・・・されど役者的妹尾blog

太く拡げよう僕の細道   since.2006.4.14
4

1.650 km を振り返る



1週間のご無沙汰です。

さて、本日は(ちょっと過ぎちゃいましたが)8月8日。

昔はフジテレビの人か言ってましたが、この日を昭和に置き換えると、昭和88年8月8日だそうです。

だからといって特別なことは起こりませんでしたが…。



あ。

緊急地震速報が携帯やらテレビやらでバンバン流れて、電車も停まり、日本が軽くパニックを起こしそうになりましたが誤報だったと。

そんなことが起こったくらいなモンです。






さて。

私、今回チョイと旅をしておりましたので、その旅日記なんぞを書いてみたいと思います。

金曜日の夜に自宅を出発しまして、光速をぶんぶん走りまして翌明け方に岡山に着きました。

両親とちょいと話さなきゃならんことがあったりして。

ま、それもすぐに終わらせ、お墓参りに。

これはね、不定期にしか帰郷できない身としましては出来るときにやっておきたいですから。

草をむしって墓を綺麗に磨き上げて、ご先祖様にも喜んでもらったと想像しながらうどんを食いに。

うん、美味い店はやっぱり美味しいけど、不味い店は岡山といえども不味い。

さっさと潰れてしまえ!的な店に今回は当たってしまい、大憤慨。

次回リベンジします。

本来なら旧友たちと飲み明かしたいのですが今回はどうしても時間が作れずに誰にも連絡をせず…。

めちゃくちゃ後ろ髪を引っ張られながら翌朝岡山を後にしました。

またしても山陽道から播但道を走り、福井県を目指します。

京都でもどこでも良かったのですが、日本海の海の綺麗なところを。

軽くネットで調べてみましたら、福井の海がキレですよと。

えびす浜ってところに行きました。

ここ…ちょっと失敗だったかも。

私的には海!ってだけで気分はいいのですが、海の家もなくてちょっと不便。

ワビサビは構わないのですが、何と言っても海の水が大して綺麗ではなかったことが残念です。

これに全てをかけてますから。

ま、潮風に当たり、海に癒やされたのは間違いないので良しとします。



そこも夕陽を拝みながら出発。

北陸自動車道を一路石川県の<片山津温泉>を目指します。

途中めちゃくちゃな渋滞に巻き込まれ、


「東京から脱出したのに普通に渋滞じゃねえか!」


爪を噛みながら美味しいと有名な旅館の夕食に間に合わせるよう必死で走りました。

ああ、本当にお腹いっぱいで美味しかった!某旅館<佳●郷>。


宿料理



しかも夏の間のサービスということで部屋の窓の真正面に、大きな花火が見えます。

湖の真ん中からどんどんぴゃらぴゃらウチ上がる花火。


「あああ、綺麗だなー。死ぬまでに後何回観るんだろう…。」


なんて、この瞬間もすぐに思い出になってしまう儚さ感じながら、ぼーっと…ただボーっと花火を見つめておりました。

翌朝起きて、この日の予定は午前中<海>。

ですが、なんか天気がどんよりしてて。

しかも旅館のお兄ちゃんに詳しい話しを聞きましたら、



「いやああ、この辺の海は綺麗ではないですよ。砂浜を車で走れたりはしますが、綺麗ってわけでは…。」



という言葉で超予定変更。

海をやめて山へ!

涼をとりに行こうじゃないかと!

だったら、っちゅううんで飛騨高山→上高地だろ!と。

うっわーすんごい景色。

何年ぶりかは忘れましたが、でもやっぱり長野に入ってからのこの辺りは気分がいいです。

雲の中に入ってみたり、小川で遊んでみたり。

道の途中からにじみ出ているわき水で顔と喉を潤して。

なんともうまいお水でございます。

思いきり景色を堪能し、木々にパワーをいただいてスッキリリフレッシュ。

さ。

もう一泊しましょう。

これまた美味しいと有名なお宿へ。

むふふふふ、原が吹き飛びそうなほど食い尽くしましたさ。

宿飯2



翌朝はゆっくり起きて、少しだけひんやりした空気を味わいつつ温泉へ。

宿の風呂がちょっと狭かったので大きな日帰り温泉に行きました。

白濁していて、とても硫黄臭くて私の大好きな温泉です。

じとーっと亜多々mrいましたら顔も身体もツルぴかになりましたぞ!




「きちんとシャワーで洗い流さないと硫黄の匂いが1週間残るぞ!」


と、朝風呂で一緒した地元のお爺ちゃんに教えてもらっていたので軽く洗い流します。

が、それでもしばらく硫黄の匂いが残るほどでした。

私、昔からこの温泉にはいるとトイレがめちゃくちゃ近くなる(15分に一回くらい)のですが、やはり今回もそうでした。(夕方までそれが続いたのには閉口しました。)

で、またしても美味しい昼飯を喰ってやると言うことで行きましたのが某有名そば屋さん。

どの雑誌にも出て来るくらいのお店でしたし、いけばお客さんがわんさか並んでるし。

東京では絶対に並んだりしない私も、異国情緒に流されて。



「ま、滅多にあるもんじゃなし…いいってことよ。」



ってわざわさ並んで入りました。

セミ羽根乾燥



並んでいるときに、セミがサナギからだっぴして羽を休めているシーンに遭遇しました。

珍しいモノが見れて新鮮。

お腹も減ってきてるので一段とワクワクさが募ります。



「妹尾さーん、お入り下さーい!」


ヤッホーとばかりに店内に入り、食事を楽しむ少しの時間。


・・・・・

・・・

・・。



ま、美味しいんでしょうね、確かに。

店内から見える景色も素敵ですし、いいのではないでしょうか。



が。

ばばあの態度が最悪。

客をもてなす…とか、他県ナンバーから来たお客さんを労うとか、そういったサービス精神は全くなし。

たくさん並んでいる客を半分パニクりながらこなすことに命を賭けている人です。

一人で自分に酔ってる。

使えない奴。

こんなんに店ヤラしていたら多分そうそう長持ちはしないでしょうよ…。

だって俺は二度とイカンし、行く人に注意しろよと伝えるもの。

がっかりっすわ。

安曇野翁



が、その後にめちゃくちゃ旅の〆として気分の善い人に出会いました。

あんまりこれ以上有名になられてもイヤなので名前は伏せますが…某お寺で陶芸体験をしてきました。

ここの先生がまあなんとも気さくで楽しくて素晴らしい!

私、ビールジョッキくらいの入れ物(液体も固体も入る)を作りました。

手美練りでろくろを回しながら形を整えていると、めちゃくちゃ楽しい。

土をイジリながら先生とこの町の様子や今までの半生、おいたちを聞いたりしながらニコニコと土を揉む。

的確な先生の指示、指摘を受けて指を動かすとドンドン形作られてきます。

これ、本当に楽しい。

出来上がりはどんなになってても構いません。

いいモノを作るつもりじゃなかったですし。

作っているときの気を楽しもうと。


それは大成功。


帰りにたくさんおみやげをもらい、美味しいお店を教えてもらいまして。

とっても幸せな気分で帰郷したわけでございます。




この度の目標は<命の洗濯>

これは達成されました。

1650 km ほどは知りましたので身体敵にはちょっと疲れも残りましたが、美味しい食い物と空気、そして何よりも楽しい思い出に包まれて幸せ気分を満喫して参りました。

ここ数年間、夏に大きな仕事が重なりましてゆっくり夏休みを堪能できませんでしたから。



で、夢から覚めたかのように一気に現実に引き戻されまして。

それがイヤで泣きそうになりながら、タイヤの溝がほとんどなくなっているバイクでイジケ走りをしてみましたら、寿命が縮みましたのでもうやめる。



該当の記事は見つかりませんでした。

4 Comments

happyday1959@docomo.ne.jp says..."ツーリングですか( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆"
上高地お天気いかがでしたでしょうか?カッパ橋から見る雪景色の山は最高ですね♪私も山登趣味で、アルプスは白馬岳や九州、四国、中国地方。はては北海道利尻、礼文島、知床羅臼り岳行きました。特に北海道は一ヶ月は滞在したいところです♪退職したらばいくでただの宿泊所に留まりながら…なんていいですね
2013.08.10 02:32 | URL | #WPHJd0gc [edit]
えみ says...""
羽化したばかりの蝉萌www
緑なあたりが萌ですな(^◇^)

はぁ。
花火デートとかしたいわぁ~
と、妹尾さんのブログ読んで勝手に思う。
2013.08.09 22:46 | URL | #- [edit]
seitaro says...""
命の洗濯・・・なんてステキな響きなんでしょう(笑)

花火が見える部屋・・なんかそれだけでぜいたくな感じですねぇ~。

何の思ひ出もできないまま夏が終わってゆく・・・いかん、何かしなければっ!!

小学生の頃、担任の先生が陶芸好きで、校庭の隅に簡易の窯があり、みんなで焼き物にいそしんだものです。一心不乱になれるところがよいですよね。
2013.08.09 13:11 | URL | #- [edit]
へから夫人 says..."命の洗濯ざーぶざぶ。"
命の洗濯いいですよね~。(^-^)

ほぼ同時期に、京都の砂浜で命の洗濯してきました。
白い砂浜に、ざぶーんと波が打ち寄せて、子どもが楽しいそうにはしゃぐ姿に、癒されましたわ。

私のメインの目的は、夕食だったのですが、これも堪能しつつ、「もう食べれましぇーん!!」となりながら、しっかり命の洗濯してきましたよ。

片山津温泉、一回行ったことあります。
何で行ったのか忘れましたが、お友達が招待してくれたので。
夜にやっぱり花火が見えていました。

夏の思ひ出。


タイヤは変えましょうよ!!
2013.08.09 10:09 | URL | #no8j9Kzg [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://gekijuku.blog27.fc2.com/tb.php/1200-83bef27b