FC2ブログ

・・・されど役者的妹尾blog

太く拡げよう僕の細道   since.2006.4.14
4

お茶漬け考察。

やっぱりサラッと流されませんでした。

麦茶茶漬け...


少しだけお茶漬けに関して思うことを書いておきたいと思います。

芝居もへったくれも関係なくてすいません。


私が上京した頃の話なんですが、ある日友人の家で晩飯をごちそうになっていました。

やはり喰い盛りというか何というかめちゃめちゃいっぱい喰うんです。

そこのお母さんもとても良くしてくれる人で、

「死ぬほど食べなさい!気にしなくていいから。」

的なことを言われておりました。

「あざーっす!」

ってなもんで毎回5~6杯はおかわりしていました。

で、妹尾家の癖で、最後の一杯をお茶漬けにしたんです。

すると、

「へぇー、そんな風に食べるんだ。なんだか汚いというか行儀悪いね。」

と。

.......?

全く嫌味じゃなく言われたのですが意味が分かりませんでした。

周りの東京人に聞くと

「お茶漬けって、みそ汁をぶっかけた猫マンマと同じようなモノ。」

という恐ろしい答えが返ってきます。

「えええええええええ?」

それ以来お茶漬け恐怖症が芽生えてきたのです。

今でこそそういうのはかなり少なくなったと思いますが、東西の文化の違いを思い知らされました。

ましてや冷たい麦茶をあつあつご飯にかけたりなんぞすると、

「ぬるいのか熱いのか冷たいのか、気持ち悪い。」

ということなのです。

結構へこみましたよ、いや、マジで。



そういえばそんなことは言葉にもありました。

訛りや、発音の仕方が違うのは当たり前で構わないのですが、当時はまだ今のように関西弁が広く普及していませんでした。

私の場合岡山なのですが、母親の言葉がモロ京都弁で、家庭の中ではぐちゃぐちゃに混ざっていました。

ある程度関西弁でしゃべりますので、こっちの方がまだ通じるんだろうと無意識で話しておりました。

もっとも、その当時は岡山弁で話しても

「関西弁だ!」

と珍しがられていましたが。

バカとアホの使い方が真逆なのはよく知られていますが、例えばいまは普通に皆さんが

「めっちゃ可愛い。」

等と話します。

が、当時私が

「あの子、めちゃめちゃ可愛いね。」

と言いましたら、

「妹尾、意味が分からない。なんで(めちゃめちゃ)、とけなしておいて後で(可愛い)と褒めるの?どっちが本当?」

と突っ込まれました。実話です。何度もありました。

キャッチボールを終えて、相手の人にグローブを手渡し、

「これ、ついでに直しといて!」

「......どこも壊れていませんよ?」

まさにギャフンです。


ね、そんなところから吉本のパワーで関西弁が関東でも広く認知されていく時代を見てきた私にとって、麦茶茶漬けはそこはかとなくノスタルジックな、また首都東京に対する畏れを抱かせるモノとなったのです。


はい、田舎者の大弁解おしまい、と。


だーかーらー、つまらない答えだからそっとしておいてねって言ったのに...グスン

   引かれ者の小唄




該当の記事は見つかりませんでした。

4 Comments

へから夫人 says...">お茶漬け考察。"
麦茶茶漬けって、京都の文化?

私はよく味噌汁ご飯して食べていましたが・・・。
いや、さすがに大人なんでもうやりませんが・・・。
九州出身です。

京都生まれ京都育ちの夫が、麦茶茶漬けするんですよねーー。
それを見ている私の息子も、ためらい無く、少し残ったご飯に麦茶をじゃーーーっと・・・・。

御茶碗はピカピカになるし、いいんですけど、私は正直、麦茶ご飯は・・。

あったかいご飯に、あったかい緑茶なら全然抵抗ないんだけど。
2006.09.30 20:12 | URL | #no8j9Kzg [edit]
万年寝太郎 says...""
う~む、「汁ぶっかけ文化」は西日本だけなんですか・・・
子供の頃から茶漬けはもちろん、みそ汁だろうが吸い物だろうがご飯にぶっかけてましたけどねぇ(^^;
父親が九州出身なので、相当昔ですが「冷や汁」もぶっかけてましたし。

ちなみに、私は生まれも育ちも関西で、5歳の頃から今の住所にずっといるのですが、その一帯が当時の新興住宅地だったのと他人と余り会話してなかった為、自分の住んでる所が「関西弁を話す地域」と認識したのは中学2年の時でした。さらに「神戸弁が存在する」と知ったのは中学3年の終わりの方でした(苦笑)
2006.08.30 00:25 | URL | #EZHKDXl. [edit]
岡山県人バンザイ!! says...">お茶漬け考察。"
西と東の風習は全く違うものなんですね。知りませんでした。
お茶漬け=猫マンマ何ですかぁー。気にせずに食べてますけど・・・。これを聞いたら、他所では食べにくいですねぇv-404

地方の方言もそうです。特に、岡山弁は、何処に行っても分かりにくいそうです。(広島でも通じなかった位)

”ほかす”の意味、実は、ここ(今居る場所)に来るまでは知りませんでした。私の実家の方では、「してといて」って言ってます。

ちなみに、この前、自分のblogで「へつる」と言う言葉を使ったんですが、”へつる・・・聞いた事ありません、どう言う意味ですか?”と逆に質問されてしまいました。

これも、方言なんでしょうか?
2006.08.29 23:08 | URL | #- [edit]
こにしのぶお says...">お茶漬け考察。"
> 「お茶漬けって、みそ汁をぶっかけた猫マンマと同じようなモノ。」

 えええ。そうなんですか。ショックです。

> なんで(めちゃめちゃ)、とけなしておいて後で(可愛い)と褒めるの?

 これにも、カルチャーショックです。
 私も、副詞としての“めちゃくちゃ”は良いも悪いもなくて程度がはなはだしいだけの意味で使っていますが、確かに、改めて言われると、形容詞としては悪い意味を持つ言葉ですね。
 若い人が肯定的な意味で程度がはなはだしい様を“やばい”と表現するのに抵抗がありますが、同じような成り立ちの言葉遣いを自分も知らん間に使ってたことを知って、言葉って面白いなと、改めて思いました。

> 直しといて

 有名なのでは、関西弁「ほかす」の意味は“捨てる”だけど、知らない他の地域の人は「ほかす→保管する?」と逆に受け取ってしまう、てのがありますね。
2006.08.28 23:07 | URL | #yZ/Rs1eM [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://gekijuku.blog27.fc2.com/tb.php/50-251d0e2c