FC2ブログ

・・・されど役者的妹尾blog

太く拡げよう僕の細道   since.2006.4.14
1

都会の電車、世にも奇妙な


「祖国への挽歌」稽古も佳境を迎えてきました。

本番と同じ大きな稽古場に引っ越して、直前の一週間を過ごします。

なので気分転換を兼ねて軽く打ち上げ的に。

ま、そこでは侃侃諤諤盛り上がりまして、意気盛んにお開き。



そ、し、て、その帰り道の電車の中でとても奇妙なことを体験するのです。

夜中の電車
そんなに混んでいません。

始発駅なのもあり、座席に座れました。

私の向かい側にはちょっとリッチな感じなご夫婦。

多分私と同じくらいの年恰好。

私の左には酔っ払って完落ちしているサラリーマン。

右側には若い女性。

その女性…髪が長く、更に向こうを向いているので顔は見えません。

わざわざ横向いて覗かないし。

するとその女性、スマホで電話を始めました。

相手は彼氏のように思います。

ヒソヒソ話していたのですが、何か喧嘩が始まった模様。

声のボリュームも大きくなっていきます。

かなり大きい。

私の左隣のサラリーマンが目を覚まして何事かとキョロキョロしてます。

またすぐ寝たけど。

向かいのご夫婦もいらついたような顔で右隣の女性をにらみ始めました。

しかし当の彼女は全く気づいてません。

更にエスカレートしてきて、半泣きになりながらスマホに怒りをぶつけています。



「ちょっとなんで、なんでなんでー!何言ってんの、意味がわからない!それ絶対私のことバカにしてるんでしょ?もういいよ、なによ、ふざけないでよー!」


こんな内容を何度も繰り返してます。

ボリュームを上げながら。

睨みつけるご夫婦、隣で腹立つけど我慢する俺。

他の客の視線も集まっています。

集まってるんです、概ねこちらの方を。

彼女方面…に、私も含まれてる。

ざっくりここらへん。

んで、それをトータルすると、



「おい、その女の隣にいるお前!(私)そこに座っているのが運の尽き、隣の女を黙らせろ!」



なんですね、これが。

いやいやいや、自意識過剰じゃなくてそーなの。

ほんとマジで。

だって、悪意の対象に私が入ってるんですもの。

私、一部の人はご存知かと思いますが…若い頃は毎週


「怒る!」


って叫んで仕事してたことがありました。

怒る仕事。

で、それに疲れた私はもう怒ることをやめようと心に誓っているんですね。

おまわりさんのお世話になるのも嫌だし。

だから嫌だったんだけど視線の集中(特に正面のご夫婦のそれ)に抗えず、右の女性を見て口を開きました。



「ね、ちょっとうるさいよ、もう少し静かにして!」


10%だけ怒気をはらませました。

次の瞬間、周りの視線が一斉に私に向かいました。

そしてまた次の瞬間、今度は英雄を讃える眼に。

全員心の中で拍手している音が聞こえます。

私は大きな仕事をやり終えた安心感に包まれました。

一方、その女性、私の方を見ることもなく電話に向かって言い放ちました。



「ねえ、どーしてくれるのよ、今怒られた!めっちゃ怒られた。静かにしろって、どーすんのよ!」



ああ、これはあかんタイプやわ、本物には取り合わんようにしようと。

私は横の大声を我慢してればいいんです。

大きな仕事はしたのだから。

また正面のご夫婦は睨み始めてますが、今度は女性単体です。

もー、知らんわポーズの私。

するとその女性、スマホの会話を突然中断させ、いきなり電話を切りました。

おもむろに左(つまり私の方)をガバッと振り返ります。

髪がふわわわっと翻して私の頬を叩くくらい。



「すみませんでした!わたし、大きな声で話してましたかっ!?」



あああ、酔っ払いです。

これは…自分を見ているのかも、否、見させられているのかも…などと考え、取り敢えずはシカトしましたら、



「ほんとーっにっ、申し訳ありましぇんでしたっ!わーたーしー、酔っ払ってますかあああ?」



って覗き込んできます。

20歳そこそこ?くらいの普通に上品な感じの女の子。

ケバくないし、なんならちょっと可愛い。


「…ああ、はい、そのようですね、もう大きな声で謝らなくていいですから。大丈夫ですよ。」



「あのー、私い、えっおー、ごめんなさい!!」



正面のご夫婦もプッと吹き出してて。



「えー、何でわらうんですかあー?私変なことしましたかー?」



ご夫婦、イヤイヤと顔の前で手を振って否定。

納得した彼女、今度は私に



「あのぉ、今私就活中でぇ。どーしてもCAになりたいんですー。あ、因みに大学は〇〇女学院(超優秀)でぇす。でも、こないだ一番行きたいところ落ちちゃったんです。だからヤケクソで酔っ払っちゃってぇ。」



泣き出します。



「ああ、そうなんですね、他には受けなかったんですか?」



「一社は内定もらいましたぁ。A〇Aなんですけどぉ、ちょっと私に向いてない社風だと思ってるんですー。」


「すごく十分じゃないですか?超一流ですよ?」


「え?じゃあそっちに行けばいいと?お兄さんは私がCAに向いてると思ってるんですかあ?」


「さっきは怒りましたが、今はこうやってあなたの話を聞いてますよ。あちらのご夫婦も熱心に聞いてます。人を惹きつける力があるのだとすれば、客室乗務員はとても向いてるんじゃないですか?」


ご夫婦に尋ねています。


「マジですか?ホントにそう思いますかぁ?」


ウンウンと頷くご夫婦。



「ええ?え、え、え、そーなんどぁ。もっと話が聞きたいですぅ。お兄さんはどこの駅まで行くんですか?私はK駅なんですけど。」


「私はS駅です。ずっと先ですね。」



「え、え、やだやだ、もっと話聞いてもらいたい!」



顔をくしゃくしゃにして、目の周りは落ちかけた化粧と涙でおかしなことになってて。



ご夫婦に、


「どこで降りるんでしゅか?」



「僕たちは次で降りるよ。今度からはもっと静かに話そうね。」


と彼女に伝え、そしておもむろに私をを見つめて



「あとは頼みましたよ!」


みたいな感じで電車を降りていかれました。



「お兄さん、もっとお話がしたいです。私はどうすればいいのかわからなくて。」


「明日、目と酔いが覚めたらすぐに良い答えが見つかると思いますよ。」



って。

じーっと聞いていた周りの人たちも、ウンウンと頷いています。



「はい、あなたが降りる駅に到着です。飛行機で会いましょうね、頑張ってください。」


「え、うそ、やだやだやだ、うわわわ」



と彼女を降ろしてあげて終幕。

深夜、都会の電車内で起こった数人のためのミニドラマ。

知らないお客さんたちと共有した、怒りから始まった人生相談、からの酔っ払い女の子の不思議ワールドっていうお話。


ちゃんちゃん!







































































該当の記事は見つかりませんでした。

1 Comments

マリ says...""
なんか、ドラマのような話ですけど ほんまにあるんですね、そんなこと。
そのお姉さんがステキなCAになりはることを願います。
2019.05.24 17:33 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://gekijuku.blog27.fc2.com/tb.php/1579-ec9fe3ff