・・・されど役者的妹尾blog

太く拡げよう僕の細道   since.2006.4.14
5

世紀の対決!



<夜行バス VS 各駅停車>


バスと電車


数年前に夜行バスに乗りました。

神戸まで。

広い広いと宣伝していたバスだったのですが、私の身体には対応出来ず。

死ぬほど辛かったのでもう二度と乗るもんか!って誓ったバスです。

が、またしても乗ることになりました。

時間の制約でどうしても一番都合が良い乗り物でしたので…。

夜行バス

つまらんとです。

何も出来ない上に斜め後ろのおっちゃんがめっさでかいイビキをかき始めて。

殺意を抑えつつじーっとガマンの修行僧のような移動。

体中のあちこちが痛くなりまして、早朝岡山に到着したのです。

驚いたことに、7時到着予定を1分の誤差もなく守られて。

途中、高速のSAで適当に停まっていたのですがこりゃなかなか大したもんですわ。

運ちゃん、偉い!




さ、岡山では早速動き始めます。

本当は友だちに会って酒を酌み交わし、イヤというほど積もる話で楽しみたいところなのですが…それは又の機会に、と。

サクサク用事を済ませ、実家に戻ります。

何も言わないで帰ったのでえらいびっくりされました。

弟はいませんが、久々に家族で出かけて楽しい時間を過ごしました。

懐かしい街を歩きながら、思い出すシーンを口にしてみますと、


「あんた、ようそんなこと覚えてるなー。びっくりやわ!」


って母が驚きます。

前後の脈絡なく、断片的に1シーンとしての回想なのですが、親も同時時に思い出されるようで。

その時のことを詳しく聞くと、なるほどねーと唸ること満載。

自分の知らないルーツや過去が分かり、趣深いものになりました。

たまには両親を連れて色んな所に出かけてみるのもいいもんだな、と。


表町時計台

ここの商店街は昔はとても栄えていて賑やかでした。

映画館も数件あり、行きつけの和菓子屋さんやお肉の店もあったのですが、…今は見る影もありません。

懐かしのお店は軒並みマンションや駐車場に変わっており、完全に記憶の中の建物になってしまいました。

表町せのお

ここはずーっとあります。

私とは何も関係ありませんが、同じ名前なのでまだ頑張ってくれているのが嬉しい気分です。


「せのおさん、ガンバレー!」


おおきなおせわ。




両親を連れて、私の大好きなお店に行きました。

雅芳、がほうというお店です。

小さい頃良く連れてきてもらいました。

が、岡山を離れて以来行ってませんのでドコにあったかも忘れていましたが…。

昔は天満屋という百貨店の地下にあったはずです,確か。

うどんすきのお店。

<ふきよせ>と言います。

この言葉自体が懐かしくてたまらないのですが、とてもコクと深みのある透き通った出汁、鼻の奥を優しく撫でるような軽やかな香り…わたしが三十数年遠ざかっていた脳内回路が一気に繋がっていきます。

わーいわーい!


「懐かしいなー!」


と、ヤイヤイ言いながら一気に食い尽くしました。

ふきよせ

この出汁はどうやって取るのでしょうか?

誰か教えてください…。




ま、甘酸っぱくもあり、切なくもある私の青春時代を過ごした場所を散策したのですが、やはり時は残酷なまでに刻まれておりました。

こんなになっちゃったんだー的なコトが多すぎて。

これも進化なんでしょうがね、今は他所者の私が何かを言えるアレでもなく。



両親とも元気でな!と挨拶を交わし岡山駅に向かいました。

どうせだからと少し歩いてみます。

福武一二

福武一二さんの銅像が。

色んな興業を興し、実業家…と言うことらしいのですが最近情報漏れで騒がれたベネッセ(昔は福武書店って言ってたよ)とは関係ないのでしょうか?

経団連の土光会長、故.橋本龍太郎、小学館および集英社の創業者の相賀 武夫、いやいや岡山からも立派な人がたくさん出てるなーと。

ま、どこの県でも同じだろうけど。

で、記憶をたどりながら(あるべきものがなくて、見たことのない道があって)ぶらぶらと駅にたどり着きました。

さて、帰京します。

昼過ぎ、新幹線で一気に帰るのもオツじゃないな、と。

200円くらいの切符を買って、鈍行電車に乗り込みました。

岡山駅


東へ、東へ。

荷物は重いので郵送します。

手軽な格好で<ぶらり旅>的なものを楽しむことにしました!

ウフフフ、なんか少しウキウキ気分です。

山陽本線に乗ってどんどん進みます。

乗客の言葉…岡山弁がだんだんと消えていき、神戸なまりから大阪弁へと変化していくのも面白いです。

車窓に目を向け、天気の良い景色を楽しんでおりました。

その時間では東京にはたどり着かないので、大阪にいる大親友と飲みに行くことに。

10年ぶりくらいかしら。

楽しい楽しいタイムトリップを味わい、すっかりお世話になりつつ至福の時間を過ごしたのでございます。

K君、有難うね!!(写真出せない。犯罪者じゃないよ)

逢坂


奥に見えるHEP、昔ここで大暴れしながら芝居したなーなんて感傷に浸りつつ東京に戻ってきたのです。

腰、腕、体中の関節と骨、筋肉、つまり全身細胞レベルで痛い痛いなんですがそれはそれで楽しい思い出となりました。



【今回の結論】***********************

夜行バスも各駅停車も身体に悪い。

夜中のバス移動はおっさんがうるさいし狭いし面白くない。

各駅停車は景色が見えるし時々べっぴんが見えるからごまかしが利く。

どっちも四角い。



よって、3-200で各駅停車の勝ち。

該当の記事は見つかりませんでした。

5 Comments

へから夫人 says...""
親孝行か・・・・。

親元離れて暮らしてると、ほんとなかなか大変なものですよね。

思えば、親不孝な子供だわ、私。
あっさり家を出ちゃったし、地元で就職するとか言いながら、結局あっさり結婚してもう帰らないことになったし。

でも、幸せだから許してくれるよね。父さん、母さん。
2014.10.06 21:06 | URL | #no8j9Kzg [edit]
pikmin says..."お疲れさまでした!"
上の方を見上げる妹尾さんの目が めっちゃ不気味です;;
右横にはパンプキン・・・・・なるほどハロウィン!(沙*・ω・)

以前、出銭~ランド往復に楽チンシートの夜行バスを利用していましたが
安価で便利な移動手段というメリット?以外、バスはバスです(^-^;)。
体力的にも、もう、ィヤ!です(ヾノ・∀・`)ムリムリ

和気町の藤公園や蒜山高原、息子の高校が高梁でしたので
所用で行った序でに、徒歩で備中松山城へ。酸欠になりそうでしたww
頭がハイ状態で何も覚えていませんが(;´Д`)コラコラ!!
でも行って良かったです(行ったという自己満足;)。

昔は、会社の忘年会といえばうどんすきで、うどんすきと言えば美々卯でした。
美味し~~い うどんすき!食べたくなってきました。

ご両親と、サプライズ&美味しい( ゚v^ )良い時間を、そして楽しい
至福のタイムトリップなひとときを過ごされて何よりでした(*^^)v
2014.10.04 11:29 | URL | #- [edit]
seitaro says..."夜行バス。"
夜行バスには乗ったことがありませんが、バスは酔うので苦手です。しかし、その運転手さん、かなりのすご腕ですね、時間ぴったりとは!!

電車はよく乗りますが、普通より特急が早くくれば迷わず追加料金で特急に乗ってしまうせっかちな僕(笑)
岡山には行ったことはありませんが、実は僕、橋龍さんに感化されてこの仕事をしているので(まあ、政治とはあまり直接的には関係ありませんが)、いつか行ってみたい場所でもあります。「お1人様」ができない僕でも入れる店があったら教えといてください(笑)
2014.10.04 10:51 | URL | #- [edit]
えみ says..."バスバスあたりまえ~"
東京へは、ほとんど、往復バスバス夜行バスですよw
それも、1泊もせずにって当たり前w
携帯U字枕にタオル掛けて、涎垂れても大丈夫と言う、準備万端!
昔は、夜行列車に乗ったりもしましたが、今は、神戸に止まってくれないんだもん!
12月も、バスバス予定w

ちなみに、友達には、宝くじ当たっても、「時間の無駄」って言って、夜行バス使うだろうと
予想されていますw

若い時は、バス着いたらそのまま仕事へGO!ってやっていましたが、
今は、帰ってきたら、半分死んでるので、布団へGO!ですwww

あー美味しいうどん食べたいな―
2014.10.03 23:35 | URL | #- [edit]
マリ says...""
ご無沙汰しています。

3-200とはすごい差ですね。(笑)

ご家族と楽しい時間がもてて良かったです!
親孝行、したい時には親は無し と言いますが…私は父は6年前に肺がんで亡くなり母も施設生活なので若い時に苦労かけっぱなしやったのに親孝行できひんのが後悔です。

妹尾さんが親孝行されてるのを知ってなんか…嬉しいです。


HEPの辺りも変わったでしょうねぇ。
2014.10.03 21:05 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://gekijuku.blog27.fc2.com/tb.php/1357-9f2e2f7f