・・・されど役者的妹尾blog

役者道を邁進している人たちの稽古場風景。 最後に笑うのは自分だ,系。 だ-か-ら、やることやって言ってますとも!   since.2006.4.14
2

脂肪も心も燃えてますとも。

前回、ウチの子(山本いつみ)の嬉しい報告を書いたら速攻で他のメンバーからのリアクションがありました。
いいねー、こーゆーの。
本日の天気のように気持ちいいです。

競争社会、というか原理って簡単です。
強いモノが残る、優れたモノが残る。ただそれだけ。

が、勝ち残るために一緒に競争をしていると妙な連帯感が生まれてきます。

その中からごくわずかな人にスポットが当たると悔しい気持ちが当然わき上がります。あと、不思議なんだけど同時に嬉しさも。

この辺、複雑なのですが小さな頃から集団で生活をすることに慣らされている日本人にとってはごく自然なことだと考えます。

ガマン、とかいうものを自然に身につけていくシステムになっていますね。

「ふざけんなー、なんで俺が落とされるんじゃー」
「私の方が絶対上なのにー」

といった悔しい気持ちを持っていなければ絶対に生き残れません。
ですがそれを表に出してワヤクソなこと言っても誰も助けてくれないのはもちろん、

<役者に大切な人間力に欠ける>

と、余計に遠回りしてしまうでしょう。
っていうかどの世界でも当たり前ですが。

”人間は考える葦である”  パスカル

”人間は社会的動物である” アリストテレス

どちらも聞き慣らされた言葉ですがこれらの真理は

「人はそのやり方、環境、形態の違いこそあれ全てが幸せに向かって生きている」

というものです。
生まれついた瞬間から欲を満たす為に、といえば語弊がありましょうが幸せに向かって呼吸を始めるんですね。

「それ」を手に入れる為に様々な艱難辛苦を乗り越えようとする。
決して楽しいことではないのに、後に待っているであろう「それ」を信じて耐えていく。
否、信じているから耐えられるのかな。
そう考えればみーんな基本M

一人一人が完全に孤立した世界であったとすれば、人間同士が共感することなどあるはずもなく、すなわち何を表現しても”伝わる”こともない。
当たり前だけど音楽や思想や文、過去のそれらが否定している。
つまり人間は社会的動物である、と。
偉いさん言った通り。
まぁ、この動物ってところがやっかいな部分もあって
「なわばり争い」や「意見の違い」しいては「おもちゃの取り合い」で殺し合いまでしてしまうから。
社会的っていう言葉の定義は時代とともに形を変えながらどんどん美しく進化していって欲しいと思います。



イヤな事を知って体験してるから素敵なことが輝くのです。
塩なんてそのまま舐めても辛いだけ、七味もそう。
なのにあえてスイカやうどんにふりかけたりするもの。旨みが増すから。

少し階段を駆け上ったり、草野球をするだけで体が爆発しそうになるもの。
ちょっと前までこんなことなかった。
ああ、太ったのだな、このままじゃいかん、中性脂肪を燃やさなければ。
だからプールに行くもの。いっぱい泳ぐもの。

ファイトー、おうっ!
燃えろー、いろいろ!







該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

塾頭 says...">脂肪も心も燃えてますとも。"
show time君、あんまりスペースを取りすぎないように!
そっか、リリーフランキー読み始めたか。
俺もまさに明日購入しようと思っているところでした。
凄い面白いんだってね。内容を教えないでくださいよ。アマゾンでアップしとくわ!
やるね、どんどん吸収するパワーが増えている。
showちゃんかっこいい!
2006.05.26 23:55 | URL | #- [edit]
Show time says...""
続き…

ダヴィンチ・コードを読もうと思っていますが、今リリー・フランキーの『東京タワー』を読んでいます。


東京タワー、面白いです。ノンフィクションならではの面白さじゃないかなと思います。

人それぞれなんで、好かん人は好かんやろなぁ。『ふ~ん、で?』みたいなことになっちゃう方もきっといるとは思いますが、ボクは読んでて楽しい?です。同じ福岡の話だからってのもあるかもわからんけど、他人の人生って色々あるんだなぁ、と。ボクは人の環境、状況を見たり聞いたりしても『可愛そう』と思った事がほぼないです。ボクにわからん事なのに何故『可愛そう』と言えるのかがよくわからんかったりするとです。
それ故、殺したり、傷つけたりは全くもってナシなんですけど。

僕らみたいな『まだ売れてない役者達』に世間様は結構冷たいです。蔑まれたり、あしらわれたりはまだ楽。

『応援するよ!』

この一言にたまにK.Oされる事がありました。キレイな薔薇にはトゲがあるって言いますけど、トゲばっかしで花が見えなくなっとるやん!みたいな事もありました。『お前がそうだから、そうなんだよ』って返ってきそうですが、たぶん、そうなんすよね。う~ん………ま、ホントのホントの本当は他人様から見られている自分を自分で見つめられた時かな、と。


なんつって。









カッキィ~ン!!○○ちゃん、かっくいー!




でんでん、ででんでん!


レッツゴー!!









もしかして…またスベッてる?!








おかしな最後でございヤス


2006.05.26 22:34 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://gekijuku.blog27.fc2.com/tb.php/20-c1d5c1fe