・・・されど役者的妹尾blog

太く拡げよう僕の細道   since.2006.4.14
3

20万閲覧突破! あざすっ!

皆様、励ましのお言葉、何よりの良薬として噛みしめるように読ませていただいております。

復活するのに、思わず時間が掛かってしまい自分としても歯がゆい思いをしております。



まさに、心に染み渡るようなありがたいメッセージの数々・・・うっうっうっ・・・感涙にむせぶとはこのことに他なりません。

私の中に勝手に不法占拠しているバイキンの奴らを一刻も早く追い出すため、自分法案を成立させているところであります。













さて、今朝もバニャーニャとポカリ、ピルクル、お薬4種類という抗生定食を食して、天敵の点滴を打ちました。

ちうしゃが本当に怖いので、




「看護婦さん、痛いのは左腕だけにして下さい。右まで痛くなっちゃったら、もう・・どうして良いのか分からなくなりますから。」



というお願いをしてありますので、点滴は左腕だけです。

ヒジの、血管がぷくっと出る辺りにうちます。

ものすごく近いところに何回もうつので、テレビでよく見る、シャブ中の人の腕みたいに赤紫色になっています。




「妹尾さん、腕、変えようか・・・?」




「いやですたい。」




で、ちょっとずつ場所をずらしてもらって。

結局この方が痛いのかしら。

でも、私の場合、うたれた後の痛さと言うよりもうたれるときの絶望感が怖いので。

傷は一箇所の方がいい、心の傷も・・・と、訳が分かりにくい解釈が頭の中で巡っているのです。










点滴の後、先生に呼ばれました。



「妹尾さん、この後のこと、ちょっとお話ししようや。」


「あ、はい、何でしょう?」




「あのね、色々と考えてみたんだけど・・・妹尾さんの場合、やっぱり切っちゃった方がいいかなーって思って。 扁桃腺。」




「・・・(またちゅうしゃの数々?)」




「うんうん、そらね、怒ると思うよ。」




「・・・(違う、怖がっているの。)」




「この前来たときに漢方薬で改善されているから切らなくて良いって言ったもんね、俺。」




「そ、そうっすね。」




「でもさー、ずーっとこれを繰り返していたらさ、投薬量とか、身体のダメージとか考えてね、あ、死ぬなって思ったのよ。」




「突っ込めませんが何か?」





「要するに、思っているよりも慢性化していて、全ての悪いところが一点に集中して出てきてるのよ。たまにいるのね、そういう人。希に。すごく低い割合で。 あ、ふゅー、みたいな。」




「えと、希少性はよう分からんけど、つまり私の場合、身体の調子の悪いのが全部のどちんこの辺りに集約して出てくると。そしてそれは体質的に繰り返されることで慢性化していると。」




「そ。 ざっくり、そ。 だからきっついばい菌に扁桃腺が耐えきれなかったら熱出してしまうのね。
プラス、鼻の奥が曲がってて寝てるときに呼吸が出来ていない。口呼吸。朝起きたら喉がかっさかさ。そんでもってその現象はお酒を飲むと脱水症状的になって余計に促進される、と。」






「はっはー、つまり酒を飲むといびきをかいてよく眠れてばい菌をキープする、と?」





「・・・ざーっくり、そ。 」




「なによ。 じゃ、酒飲んじゃダメってのは一切聞かないところからスタートするとして、これは俺の生活について回る仕方のない現象なワケ?」




「そ。」




「で、切ったらどうなるの?」




「喉の痛いのはなくなる。でも熱は出るのは変わらないと思う。 
身体が、熱を出しておけばどうにかなるって思いこんでるから馬鹿だから。 
熱が出るって言うのは、言い返せば熱を出せるってこと。 悪いけど良い、みたいな。 
まだまだ体力があるって事よ。ぎゃははは、体力馬鹿。」




「原始人。」
「は?」




「だからね、この後すっかり治って、切る方向で話し進めようよ。病院もちゃんと紹介するから。あと・・もしかしたらちょっと声が変わるかもよ。 役者でしょ?大丈夫?」





「大丈夫なワケ・・・ある。あるあるある。 この歳で声変わり、体験してみたい!」




「・・・」




「その辺に喜んでいくしかこの恐怖を乗り越えられんでしょうが!
・・・あとね、先生、トークの中に何気なく挟み込んでくるからさらっと流しているけど、 死んじゃうよ 的発言やめて。医者が言うとシャレにならないもん。
目の前のやーさんが死ねやこらって怒っているときよりもどーもならん率、高そうだもん。
ドラマでもも少し溜めて言う台詞よ。」





「だって本当だもん。今回だって本当は入院が一番良いし。妹尾さん体力があるから済んだけど。毎回毎回こんなのを繰り返してたら・・・」

「言うなっ! その後言うなっていう話!  
分かったから。切りますから、じゃなくて切る方向で考えますから。」






「うん、じゃーねー、また来てねー。」



「うん、じゃーねー。」













って。


脚本じゃなくてほぼリアル会話。


最初に行ったお医者さんに、


「すぐに切った方がいいよ。」


と、その場で言われ、なんだかなーと思ってセカンドオピニオン的に評判を聞きつけて行ったお医者さんがこの人。



「切るのは最終手段。出来るだけ身体にメスを入れないで治してみようよ。ダメだったらそのとき考えようぜ。」



って言ってくれた天使はもういない。

じゃなくて考え直すときなのか。


・・・

むむぅ・・


こわいよー。












45才にして声変わりしようとする男、この後も追って取材を続けたいと思います。











おーいっ、     どこに向かうのか、俺。




人形












皆様、熱出してウンウン言ってるときに気付いてみれば・・・何と



  20万あくせす !


ありがとうごぜーやす!


もう少しで元気になりますから、記念プレゼント企画やらせていただきますね!



カンシャカンゲキアメアラレ。



心より、有難うと言いますぞ!


だって本当に元気がもらえるのですから。


そしてえっちぃな妹尾写真も載せて見せますとも、ええっ!























該当の記事は見つかりませんでした。

3 Comments

あゆにゃん says..."ファイト!妹尾さん♪"
お体的にも大変なのに、お医者さんとのやりとり笑えました、ごめんなさい(笑)

でも手術してのどが治るのに、熱だけは仕方ないってそれはまた
それでつらいですよね・・・

でも妹尾さんはまだ若くて体力もあるからという

お医者さんの判断ですもんね。


がんばれ手術!

ファイト!妹尾さん♪
2009.05.21 10:03 | URL | #- [edit]
ピクミン says..."爆笑レッドシアター?"
医者と患者の会話、大笑いさせて頂きました!
辛くて怖いのに・・w、ほんとスイマセン

へから夫人に同じく、何ゆえキングギドラ・・笑
しかも相手はゴジラでもモスラでもなく・・
これ確か、シッポだけでも再生するんですよね^^;

何れにしても熱が出るなんて、苦汁の選択ですね
回復されたら、また先延ばしに?^^;
でも、あんなシャレにならない怖いこと言われたら
ちゃんと向き合うしかないですね

20万アクセス、おめでとうございます!
20万295アクセス目のお邪魔ムシよりwww
2009.05.21 02:38 | URL | #- [edit]
へから夫人 says..."プレゼントたのしみ"
楽しみですねーーー。プレゼント!!

なぜに、キングギドラ?と突っ込まずにはいられない。

しかし、のどの痛いのが治るだけで、熱がでるのは治らないって、ちょっとせつないですけど・・・。
ま、体力あるんだから、熱出るのも仕方ないかっ!

ばんざい体力!!

ファイト!手術!!!
2009.05.20 18:55 | URL | #no8j9Kzg [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://gekijuku.blog27.fc2.com/tb.php/443-d422ef22