学6年生ですかぁ・・・・その年齢でよくぞ!!って感じですねぇ。。

勇気を貰ってしまいました。

お探しの本、結構なプレミアついてますねー・・・(^^;;
古本屋で探してみようと思います!!

遅れましたが明けましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いします。(^^/

追伸)進路、無事決まりました。
理系の大学です。
2011.01.16 18:32 | URL | #- [edit]
全温度チアー says..."キザ兄ちゃんからの贈りもの"
 虎だ、虎だ、おまえは虎になるのだ――!
 原作・梶原一騎による劇画『タイガーマスク』は、暴力アニメの金字塔でもありました。これを観てしまったチビッコが、どれだけ大きなトラウマを負ってしまったことか・・・。
 漫画にしてもアニメにしても、主人公・伊達直人の精神的にも肉体的にも痛めつけられる様がエグイほど伝わってくる内容でした。
 まず、主人公が怯えたり泣いたり悪のかぎりを尽くしたり・・・と、およそ他のそれとはかけ離れた人間くさいヒーロー像だったことからしてショックを受けます。

 孤児院で暮らし、世間から蔑まれた目に晒されていた少年・直人は「強ければそれでいいんだ」「力さえあればいいんだ」との想いから、ある日忽然と姿を眩ます。直人は悪役レスラー養成機関“虎の穴”にスカウトされていたのです。
 月日は流れ、孤児院「ちびっこハウス」にひょっこりと帰ってきた直人。OBとして、何より子どもたちのよきお兄ちゃんとして、ドジで頼りない「キザ兄ちゃん」を演じつつ明るくふるまう直人。が、施設の窮状を知り、虎の穴の“抜け忍”を決意する。ここから際限なく送り込まれる刺客に命を狙われ続けるタイガーの死闘が始まるのですね。

 このたびの伊達直人現象。それは、帰ってきたキザ兄ちゃんからの贈りものか。そういえば戦災孤児だった伊達直人さんは、もう「キザじいちゃん」だと思ったりもしましたが、残念ながら伊達直人さん本人は、もうお空の星になっておられます。これらを贈ったのは成人した健太少年か、タイガーマスク二世の亜久竜夫か、それとも佐山聡氏か・・・。いずれにせよ、全国の伊達直人さんを知る人々に、彼の幻影をみせてくれた偉大な御仁には感謝したいものです。

※ダンディズムあふれる伊達直人さんの最期→http://is.gd/kmNzk

 だけど、ちびっこハウスの子どもたちにとって、キザ兄ちゃんの笑顔は永遠に不滅です・・・。
2011.01.15 00:29 | URL | #aYDccP8M [edit]
陽星 says..."タイガーマスク"
あたしが小学校一年生位の時に再放送で見ていた記憶がありますよ(^^)d
そして全国のタイガーマスク寄付ニュースは暗い世の中に明るさを運んでくれたニュースですよね★
お探しの本はあたしも古書店等で見つけてみますね
2011.01.13 17:04 | URL | #hyrIbYYQ [edit]
seitaro says...""
適正価格がいくらなのかがよくわかりませんが、ツタヤのオンラインでは2625円で出てましたが・・・中にはかなり高額で打っている方もいらっしゃいました。

僕も古本屋を見てみましょう。ちなみに、いくらまでが許容範囲なんでしょう??
2011.01.13 13:04 | URL | #- [edit]
へから夫人 says...""
いい話です。
その年で、実行するその勇気、行動力。
心からの拍手を贈りたいです。

レイ・クーニー笑劇集、ブックオフで検索すると、販売価格は850円ですが、現在在庫なしですね。
本屋さんに行くことがあったら、ちょっと探してみましょーーー。
2011.01.13 12:07 | URL | #no8j9Kzg [edit]
ななみっくす says...""
他のアニメキャラなど、色々亜流の名前も出てるみたいですが
それも含めて、何だか心がホッとしますね^^>伊達直人さん

以前読んだ本に、こんな感じの一節がありました。
「富豪が寄付をする事は、税金対策の『偽善』かも知れないが
間違いなく、その『偽善』に救われる人がいる。それで良いのではないか」
私も、何もしないで批判的な事言うより、行動こそ意義のある事と信じたいです。
まして、今回の話は、微笑ましいものも多いですし。

お探しの本ですが、某所ではかなり高い値段になってますね><
稀にですが、ヤフオクなどで趣味で古書を安く売られる方も
いらっしゃるので、チェックしてみるのも良いかも知れません
…くらいしか言えなくてすいません。

今度神田行く機会あったら、古書街覗いてみます。
(なんか、古書店って味あって好き…)
2011.01.13 12:00 | URL | #N0fGSRtA [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://gekijuku.blog27.fc2.com/tb.php/844-49a23d31