FC2ブログ

・・・されど役者的妹尾blog

太く拡げよう僕の細道   since.2006.4.14
0

Tokyo Joe、モンタナジョー、衛藤健…祖国への挽歌



きっとあっという間にクリスマスが来てお正月が来て、ゴールデンウイークが訪れるんだろうなー。

毎日がいろんなコトで埋まるのは大変有り難いのですが、やはり健康という物の大切さを痛感しますね。

私の両親は、入退院を繰り返しています。

それを手伝いながらいろんなコトを感じ取って、いろんな準備をして、それでもっていろんな学びを受けているんだな、と。

もしかすると<平均寿命>というものの概念を変えていった方が良いのかもしれないな…などと。


さて、順調に舞台の稽古は進んでおります。

楽しい仲間…とはいえまだひと言も話していない人もいますが…まあ今の段階としてはとても速いペースで芝居が出来上がろうとしていて。

これはこれですばらしいことでございます。

私も年甲斐もなく久々に稽古後の飲みに顔を出させてもらったり、引っ張られて朝までオールをしたりと、なかなかの青春を味わわせて頂いております。

描かれた他人の人生や刹那に真剣に向かい合い、そのお琴の気持ちや迷い、逡巡、恐怖などを辛辣に捉えようと。

無い知恵と頭を振り絞って役造りをしている状況でございます。

そういったことをしているときは多くの煩わしさから解放されるんですね。

もっといろいろやらなきゃならないことも沢山あるし、今後のことは準備や、追われていることが多いのに一点集中できるんです。

役者冥利…の一部かもしれません。

sokoku1.jpg

主演の松村雄基クンは同学年で、役の上でも親友です。

昔、ゴリゴリだった頃に一度飲んで遊んだのですがそこから25年ぶり!

久々にあった松村君は、ゲーノージンでこんなに良い人はおらんぞ!ってくらいのナイスガイで、すぐに距離を詰めるコトが出来ました。

若手もアニキ!と慕っていて、嫌な顔一つせずに芝居の話を聞かせてあげてます。

うんうん、こりゃね、本当にとても良い作品が出来あがるんだなって。

こんだけ長くやってりゃ匂いで分かるもの。



皆様、是非ご高覧いただけますよう!

【↓ こちらからご予約頂ければ<妹尾の扱い>チケットとなります。】

http://ticket.corich.jp/apply/97750/037/

チラシ裏画像

劇場でお待ちしています、よろしくお願いします!

ちょいっと説明。

今回の芝居はほぼノンフィクションです。

実は実話。

…。

太平洋戦争中に、アメリカで暮らす日系二世のお話。

差別、矜持、様々な試練と運命を切り開き、大ギャングスターになっていった男の物語。

めっちゃすごい人ね、こんなの今の時代では出て来んやろうなーって感じの。

Tokyo Joe、モンタナジョー、衛藤健。

呼び名はいろいろあるけど、彼の生き様を堪能してください!

祖国への挽歌チラシオモテ

******************************************
ショー・コスギさんの下で学んで帰国した<潮見勇輝>クンは素晴らしいアクションコーディネーター。
(私と肩組んで映っている髭もじゃの人)

本場の特殊部隊や様々な格闘技を本格的に取り入れて画を作るので、殺陣をつけるのを観ているだけで楽しくなってきます。

役者が着いていかんとヤバいぞーって。

そんでもっておっそろしいほど酒が強い。

それだけで好き、大好き!

平成の世にもこういう男っぽいのが残っててくれて本当に嬉しいわ。あ、もう終わるんか…




該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://gekijuku.blog27.fc2.com/tb.php/1575-80704d0b