・・・されど役者的妹尾blog

役者道を邁進している人たちの稽古場風景。 最後に笑うのは自分だ,系。 だ-か-ら、やることやって言ってますとも!   since.2006.4.14
11

水を飲むのは根性なし?


ども!

SSK46 (のお う 46歳)です。

来年は SSK47 に自然と改名することになります。

出世魚ならぬ出世名ですな。



この SSK46 ってなんか気にいっちゃってるので、しばらく押してみようかと思っています。


佐々木スポーツさん(SSK)は全く関係ないのでグローブとかバットとかを連想しないで下さい。






さて。

嫌味なほどに晴れています。

窓を開けて布団を干し、軽く掃除機をかけただけで滝のような妹尾汁が噴出してまいりました。

しかもこれから野球です。

どうなってしまうんだろう・・・




干物みたいになりそうな、そんな予感。

水分だけじゃなくて塩分もね!って皆さんに心配してもらってます。

あざっす!



でも大丈夫。

昔からね、ちゃんと自分の腕とかをペロペロなめて調整してるから。





そういえば。

筒井さんの所でも読ませてもらいましたが、そうなんですよ。

昔?って。

スポーツしている時に水分を摂っちゃいけないって言われていました。

何か根拠があったのかどうかは知りませんが、多分根性論だったのではないかと。



「飲んだらよけいにのどが渇いて辛くなる!」


「飲んだらバテる!」


「ガマンしろ!」


この辺は耳タコでした。





強烈な思い出が二つあります。




中学生の時、(そのころチビだったけど)バスケットボール部におりまして。

夏休みに学校で練習をしておりました。

朝から夕方まで、そらもう大変なしんどさです。

ときどき休憩があるのですが、そのときも絶対に水を飲んではいけません。

強い学校でしたのでそれなりに練習もハードです。

体中から水分を絞り出す練習を毎日やっていました。




そのときも・・・下級生だった私は同い年のヤツ数人と体育館の隅っこの方、日の当たらないところで休んでおりました。

絶望感にも似た、砂漠を旅する人の気持ちが分かるような・・ウソ、そんな余裕はなくて、とにかく口をぱくぱくさせて今にも昇天しそうな金魚状態です。

体育館の壁の下の方に連なっている小さな小窓。

外を覗き込み、そこから入ってくるこれまた小さな風を探しているような感じです。


そのとき、男女一人ずつ、学生服を着た生徒が歩いてきました。

夏休み中なのでちょっと珍しい。

何の用事できたのかは知りませんが、とにかく歩いてきました。

2人が手に持っているのは、モップ、バケツ、ほうき。

明らかにどこかの掃除をしてきた(しに行く)風体です。

バケツには雑巾が数枚ぶら下がっています。


思わず声をかけました。

小窓についているオリを隔ててへんてこりんな会話です。


「そのバケツ、水・・入ってる?」


「え?うん。 でも今捨てに行くところ。だってほら!」

・・・

真っ黒。

雑巾を絞って出てきたドロドロの水。




「ぜんぜん構わんから。その水をたっぷり雑巾にしみ込ませて!」


「はぁ? う、うん・・。」



で、手渡してもらった雑巾を口に含んでじゅるじゅる回し飲みした・・・という思い出。

はっきりと味を覚えているし、背徳感、罪悪感、それよりもマズいのに美味しい水の味。

あまりにも情けない青春の味。

ちょっと今書きながら気持ち悪くなってきましたが。






もうひとつは。

メタルダーの撮影時。

ロケをしておりました。

現、フジテレビのあるお台場公園、その近くだったと思います。

真夏で、そのころもやはり水分を摂ることはタブーだと言われておりました。

ガマンしてガマンして・・・




当時の衣装ですが、上下ともにビニール的な材質で作られていて、しかもかなりごっつくて。

汗はいっさい通しません。

袖口やズボンの裾から中の汗がボタボタボタ・・・って流れ落ちてくる、そんな衣装。

めちゃくちゃ暑いんです、否、熱いんです。

日に当たっていると表面が加熱されて、スタッフさんが何気なく手で触ると、


「あつっ!」


って声が出る。

そのくらい。



で、その撮影を淡々とこなしていたのですが、突然、首の後ろから背中にかけて悪寒が走りました。

今日のような真夏の炎天下なのに。


「あれれ?なーんかヘン・・。」


って思っていると、体中にサブイボが出来る感じ。

鳥肌ね。

そしたら、ゾクゾクゾクーって来て、目の前が涙でにじんできて・・・

座り込んじゃった。

スタッフさんが、おいおいどした?って駆け寄ってきてくれたらもうダメ。

何か寝ころんじゃって。

いわゆる倒れ込んじゃった・・・のかな?

遠くにスタッフさんの声がいっぱい聞こえて、でもなんかよく見えなくて。



そしたら急にお腹がズンと重くなった。

分かる。

で、ちゃんと外界と頭の意識がリンクし直されて。

チューニングが合った感じ。




腹の上に子供が乗ってやんの。

きゃっきゃ言ってる。

その横で母親らしき人が、


「○○ちゃん、よかったねー、メタルダーのお兄さんよー! 抱っこ抱っこ!」


・・・


違う、ぜんぜん違うわ!


先日登場した日比野さんらが、ちょっと語気を強めて、



「見て分かりませんか? 具合が悪くて倒れているんですよ! 何をしてるんですか!」



なんて。

私、何も言わずにじっとしてるだけ。

じっとしかできないんだけど。



撮影をね、見ていた人が、今がチャンス!とばかりにやってきたのね。






ま、これも面白い思い出ですが。




それで、


「確かにこの衣装じゃちときついだろうよ。 また倒れるかもしれないぞ。」


ってスタッフさんが言ってくれたらしく、夏バージョンの薄い素材で溺対象が急遽作られた、と。

そんなね、話があったんですよ。

SSK22 のころ。









「水を飲んじゃダメー!」


って聞くと、この二つのことを思い出します。

これ以上水関係の思い出を作らないようにしなければ、ね!




皆様も十分に気をつけて下さい!







該当の記事は見つかりませんでした。

11 Comments

ピクミン says..."SSK46"
愛称は・・・・・??
このままで いいと思いますヨ(^皿^。ニッ
30才過ぎても KinKi・Kids、40才過ぎても少年隊
・・・の方達がおられますから・・・笑

腕を舐めながら、柵越え?土手越え?の会心のファイト1発
打ちましたゎ!報告があるのでしょうかw
塩分補給に梅干もいいようですね(TVで言ってました)
試合後、もの凄い顔して皆で食べて、種飛ばしプチ大会をして
種を拾って捨てて、オアシスに突入?!笑

臭いまでしてきそうな黒い雑巾汁!気持ち悪すぎです。。。ヽ(ヽ゚ロ゚)ヒイィィィ!!!
2010.08.09 00:09 | URL | #- [edit]
なを says..."おー"
なんだ、昔は全国的に「スポーツ中に水のむはヘタレ」だったのかーっ!


私も小学生の頃、県下一番のバレーチームにいたのですが水はご法度だった。

たまに「ひとくちだけ」と許可が出たときのあの水道水のありがたさ!

よく生きてたなー…。
しかし、その時代を過ごした我々がこれからの日本を担うのですから。

なんか頑張れる気がしない?ね?
2010.08.08 21:18 | URL | #- [edit]
marine says...""
衣装が暑すぎてぶっ倒れちゃった話、
久しぶりにお聞きしましたね

冬場のジャケットですもの、
本当に暑そうです

お水と言えば、自分たちの頃は随分寛容になったものであります。

ガキンチョの頃は厳しかったのですが、
高校になると、逆に「水分だけはとっておけ!」って。

そのギャップたるや、なんか違和感ありましたね~
2010.08.08 18:10 | URL | #- [edit]
TOMMY says..."水…"
飲ませてもらえませんでしたね、昔は。
「ガキは炎天下でずっと立ってても死なへん」と言われました。

空手道場・バスケ部・器械体操部とそんな感じで育ち、
「あの世界」に入ったら20年間ずっと炎天下でした。

先輩にアカンと言われつつ、裏でこそこそ水と塩ナメてましたっけ。
でないともちませんもん…4時間も5時間もあんな衣装着ていては。

ましてや我らの年代、普通にしてても汗で水分と塩分が出ていきます。
ちゃいなどれすなおねーちゃんの姿でも妄想しつつ、アク●リかポ●リを飲みましょう。
2010.08.08 01:22 | URL | #- [edit]
ミミコ says..."そうですよねぇ。"
暑い中、野球の練習お疲れ様でした。
今頃はアルコールで水分補給されたのでしょうね。

メタルダーの衣装、薄くなったのはそんな大変な事があったからなのですね。可哀そうに…。
ただでさえ暑いのに、そりゃそうですよねぇ。

水分もですが塩分も取らねば、とつくづく思います。
うちの子も先週、脱水症状で点滴受けました。
おまけに先生からアクエリとアイス買ってもらったりして。

まだまだ暑い日が続きますけど、汗っかきの妹尾さんにとって無事に楽しい夏が過ごせますように。
2010.08.08 00:58 | URL | #bi94IFRw [edit]
大手町26 says..."夏休み"
自分もあと半年したら大手町27にしないと(笑)自分も誕生日の月は妹尾さんと一緒なもので。水を飲むななんて酷ですよね、水なんて更に汗かくから飲むなよとは言われた事ありますけど。役者さんって憧れるトコロありますけど、カッコイイと思うシーン程(メタルダーオープニングの妹尾さんが海辺を走るとこ)痛い思い出があるのでしょう。
2010.08.07 23:11 | URL | #- [edit]
いがきち says..."うちの剣道少年も休憩には水を飲んでいます"
SSK46さんは、あと半年もしたらSSK47さんになるんでしょうか?

ちょうど8月6日過ぎたところなので、広島人は「水を…」と聞くと辛い気持ちになります。
あ、水はがまんしてはいけません。根性あっても死んじゃいますから。
テカテカ衣装、暑そうだなあ~と思って見てました。やっぱり暑かったのですね。

私は、学生時代に体力系文科系クラブ(演劇部)所属だったので、屋内でしたが空調のない密室で地獄の暑さでした。
20ウン年前ですが、休憩には水飲んでましたよ。ヨカッタ、文科系で。
2010.08.07 22:51 | URL | #QjtTlS4. [edit]
へから says..."あぁー!"
そういうことでしたか!

SSK

てっきり野球用品かと…
2010.08.07 22:49 | URL | #mQop/nM. [edit]
難波鷹史 says..."撮影現場も根性論?"
 80年代の映画業界も根性論だったのですか?
 こういう考え方って日本人だけなんでしょうかね。
 もちろん、日本の精神論としてよいところもありますが、
 一方で科学的に合致しないとんでもない考え方があるもんです。

 命の危険を自ら犯して、そこから生還して、
「自分は成長したんだ!」っていう、自己満足なんでしょうか。
それを、大事な親御さんからお預かりしている生徒たちに
強要するという・・・。
 学校も意味分からんです。

 まさかですが、今も体育会系はそうなんでしょうかね。

 こういうわたしは、営業会社の意味分からん根性論とか、
けなしまくった挙句に、私たちだけが仲間、助けてあげる的な、
お涙頂戴感動巨編的な新人研修が大嫌いでして…。

 わたしの反骨精神はこんなところから出来上がっていったようです。

 「水飲めば、余計に苦しくなるガマンしろ」

 わたしもよく言われましたよ(笑)
 確かにガブガブのんだら、動けないし苦しいけど、
 こまめに、少しずつ飲むのが(たしか)正解だったと思います。

 野球の練習が終わって帰宅するころには、もう体の水分が
ありませんで、母親が血相変えて、氷水をくれましたね。
2010.08.07 17:31 | URL | #- [edit]
へから夫人 says..."その子ども・・・"
そのお子ちゃまも、いまや立派な大人になっているのでありりましょうから・・・。
SSK46さんに、お謝りなさい!!!と言いたいおばちゃんでした。

剣流星が明らかに違う素材の青ジャンパーを着ているのは、
確かほんの数回ですよ。
それ以外、全部あのテカテカジャンパーでした。
熱いだろうなぁ・・・と思いながらDVD見てました。
八荒さんのジャンパーは、白で薄手な感じですけど。

雑巾の話・・・・それ、戦後の日本の話ですか?
あり得ないんですけど・・・・。
でも、それだけ極限状態だったわけですよね。

よくぞ、これまでご無事で・・・(涙)
2010.08.07 16:23 | URL | #no8j9Kzg [edit]
seitaro says..."考えられないですね。"
なんてマナーのない観客なんでしょう・・・。
たしかに、あの衣裳は風通し悪そうですよね。

仕事で外にいること多いんですが、ちょっと離れて戻ってきた車の中は灼熱ですね。

腕なめて塩分調整・・・ある意味賢い選択かもしれません(笑)
それにしてもすざましい青春の思い出・・・僕ならそんな部活はちゃっちゃとやめますね(根性ゼロ)。
それぐらいの根性がないとヒーローはやれないのですな。

今頃、ヒットをかっとばしてるころですかねぇ??
2010.08.07 14:40 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://gekijuku.blog27.fc2.com/tb.php/776-fa8eab16