・・・されど役者的妹尾blog

太く拡げよう僕の細道   since.2006.4.14
6

サウナの哀しい物語・・

昨夜の夜中に書いたのを含めますと本日二度目の更新となります。



やるじゃん、俺。




こまめ。





明日から東京を離れますので今の内に書いておこうというわけですが。











先日、サウナで飲んだお話を書きましたが、その時に思い出したとても切なくて哀しいお話しを書いてみたいと思います。








私の友人の話です。




マジ話ですが、どこかで聞いたことがあるような話でもあります。




都会にはよくある話し・・・なのか?








私の友人、ここではS君とさせておきます。




間違っても妹尾のSではありませんので念のため。







S君はとても自由な感性の持ち主です。



特に恋愛に関しましては開けっぴろげといいますか、開放的といいますか、何せ自由な発想を大切にしている方で御座います。



自分の気持ちの赴くまま、博愛精神を全うしておられます。



ですから、





「S君が好き!」





と言われるととても嬉しく思い、且つ相手の心を傷つけないように細心の注意を払います。



で、お相手が誰であろうともその有り難い気持ちをすべからく受け入れるように脳内にインプットされております。



そう、お相手が誰であろうと。






とてもヒューマニズムに溢れた心優しいホモなのです。






・・・・









あの方達は、皆さん口を揃えて





「同業種?のやつらは目を見ただけで分かる!」




と言い切ります。



何度か飲んだことがあるのですが、100%正解します。




「妹尾、あいつ絶対俺と同じ。」





「・・・まさか。めちゃめちゃ山男っぽいぞ。」




「声かけてみるわ。」






つつつ、と隣の席へ。





「ごにょごにょごにょ・・」




「きゃははー、やだー!」




こっちの席に戻るなり、




「ほら、やっぱりそうだった。な!」




「まじ?すごいね!・・・ってか、だからどうした。囲まれたくはないぞ。」






きっと、私には分からない目に見えない特別な電波や音波を出し合っているのでしょうね。



そんなホモSが(変換するのが嫌になってきた)、サウナに良く行くらしいのです。





東京にはそういった薔薇色の趣味をお持ちの方が集まるサウナや公園がいっぱいあるらしいのです。




俗に言う発展場。






そこのサウナで、ふぅーっと汗をかいている時のこと。





全部で20人くらい入れる所に数人が入っていたらしいです。



もちろんそこは発展場なのですが、そんなことを知らない普通の趣味の方もやってこられます。



迷惑をかけるわけにもいかないし、ましてやお店が




「ホモ以外お断り!」




等と書けるはずもありません。



日陰の存在であることをよく分かっている彼らは息を潜めてお相手を捜しているのです。




もちろんキューキューとか音波を出しながら・・


コウモリみたい。に?







で、その晩、そこのサウナでピーンときたんですって。





「おおっ!探し求めていたタイプのお方!」





特殊光線を出すと、お相手も特殊音波で交信してきたと。




平たく言うとアイコンタクト。




<ボクさ、君のような人がタイプなのよね。これからどう?長くてつまらない夜を薔薇色に変えてみないこと?>



<ああ、もちろんだとも。私の方こそ君のような人を探していたんだ。出会いを素直に喜ぼうじゃないか。>







だらだらと流れる汗を気にもとめず、そこのサウナの中は薔薇フェロモンで充満していったそうな。




見つめ合う瞳と瞳・・



世の中の酸いも甘いも知り尽くしている2人にそれ以上の言葉はいらなかったそうです。





他の客が出て行くのを待ち、そっと寄り添う・・




猛烈なベーゼを交わし、お互いの身体を抱き寄せる。



筋肉、髭、骨格、全てを確認し合います。



何かが臨界点に達した2人は、次の悦楽へと向かうための準備に入ります。



ホモSはそっと彼から身体を離し、受け入れ態勢を整えました。



四肢を開き、腰を浮かせてうつぶせに・・



哺乳動物のあるべき、ままの姿です。






「・・・」




「・・・・・・・・」




「・・・・・・・・・・・・・・・?」






ホモSは準備万端、四つんばいになって時を待っていたのにもかかわらず、何も起こらない。



「何故に?」



お互いがクエスチョンな時間が流れ、なーにやってんのかなーと後ろを振り向いたそうです。





すると、そのホモ山男も同じ体勢でこちらを振り向いていたと・・・




男おんなとおとこ女→○

男おんなと男おんな→×   


穴二つ?





えと、その時の画を整理しましょう。




男が2人、サウナの中で大汗かきながら、わんわんスタイルでおしりを向かい合わせ、振り向き合っている。








超あほですわ。





お互いにいろんな意味で紅潮させたまま外に出たんですって。





「恥ずかしかったよー」





だって・・・




俺とは少し論点がずれてる・・




超音波もタチネコ(男役か女役かの意)までは伝えられなかったということで。







祝、ブログ一周年記事がこんなんになるとは思いませんでした。





えーん、えーん、書いている俺の方が気持ち悪くて切ないよぅ。






いやいや、本当に下ネタ一直線ですいません・・



今まで封印していたのに、一度書いちゃったらどんどん行っちゃいそうな気がして不安です。








では、また来週。



サヨナラー




    普通人妹尾より。






gj_sum.jpg

該当の記事は見つかりませんでした。

6 Comments

へから夫人 says...""
マイボス(女性)は海外生活も長く、ゲイ友達も居たりして、
やっぱりそういう人を見ると「そうじゃないかな」と勘が働くそうです。
そういう方って、妙にセンスが良かったりするらしくて、
綺麗にしてるし、隠している人だと女性に思わせぶりな態度を取ったりなので(罪な人ね)、
当然女性にも好かれるんだけど、わかる人には「ピン」とくるものがあるそうですね。
私には判りません。その「ピン!」が。

サウナの話、すみません。差別する気はないですけど、非常に笑えます。

その恥ずかしさは、私が到底理解するのは難しいシチュエーションですが・・・。

両方受身だったのか・・・。

(~Q~;)あつーーいサウナの中でそのシチュエーションって・・・。

でもね、妹尾さん。私の周りでは決して「聞いた事があるような話」ではないですよ。

ハツミミ。ファーストイヤー。です。

おもろいなぁ。妹尾さんの周りって・・・。


んでもって、時間経ってちょっと気になったのですが、そちらの方って、
その日の気分で、攻撃側、受身側が入れ替わることがないんでしょうかね。
男役と女役は決まってるってのは聞いたことありますけど、特定のパートナーと長く付き合ってても、入れ替わったりしないのでしょうか。

と、エロネタに、マジな疑問をぶつけてしまって、私の夜は更けてゆきます・・・。
ごめんね、妹尾さん。
2007.04.14 15:24 | URL | #no8j9Kzg [edit]
氷室 静 says...">サウナの哀しい物語・・"
ブログ一周年おめでとうございます!す!す・・・

私、差別視致しませんが、あまりにもリアルな
描写でお茶噴きました。

ともかく場所だけは公共はいけません。。。

ブログ一周年おめでとうございます!←しつこい
2007.04.14 03:47 | URL | #- [edit]
岡山県人バンザイ!! says...">サウナの哀しい物語・・"
ちょっと想像してみましたv-399

何故か笑ってしまった!

サウナはそういう人のたまり場?

いやだぁ~~~v-404
2007.04.13 23:00 | URL | #bg1BEY.g [edit]
なを says...">サウナの哀しい物語・・"
美しき薔薇の世界・・・
超リアルです。ウフ
途中官能小説かと思い
うれしくなっちゃいました。

サウナでうっかり百合の世界を
見ちゃうのとどっちが刺激的だろうか・・
と思いを馳せる・・・フムム

2007.04.13 20:54 | URL | #- [edit]
礼ちゃん says...">サウナの哀しい物語・・"
こんにちは、妹尾さん。
(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」オオオオオッッッサウナの続き
ですか、そんな人みたら驚いてしまうかも、しれません
ヾ(;´▽`A``アセアセ
私は、サウナにいくと、グロッキーになりそうです
ヾ(;´▽`A``アセアセ
14日から、どこおでかけなのかな?
帰ってきたときの、お話がとっても楽しみです。
お出かけ~~ヾ(。・ω・。)イッテラッシャーイ(。・ω・。)ノ~~
私も、そろそろ病院ε=ε=ヽ*^∇^)ノ イッテキマース♪
2007.04.13 12:48 | URL | #OLHiJ7es [edit]
難波鷹史 says...">サウナの哀しい物語・・"
 「おれ、ぜってーサウナ行かない!」とそんな気持ちになります。やっぱり薔薇世界は分からないです。普通の銭湯も怖くなってきましたよ。
 先に素性を見抜いて、効果的に避ける方法をそのSさんに聞いてみたいです。だいたい山男のような人のどこを見て「薔薇族」(笑)とわかるんでしょう?
2007.04.13 12:37 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://gekijuku.blog27.fc2.com/tb.php/148-6f1eeb22
-
管理人の承認後に表示されます
2007.11.01 06:50