・・・されど役者的妹尾blog

太く拡げよう僕の細道   since.2006.4.14
4

胸が・・・な独り言



私たちは運がいい・・・

・・・与えられた時間を無駄にはしない。








茨で出来た万力が胸を締め付けます。

棘はゆっくりと私の胸の中に、奥深くまで刺さっていきます。

息が浅くなり、だんだんと自分の存在が無味に・・透明になっていきます。

涙を流すことすら忘れてしまい、生きてきた46年間の薄っぺらさを恥じずにはいられません。





私たちはもっともっと知らなければいけない。







書かずにいられない気持ちになってしまったので書き殴ります。

今回の文章は自分を諫めるためだけに書きます。

意味不明でしょうからマジですっ飛ばして下さい。








明治維新以降。

会津(福島)と長州(山口)の確執は誰でも知るところでしょうが、こんな記述があったのを記憶しております。



<民族間の憎しみというものは相当なもので、会ったこともない人間同士が非常に無惨な殺し合いをする。会津人か長州か、というだけで。額に五寸釘を打ち付け木に晒すほど。>



個人的な恨みを持たなくてもできてしまう。

平和ボケしているのか、肉親や友人をやられなければこれほどの憎しみは、多分私には沸いてこないだろうと思います。

もちろん、それすらよろしくないのでしょうが。


これが宗教的な色合いや、歴史に色塗られた情念が根付いていたら更に恐ろしいことになるのでしょうか。

人間て何だかんだ言ってもやっぱり動物だから?



私も、この世に生を受けてこの歳になるまで、今の日本みたいに儒教的な精神性じゃなくて、なんて言うか負のイデオロギーの中で育っていたら (ましてやそれが他と比較することも出来ないような環境であったなら)負の世界を邁進していたのかもしれません。















たまたま。

たまたま観た映画が私の中のへんてこりんなスイッチを押してしまっただけなんです。

しばらく前から家にあったのだけど、どうしても観るのが怖くてそのままにしてありました。

が、勇気を振り絞って再生してみました。



<ルワンダの涙>



ルワンダのことは先にも書きました。

ルワンダのことだけにスポットを当てるつもりじゃない。

これは世界で起こっている多くの悲劇の氷山の一角です。

たまたま・・・語弊がありまくるけど、たまたま。



1994年、ルワンダで。

3~4ヶ月の間に80万人もの人が殺された、という事件があった。

軍人だけにじゃなくて、民兵に。

部族が違うから殺せるんだって・・・

殺戮。

赤ん坊も子供も関係なく。





しつこいようだけどこのことだけを殊更に言いたい訳じゃない。

でも、きっかけにはなる。

もっと、もっと知ることの。







自分は役者です。

伝達者です。

語り残していきます。

だから知らなきゃいけない。

知らないことは、存在の意味を消すこと。








胸が押しつぶされ、自然と身体が震えてきたときに冒頭の言葉で映画が終わりました。





単に生きているだけでこんな言葉が出てくる、そんな人たちが大勢いるんですね。





考えさせられた。

それはアホでも出来る。

さて、じゃあ次に何をするの?




・・・



出て来ない。



なに、俺?

答えを出すためにも知ります。

知ることをやります。

肌感を伴って。


それでも・・時間のありがたさ、無駄にしない感覚はヌルイんだろうけど。









追伸

神様って何を考えてんだろう?

高所大所からのごもっとも意見じゃなくて、個人個人はっきりとした意味を教えてくれなきゃ死ぬに死ねんよ、実際・・・






役者なのに他所の映画観て感じすぎてる。

ふぅ。













該当の記事は見つかりませんでした。

4 Comments

大手町26 says..."ルワンダ"
ラジオでこんな大量虐殺が起こったなんて、今の日本では考えられません。

この様な出来事を遠い目で見る事なく、いつかは自分の目の前にもこんな現実がやって来るかもしれないと言う、覚悟を持たなければならないのでしょうか。

やはり、まずは知るべき事なのでしょう。
2010.05.31 02:33 | URL | #- [edit]
ミミコ says...""
神様もたくさんいらっしゃるでしょうに、争いを治めるのは難しいのでしょうか?

それでも祈ることしか出来ません。
2010.05.30 23:38 | URL | #- [edit]
おざなりさん says..."以前に観た時に"
mixi日記にも書いたのですが_( (_´Д`)_見終えて出る感想はEDのテロップでルワンダ出身のスタッフが出ているのをみて「生きててよかったね」
それだけです。_( (_´Д`)_それしか言えません
_( (_´Д`)_漏れはたぶん「お願いだからそっちは見ないでお願いだから」と言った報道機関の女性と同じ態度を取ると思います
2010.05.28 19:45 | URL | #9L.cY0cg [edit]
へから夫人 says...""
http://www.youtube.com/watch?v=VqMju-dJ9ss

accessの「Shadow over the world」という曲です。

沢山の人の命が奪われてゆく中で、何が出来るんだろう。
それらの魂を救う術はあるのだろうか。
愛する人を守れるのだろうか。
という歌です。


これまで、何度か何気なく聞いていた曲だったのですが、
昨夜、作詞を担当した小室みつ子さんが歌うバージョンを
ニコ動で見て、それこそ涙が止まりませんでした。


せめて沢山の魂が救われますように。
2010.05.28 15:26 | URL | #no8j9Kzg [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://gekijuku.blog27.fc2.com/tb.php/743-c84b61a2