・・・されど役者的妹尾blog

役者道を邁進している人たちの稽古場風景。 最後に笑うのは自分だ,系。 だ-か-ら、やることやって言ってますとも!   since.2006.4.14
5

3.11。行ってきます!




早いもので、東北の大震災から早くも2年が経とうとしています。

こんな妹尾でも、何か役に立ちたいと切に願っておりました。

チャリティショーでトークをしたり、ガンバレと書き込みをしたり、支援物資を集めたり…簡単なことばっかり。

ただの大男で、世の中の役に立たないクソのような存在。

でも、今回 3.11 に小川輝晃クンのお手伝いで東北に伺うことになりました。

小川氏はココでも何度か紹介しましたが、東北の為に熱心に活動している方です。

おもチャリティ

→ http://www.omocharity.jp/

子どもたちは既にメタルダーなんて知らないと思うけど、でもお手伝いが出来るって言うんですからヒーローをやっていて良かったと心底思います。

メタルダ君、ありがとう。

ちっとは生きていて役に立ったよと、エンマ様への手みやげが出来るってもんです。




************************************

懐かしの写真シリーズ。

これはね、多分うちに現存する写真の中で最も古い部類のもの。

18才から始まった東京生活、そこからの写真誌しかないんだもの。

底までのは実家にありますので、ゲットしたらまた載せますね。




はい、これ。

多分18か19.

プールで監視員のバイトをしているとき。

ずっと毎夏、続けていたバイトです。

これがきっかけとなり、日本赤十字のライフガードの免許や、まだ当時持っている人が少なかった、<水泳指導管理士>の免許を取ることになったのです。

プールバイト

若いですな、青い青い。

役者の道に本当に進む、なんて考えていなかったかもしれません。

酒が好き、体を動かすことが好き、●●が好き、っていうシンプルなサイクルで生活してましたわ。

そ。

クソ人間、真っ最中です。





リヤ王

舞台、リヤ王の時のメイク。

私、全くヒゲや脇毛が生えませんので…付けひげが落ちないように時々誤魔化しつつ手で押さえながら芝居してました。
(1990。コーンウォール侯爵。主演、滝田栄、山本亘。於、シアターアプル。夜想会制作)


クソ人間、クソ役者時代。

********************************

バイク写真ね。
津別峠

FBにはもう載せたんですが、限定解除を取る前に乗っていたヤマハのペケジェー。

XJ400D.

購入理由はセールで安かったから。

4本マフラー大嫌いだったし、すぐに集合管付けました。

アップハンも嫌いで、ハリケーンかなんかのセパハンを。

クリップオンって行ってたけど、厳密にはクリップオフ。

エンドより下側に。メーターと目玉が10cmくらいの距離。

Fサスに取り付けたハンドルがツルツル滑ってめちゃくちゃ危なかった。

ストッパーとかないので、輪ゴムを焼いて溶かして噛ませてた。

でも急ブレーキ踏んだら前にクルってまわっちゃう。

死にそうなほど恐いのね。

鬼のバックステップ付けて、後ろのステップが付かないし、フェンダーカットを自分でやったらシート下が落ちてくるし、もうワヤクソなバイクでした。

が、何度も北海道を旅して思い出が山ほど詰まっているバイク。


この写真は津別峠と言うところに登っているときのもの。

オフロードしか無理だってのに頑張って登ったけど途中で熱だれ起こしてストール。

一緒に行ってた後輩のVTは全然平気。


「ああ、やっぱ世界のホンダだわね。ってか、水冷エンジンってすごいねー。」


この頃は水冷なんてバイクには珍しい時代です。

大きく重くなっちゃうので採用されていませんでした。

高速道路を岡山まで走っていても熱ダレ起こしましたから。

ですから、


「男は空冷。しかもカワサキ!」


とか何も知らんでアホみたいなコトをのたまっている奴らを大バカ野郎って思えました。

オカマでも良いから止まらないバイクが凄いの。




この時は、テクテク歩いて頂上を目指していましたら、お金持ちの観光客がタクシーをチャーターしていたみたいで…通りすがりに


「殺気路肩にバイクを停めていた人ですか? よかったら一緒に乗っていきませんか?」


って。

道幅2mそこそこの、人通りほとんど無い北海道の山道で、親切に触れました。

そんなんがしょっちゅうあったから北海道が大好きになっちゃったんですがね。



常呂駅



常呂駅。

今はもう無いです。

知床のね、半島を南北に繋いでいる羅臼からウトロまでの道路が大好きで。

その麓にある<熊ノ湯>って温泉がありまして、その隣のキャンプ場に住み着いておりました。

自転車で日本一周している人や歩きの人、車もバイクもいろんなのが集まって目映いばかりの星空で乾杯しながら語り合ったものです。



ま。

この XJ ですが、北海道に一緒に行っていた後輩君に貸していましたら、東京の駒沢公園で盗難に遭ってしまいまして。



「妹尾さん、なんかね、朝起きてバイクに乗っていこうと思ったらないの。」


「・・・は、なにが?」


「ばいく。」


「何の?」


「せのおさんの。」


「・・・・・。」




仕方ないよね、と諦めるしかありません。



「今日、もしもこのバイクに乗っていたら、この後輩君が事故にあっていたんだ、だから神様が危ないと思って盗まれるようにしてくれたんだ!」



人間というのは自分の心の傷を上手く癒やすような発想をするもんです。

無理矢理そう思うことにしてサクッと流すことにしました。
(この後もまだ盗まれることになるとは思いもしなかったが)



クソ人間だもの、仕方ないわさ・・・。



うううう。

該当の記事は見つかりませんでした。

5 Comments

へから says...""
XJ400D懐かしいですね。
まだバイクなんか買えずにモーターサイクリストとかオートバイとかの雑誌を眺めて憧れていた頃です。

あの頃のバイクはワクワクしましたよね~
今のやつは規制がキツすぎてつまらないのばっかりです。逆車の大型バイクは別ですが。

次は何が出てくるか楽しみです!
2013.03.07 09:25 | URL | #mQop/nM. [edit]
いがきち says...""
なんで…なんでバイクって盗まれるんでしょう?
私の友人も、その昔、盗まれて。『15の夜』を聞くたびに腹を立ててましたわ。「人のバイク盗んじゃぁいけん!!」って。

プール監視の写真のお隣の方と、接近の仕方がやや気になる…のは私だけ?
2013.03.06 23:48 | URL | #- [edit]
せのおのお返事 says...""
seitaroさま

へから夫人さま


こらこらこらこら!
お姉チャンじゃなくて高校生、バイトの。
今では名前も思い出せmせんが、監視塔に昇ると、こうやってしがみついてないと落ちちゃうのよ。

脇毛は今でも殆どありません。
気持ち悪いと言われます。

早く本格的な春が来てほしいです。
ツーリング、行きたいです。
2013.03.06 21:46 | URL | #mMj3k3yk [edit]
へから夫人 says...""
輪ゴムを焼いて溶かして・・・って、職人芸ですね。

私も思いました。あの水着のおねえちゃんとは怪しい関係!?

腋毛ないって、羨ましいですね。
毛深く剛毛な私には切実(そんのどうでもいい)。

しかし、盗まれるって、切ないですね~。切なすぎる。


明日は今日よりもっと暖かいそうです。
バイクですよ~。

先週、バイクでコケて、125ccのアドレス君のウィンカーランプのカバーが割れましたが、そんなの気にせずに走ります。

だって、春だもの。
2013.03.06 21:11 | URL | #no8j9Kzg [edit]
seitaro says...""
心なしか、おねぇいちゃんとの距離が近すぎるような・・・そうですか~脇毛もないんですか・・・いいじゃないですか。体毛苦手な僕としては(笑)

もう2年ですね・・・早いものです。
元気玉をいっぱい振りまいてきてください!!
ビバ!ヒーロー!!
2013.03.06 18:11 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://gekijuku.blog27.fc2.com/tb.php/1148-2f4276d2