・・・されど役者的妹尾blog

役者道を邁進している人たちの稽古場風景。 最後に笑うのは自分だ,系。 だ-か-ら、やることやって言ってますとも!   since.2006.4.14
2

プチ同窓会



ストレスが溜まってきますと、最近は犬(幸ノ助)と散歩をしております。

これがまたなかなか良い運動になりまして。

ご近所の知らない人ともご挨拶を交わしたりするようになり、幸ノ助のおかげでなかなか社交的になって来ました。

幸ノ助散歩


散髪したらカワウソのような生き物に変身して、あまりの不細工さに大笑い。

一粒で二度美味しいと感心しております。

さ、そんな愛嬌と心の安定をもたらしてくれている幸ノ助ですが、これがまたなかなか成長してきまして。

お座り、お手、待て、伏せがほぼ完璧に出来るようになって来ました。

トイレだけは成功率が半分くらいですが、それでもまだ以前に比べればだいぶ良くなってきた方で。

そのうち私の頭よりもずいぶんと優れたモノになっていくのではないかと不安に駆られております。


バウワウ

ああ、長閑ですなー…。




先日、オーディションを受けました。

この年齢になってもまだそういうことでドキドキしなきゃならんのもどうしたものかと、自分の仕事に不思議さを感じることも多くなってきましたが。

さすがにもう緊張とかはしなくなりまして、変に開き直りみたいなモノが出てきております。

スポンサーサイドのイメージに適うか否か。

だから落ちても、悪いことをしたわけじゃないのでヘーキ。

そうです。

これは役者の世界における防衛本能なのですがね。

そんなのは凌駕するパワーで受かるヤツは受かりますから。

そのために半日空けて、交通費や色んな制約を使っても一円にもならないのね。


…で、その受けたオーディションなんですが、私は会社の中でちょっと偉い人の設定。

若手の男の子が面接しに来て、そこで挨拶をします。


「私は○○しておりましたが、御社では△△な仕事をこなしていきたいと望んでおります。まだまだ未熟者で、何のトリガラもない私ですが、一生懸命頑張りたいと思います。どうぞ……。」


これは当日渡された台本です。

私が返事を返します。

返しますが…確かに台本にも書かれているのですが、トリガラってどうよ?って思うのですね。

そこだけ余計に大きな声で


「我が社はね、何のトリガラ人は採用しないよ…。」


って。

取り柄です。

トリエ。

振られたとおりに返す基本を忠実に守らねばなりません。



「だから、それは佐藤さんが持ってきたんじゃないか!」

「そうだよ、その通り。それは間違いなく吉岡さんが持ってきたもんだよ。」

「ええ、そうよ、誰でも知っているわ。私見てましたもの。佐々木さんに間違いありません。」


意味不明ね。

本当の名前は佐々木さんだったとしても、それはお客さんには分からないことなので最初に佐藤さんって言っちゃったら仕方無しにでもずーっと佐藤さんで行くしかないもの。




私もそのルールに則りつつ、しかしそこまでバカじゃないのよ!っていう意味を込めて分かってるけどわざと誘導されてます的なしゃべりをしたのですよ。

そうしましたら皆さんにドッカンとウケまして。



「あああ、○○さん、次からは<トリエ>って読んでくださいね。」


って若い相手役が注意されてました。

私、何も触れられなかったのですが、空気を読んで


「あ、こりゃ落ちたな…。」


って。

いいや、不運だったと笑っておこう的な。



そうしましたら夕べ、合格の報せが。

あらららら、何がどうなるか分からんモノですね、と。

詳細は分かりませんが、Webでも流れると聞きましたので撮り終えましたらご報告しますね!

めでたしめでたし…





************************


001image.jpg

雪月花歌劇団。

ここでね、<美姫 光>っちゅう名前で頑張ってる娘がおります。

もともと「ゲキ塾。」で一緒に芝居していた子、岡めぐみちゃん。

久しぶりに休みが取れたというので東京に出てきました。

旧友達も集まって。

色んな処に数ヶ月行きっぱなし、毎日レビューショーを。

そらもう話を聞けば大変そうなんですがね。

身体もくたくたになるって。

もともと細い子でしたが、又一段と肉がなくなっていて驚きました。


「お前、いろいろ苦労してんのか? だいじょうぶか?」


ちょっと心配になって尋ねましたら、


「はい、しんどいですけどずぅううーッとやりたかったことなので大丈夫です!」


そういえばメグはショーをしたりダンスをしたり、そういうことでお客さんに喜んでもらえるような生き方をしたいといつも言っておりました…のを思い出しました。

つまり彼女は自分のやりたい道を切り開いて、それでちゃんと生活をまかなっていると言うこと。


すご!

立派!

偉いじゃん!

メグと


てね、楽しくはっちゃけて飲んだわけですよ。

なんかね、同窓会みたいに来てくれて、そんでもって皆が三々五々集まってきて…。

こういう集団性を作れてよかったーって。

全員でほっこりして楽しくなりましたのね。



石川県、加賀屋。

敷居が高いけど行ってみっか!




該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

pikmin says..."目の上の白い毛並が・・・"
眉毛に見えますね(´▽`)
でも大分しっかり(キリっ)とした顔になってきましたね。
やはり妹尾さんに似ていますね( *´艸`)フフッ

何ですと???な読み間違いを聴くと必ず思い出すのが、書き取りの宿題の1つ
「乳母車」を自信満々に「ちちははしゃ」と読んだ小学生の時の息子のこと。
年齢的には全然!許せる範囲だったかな・・・とは思いますが(笑)。



2015.02.12 10:01 | URL | #- [edit]
へから夫人 says..."すごいすごい!"
不細工じゃないしーーー。幸之助くんめっちゃかわいいし~。
うちに3男がいたら、きっと幸之助って名前だったわ~。

うふふ~。
2015.02.11 22:58 | URL | #no8j9Kzg [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://gekijuku.blog27.fc2.com/tb.php/1400-dfc8f58d