・・・されど役者的妹尾blog

太く拡げよう僕の細道   since.2006.4.14
4

かんそうぶん



行ってきました、<長州ファイブ>。



いやー、とても面白かったです。




丁寧な造りあげ、感心しました。




この時代が好きではない人にでも十分お勧めできます。






当時、日本から諸外国へはかなりの人数が流れ出ていたということはあまり知られていません。






鎖国中の日本も大きな世界規模のうねりには逆らえなかったのでしょうね。




使節団として、諸藩から派遣された日本人、エジプトのピラミッドの前を行進している写真も見たことがあります。



どの資料を見ても必ず書かれていることがあります。



それは、外国人達から見た東洋の島国からやって来た、日本人のこと。





「素晴らしく勤勉で礼儀正しく、節度を持った国民」






私の知る限り、これを否定する評価を下した外国はありません。





今の日本と比べるのは恥ずかしい限りですが、この映画ではこのようなことも忠実に描かれておりました。





少し抱けない様に触れてみましょう。←×誤り


少しだけ内容に触れてみましょう。←○正解





  ヘンカントハオソロシイモノデ、イトヲカシィ






この<長州ファイブ>とは長州、つまり今の山口県で明治維新に活躍した5人の人間を指します。




言わずと知れた吉田松陰の(松下村塾)のあった長州は時代の寵児を多く生み出しています。





高杉晋作、久坂 玄瑞、数え上げれば列挙にいとまがございません。




つまり、国を思う、とても頭のいい人がいっぱいいた、とゆーことですね。






この映画では、そんな中の伊藤博文・井上馨・井上勝・遠藤謹助・山尾庸三五人を描いたものであります。




造幣や造船、鉄道といった文明開化に大きく寄与した人達ですが、まさか初代総理大臣の伊藤博文を知らない人はいないでしょう。




そんな彼らが血気盛んにぎらぎらと熱く生き抜いた時代のお話しでした。




普通、維新のものが映画になると、龍馬や西郷さん、新撰組等の有名どころが描かれることが多いのですが、この映画では、密航して外国に渡り、文化や工業技術を輸入しようとした若者になぞらえて(薩長だけだが)描かれています。




今までにない新しい切り口で、とても地味な感じを受けますがめちゃめちゃ斬新です。




そうですね、明治維新という我が国最大の革命も、正面から教科書的に捉えるばかりでなく、こういった側面から覗いてみることも今後に繋がるヒントが多く隠れている様に思いました。




「個」のための発動が、だんだんと「国」のためのエネルギーへと昇華していく・・・



素晴らしいですねー。





かの司馬遼太郎さんは、





「環境が人物を造りあげる」





とおっしゃいましたが、果たしてそうでしょうか?




私なんぞが、彼の時代に生きていたとして・・




そして周りがそんな環境にあったとして・・





・・・どこまでどんな風に動けたのでしょう・・・







死を賭して行動ができたでしょうか。






口惜しいです。








ホント、こーゆーの見ると自分のちっぽけさが引き立ってしまい落ち込みますわ。





ラストに本物の方の写真が出てくるのですが、まーなんとも幼い。





中学生くらいに見える童顔です。






現在の平和のために命をかけて行動した若者。





妹尾、まるっきりおんぶに抱っこ。





・・・はぁ・・・








暗くなりそうなので気を取り直します。





素晴らしい映画であったことだけは間違いありません。







役者の好き嫌いは置いといて・・ね。






ガンバレ、自分! 









ちゃんちゃん!




該当の記事は見つかりませんでした。

4 Comments

へから夫人 says..."私の感想は・・・"
なをさんじゃないけど、「長州ファイブ」と聞いて、真っ先に思い浮かんだのが、長州小力がパラパラ踊ってる姿ですよ。

やっぱりね、この時代にはドラマがありますよねー。
西郷さんの話とか、ちょっと聞いただけで、へぇ~。と感心せずにいられません。
日本史を選択してたんですけど、この時代に差し掛かる前に、息切れしてちゃんと勉強しなかったのですが、
今になって勉強すると面白いだろーなー。
夫の「紺碧の艦隊」っていうコミック読んだ時も、そう思いました。

勤勉で、律儀で、節度を持った国民であり続けたいところです。
勤勉・・・。だけは、ちょっと小さい声でいいます。

「かんそうぶん」といえば、昨日メタルダーのDVDが届いて、見ているところです。
4話まで見ました。
もぉ!!!めっちゃカッコイイです。メタルダー。

剣流星も、めっちゃカッコイイ!!(当時は八荒さん派でしたが)
自分が流星の年齢を追い越してしまったことが、まだ信じられませんが、
こんな年下の彼氏が居たら、最高ですわ。
この彼なら、中身が機械でも全然OKっす。

でも、最後、流星の姿に戻れなくなったら、縁の切れ目・・・。かな。(笑)

「抱けないように触れる」ってミョーにエロ。
2007.02.22 14:10 | URL | #no8j9Kzg [edit]
コシヒカリQ says..."観たくなりました"
「幕末を題材にした映画」っていうイメージとはちょっと違った作品みたいですね
かなり面白そうです~
2007.02.22 11:47 | URL | #- [edit]
氷室 静 says..."ああそっち・・・"
平成維新軍とかアタマに浮かびました←お
自分も幕末話したら止まりませんよ~
薩長がメインなのは珍しいですね。
2007.02.21 21:31 | URL | #- [edit]
なを says..."長州ファイブ…"
長州力の技名じゃなかったのか…。                    今を生きる私たちにできることは、時代を作ってきた人たちの功績と過去の真実を、自分なりの形で伝えていくことかな。                 何も感じないでくのぼうにはなりたくないわ!               抱けない様に、なんて言わず抱きましょう。
2007.02.21 21:03 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://gekijuku.blog27.fc2.com/tb.php/118-e2a2a228