・・・されど役者的妹尾blog

太く拡げよう僕の細道   since.2006.4.14
1

視力と地震


視力がアホみたいに落ちてきました。

筒井さんと


高校になったばかりの頃、インベーダーゲームのやり過ぎで(テーブルに100円ぶっ込むやつ)日に日に見えなくなっていくのを実感したモノですが、それでも2.0→1.0ってトコでした。

今回測定してみましたら、両目で0.2無いって…。

その年齢になって始めるモノではないですよ!と医者が言っておりましたが、ついでにコンタクトレンズも。

持っている眼鏡はすべて度が合わなくなりましたので作り直すことにしました。

IMG_1283.jpg

あほらしいなーと思いつつも、最近とみに増えてきました高齢者による交通事故。

私も、視力の問題で人様に怪我を負わすわけには参りません。

元々乱視が強くて、指示信号(矢印の)が雪印のマークに見えるほどで、夕方以降は自主的に眼鏡をかけていたのですがね。

ここでもっと引き締めてちゃんとリスクを回避しておこうと。

いやいやいや、生まれ変わったかのように景色がよく見えて…びっくりくりくりくりっくり!!

「ここは…どこだ?」

まさにメタルダー状態です。



***************************************************

今朝、まさに起床しようとしたそのタイミングで地震が起こりました。

地震といってもよくあるコトなので大して驚きはしませんでしたが、今朝のは一寸違う。

身体が記憶している、ものすごくきな臭い揺れ方。

うん、フクシマ…東北大震災と同じ感じの導入です。

まずね、長い。

時間が。

これでもか、ってくらい揺れ続けてる。

フクシマの時もそうでした。



「あらららら?こりゃシャレにならんぞ?!」


ってくらい揺れ続けたのを身体が記憶していて、今回もそれと同じようになるのかな?動かなきゃやばいぞ…って感じた時に収まりかけてきた。



地震ね。

これはもう私は必ず起こると思っています。

確信しています。

ですから、もしものときの避難経路や動きを頭の中でシュミレーションしています。

そして困った時のための避難道具も大きなリュックサックに入れて準備しています。

備えあれば…の類いですが、でもこればっかしはね。

そのリュックがちゃんと手に取れればいいけど倒壊した家屋の下敷きになってたら意味ないし。

でも、やらんよりはいい!ってだけの思いです。

殲滅
(こーゆーことじゃないだろと思うが。)

ここら辺の線の引かれ方は…つまり生き残り組か、そうではない組かってのは運でしょうし。

ましてや残った方がいいのかどうかも判らんことだしね。

関東地方、首都東京とかも大パニックが起きる日が近いんじゃないかと…覚悟はしておるのですよ。

今朝の地震でびっくりした親が赤ん坊の頭を踏みつけて怪我をさせたとニュースで見ました。

こういうのが一番ださいと思う私は、オタオタせんですむよう心の準備を欠かさないわけでございますよ。

どうせビビるに決まってるんだし。

ばんじー


震源地の近くにお住まいの皆様、絶対に怪我などされませんよう・・・くれぐれも気をつけて下さい!


悲しいことが起きませんよう心からご無事を祈ります!!


該当の記事は見つかりませんでした。

1 Comments

へから says..."離れているから"
専門家の人がTVで言うてました。地震が長く続くのは、震源地から距離があるので、伝わってくる間にいろんな不揃いの波長がばらけて伝わるからだそうです。
その長〜い揺れの分のエネルギーが、震源地近くではまとまってドン!!という事ですよね。恐ろしい事です。
次回免許更新に際はメガネ要りますね。
剣流星でも、心眼では検査パスできません事よ。
2016.11.23 13:24 | URL | #no8j9Kzg [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://gekijuku.blog27.fc2.com/tb.php/1510-0a9f9e60