・・・されど役者的妹尾blog

太く拡げよう僕の細道   since.2006.4.14
5

車って生きてるのよ、マジで。





別れ・・・


今までの人生でも何度か経験してきましたが、本当に辛いものです。


死別、生き別れ、事情により、恋愛のもつれ・・・





いろんなきついことを経験しなければ人間は成長しないと言われますが、この別れ(別離)というものはその中でも王様に限りなく近いハードルだと思います。




今回、私はある別れを決意しました。



今、踏ん張っている最中です。



なんか、本当に思いつきで決めてしまいました。






さようなら、ぶーぶー・・・





車を手放すことにしたのです。


色々ありまして。



ていうか、この車は実はもうおじいちゃんで、お仕事をさせすぎてしまいました。


とっても気に入っていたので、


「ほら、ガンバレ。もう一息だよ。」


と、無理はさせない程度に、生かさず殺さず働かせてきました。



・・・ですがもう限界です。


ブッシュ、ABS、パワステ、、ミッション、あらゆる所から




「わしゃ、もうしんどいわ。楽にさせてくれんかの?」



と、悲鳴に近い声が聞こえておりました。






思えば先日長野に行った時に、あまりものトルクの弱り具合に限界を感じていたのですが、あれがおじいちゃんの最後のご奉公だったのかも知れません。





ヤフオクに出してさっさと高値で売り抜ける!とか考えましたが、敢えて安く叩かれるであろう業者さんを呼びました。



「しっかり修理、整備をしてもらって死に花を咲かせてもらいたい。花道を・・・」



の思いでした。



そうと決まれば迷いが(情が)出て困ってしまわないように速攻です。


インターネットで中古車買い取り業者に一斉に打診して、一番最初に来たところに売る!と決めました。



それがいくらであろうとも。




思った通りの金額、いや、それ以下かな。



ま、構わない。




特別なことはしませんでした。


車は下駄。


ピカピカ磨いたりもしません。


普段通り。


いろいろ積んであった荷物を取り去り、パーツを引っぺがし。


汗だくになりながら、でも、話しかけながら。





「この切ない気持ち、かなり気色悪いと思われるんだろうけど、18才の時から何度目だろう・・・」



初めてバイトして買った車を手放す時、号泣しました。


なんだか謝りながら。


2台目に買った車を手放した時、大泣きしました。


3台目、4台目・・・




数えてみますと今回は私の人生で8台目の別れです。



20才の頃・・



一週間分の焼き肉定食を奢る契約で手に入れたシビック。


ラジエーターに穴が空いていて、どんなことをしてもふさがりません。


業者に出すと高いし。


仕方なくいつも5リットルくらいの水を積んでいました。


水温計を気にしながら走り、信号で止まると速攻で水を補給します。




さしずめエコの最先端。


友人達に、


「水で走る車に乗っている。」


と言われておりました。


水蒸気バシバシ吹いて走ってましたし。


こんな車でも別れる時に泣きました






今回も泣いちゃうんだろうか?



ちょっと、今から車に行って運転席でビールでも飲みながら話しをしてきますわ。





むぅ・・・



おじいちゃん車、本当にお疲れさん。


大儀であったぞ!


もうゆっくりしてくださいな・・・





とほほ


該当の記事は見つかりませんでした。

5 Comments

へから夫人 says..."むぉぅ・・・・。"
そうですか。手放したのですか。
同じ車に乗っていると、密かに喜んでおりましたが・・・。

♪バイバイ ありがとう さーよおなら~愛しい恋人よ~♪

次の車は、どんなやつでどんな名前がつくのでしょうね。
2007.07.09 23:45 | URL | #no8j9Kzg [edit]
kuni says...""
今度は何を買うのですか?
2007.07.09 17:56 | URL | #- [edit]
なを says...""
お金さえあればなんでも手に入る感のある
昨今だけど、こういう気持ちってどこにも
うってないですぞ。

自分の心にあるとってもピュアな
気持ちですばらすいと思います。

私も見習わなくちゃ。
2007.07.09 17:01 | URL | #- [edit]
難波鷹史 says..."完全修理して乗るわけには…"
 うちのジムニー16年目です。
 ミッション系からオイルが漏れて、オートバックスの兄ちゃんに「もう寿命です」とか抜かしやがったです。スズキに聞いてみたら、オイルシールを変えたら元に戻りますよとのこと。乗る人の気持ちなんてぜんぜん考えないで適当に発言するんですよね。
 車を手放すか手放さないかは、愛着の深さとメンテナンスのわずらわしさとの戦いですね。愛着がわずらわしさに負けると手放しちゃう。
 なんか、西部劇で足の折れた馬を「情け」で射殺しちゃうシーンを思い出しましたよ。
 
2007.07.09 12:36 | URL | #- [edit]
礼子ちゃん says..."車お疲れ様でした。"
おはです、妹尾さん。
お車、長い間お疲れ様でした。
愛着が、あったようで、悲しさが、伝わってきました。何かの、お別れは、ほんとに、切なくなりますよね。
今日も、ゲキ塾など、1日頑張って下さいね♪
2007.07.09 11:11 | URL | #OLHiJ7es [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://gekijuku.blog27.fc2.com/tb.php/183-41ad8d4e