・・・されど役者的妹尾blog

役者道を邁進している人たちの稽古場風景。 最後に笑うのは自分だ,系。 だ-か-ら、やることやって言ってますとも!   since.2006.4.14
5

まいぶーむ

はい、消えた。

カーリング。

ま、いっか・・・悔し涙流せるくらい本気に熱い競技だったってことも理解できたし。

手先の器用な日本人、これからももっと活躍して下さいませ!









<拙者親方と申すは、お立ち会いのウチにご存じのお方もござりましょうが・・・>


てな文言で始まる、<外郎売り>というモノがあります。

ういろううり。

歌舞伎十八番の一、享保三年に二代目市川団十郎の作。

途中から難しい(ややこしい)日本語がいっぱい出てくるので、役者さんの間では滑舌の訓練に使われることが多いです。

「ゲキ塾。」でもいつもこれをやっているのですが、本当に効果があるので驚きます。

私の場合○分切ると絶好調、みたいなバロメーターにも。



ま、ね、効能に関しては置いといて。

この文章を辿ってみますと、


「相州小田原、一色町をお過ぎなされて、青物町を登りへお出でなさるれば・・・云々。」


とあるので、


「ふーん。神奈川県の小田原にあるのか。今もあるのかな? 時間が出来たら行ってみよう。」


くらいに思っておりました。

25年間。

ちょっと思いすぎですが、去年の暮れにもこのブログに、ウチの正太とさっちゃん、露敏と4人で行ってみたよー・・・と書きました。

昔作っていたままの建物が博物館的になっていて、趣深い話も聞かせてもらえました。

そのときにね、当然ですが購入したんですよ。

外郎を。

結構ってか、かなりいいお値段。

ものすごぴかぴかした、お金持ちのリピーターと思しきお客さんもたくさんいたし。



とにかく文章に、


<一粒(いちりゅう)舌(した)の上にのせまして、腹内(ふくない)へ納(おさ)めますると~・・・万病速効(まんびょうそっこう)あること神の如(ごと)し。>


とあるので実際に飲んで試してみることにしました。

万病に効くらしいのですが、わざわざ病気になって実験をするほどヒマじゃない。

手っ取り早く飲み過ぎ対策で。




袋から外郎を取り出し、手に取ってみます。

一粒ずつ・・・って書いてるんだけど小さい粒がわらわらあるのでめんどくさい。

10粒くらい手にとって口の中に放り込んでみると・・・



「あれ! この味知ってる! 昔食べたことある!」



って。

何だっけ・・って思い出すのに2秒くらいらしかかからなかった。

だってこの味は世界で一つだけだもの。



仁丹。



平成の人たちが知ってるはずないと思うけど、我ら昭和原人は子供の頃から慣れ親しんだ食べ物?です。

グリーン仁丹や、梅仁丹といった子供向けのもあった。

さしずめ今の時代で言うなら<フリスク>系なタブレットでしょうか。





とにかく、外郎(の味)は仁丹ソックリだったと発見したのです。

しかもこの外郎、高い買い物だったから無理矢理身体が反応したのかもしれないんだけど、効き目があったのよ。




「ほほう・・・外郎は仁丹的なのね。 で、効き目があるのね、二日酔いに。」



と頭の中で結んだ私、それならお安く手に入る仁丹でいいんじゃねーのか?ってことで薬局に買いに行きました。

そしたら。

売ってねーの。

あちこち行ったんだけど。

でね、ここは絶対に置いてないよねー的な、お婆ちゃんが集うような古い薬局に行ったらば、あった!


仁丹


これね、子供の頃から何十年も口にしていなかった・・・ってことは、酒飲みすぎた時に実験したことは無いってことなのよ。

試したみたら・・・それほどでもない。

でもね、思わぬ効果を見つけました。

口臭がね、消える!

ものすごい勢いで消える!

酒と一緒に摂取したニンニクの匂いとかも一緒に消える!



いやいやいや、仁丹自体の香りが強烈すぎるので前のが消されているだけかもしれないのだけど。

とにかく口の中の匂いが変わる!



そんなものすごい効果を発見してしまいました。

私、これからは仁丹の時代だと思います。

常に持ち歩きますわ。



数名の方から、


「妹尾さん、おじいちゃんの匂いがする。」


って言われましたがそれが何か?

敢えて仁丹。

平成に仁丹。




そんなまいぶーむ。





該当の記事は見つかりませんでした。

5 Comments

氷室 静 says...""
一粒ずつ、、、とあるのに
10粒放りこむところはさすがですねw


<外郎売り>、よく井の頭公園で
大きな声で発声してたなぁ。。。

いっつも武具馬具武具馬具のところ、

『バギッ!』って

おもくそ噛んでた頃がなつかしい(お


ちなみにアタシは忘却の彼方ですが、
旦那は全文暗記してます。

2010.02.25 02:25 | URL | #- [edit]
ジェダイト says...""
お初にコメントさせていただきます。

仁丹は30年くらい飲んでないですねぇ。

外郎は文章の通り小田原の薬ですね。昔の外郎はかなり苦かったらしく、口直しのために一緒に売られたのが、名古屋名物のお菓子のういろうみたいです。

ブログは半年ほど読ませてもらってますが、読み応えのあるぶんしょうなんで、楽しみにしています。

これからもよろしくお願いします。
2010.02.25 01:46 | URL | #- [edit]
ピクミン says...""
大好きだった祖父も愛用していました♪ でこれ 加齢臭にも効果あり?^^;タリッ
懐かしいです。子供のころ食べてました!梅とグリーン(*^^)v
銀色のはスーパーのレジ横で見かけたような・・・・
まだあったんだぁ・・・しかも こんな所に!・・・・と。笑

外郎って丸薬だったんですね。てっきり名古屋名物だと・・・・
昨秋TVで、中略御免!で、声優・森川智之さんの外郎売を聴いたのですが
もう凄い!の一言で、表情や手振りも面白くて 思わず惹きつけられました
全文(口上)聴きたかったです

落語で じゅげむを聴いたことありますけど、これも面白いですね
でも早口言葉もろくに言えないので、ただただ感心するばかりです

ブーム去るの早いですね(笑)
でもその瞬間を楽しんで終わるw、それもまた楽し・・・・でしょうか(*^^)v-☆
2010.02.24 15:31 | URL | #- [edit]
F says..."お、おじいちゃん…"
妹尾さんからは想像も出来ない【おじいちゃん】なのですが、思わず笑ってしまいました(^m^)
まいぶーむですか、まいぶーむ…私は何でしょう?色々興味があるのでとっさに浮かばないのですが。

あ、巷で少しブームらしい生姜にハマっています。
その前は唐辛子だったのですが、どんどんエスカレートしていったので自己規制をかけました。

妹尾さんからおじいちゃんの匂い…笑えます(≧▽≦)
2010.02.24 14:26 | URL | #- [edit]
へから夫人 says..."昭和のおもひで"
うわ。パッケージはおしゃれーーーになってるけど、
マークは変わってない!!


小さい頃、梅仁丹にはまったことあったなぁ・・・・。

懐かしい。昭和の思い出。

しかし、外郎が仁丹の味って・・・。
外郎と言えば、普通、白、とか抹茶味でしょ??




今、真央ちゃんの演技見てました。
スバラシかった!
続く、キム・ヨナ選手も素晴らしくて、「こりゃヤバイ」と思ったら、抜かされちゃったわ。
このメダル争いも見逃せない!!

安藤選手も、ラブラブパワーで頑張って!
2010.02.24 13:27 | URL | #no8j9Kzg [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://gekijuku.blog27.fc2.com/tb.php/704-0e26389e