・・・されど役者的妹尾blog

役者道を邁進している人たちの稽古場風景。 最後に笑うのは自分だ,系。 だ-か-ら、やることやって言ってますとも!   since.2006.4.14
3

後悔も大きすぎるとパラレル。はぁ?



OH!牧場は緑-。

天高く馬肥ゆる秋、も終わりを告げようとしています。



私の一番嫌いな「冬」という将軍がすぐそこまで迫ってきてて。

脳内回避、すぐに春が来てジンチョウゲの花の香りに癒やされたと思ったら夏真っ盛り!ってとこまでいつもの歳なら考えるのですが、50歳になるのを機にちょっと変更を加えてみようと思っております。

刹那刹那を感じてみる…みたいな。

寒いのは大嫌いですが、ちょっと向き合ってみようかと。

いままで Tシャツで過ごしていたのをちょっと厚着をしてみる、とか、普通に対応してみようかな、と。

もしかしたら今まで嫌な奴だと思っていたのに、膝を交えて飲んでみたら良い奴だった…的なことが起こるかも知れません。

よっしゃ、味わってみようじぇねえか、冬も。






てなことでですね、若干咳が出たりするベストではないコンディションなのですが、明日、結構大変な撮影を控えております。

気合いの方は十分ですが、いかんとも芝居が難しくて。





ええ、ええ、よーく分かるんです。

演出家の仰っていることはよーく分かるんですね。

理解した上で、難しいんです。

媒体がショートムービーですので、キャラ設定を説明しているような無駄なカットはありません。

ドン!とゴロゴロ太い大木を転がすような画と、キュン!と小さなミクロの心が求められています。




ここから先は演劇論では無くて、生き様だったり空気だったり存在だったり。

役者体力は普段から十分に鍛えている自負があるので問題は無いと思うのですが、頭と精神をどのように昇華させるかという勝負です。

狙ってあからさまな表現はウンコでダメ、でも結果狙いのことを思ってもらわなきゃならない。

超・客観的想像力が求められています。

が、それでもダメなのかも。

死ぬほど考えて一週してきて、また元の姿に戻っている…みたいな堂々巡りを繰り返すうちに、不必要な力が抜けていってくれるのかもしれませんし。

わからない…答えがなくて、否、ありすぎて分からないのかも。


役者特有、産みの苦しみです。

味わっとけ、と。


*************


プロ野球パ・リーグ。

則本投手、新人王おめでとう!!

私ね、この投手大好きなんですよ。

ニコニコ笑う、面白いこと好きの好青年。

でも闘いの場になると闘志むき出しな。

職人ぽい感じではないけど、困ったときの直球頼みって!

パラレル


今時のできあがった感満載な若者よりも全然すがすがしい。

金満球団の監督の甥っ子で、何が何でも金満球団にしか行かない!なんてクソほざいていたガキとは大違いです。

身体ごとどーんとぶつかっていくの、頑張っていつも応援してました。


それにしても楽天はマー君や則本選手や、こういうタイプを取ってくるのが上手ですね。

長い選手とかの失敗をイカしているのかしら。

阪神にもこういう闘志むき出しのイケイケやんちゃ選手がどんどん育ってくれることを本当に祈っています。

*********************************

私の知人の知人が、隠岐の島や五島列島のほうに移住する準備を始めました。

ぶっちゃけめちゃくちゃ興味があることなので、とても気になります。

なんかね、人生が一区切りついて、さあもう一度新しい世界に突入してみようか!なんて考えるときにその方と同じような妄想をしていました。

身近でそういうことが起きると、まるで初恋の頃のようにどんどん自分の胸の中膨らんでいってしまいます。


私は個人的には近くにコンビニが無くてもデパートが無くても全然平気な人。

バイクに乗ってのんびりした余生を楽しむのも一興かな…なんて。

まあ、まだもう少し仕事をして世の役に立つようなことをしなきゃ罰が当たってしまいますがね。



罰を言えば…こないだ比率を計算してみたんです。

現在までにしてきた良いことと悪いことの比率。

パチンコの勝率よりも圧倒的に悪いことが多いのね。



バンバンの♪<サチコ>(超昭和。分かる人だけでOK)じゃないですが、良いことを数えたら片手でさえ余る。悪さしてきたことを数えたら両手両足、隣人のも合わせても足りない。

せめて、これを50:50に持って行かんと隠居は出来んのだろうなーと。

よくね、世界のセレブがものすごい大きな仕事をじゃんじゃんやり遂げて、貯めたお金で50歳くらいから隠居生活、人生を楽しむためだけに過ごす人がいるのですが、まあそれは来世以降にまわすことにします。

ってか、1億年後には人間なんて滅んでいるかも知れんので出来るだけ這うやい段階が有り難いのですがね。


あーあ、ガキの頃からもっとましな人生を送っていれば良かったなーと。

頭悪すぎて、その瞬間しか考えることが出来なかったんだもの。

せめて二日後くらいまで想像することが出来ていたらな-と。


後悔先に立たず…っていうのは50年分くらいの後悔に膨らませるともうどうしよーもない感が出てきておもしろいですね。

スッパリ開き直れる。






私の場合、昔から続けてきた<遮二無二、目の前のことだけ必死になる>作戦、まだ続けるしかなさそうです。



該当の記事は見つかりませんでした。

3 Comments

へから夫人 says..."九州の女じゃけん"
これまでやってきた悪いことなんて、まるで覚えていない私なんて、どんだけ極悪人かの検討もつきません。
いいことかどうかなんて、いちいち考えて生きてない私にすれば、妹尾さん素晴らしいです。

生まれが海の近くの田舎ですので、大きくなったらここを出てやる!って思いながら育ってましたが、やはり老後について考えたとき、戻りたいという郷愁にも駆られます。
京都に骨埋める覚悟で結婚してますし、もう現実戻らないだろうと思っていますけど、時々でも帰って美味しいもの食べれたら幸せだなー。

海につかりたいとは思わないけど、海を眺めたいなと。
新鮮なおさかな食べたいな。と。
2013.11.27 10:57 | URL | #no8j9Kzg [edit]
seitaro says..."とりあえず。"
厚着はしなくても、Tシャツはやめましょう(笑)

50歳からは新たな人生ではないかと思います。これまでのことはチャラ(にはならないですか??)ってことで。
2013.11.27 09:34 | URL | #- [edit]
pikmin says..."さっちゃんはね"
幸せを話したら5分あれば足りる。不幸せ話したら一晩でも足りない。
って、どんだけ~!ww
とにかくw、懐が深いイイ男の歌でしたねw

38年前の隠岐の島は何もない所でしたが、今も余り変わっていないといいですね。
牛と、島に渡った時の大荒波でグッタリした思い出が残っているだけですが(笑)。

心体ともに何がしかの節目の年なんでしょうね。
いつも傍にいてくれる大切な人のためにも、お体を大事にガンバ!でございますv(=^0^=)v
2013.11.26 18:23 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://gekijuku.blog27.fc2.com/tb.php/1237-d711b9de