FC2ブログ

・・・されど役者的妹尾blog

太く拡げよう僕の細道   since.2006.4.14
1

延命措置


岡山の友人、知人、そして西日本でこのたび豪雨被害に遭われた方々、謹んでお見舞い申し上げます。

勇気を持って乗り越えてください、明けない夜はないです!!




**********************************************************************

はてさて…迷っておりましたが、もうしばらく命を長らえさせることにしました。

マイ老バイクの。

ZZR1100c、超初期型。

ミッションの不具合(2・5速がギヤ抜けする)という先天性の病原菌を抱えたままこの世に生まれてきました。

しかしながら当時<世界最速>を謳い、<kawasaki>がめっちゃでっかい夢と希望と凄まじさをぶち込んで世に送り出したバイクです。

147psとかって、アホが乗る乗り物だと眺めておりました。

乗ったら死ぬもの。

しかもでっかいカウリングがついてて、宇宙船かSFじゃあるまいし、


「なんじゃこれ?だっせえええ!!」


って。

もちろん手が届かないひがみ根性が9割でしたが、それも昔のこと。

今ではもっとモンスター(200psとか)がたくさん走っております。

時が流れてそのだっさいと思っていたバイクを数台乗り継ぎ、現在はお世話になっている知人から譲り受けたこのZZRに乗っております。

年寄りなものであちこち不具合だらけなのですが、自分でできるだけ整備して動ける状態をキープしております。

一度、腰下もバラして組み直し、ストック状態に持って行こうとしたのですが…そのお金で新車が買えちゃうなーという悪魔の囁きに断念したままになっております。

これは宝くじの当選と共に改善される事案であります。

ま、腰下とまでは行かずとも腰の上の部分は綺麗にし、キャブレターもキレイキレイにし、直してない錆びたタンクに鞭打って乗っているのですね。

何が辛いかというと、冬場のエンジン始動の難しさ。

結局押し掛けをすることになるのですが、260kgほどあるバイクを押し掛けって、そらめっちゃ大変なんですよ。

泣きそうになりますもの。

じゃりじゃりじゃり・・・・って押していって、パンって飛び乗ってクラッチをつなぐの。

一発で掛からないから飛び乗らないけど。

それを何度も繰り返して、時々マフラーからアフターファイヤーで


バンッ!!


って爆発音起こして近所に頭下げたりして。

だから、もうこの辺でおさらばにしよう、新しいバイクをゲットしよう…と決めていたのですがね。

エラいことに気づかされたんです。


今年、妹尾は天中殺。

しかも天中殺のチャンピオン、戌亥天中殺!



個人的には全く詳しくないので分からないのですが、この時期に車やバイクを買うと、とても良くないのですと。

事故っちゃうんでしょうなー、それしか思いつかんけど、とにかく新車は良くないんですって。

気にしないーっていうのは簡単ですが、聞いちゃったモノは気になります。

仕方ない。

だから、新しい車もバイクも諦めた。

新しい彼女も。


「あーあ、言わんこっちゃない!」


的なのは困るし、そもそも自分の中で気色悪いのが残ってしまうので。




だから、またまた行ってきたんですね、ユーザー車検

これはもう定番です。

私、車もバイクもずーっとユーザー車検。

お勧めですよ、費用もかなり安くつくし、最近はハードルもぐんと下がってきましたし。

以前よりめっちゃ簡単!

日本の工業製品の中でも世界有数の技術力を誇る車やバイクが2年やそこらで壊れるわけがありません。

もちろん適度に整備の手を入れていれば、ですが。

オークションで7万円で買った車も全く平気に走ってくれましたし。

私は車検制度のことを、国の<取れるところからむしり取る>システムの一環という認識しかしてません。


行ってきましたですよ。

レーンに並んでバイクを入れて、ライトだのブレーキだのテストしてもらって。

書類にはんこをついてもらって、はいおしまい!

かーんたーん!!(レーサーのXR600に保安部品をつけて通すときは結構大変だったのですが)


IMG_5244.jpg

このシールをもらったらあと2年は怖いものなし。

平成2年生まれですので、次の車検時には30才になるんですね、すごい!

IMG_5245.jpg

川崎重工業さんとこのバイク、心なしか嬉しそう。

タイヤでも交換するかね…!




該当の記事は見つかりませんでした。