FC2ブログ

・・・されど役者的妹尾blog

太く拡げよう僕の細道   since.2006.4.14
3

知りたかった俺。


関西、宝塚方面を回ってきました。

縁遠くなっていた親戚を訪ねて。





家族を亡くしてその後の処理。

事務的なことも多く、戸籍等を手に入れたりしなければならない事も出てきます。

そうしますと



「あれれ?」


って思うことがどんどん明るみに出てきたりするんですね。

そらもう信じられないことがたくさん。

55年間の常識が一気にひっくり返されました。



「○は△だと信じてたのは◆の×だったのか!!」

「俺の□は実は€$だったのか!!」

「あれ、2人じゃなくて4人?すか!!」

「一度ならずも四度もっすか!!」


人にはいろんな人生があります、当たり前。

過去に何があったかを興味本位で知りたいわけじゃないのですが、どうしても知らなきゃならない状況というものに遭遇してました。

ほじくり返す申し訳なさもあるのですがね…。




とにかく、


「自分という人間がどのような状況で、何故その場所で、そして何よりも愛を受けて望まれて生まれてきたのだろうか…。」



という謎は解けました。

切なくなってしまう内容もたくさんありましたが、私がこの世に生を受けてもそれは素敵な愛の結晶だったんですね。

それだけでいいですし、十分です。

他のことはややこしくてめんどくさくてヤケになりそうな事ばかりですが、どーにもならんとなので笑い飛ばすことにしました。

重い足を引きずって大阪を目指しましたが、ちょっと楽な気持ちで帰京できそうです。


いやいや、俺は持ってるなーと。

オカンがよーさん謎かけを遺していってくれたもんやから、回答探しも大変よ。



てなことを踏まえて、まだまだ昇り竜、突き進みますわ。

かかってこい、無理難題!






















該当の記事は見つかりませんでした。

3 Comments

へから夫人 says..."激動の時代だったと"
時代が時代だったってこともあるんでしょうけど、本当にこう言う話あるんですよね。
うちのお母さんについても、出身地で生まれた人とばかり思っていたのに、祖父母の里で生まれてたりで、兄と姉がなかなか難儀しておりました。他に兄弟が見つからなかったのは幸いでしたが、遺言あったんで居ても大して揉めなかったかな。
残された子供達のためにも出来るだけ複雑なことにしたくないですよね。ま、複雑にしようと思ってた訳でもなくて、仕方なくそうなってしまったんでしょうけど。
息子たちが私が亡くなったときに、私の足跡をどんな風に眺めるのかな〜と想像してみると、平凡で大したドラマもない人生だったのね、って思うんでしょうけど、それでもとっても幸せだったと言うことは伝わればいいな、と思います。
2019.07.31 23:12 | URL | #no8j9Kzg [edit]
マリ says...""
なんか…妹尾さんが元の妹尾さんにもどりはりつつあるのが嬉しいです!
2019.07.29 14:22 | URL | #- [edit]
全温度チアー says..."ネット上ではメタルダー最終回についての話題が溢れておりますが"
『ファミリーヒストリー』を見るたびに「この番組に出るようなことがなければ知らないまんまなことがいっぱいあるんだろうなぁ」って思います。
妹尾さんはもうご自身でやっちゃったんですね。

うちのGさまは先祖の自慢ばかり語っていましたが、私が聞きたかったのは「こんなしょうもない先祖もいた」ことのほうで。
やっぱりどこかでオチが欲しいですから。

「父だと思ってた人がじつは母で、妹だと思ってた人が祖父でした」・・・ってオチなら最高なんだけど。
2019.07.28 15:13 | URL | #aYDccP8M [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://gekijuku.blog27.fc2.com/tb.php/1583-c82afc77