・・・されど役者的妹尾blog

役者道を邁進している人たちの稽古場風景。 最後に笑うのは自分だ,系。 だ-か-ら、やることやって言ってますとも!   since.2006.4.14
1

私の愛したバイクたち…




薬を飲んでも喉のイガイガが良くならないことに気づいたので、何も飲まないでシカトしてました。

ら、治って来ちゃった。

自然治癒、これが一番ね。



何かやらねばならないことがあったはずなのに、それが何だかわからないなー…って思っていたら。

あ。

確定申告。

やべえ、もう時間がねえじゃん。



ということになりまして、領収書だの何だのを電卓でぱちぱちやっておりましたらもう数字がチカチカしだしまして。

イヤでイヤで仕方がない。

身体中が拒絶反応を示しております。

週末には福島に行きますのでそれまでに提出できる算段を…てのは諦めまして、週明けには出せるようにしなくちゃ。

また徹夜ですわ。

だって、何回かいても覚えられないんだもん、この用紙。

はああ、観るのもイヤ、本当にイヤ。







さて、懐かしの写真からまた一枚。

ホテル物語

これもかなりの懐かしさです。

<ホテル物語・夏>っていう番組にレギュラー出演させて頂いておりました。

その時のスナップです。

皆で飲みに行ったか何かのときのものですね。

仲良しでしたもの。

山下真司さんと山下規介で、W山下さんだ!なんて言ってました。

宮崎ますみさんや石黒賢さんの顔も見えます。

鶴田真由ちゃんと羽田美智子ちゃんは私と3人でホテルの受付係でした。

彼女らはこの直後に大ブレークしました。

撮影所の食堂でいろんな相談に乗っていたのを思い出します。

思えば今、とっても良くしてもらってる佐久田修さんも出演されていたんだわ…びっくり。



舞姫1

これは、京都の南座で1ヶ月公演させてもらった<舞姫>のときの写真。

普段からお世話になっていた中尾ミエさんと。

先日親友の石本伎市朗君が、富山で< ミー・アンド・マイガール>というミュージカルをやっておりました。

その時の出演者に中尾ミエさんがいらっしゃって、とても親切にしてもらったという話しを聞き、


「ああ、相変わらず優しい人なんだなー。」


って思い出しまして。

ミエさんのご自宅の一室が稽古場になっておりまして、そこにj・川平くんなんかも集まりまして一緒にタップダンスの稽古をしておりました。

そのときのタップの先生が本間憲一君、 <ミー・アンド・マイガール>の演出家。

もうね、この世界はめちゃくちゃ狭いんですわ。

改めて実感。





*******************************

バイク。

ホンダが本気でスーパースポーツを作ったよ!っていうことで、発売に先行させて出していたビデオを入手。

アメリカの戦闘機の離陸とブラックバードを競争させているシーンがありました。

もうね、格好良く見えて。

速いバイクに飢えていたものですし、何と言ってもホンダが作る<世界最速>。

興味津々で実物を見る前に予約を入れました。

ブラックバード・キャブ

良いんです、このバイク…とっても。

バイク好きな奴がわらわらと集まってきて、すげーすげー!言われ倒しましたもん。

1年ほど乗りましたかね。

が、なんか感動しなかった。

無機質って言うか、シュイーンって良く廻るエンジンがなんか可愛らしくなくて。

工業製品として完成されまくっている感じ?

むむむむ…って思っていたところに、キャブレターからインジェクションに進化しちゃったバージョンが発売。

このバイクはもっと世界最速なんだと。

そこまで速いんだったら、もう恐怖心を感じるはずだから無機質だろうが何だろうが、感動するはず!

ってんで速攻でバイク屋さんに向かいました。


「すんません、それください。」


手慣れた手つきで注文書にさらさらさらっと書き込みます。

これを衝動買いといわずに、なにを言うのでしょうか。

どアホウです。

半月もしないで現れた、ニュー・ブラックバード。

青いけど。

ブラックバードi納車


うん、速い速い。

キャブの時にあった真ん中あたりのトルクの谷が完全になくなって、いわゆる超フラットなトルク曲線。

あれ? 何か思ってたのと違う…って2日で思いました。

もうね、メーターの数字を見るとびっくりするんだけど何か変な感じ。

書けないスピード行きでも普通にレーンチェンジできるし、足回りがガッチリ地面を噛んでいる感覚もあるから恐くないし。

離陸直前のスピードでも鼻歌が聞こえるほどカウルの中が平和だったり。

だけど恐くない。

さすが、ホンダ!

ブラックバード、インジェクション



いやいやいやいや、どうしよう、たっかい買い物しちゃったぞ。

市販車両では世界最速なんだからいいか?

ってか164馬力のウチ半分も使えてねえはずだし。

速いのに、速さを感じさせない作り込みなんだわね…むむぅ…。



この子はね、私にとっては不遇でした。

縁が薄かったとしか言いようがありません。

だって、乗り始めて2ヶ月もしないのに、もっともっとすごい<世界最速>っていうのを耳にしちゃったんですもの・・・。

ブラックバード人形


世界最速オタクではないのだけど、何かが弾ける音が私の頭の中で響きました。




つづく…

該当の記事は見つかりませんでした。

1 Comments

へから says...""
つづくかよ!

もったいぶりますね~
次回ついに登場ですね!
楽しみたのしみ!

バイクって
あまりにも完璧なものは面白くないんですよね。
CB1300に乗らせてもらったときに感じました。
何かな?って。
走る・曲がる・止まる 完璧で普通に速いのに。
人間って不思議ですよね。


 
2013.03.07 15:01 | URL | #mQop/nM. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://gekijuku.blog27.fc2.com/tb.php/1149-7bea6231