・・・されど役者的妹尾blog

太く拡げよう僕の細道   since.2006.4.14
1

幸せのお裾分け、ゲット




双子の台風が攻め寄せてきている…ってんで大慌て。

といいますのも、ちょうどその双子の台風が東日本を直撃する!と予想されているときに、「ゲキ塾。」ではリーディング公演を行うことになっていたからです。


当日や前日になってお客様に断りや中止の連絡も出来ないし、何せお客様が来られないのは仕方ないとしても、演者が集まることが出来ない可能性もあるし。


よーく考えて、早めの決断を!ということで中止を決定したのです。

台風が来ると言われていた3日前に。


…。


そうしましたら…逸れました。

どっか違う道行っちゃった。




なんでやねん


ドピーカンでやんの。

ふざけるなっちゅうの。






あああ、私が公演を決めたものの多くは、初日が記録的な台風だったり、電車が全て停まるような大地震だったり…なにか面白くないことがつきまといます。

私のことをよく知る人は、



「嵐を呼ぶ男ね!」



なんておもしろがりますが、本人としましてはちっとも面白くありません。

人生、結構な損害を被っています。



さ、延期させて頂いた以上、びしばし似鍛え上げて最高品質のものに仕立て上げようじゃないか!って皆で気合いを入れまくっております。



楽しみにされていた方、本当に申し訳ありません。

また改めてご連絡いたしますので是非遊びに来てください!

よろしくお願いいたします!

あ、12月です!



**********************************


親友の。

結婚式のパーティーに行ってきました。

眞武君式1



司会です。

本当は祝って祝って、飲みまくってめでたい気持ちになりたかったのですが、、まあ司会と言うことならば相も行きません。

周りの関係者は、このセレモニーをめちゃくちゃ簡単に考えていますが、すでに20回以上はこういったことをやっている身として、この結婚にまつわるセレモニーがどれだけ大変かは体で覚えております。



はい、ここ!



ってところでちょっとでも音楽が出てこなかったり、音量が小さかったリ大きかったり…または明かりがついたり消えたり…ってなりますと、もうグダグダになってしまいます。



「ざっくり、適当でいいよ!」



ってほぼ全ての人が言いますが、そうはいきません。

本当に適当にやると、部屋中がだれてしまってお祝いの気分がちーっともなくなってしまうんですね。

そこらへんをキュキュっとゼンマイを巻き上げる役目が司会なんだと思っているんです。

しゃべりの上手下手はどうでも良くて。

新郎新婦を祝ってやりたい気持ちがあれば、必ずそれは伝わりますから。

それ以上に、列席の方にも同じ気持ちにさせるのが大変なんですね。

でも、それがうまくいくと、会場は一致団結して祝いたい気持ちに固まります。


眞武君式3

ワインをね、会場の人に頼んで5~6杯、ぐっとあおります。

そんでもって覚悟を決めて、




「何が何でも新婦とその家族を喜ばせる!」




っていう自分なりの約束事を腹飲み込みます。

新郎、関係者はその次。

一生に一度の晴れ姿、なんとしても思い出深いものにしてあげたいですものね。





結果、私は泣きそうになるほどの慶びを感じることができました。

うまくいったかどうかじゃなくて、良いパーティーだったかどうか。

きっと大丈夫なはず…です。



あああ、幸せの心をお裾分けしてもらったわ!


眞武君式2




まさに美女と野獣の実写版です。

お幸せにね!!



*******************************




心と体が、第49次成長期に突入しています。

ココロと身体がおかしな反応を示すようになりました。


やばい。


これは何かリセットしなければ。

全てのことが狂ってます。

自分の中で、自分でmの理解できない何かが確実に。

なんなんだろう、これ?



本当に分からない。

あ、こーゆーときね、神にすがって訳の分からん新興宗教に入信しちゃうのは。




やばいなー、やばいなー、もしも私が修行し始めたら、





「止まれ!へんてこりんなことになっていってるぞ!」






って、誰か私にローキックを入れてくださいね。

よろしくお願いします…。



該当の記事は見つかりませんでした。

1 Comments

全温度チアー says..."ショートトライアルプロジェクトも記事にしてみました☆"
 結婚式の司会、ご苦労さまです。私は以前、プロの司会者の方々とも繋がりがあった時期がございました。また、タレントさんが司会を務める場面に遭遇したこともあります。
 あれは大変ですよねー!  新郎や新婦だけじゃなく、その家族・友人のノリとか会場の空気まで考えないといけませんからね。
 落語家さんが司会されることもありましたけど、逆に面白いことはやらないようにしてるって言ってましたし。
 いっぺん、すべてがぶち壊しになるような最悪の事態になったこともありました。そのときの司会者、泣いてましたよ・・・。
 怖い役割ですが、それを引き受けた心意気。新郎は、妹尾さんのように頼もしい方が身近にいたことに生涯、感謝されることと思います。

 さて、延期となったリーディング公演ですが。
 当初、私は本日の15時からの部で予約しておりました。ショウタさんからは「終わった後の打ち上げは不参加なんですか?」との有難いメッセージを頂いておりましたが。
 じつは夕方から、先日お亡くなりになった元東映の平山亨プロデューサーを偲ぶ会に参列することになっておりまして、リーディング公演終了後はそちらへ向かう予定だったのです。しかし、もし打ち上げにもお誘いくださるということであれば、そこからまた下北沢へ引き返すというプランでありました(笑)。

 結果、見事に快晴でした(爆)。偲ぶ会も無事、送ることができました。
 早く終わりましたし気分もよかったんで、そこから下北沢へ行きたくなりましたよ。

 12月は平日ばかりのようですが、なんとか都合つけて足を運びたいと思っとります。
2013.10.28 00:15 | URL | #aYDccP8M [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://gekijuku.blog27.fc2.com/tb.php/1227-e1082abe