・・・されど役者的妹尾blog

太く拡げよう僕の細道   since.2006.4.14
2

ネガなことは書きたくないから…




ホントにね。



何がどうなっちゃってるんだろ?

信じられないとか言ってちゃだめなんだよね、きっと。



尼崎の事件・・・。



もうね、ニュースを聞くに堪えなくてテレビでこのことが始まったらチャンネルを変える。

変えても違うチャンネルで報道してる。




頭がおかしいのは、そらまあそうなんだろうけど精神鑑定仁回されるんだって。

キチ●イが確定したら無罪なんだろうね、きっと。

この國のシステムってやつですか。




はああああああ。


とにかく1から10まで、なんだかなー、どうしてかなー? の固まりです。

気の毒に・・・。


まあこんなアホがもっといっぱい集まったのがオウム事件だったりしたんだろうけど。


憂鬱。







********************************


でも!

そこはそこ、これはこれとして。


<八月のシャハラザード>


毎日稽古に明け暮れております。

今日は舞台監督さんがいらしてくれて。

若い方ですが、才能あふれる素晴らしい空気を持ってらっしゃいます。

いろんなアドバイス、知恵を借りましてもう既に芝居の輪郭が整って来ちゃいました。



まだ、誰も台詞も入っていないし、第一立ち稽古もやってないのに。

はい、見えました。



これはかなり面白くなります。

今回、キャラクターに合わせてぜいたくに役者さんを配置できたのですが、それがこんなに大きい力を生み出すとは!

すごいすごいと一人感心しきりなのでございます。



もちろん、私の頭の中だけのお話しで、あーきてこーきてそーなって・・・ふむふむ・・・・みたいなことなのですがね。

役者さんからすれば



「え? 何が? まだ何もしてないですけど?」



的なことなんですがね。







ちょっとこの<稽古>と言われることについて書いてみたいと思います。

コアな話しになると思いますので興味ない方はすっ飛ばして下さいませ!




稽古。

私が若い頃は、第一段階として<読み稽古>というのを山ほどやらされました。

立って動かなくて、読み続けるの。

ずーっと、椅子に座ったままいろんな事を想像しながら。


めちゃめちゃアイディアが湧いてくるんです。

役者さんの頭の中に。




でね、分厚い台本を初めて読んで、何かよく分かったような分からないような感想を持つ者なのですが、何度も読みをやっていますと、だんだんと狭(せば)まってくるんです。

台本が海のように見えているところから、輪郭が見える湖に変わってくる感じ。



「あれがこうなって、そんでもって自分の気持ちがこんな風になったらあいつとあいつが出しゃばってくる。だからやっつけてこうなるから・・・はい、エンディングね! うん、流れを把握した!」




みたいな感じ。

その湖をもっと小さな50mプールくらいな感覚になるまで読み込むんです。

小学校の頃の国語の教科書のような感じ。

ほとんど何となく…そんな気がないのに覚えちゃってしまって。

他人の台詞もノリで覚えちゃう、みたいな。


そこから立ち稽古に移りますと、めっちゃスムース。

プランが充満しているからだがその欲求のママに動き始めるから。


どこの現場に行っても、



「もう少し読み込んでから立ちたいなあ・・・。」



という不満を耳にしていましたし。






この方法は、特に経験の浅い方に効果的です。

オッチャンやおばちゃんはある程度経験則でサクサク動けてしまいますから。

今ね、私たちの稽古場がそんな感じ。

自分の台詞が自分のものになってきて、自然としゃべれるようになってきてる。

それでもまだ焦らして立ち稽古に移行してません。





最近の稽古の傾向としては、一度読んだら次はすぐに立ち稽古、って言うのが主流化してます。

本くらい自分の家で読んでおいでね、時間がもったいないから・・・ってことでしょうが、私の場合は演技者側も演出側も経験しているので双方の気持ちが分かる。

早く立ってもらって、雰囲気を作っていきたい演出側。



でもね、今回は昔の方法でやってるんですわ。













爆発的な瞬発力を産むことでしょうよ、きっと。

楽しみですたい。







***********************************



あ。

今、マウスが壊れた。



***********************************





先日、映画<ku__on>の打ち上げがありました。

めっちゃたくさんの人数で。

チームワークが良かったことの証明ですなあ。


クオン打ち上げ


いやあ、痛飲。

しばらく会わなかっただけですが、なんかとっても懐かしくて。

戦友…的な感覚であっという間に盛り上がりまくりました。

こういう仲間とはまた再会したいなあと。

スタッフの皆様、キャストの皆様、有難うございました!



早くこの映画をお客として観たいです。

これまた楽しみー!






*****************************************




最近、東京都にもとっても緑地化が進行してきまして。

あちこちに綺麗な場所を見つけることが出来るようになりましたが、都下っていうか、いわゆる生活圏内を離れた山奥じゃなくて、電車でスッと行ける町にも緑が増えてきました。

元々緑色だったところを切り崩しているのだから市当たり前なのですが、じゃんじゃんやっちゃえーって言うんじゃなくて心配りのある開発・・・とでも言いましょうか、何か半分キレイに残そうね、みたいなものを感じれるんですね。

そういった場所に赴いて稽古をしますと、気持ちよくてはかどる気がしてしまいます。

私、FBもやっていて、あまりの気持ちよさに速攻で写メをアップしましたが、テンションが上がったところから始まれるのは強いです。



ああ、本当に私のDNAは田舎者の因子が満載なんだなーと。

だって落ち着くんだもの。

南大沢


「ゲキ塾。」のみんな、こういうところで稽古したいから・・・よろしくね!









さて。

気持ち良いことを考えて眠るとしましょう・・・。



   

該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

seitaro says...""
どんどん進んでますね。前進あるのみ。
僕は、先週観た舞台がすっきりしなくて・・・いや、それ自体はすごくよかったんだとは思うんですが・・・焼き魚を食べたら、ちょっと生焼けな感じがする感じでした(わかりますか??)

さて、先日、東映チャンネルで映画版のメタルダーをみました♪映画版は見たことがなかったのでワクワクしてみたんですが、30分という短さに驚き(^^;)映画で30分って・・・子どもはじれないでいい時間かもしれませんが、大人にはもう少しみたい感が(笑)
もっと見たいと思わせるのがコツなんですかね。
2012.10.30 13:19 | URL | #- [edit]
へから夫人 says..."どぎゃんしたらそうなるとね?"
ネガティブついでに、尼崎の事件。
人間関係が複雑すぎてわかりません。
Twitterでサザエさんの人間関係に例えられてましたが、首謀者がサザエさんとノリスケさんなら、コンクリート詰めにされてしまったのは、アナゴさんの奥さんだそうです。


・・・。なんで?なんで、そうなるとね?
どぎゃんしたと?なにがどうなれば、そうなると???

頭からいっぱい「?」が出ます。


マウス壊れましたか。接続部分をぐりぐりしてもダメな感じですか?


面白いですね、大海がプールくらいになる話。
未経験ではありますが、そうやって実際に舞台に立った時の一気に起こる化学反応を想像するだけで、ワクワクしちゃいますね。

私の今日の爆発的化学反応は、服を整理して要らないものを捨てるところから始める予定です。
「何かを得るには、何かを捨てなきゃ・・・」
って、1年くらい前に、ゴーカイジャーに出てた嫌なヤツが言ってたし。
2012.10.30 08:48 | URL | #no8j9Kzg [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://gekijuku.blog27.fc2.com/tb.php/1103-0b006a63
-
管理人の承認後に表示されます
2012.10.30 17:59