・・・されど役者的妹尾blog

太く拡げよう僕の細道   since.2006.4.14
4

逆にパワーもらってどうする?

東北大震災から2年です。


ちょっと、朝日新聞から引用させて下さい。

<原文ママ>
【・・・あの日、二人は消防団員として活動した。家族に強く避難を勧める余裕がなく、小島さんは妻紀子さん(当時38)と一人娘の千空(ちひろ)さん(同7)、両親の4人を亡くし、吉田さんは妻眞紀子さん(同33)と次男将寛君(同5)、母の3人を失った。
家も仕事場も失った。仮設住宅が隣になった2人。顔を合わせるたびに互いに思いを打ち明けた。「悔やんでも悔やみきれねぇ。なんで、こんな人生になったんべな」
吉田さんがなじみの男性客から「頑張って」と声をかけられたときのこと。張りつめていた気持ちがプツリと切れた。
「頑張れねえよ。お前が頑張れ。奥さんと子ども、死んでみればいい」と客を怒鳴りつけた。
「頑張ったふりをするんだ」と言って、自分を取り戻させてくれたのが小島さんだった・・・】


無力さが一段と重さを増してきます。

迷います。

考えます。

分からん…から動こう。



*******************************************



さて。

戻って参りました。

小川輝晃クン率いるおもちゃリティの一行は、2日間、宮城県仙台市と福島県郡山市の子供たちに会いに行って来ました。


私たちは<おもちゃリティー/サムライド>→ http://omocharity.jp/cd/app/index.cgi?C=topics&H=default&D=00024

という新しく作ったヒーローでのショーと、日本中から寄贈して頂いたおもちゃを被災地の子どもたちに届けようというもの。

賛否やいろんな意見を耳にしますが、一切勧考えなず、気持ちだけで動こうじゃないかという有志の集まりです。

使わなくなったおもちゃを再利用してもらいたいと送って下さる方、また、おもちゃ屋さんからの新品のプレゼント、本当にたくさんあります。

仙台の会場は「Smile for JAPAN フェスティバル」と言う企画です。

日本全国から有志が被災地に集まり、とにかく応援しようじゃないかってもの。

チャリティー4


バスによる徹夜移動の後なので朝から疲れた顔をしています。

いつもですけど。

チャリティー7

多くの団体が参加していますので、限られた時間の中でリハーサル、音合わせをやらなきゃ。

舞台上ではアクションチームの有志が頑張っております。

それにしても広い劇場だこと・・・。

本番を終え、おもちゃもゲームと絡めてプレゼントするのですが、


「どうせ金とるんでしょ?」


的なことをよく言われてしまうのですが、


「いえ、本当に日本全国から集まったおもちゃを、東北の子どもたちに配ってるんです。当然無料ですし、後から何かが発生したりもしません!」


「マジで?」


「マジです、いや、本当ですよ。安心して子どもさんと一緒に遊んでいって下さい!」



まだまだ捨てたもんじゃねえ…日本人のココロの美しさってことよ。

ただね、子どもさんに声をかけるときには若干、気を遣ってしまいます。

もしかしたらこの子には両親に何かが起こってしまった子なのかもしれない・・・。

まあ私がいくら考えても、考えすぎても、そして分かったようなこと言っても逆に失礼になると思いますのでケラケラ笑って話すことにしましたが。



翌日、福島に移りました。

寒し!!東北舐めんなよ、です。

本当に、東京があたたかくなってきたので同じような感じだと思っていましたら耳がちぎれるほど寒い!痛い!


3.11、14:46、そのとき。

黙祷を捧げ、身体中に力を込めました。

さ、やるぞ。

何に向かうか分からんけど、とにかくやろう。

チャリティー2

この日は3回、おもちゃ配りとショーです。

ちびっ子たちがエライ楽しみにしてくれていたようで、会場は盛り上がりまくっています。

サムライドがやっつけられそうになったら、


がんばってー!!!


って、悲鳴にも似たような大歓声。

着ぐるみのお兄さんやお姉さんも、気合い入りまくりです。

チャリティー6

会場の中から一人、元気な子を選んで変身してもらいます。

そ。

サムライドっていう新ヒーローは、誰でもなれるんです。

誰かを守りたい、大切な人を守りたい!っていう気持ちが強ければ誰でも変身できる・・・


写真の男の子は、


僕は絶対に家族と友達を守るっ!


って絶叫して変身していました。

・・・もうね、詳しいことも聞きませんが、彼らにいろんなドラマがあるのは手に取るように分かります。



チャリティー1

<おもちゃやがたくさん!>っていう写真を撮ろうとしましたら、可愛らしい女の子がいっしょにパチリと。

彼女も忙しい時間を割いて参加しました女優さん水崎綾女ちゃんです。

「ミサキノアヤメ」

映画「ユダ」にも主演され、今や飛ぶ鳥を落とす勢いの彼女、よくもまあ時間が作れたものだと。

お話しを聞いてみましたら、彼女自身も阪神淡路の被災者だったと。

仮設住宅で暮らして辛い時間を過ごしたので気持ちがよく分かる、何か力になりたい、とのこと。

子どもたちから、

「震災の日なのに、こんな楽しい思いをさせてくれてありがとう。」

と言われてポロポロと涙をこぼしておりました。

琴線に触れまくったのでしょう。

そこにいたみんな、熱いものがこみ上げてきました。

他にも、ガオレンジャー、ツエツエの斉藤レイさんや、ゴーグルブルーの石井茂樹さん、ガオレンジャーでシュテンの声をやってた稲田徹さん、仮面ライダー裁鬼、声の担当塩野勝美さんらがお手伝い。

皆がみんな汗を流しながら搬入搬出、設営に出演、子どもとの交流、親との折衝・・。

金銭的には何もありません、全くのチャリティーですが、


チャリティー5

結局は考えるだけ無駄で、自分が出来ることをやるしかない…っていう所に落ち着いてしまうんですね。

いつもいつもこんな顔されたら、そらもう頑張っちゃいますもの。

ってか、この子らの無邪気な笑顔や言葉にめちゃくちゃ元気をもらってしまいます。

ごめんなさいって感じるほど。

尊敬してしまいます。


チャリティー3




私、これ、許す限り続けます。



該当の記事は見つかりませんでした。

4 Comments

せのおのお返事 says...""
ナカヤマ 様

仙台では声をかけて頂き、また寄付金まで頂きまして本当に有難うございました!お連れの方にもくれぐれも宜しくお伝え下さい。
自分たちのやっていることは、果たして本当に役に立っているのか自問自答しながら動いている部分がありましたので、あのお声掛けは大変嬉しく思いました。一人でも喜んで下さる方がいることがわかり、大きな自信と、間違っていないという確信が持てました!また伺いましたら是非、遊びに来て下さい。有難うございました。




へから夫人 さま

本当にね、すごいよ、無邪気なエネルギーって。圧倒される。パカッとね、心の蓋を開けたらきっといろんな辛い思いが詰まっているんだろうけど…。笑かしていくわ。それしかできんもん。




seitaro さま

自分らの目線で考えたら、「この国ホンマにだいじょうぶか?わやくそやな…。」って感じるんだけど、そうも言ってられません。その負を背負うのは子どもたちなんだから。子どもって、単に幼い人間ってだけじゃなくて本当に大切な宝物なんだってことが実感できるようになりました。少しでも守ってやらんとダメですね。
2013.03.13 11:49 | URL | #mMj3k3yk [edit]
seitaro says...""
子どもたちは未来の日本の宝であり、この教訓を生かしていける大事な存在です。

2年を迎えたあの日、僕は仕事でそれにかかわっていました。心でご冥福を祈りながらも、黙とうも出来ない立場にいる自分・・・矛盾を感じます。

九州も90%の確率で近く大地震がくるとの見解があります。その時、僕らに何が出来るのか。防災にかかわる方がおっしゃていました。
「最後に大切なのはソフト。ハードは出来ることが限られている。自分の命を自分で守ること」だと。
どんなことがあろうと、生き残った人は明日を目指していかなければいけない。それはとても辛い事の連続だと思います。でも、生きている限り、全力で立ちあがっていかないといけない。だから僕は「頑張って」とは言わない。形はいろいろですが、みんな明日を目指して精いっぱい頑張っているのですから。
言うのは簡単ですが、行動するのはとても大変だと思います。

妹尾さん、いい活動をしていますね。
2013.03.13 10:01 | URL | #- [edit]
ナカヤマ says...""
仙台の会場で声をかけさせていただいた者です。

震災の時は本当にたくさんのヒーローたちの応援の言葉に勇気をいただきました。

超人機メタルダーの主題歌に「負けたと思うまで人間は負けない」という歌詞がありますが、当時はずっと心の中でこの歌が流れていました。(大げさではなく本当に当時の自分にとっての応援歌でした。)

そんなヒーローが本当に東北まで来てくださって、子供たちに(私のようなかつての子供たちにも)元気と勇気を運んできてくれたこと、涙が出そうなくらい嬉しかったです。
本当に今回は東北までいらしてくださってありがとうございました。
2013.03.12 23:32 | URL | #- [edit]
へから夫人 says...""
水崎綾女さん、エスケイプ姉さんは、ヒーロー(悪役だけど)としてもタイムリーな方なんで、お子さんたちも盛り上がったでしょうね。

なんか、こっちも涙ポロポロでてきますね。
2013.03.12 22:04 | URL | #no8j9Kzg [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://gekijuku.blog27.fc2.com/tb.php/1151-fef0fd18