・・・されど役者的妹尾blog

役者道を邁進している人たちの稽古場風景。 最後に笑うのは自分だ,系。 だ-か-ら、やることやって言ってますとも!   since.2006.4.14
2

ちょべりぐな忘年会


年末…といえばクリスマスや忘年会、飛び込み自殺の急増でおなじみですが。

忘年会、これはね、もう身体を壊すための行為と知りつつもやらないわけにはいかない。

医者にストップをかけられようとも、レバーが石になりつつあっても飲まなきゃならない。

楽しいんですもの!

さすがに自重するように考えて、少し数は減らしていますが…だって年末なんだもん。

IMG_1558.jpg
この写真は、5年前に作った時の舞台の仲間たちですね。

円企画の重鎮お二方を迎え、先輩や友人たちと作った乾坤一擲の芝居でした。

体中がおかしくなるほどしんどい芝居でしたが、出来上がったモノに多くのありがたい評価をいただけてすばらしい記念碑になっております。

私の中では、この仲間たちは人生を振り返ったときに必ずほほえみかける貴重な仲間でございます。

久しぶりにこじんまりと集まってみました。

こういう仲間と楽しくやっていられればずーっと切磋琢磨、機微bしくたのしく心を磨けるんだなと思います。

ちょべりぐ(昭和)でございます。



でもって、年末その2。

自分的に外せない風物詩?の一つに、「赤穂浪士」のお話があります。

images.jpg


だんだんと研究されてきて、実際のお話はまるで全然違う事実だったようなこともわかりかけているようですが、人情モノといいますか当時の日本の宗教観をみるうえで大変興味深いお話だと思っております。

数年前には、四十七士の討ち入りをモチーフにした舞台も制作しましたしね。

ガキの頃からドラマでもお話でもよく触れ合うモノでしたので身近なお話の一つです。

泉岳寺って言うお寺に義士のお墓があるのですが、私も「エイエイオー!」って雄叫びを上げながら義士の歩いた道をたどったことがあります。


なんでも、現在の法律に照らし合わせますと、やはり全員有罪ということらしく。

美しい話ではなく、敵を討つ野蛮な行為ねと。

武士道って言うのはなくなっちゃいましたからま、それも仕方が無いでしょう。

相手の人、死んじゃうんですからどうみても正当化できません。

そのあたりはね、酒の席でもいろいろと話し合うことも楽しかったりしますし、現在と当時の文化の違いを比べるのも趣があったりします。

うん、誰とでもこういう話で盛り上がれていたんですがね。



「ああ、そういえば今日は討ち入りの日だねー。年末だー。」



なんて赤穂義士のお話を軽く振りつつ若者に話しかけましたら、ノーリアクション。

もうね、どーでもいいのですが…だーれもこのお話を知らない。

ゆとり教育ね、はいはい。

口がふさがる暇も無く、涙も引っ込みまくる。

ちょべりば(昭和)でございます。

しりこ魂が蒸発しそうになる感覚、最近増えましたぞー。

四十七士

酒席で話す話題も選ばなきゃならんらしいけど、その前に飲む仲間を選ぶようにしますわ。

これじゃ義士も浮かばれん、かも。


*******************

さてさて、子といも残すところあとわずか。

対して大きな変化がなかった人(私)も、ものすごく変わった人も、


とにかく健康に気をつけて


来年を迎えようじゃありませんか!

ここんとこ咳をする人が目につきまくります。

病気の方の寝正月にならないよう、酒を浴びつつ乗り切っていきましょうね!


さ、気を引き締めて飲むぞ!



該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

seitaro says..."忘れたいことばかり(笑)"
正社員になって3カ月なのに「10時にならないと体調がよくならないので、それぐらいになったら仕事します」と重役でも言わないようなことをのたまう新人に悩まされている間に年末がやってきました・・・。飲まずにはいられません(別の意味で)。先週から、忘年会ラッシュ。最後は楽しく終わりたい(心の叫び)!!
2016.12.25 23:46 | URL | #- [edit]
マリ says...""
私も 毎年忘年会をする仲間達と11月にやっちゃいました。

酎ハイと間違うてハイボールをたのんで呑んでしまい あたまク〜ラクラになる大失態をおかしてしまいました。

でも〜やめられませんよねー!
ぼーねんかい は^_^
2016.12.17 19:42 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://gekijuku.blog27.fc2.com/tb.php/1513-eb2a5c14