・・・されど役者的妹尾blog

太く拡げよう僕の細道   since.2006.4.14
1

アンチテーゼ…愛・阪神



2016ドラフト会議がありました。

指名された選手、おめでとう!

胸が張り裂けそうなほどのウキウキとやる気の充満したすばらしい時間を過ごしていると思います。

ステキ!!


********************

さ、ここでちょっと個人的な見解を。

いつものごとく突っ込みはご遠慮願います。


私、生まれるまえから、DNAレベルの阪神ファンです。

球場に行って応援し始めたのは切通選手や東田、田淵、藤田ブリーデンとラインバックの時代。

遠井のゴロちゃん、安仁屋が活躍する…つまりめちゃくちゃ弱いときですね。

何が言いたいかと言いますと、これは前置きなんですがチャラついたファンではなく、そこそこ年季の入った本当のファンを自覚している、ということです。

当然、愛情もあります。

深くあります。

だからこそ書かせてもらいます。

性根からの阪神ファンなら同じように感じる人いらっしゃるかと…。(私の周りにはおります)

img082.jpg

当分ダメかも、阪神。

「当分」というのは、現在のシステムが機能している間ってコト。

もっと言いますと、金本監督の意見が総意に反映される間ってこと。


金本監督。

個人的にはもちろん大好きです。

根性あるしバイタリティもメンタルも最高のモノを兼ね備えた選手だと思います。

そ、選手。

だから現役の時は声がかれるほど叫んで応援していました。

骨折を押して出場、右手一本でヒットを放つ姿には涙しました。

広島方面に足を向けられませんでした。

が、監督としては別物です。

WBCの小久保監督があんだけしくじりまくって韓国に逆転負けしたのに、まだ監督を続けているのと被って見えます。

名選手、名監督にあらず…なんてクソ画一的なモノじゃなくて。

やってること、矛盾してね?みたいな。


たとえば。

今年、阪神の投手でぴかっと光る選手、私には二人しか思いつきません。

岩貞と青柳…ちょっと入れていらっしゃいませの高橋。

能見も安藤、球児も子0礼状求めても酷、岩田、榎田…なにをか況んや。

松田、まだまだ藤波正念場。

あああ、投手がいない…なのに今ドラフトは…なに?



超改革、若手の野手をどんどん使いました。

育つ選手もいたでしょうし、これから歯を食いしばる選手ももちろん。

下地は出来ました。

私たちファンは、ある意味今年を捨てていましたよ。

「育ての一年!」

と割り切って。

んで、ドラフト一位指名が野手。

申し訳ないけど超一流じゃない。

ゆっくり2位とか3位でも指名できそう、なんなら単独で。

監督が下位指名で、その後努力で乗り切ってきた人ですから、何かの思惑や、

「こいつ、化ける!」

てのがあったり、私らの知らない情報をキャッチしてたりするんでしょうけどね。

で、糸井選手も獲っていくんでしょ?

何のための下地作りだったのかしら。



「10点取られてもいいから11点取ろう」作戦?


draft2016.png


ネットを見渡せば、ほとんど

名スカウトのドラフト採点。「最悪は阪神、最高はロッテ」

てな文字が躍っています。

そらそう書かれるわよ。

これをはねのけるような結果に繋がって、


「やっぱ見る目が違ったのよ。餅は餅屋、プロはプロってことね!」


と、ぎゃふんと言わせてもらいたいものです。

だったらカケフでいいじゃんって思っちゃうもの、順番からして。




私、とにかく今の時点ではウキウキ来期を楽しみにする感覚ゼロですもん。

新しい選手、新しい体制、皆無。

どうかこのマイナスな気持ちが裏切られますように……ちょっと距離を置いて見守ることにします…。

(敬称略で書かせていただきました。)

該当の記事は見つかりませんでした。

1 Comments

マリ says...""
高3の阪神大好き長男が 佐々木投手を指名してれば取れたのになんで野手? と言うてました。
私が好きなトリもキャプテンやめたし。

来季はどうなるのでしょう。
2016.10.23 08:58 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://gekijuku.blog27.fc2.com/tb.php/1505-47ce901a