・・・されど役者的妹尾blog

太く拡げよう僕の細道   since.2006.4.14
9

ハチの武蔵vs大和 大阪飲み会連絡

昨日、バイクで走っていた時の思い出を書きました。

そうしたら、バイクにまつわるいろんな事を思い出しまして。



そんな中でもう一つ<ハチの武蔵と大和の決戦>のお話を書きたいと思います。

大して面白い体験じゃないですが、まぁ珍しい話なので。






20歳になる前、メタルダ君をやるよりも前です。

私はとにかくバイクきち○いで、特にツーリング、旅が大好きでした。

毎年北海道を走るのを楽しみにしておりました。

米、味噌、塩、何故か傘やサンダル、定番のテント、シュラフ、火起こし機具を積んで行きます。

お金は最低限、行きの船代とかだけ。

何の用意もせずに行くので持ち合わせとか準備資金というモノは全くありません。

困ったら現地で短期アルバイトをやります。

テント場とかに、<求む!○○収穫作業。>とか出てるんです。

ガソリンスタンドやサンマの初揚げ手伝い、じゃがいもやトウモロコシ、なんでもありましたから。

適当にやりながら。

中でも、特に羅臼、ウトロといった知床系が好きでした。

そこに<熊ノ湯>という温泉(無料)があり、そこのテント場を根城にして北海道を走り回るのが習慣になっていました。

別宅。

木に名前を彫ってテントの前に刺し、表札にしていました。

自転車で日本一周してる人や歩きの人、いろんな人との出会いを楽しみました。




ま、この年もそんなこんなでずいぶんと楽しんだのですが、この時の北海道はちょっと出発することに問題があったのです。


この頃、私には弟がいるのですが、この男が大学受験の下見や準備のために私の家に泊まりに来ておりました。

当然彼は受験のためのお金を持参しています。

私は、



「あー、北海道行きてーなー・・・金がねーなー・・・」



と、悶々としているところ。

そこに何故かステキにも金を持った人が転がり込んできて。

・・・・!

なんと素晴らしいことでしょう。




「ちょっとそこまで出かけてくるわ。」




と、言い残し、逃げるように家を出たのです。

何故逃げるようにかというと、夜中のうちに弟の資金を拝借していたからです。

めちゃめちゃルンルン気分ででかけましたが、少しだけ気になるので、




「ワシがおらん時に何か困ったことがあったら、Hに電話しろ。助けてくれるから。」



と伝えてありました。

すぐに困るの目に見えてたし。

このHというのは滅法ケンカが強くて、とても男気のあるやつです。

今でも大親友。

全幅の信頼を置けるヤツですから。





で、まぁ2週間ほど北海道はでっかいどうーぎゃははははー、なんて旅を満喫して帰京しました。

弟の金があったのでバイトもしなくて良かったし、楽勝な楽しさ。






美味しいモノをたらふく食って来ました。

絵日記でもつけようかってくらいキャイキャイ言って帰宅。

懐かしい我が家にバイクを止めて外の階段をカンカン上ります。



すると、二階の玄関の前に弟とHがしゃがみ込んでタバコをくゆらせているではないですか。




「何やっとん? ってか、お前まだ帰ってないのか? で、H,も一緒に何?」



と。

二人は、お帰りなさいの挨拶も無しに私を下からじろーと見上げます。




「・・・・あ、怒ってるんだ! なんで? ・・・・あ、そうか、お金持って行っちゃったからかな?」



まいこんぴーたーがチクチク動きました。

が、その答えは違っていました。

怒っていません。

よく見ると二人ともちょっぴり涙目。




「妹尾、家の中見てみ・・・」



Hが暗く言いました。




「うん。・・・なによ、入ろうよ。」


「あー! だめだめ! ドアは少しだけ開けて!」


と、弟。

なんのこっちゃと意味不明のまま言われた通りドアを少しだけ開けてみました。




・・・・


んまぁ! なんということでしょう!


小さな玄関から台所的な空間にかけて、黄色と黒のコントラスト。

空間を全てその二色が支配しています。

で、音もものすごい。



ぶー・・うーぅーん・・・ぶーん・・ーん




って。

ハチ。

の固まり。

集団。



「なんでー!」


涙目の弟が、


「知るかーっ! わしの金全部持って行きやがって・・・帰れるかっ、新幹線代がないわ! 飯も毎日Hちゃんに喰わせてもらっとったんぞっ・・・てまぁそれは置いといて、朝起きたら・・・起きたらって言うか変な音で目が覚めたら目の前がまっ黄っきなんじゃー。 ぶんぶんゆーとる。 よー見たらハチじゃ! どーゆーことなら! 何をペットにしとんなら!」


怒ってる。

隣で貫禄出してじっとタバコを吸っていたHも、


「妹尾、おっかないモノ育てるなよ・・・こぇーよ。 弟に助けてくれって言われて、すぐに飛んできたけどこんなもんどーにもできないよ・・・」



「俺、飼ってません、特に昆虫を飼う趣味はないし。ハチを飼ってる奴の話、養蜂所の人以外で噂でも聞いたことある?」




とにもかくにもこいつらをやっつけなければならなくなりました。

何故かしら私の心の中は怒りでいっぱい。



「くそう、俺の可愛い弟と友達をこんなに困らせやがって!」



脱いだばかりのヘルメットを被り、これまたバイクの荷物の中からカッパとグローブを取り出し完全武装します。

玄関先に置いてあった、ガットの破れているテニスラケットもこんな時には役立つでしょう。

右手に武装して、準備を整えました。



「奴らがハチの武蔵なら俺は大和じゃ! おんどりゃー、許せん! 

Hよ、弟よ、貴様ら案ずるではない。行ってくるぞ。 だがもしもの時は後を頼む!」



目で二人に語りかけます。



「応! 屍は拾ってやる。 武運を祈るぞ!」


目で答えてきます。




呼吸を整え、ドアノブにそっと手をかけます。

怒りと緊張でしょうか、ヘルメットのシールドが曇ってきますが開ける訳にはいきません。

刺されると痛いから。

一気にドアを開き、中に飛び込み再び家を密閉します。


ものすごい音。

爆撃機みたいなのがヘルメット越しにはっきり聞こえます。

目で数える・・・



無理。

オーバーじゃなく何千匹もいる感じ。



「我が青春に悔いは無し!」


戦いの火ぶたは私が切りました。

無心にラケットを振り回します。

一撃十殺。

テニスラケットの面は大きいから便利!

しかしながらそれでも不足を感じたのでしょう、いつの間にか左手には現在も使っている中華鍋を握っていました。

剣道で鍛えた私を倒してみるがいい!

格闘に次ぐ格闘。

叩く、振るう、袈裟に正面に抜きに。

バチバチ音を立てて床に敵が弊れていきます。


でも。

全然減らん!

調子こいて注文しちゃった10人分ラーメンみたい。

次から次へと敵は編隊を組んで襲ってきます。


本当に、心の底からムカついてきました。

息も絶え絶えなほどに疲れてきているし、体中汗でびしょびしょ。


気合いの声が外までこだましていたでしょう。

乱刃、狂刃、魂魄を込めて戦いました。

私には後がありません。

この家に平和を取り戻すには、私が戦わなければならないのです。

この身が果てようとも・・・






どのくらいの時間が流れたかは分かりません。

ぶーんと言う羽音が完全になくなるまでたたきつぶしました。


静寂が戻りました。

床や壁が一面まっ黄ーきーです。

戦いのものすごさを語っていました。


ヘルメットを脱ぎ、タバコをくわえます。

私の身体も疲弊しきっています。

手首とか何カ所か刺されていました。

痛みは感じません。

血がたぎっていたのでしょう。



ふーっと一息ついて窓を開けました。




「・・・・・なんだ、窓開ければもっと楽だったんじゃん・・・」





カッパも脱ぎ去り、愛する友人と弟を呼び入れ、三人で掃除機でハチの亡骸を吸いました。

紙パックが何個もそれで満タンになりました。

よく見ると、武蔵はアシナガバチでした。




「選んだ相手を間違えたな、俺は君らに倒されるワケにはいかんのだよ・・・まだな・・・」










弟が、用心のために雨戸を閉めたんだと。

私は雨戸なんか閉めたことも触ったこともありません。

その内側に大きな大きな巣が。

自然、家の中にでっかい巣を晒すことになってしまったと。



主を失った巣はものすごいでっかいのにものすごい静かな。

ハニカムの羅列がおどろおどろしさを醸し出していました。

卵とか食べてみるか? みたいな話には誰も乗ってこないので引っぺがして捨てました。

だから過ぎたる用心なんかしちゃいけないのだと説諭しましたが、これもあまり意味をなしてないようでした。






しかしながら、私が金をパクったことも忘れ、彼らは私に尊敬のまなざしを向け、




「・・・おめぇ、すげえなぁー・・・・」




って。





最終的にはめでたしめでたしな話。









さて。

役者いぢりな飲み会 vol2>ですが、だんだんと輪郭が決まってきたので発表させて頂きます。



まず、大阪でのお店や、出席して下さる方とのコンタクトを、へから夫人さんにお願いすることになりました。

よろしくお願いします!

そしてどもアリガトゴザマス。



で、改めまして、


日時 10月29日(木)  18:30~22:30くらいまで。

場所  梅田のわかりやすいところ。

費用  4.500円 (くらい)

部屋借りて飲み放題、雰囲気いいよーってお店を探してくれました。




「え? そんな飲み会があるのなら行くわ、行ってやるわ。」


的な方、どんどん参加して下さい。

緩くてぬるくて、何でもありのタダの普通の変哲もない飲み会です。




現時点で、「参加してやる。」と連絡をいただいた方、

へから夫人
えん
Yママ
kaikichaser
ピクミン
こにしのぶお
えみ
難波
ケイ
     (敬称略)


だと把握しておりますが、大変申し訳ありません。

もう一度、次のメールアドレスにお名前等々をご連絡頂けないでしょうか。

このアドレスを参加者のための連絡基地にしたいと思っております。



kodokunakokoro2004-runrun@yahoo.co.jp



大注意!!**********************************

ここ、試験に出ますから。


件名(メールタイトルが)

FromWebSite

でなければ、迷惑メールとしてはじかれてしまいますので、その点だけ忘れずに!

件名は、コピペしてね。

ヨロシクです。

************************************************************************

〆切等々、あまりへから夫人さんの手を煩わせたくないので、早めに決定させたいと思います。

数度にわたってこの告知はしていくつもりですが、どうか皆さんのご協力をよろしくお願いします。


副隊長のピクミンさん、隊長に都合の悪い何かがありましたら連絡しますのでよろしくお願いします。



普通に面白おかしく飲みましょう!

私、全く人見知りしませんのでいきなりいぢるし、いぢってもらっても大丈夫ですから。

楽しい大阪の夜を過ごしたいと思っております。



どんどん参加して下さいね!


んだば。



該当の記事は見つかりませんでした。

-9 Comments

へから夫人 says..."その後"
その後、ピクミンさんからのメールは、無事届きました。
当方からのメールも無事受信できていることを願います!

ヘビガラスの穴を制覇できなくて苦しんでいるへから夫人でした。
(途中で、全部死んじゃうのよ!ピクミンが!ゲキカラスプレー使ってもダメなの。要するにへたくそなんだわ。私。)
2009.10.12 17:13 | URL | #no8j9Kzg [edit]
ピクミン says..."へから夫人様へ"
Σ( ̄□ ̄|||)ノ\(◎o◎)/!ギョワーッス!!の経緯
ブログの方に書き込みさせて頂きました<m(_ _)m>

黄ピク&青ピクとの遭遇!おめでとうございま~す♪
まだまだ先は長いですけどw、頑張って下さいね~\(⌒O⌒)/♪
2009.10.12 03:09 | URL | #- [edit]
へから夫人 says..."ピクミンさんへ"
うーん。サブ隊長をお願いするピクミンさん。
あなたのからのメールが届いてないでごわす。

PS:おかげさまで黄色ピクミンとは合流しました。
 青ピクミンとも合流完了!
2009.10.10 00:08 | URL | #no8j9Kzg [edit]
kaikichaser says..."届いたかなぁ~?"
またしてもふざけたメール送ってしまいました。スイマセン。届いてなかったら教えてください……(ここも相変わらず)

しつこく書いてる気もしますが事情がありまして、途中参加でないと無理であります。どうかほどほどに暖かくしょぼい男を迎えてくだされば有難いです。口説き方も知らないし人見知りもするけどさ。

さ~何持っていこうかなぁ~(おい)
2009.10.09 22:01 | URL | #- [edit]
ピクミン says..."\(◎o◎)/!!"
私めも送信完了いたしました♪

もうスゴすぎて(呆れて^?^;)言葉もないです
今日は大群のw、おウマさんとおシカさんが走り回っています

この次ハチに刺されたら・・・・!!
相当年数が経っていますが、でも一応、気をつけて下さいね

2009.10.09 19:50 | URL | #- [edit]
えみ says...""
送信完了!

放送当時の記憶だけで、参加するのですが大丈夫なのだろうか・・・e-443
部屋って事は、靴を脱ぐのだろうか・・・・(やはり、レギンスか!?)
急に肌寒くなったけれど、服はどうしよう・・・・
終電はチェックしたけれど(爆)30分前にアラームを鳴らすようにした方がいいのかしら・・・e-440
今から、デジカメの充電した方がいいかしら・・・e-442

この調子では、当日は、知恵熱が出そうですe-441

なるほど・・・
スズメバチと戦っても、正義の味方は現れないと思っていたけれど、正義の味方は、蜂の巣レベルじゃないと、現れないのね・・・e-350
2009.10.09 17:18 | URL | #vEYkoT0U [edit]
Yママどぇーす says..."阪神 どないやの?の中で"
読んでいてこのお話しの オチは何 何??と関西人はオチを求めてますから(苦笑)
なんと 鉢?いや蜂!ですか~ それも千匹以上?
ハッチ(8x4) 32匹位なら 何とかしょうと思いますけど
妹尾さん!注射針は恐いけど 蜂の針は 大丈夫~大丈夫~♪なんですね。 
すずめ蜂でなくて 良かったです。

飲み会 楽しみです!!
お世話をして下さるへから夫人様 ピクミン様 ありがとうございます。 おばちゃんもお世話したら良いのに・・おおきなお世話になりそうなので 今回は(次回もあると信じて疑わない)
甘えさせて頂きます。すみません。
皆さんにお会いできるのを 心まちにしています。
勿論 妹尾さんのあの「おもろーなトークも★」
翌日、仕事 休みとりましたよ ハイ
2009.10.09 17:14 | URL | #- [edit]
へから夫人 says..."すごいね。"
はい。飲み会に参加されるかた、募集中です。
「男が女を口説くのにピッタリな雰囲気の部屋」らしので(ホンマかいな)、
男女ともに10人くらいで束になって、大男を口説きましょう。
(どんな飲み会やねん)

妹尾さん、弟さんが・・・・かわいそうだわ。
そんな豪快な兄・・・・って・・・・。
お金の持ち逃げは・・・兄弟であってもまずいですよ。


中華鍋まで振り回すって・・・・。どんな腕力?


いやーーー。やっぱり凄いですわ。妹尾さん。
作り話みたいで全部本当の話だもんね。すごいわ。
その状況で「自分で倒す」っていう発想、普通でゃ出てきませんよね。
2009.10.09 14:09 | URL | #no8j9Kzg [edit]
なを says..."めでたいの!?"
あたくしは弟くんの受験がどうなったのかが心配ですわ。

ま、いっか、命あれば(笑)

しかし蜂もビックリしただろうな~、やっつける気マンマンのでっかい青年ににらまれたらさぁ~


関西のゆる飲みは我がソウルメイトが幹事ちゅうことで私にもおこぼれがくることを期待しとりますっ。
2009.10.09 12:21 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://gekijuku.blog27.fc2.com/tb.php/642-e7970048
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。