・・・されど役者的妹尾blog

太く拡げよう僕の細道   since.2006.4.14
0

雪っすか? もういいです。




もう日本中皆さんが触れていることなので珍しくも何ともないのですが、やっぱ今回は<雪>ネタでいきます。

関東地方に、何十年ぶりとかって雪が降りましたのね。

ま、時々はこういうことになるのですが久々のドカ雪ってことで、そらもう積もりましたわ。

十分すぎるくらいに。


そこらじゅうに雪だるまや、今回はカマクラなんぞも。


私、二十歳の頃からスキー系遠ざかっておりますのでこういうときにしか雪道を走れません。

車でね、新雪をジャリジャリ突き進むのはとっても気持ちがええもんです。

なんかこう…ウルトラ警備隊的なワクワク感を伴います。

ちょっと轍にタイヤを取られて、ごく低速なのに逆ハンあてながら走るのはとても楽しい。


雪3

雪国の方のご苦労は大変だと思います。

雪かきを近所の方と力を合わせてやりましたが…速攻で筋肉痛になりました。

こんなにしんどいのは一冬に一度で十分です。

ってか、雪かきせねばならんほど積もらなくていいと。


ま、とにもかくにも堪能させてもらいました。



んでもって…一週間と空けずにまたしても大雪。

もうええって!

自然の力の恐ろしさ、今回は前よりもガッツリ積もっております。

車のタイヤが雪に埋まってます。

この景色はね、もうほとんど雪国といってもいいのではないでしょうか。

しかも夜半には吹雪いてきてまして、スターダストが見える有様。




「キラキラきれいねー!」



言うてる場合じゃありません。

夜中にウルトラ警備隊は出動しなくてはならず、とりあえず前方だけ見えるようにと窓ガラスの雪をはたき落としました。

手がかじかんで。

情けない気持ちになりますがエイヤと気合いを入れて出動。

車はめっちゃくちゃ少なくて。

たまに通る車の



「ジャリジャリジャリ…」



ってチェーンの音と吹雪く風音が時折聞こえるだけ。

赤信号が見えましたので、だーれもいない信号のたぶん停止線であろう場所に停車しました。

そうしましたら、


「どん!」


って大きめの音がして。

次の瞬間、視界が消えて。

慣性の法則に倣って屋根の上の雪がどどんとフロントガラスをふさぎますのね。

ハザード出して、また雪をかきおろして…手がかじかんで。




大雪、特に夜中の出動は結構大変ねと勉強になりました。

それにしましても最近の車に装備されている<横滑り防止装置>ってーの、結構頑張るんだなーって感心させられました。


1雪



私の車は四駆じゃないのですが、チェーン巻いてれば全然ふつうに走れちゃうのね。

それにしましても道路のあちこちに乗り捨てている車には閉口しました。


雪2


***************************************************************


羽生結弦選手が金メダル!

夜中に目覚ましかけて見ておりました。

自分の力さえ出し切って、後悔しないようにしてもらいたいと念じておりましたが、彼の最高の形は出し切れませんでした。

が、それもで世界一。

すばらしいことだと思います。

プロなんだから結果が全て…なんですが、本当の意味の全力を出し切ってとれていたらどんなに気持ちよかったでしょう。

技術レベルに気力も融和されれば向こう何年間も王者として君臨できるのではないでしょうか。

さらなる飛躍を期待しようと思います。

それにしても19歳で、出し切れなくて、んであの結果って…怪物クラスかも!


その陰に隠れてしまうような形になってしまいましたが、高橋大輔選手が引退だそうです。

岡山にゆかりのある人なので気にしていました。

でも、うん。

滑り終わった顔を見て、勝手な想像だけどよかったよかったと拍手を送りたい気持ちになりました。

本人が満足そうに見えたから。

悔いが残るならいやだろうけど、すっきりやりきった顔に…私は見えました。

怪我やアホみたいな詐称問題に邪魔をされましたが、タフな人間味あふれる対応で望んだ花道。

拍手拍手です。





さ、皆さん、カキンカキンに凍っているであろう道路で転ばないように気をつけましょう!(特に俺)







該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://gekijuku.blog27.fc2.com/tb.php/1269-33d95411