・・・されど役者的妹尾blog

太く拡げよう僕の細道   since.2006.4.14
5

世の中広いのー…



もうね、グッタリなことがありましたわ。



先日から私を襲っている肩の痛さと、追い打ちをかけるかのように腰痛を併発しまして。

ぎゃーぎゃー騒ぎながらも用を済ませます。

ある場所にスクーターで向かいました。

仕事を終わらせ次の場所に移動しようと思ったのですが、想定していたよりも早く終わったので少し時間が出来たんですね。

幸い近くに行きつけのバイクショップがあります。

そろそろ変えなきゃいけないなー…と思っていたスクーターのタイヤを交換する絶好のチャンスです。

顔を出しましたら、ピットは空いているのですぐに作業できるとのこと。

適当に見てまわり、店員Aさんにいろいろ尋ねました。

そうしましたら、このお兄さんなんだかしどろもどろでで頼りない。



「お客様のシグナスにはこちらのサイズが…」


「いやいや、違うよ、シグナスじゃないよ。ぶいりんくだよ。しかもサイズも違ってるよ、こっちのだよ。」


「あああ、大変失礼しました…こちらのタイヤよりもこちらの方が日本製でして、耐久性もありますので…」


「いやいや、思い切りCHIANAって書いてるよ。」


「あああああ、大変失礼しました。こちらのブリジストン…」


「いや、もういいです。私、このダンロップにしますわ。値段も手頃だしこのメーカー好きだし。」


「はっ!では只今お客様のアドレス、作業の準備をして参りますっ!」


「ぶいりんく…。」


「え? …はあ? ぶい…」


「いやいやいや、あのもう何でもいいです。パッソルってことにしましょう。」





んでもって、コーヒー飲んだりしながらタイヤを注文して作業が終わるのを待っていました。



「キムコ・V-LINK、タイヤ交換でお待ちの妹尾様…。」



って放送が聞こえて、ピットに取りに行きました。

作業をしてくれたお兄ちゃんが、





「はい、全て終わりました。気をつけて! あ、あとですね、大変申し訳ないのですが…レジの方で当店の者がミスをしておりまして。」



「はい?」



「あの、スクーターのフロントタイヤを交換させて頂いたのですが、工賃がリヤ担っております。だいぶん値段が高いので払い戻しをさせて頂きますので。」


「ああ、正直にどうも有難うございます。」





って、レジに行きました。

訂正してくれる準備をしていたさっきのお兄ちゃん、あたふたしながら手が震え気味に作業しております。




「ど、ども、大変失礼致しました…。」


「いえいえ、いいですから。クレジットカードを一旦キャンセル精算してもらって、新しく打ち直して下さい。」


「はい、すぐにそうしますので。」



で、まず最初にこれですね、と出てきたカードの明細が、先ほど支払った分がちゃんとキャンセルされている。

よしよし、で、新たに訂正した値段の精算をしてもら…ったのですが、明細を見てみると先ほどと同じ値段。



「あれ?これ、さっきと同じですよ。訂正しました?」


最初のを合わせて私用と店用と、都合4枚の明細を見比べながら、



「あ、大変申し訳ありません! すぐに!」



で、次に出てきたのが、いきなり<-○○○○円>と書かれたもの。




「え?なにこれ? 何も払ってないのに…キャンセルって…もしかして只でお金をくれるんですか?」


「いーえ、まさかそんな…ああああ!大変失礼しました…これもキャンセルさせて頂きますのでしばらくお待ち下さい!」





もう、どーでもいい。

お金のやりとりしていないのに伝票が6枚。

そのたびにカードを挿したり抜いたり。



で、信じられないことに、次に出てきた伝票がまたしても最初の値段と同じ金額。



「あああああ、本当に申し訳ありません、今度は必ず!」



余ってた時間なんてどんどん無くなってきて、カラータイマーがピコピコし始めてます。

いらいらいらいら。

で、次に出てきたのが今度は最初のより高くなってる。

意味不明。

疲れを通り越して、一暴れしてやろうかという気分。



なにこれ? こ・れ・わ・な・に?


腹式の発生に変化していきます。

ポイントカードを挿すのを忘れて、その分が計上されていなかったと。

はい、やり直し。

クレジットカードと、店のポイントカードと、大量の伝票と格闘。

で、再度出てきました。



「はい、こちらでございます!!申し訳ありせん!」



めちゃくちゃ安い。

見ると、工賃だけで、タイヤの値段が入ってない。



すいませーん、店長-!!店長はいますか-? いないんだったらもう本当に誰でもいいので代わってー!



コントかっ!




代わりの女性が来てくれて、たまに話す人だったので覚えていてくれて。

事の次第をかくかくしかじか説明するとものすごく謝ってくれてる。

で、そのお兄ちゃんは横から、



「大変申し訳ありません、次こそ次こそちゃんとやり遂げますので…」


って。

いやいや、カードで買い物するだけの話しが、伝票ばっかり持たされて30分経ってるのよ。

もういらんからあっちへ行っててくださいと丁重に、ちょっと大きめの声で優しく伝えました。

ですが、うつむいたままレジの隣から離れない。

私、今日は娘の誕生日なのでイライラしたくないと思い、心を広く持たねば行かんぞ!と自分に言い聞かせ、



「じゃあ…領収書をお願いできる? <道具代>でいいから。」


「は、はい! かしこまりました!!」

馬鹿だ大学



で、支払いも終わり、お姉さんがポイントをサービスしてくれたりして、ニコニコと隣のお兄さんから領収書を受け取りました。





・・・・・・・・・・・・・・!!!


す、すごい。

いろんなのを見ましたが、これはホンモノです。

過去にも、マジで


「上様」


と呼ばれて世間の話しが本当だったと驚いたことはありましたが、こいつはすげえ。

ネタにするためにそのまま持ち帰ろうとも思いましたが、どうしても突っ込まずにいられませんでしたわ。

西の血が疼いちゃったんですね。



領収書、宛名…つまり私の名前の所に、



どーぐだい



って思い切りひらがなで。

で、但し書きの所には<ぶひん>って。

あわわわわわ。



「ちゃうわいっ!!」


なんかもう…本当にそのお兄ちゃんは30歳以上の立派な大人の男性です。

日本の先行きが危ぶまれる…そんな危機感を感じましたのね。


恐いわっ!




該当の記事は見つかりませんでした。

5 Comments

seitaro says..."えーっ。"
何ですか、そのおにぃさん。大丈夫ですか??ってか、そんな人接客に出してはいけないのでは・・・。
出来ないのなら、出来る人にとっとと変わってほしいです。ただの緊張する人なのか、ちょっと接客には向かない人なのか・・・適材適所をお願いしたいです。

お疲れ様でした(笑)
2014.11.17 12:25 | URL | #- [edit]
マリ says...""
すみません…

マ マジで笑いが止まりません!!
2014.11.15 17:32 | URL | #- [edit]
pikmin says..."但し書き"
この前、但し書きは「品代」でお願いします、と言ったら

「知らない」になっていた画像で、笑いコケたのですが

結構な上手がいました!wwwww
2014.11.14 21:31 | URL | #- [edit]
泥船船長 says...""
面白すぎる❗
2014.11.14 18:21 | URL | #- [edit]
へから夫人 says...""
だんだん、アドレスになり、パッソルにまでなって笑いをこらえておりましたが、
もう我慢できません。

すみません。大笑いさせていただきました。

笑いごとじゃないですね。でも、本当にコントのよう。

お兄さん、新人さん?
30歳くらいになるまで、領収書見たことないのかな?

先日、酷い領収書のまとめサイト見ましたけど、
http://corobuzz.com/archives/11946
妹尾さんの経験が一番ですわ。
間違いなく!!!
2014.11.14 16:56 | URL | #no8j9Kzg [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://gekijuku.blog27.fc2.com/tb.php/1376-821ea254