・・・されど役者的妹尾blog

太く拡げよう僕の細道   since.2006.4.14
1

After festival で後の祭り


決めた!!!



愛媛県目指して。

うどんを食いながら旅に出ること決定。

車の一人旅。

ノープランです。

目的地はとりあえず一カ所だけ。

それが愛媛県の某所なんですがね!

IMG_1068.jpg


誰か私をナンパして。


0430-2.jpg


黄昏れながらつらつら…どこに停まるかどこで寝るか、何も決めてなくてね。

車中泊も当然あるんだろうなーと予想しつつ。

故郷、岡山も寄るかしら?

せっかくの無計画だから、高速道路も使わないでちんたら風景やいろんなモノを楽しんでみようかなと思います。


********************************


無事に終わりました。

筒井さんと二人でケタケタ笑いながら…反応が怖かったのですが、主催者さんがとっても良かったと言ってくれてほっとしました。

何よりも子供たちが大喜びだったようで…ま、<祭りの後の後悔、後の祭り…>ってことで。

ちゃんちゃん!

10月23日(日) 【打ち上げの模様】
          筒井巧と妹尾青洸のふたりの忍者ショー




反省会的な奴、ニコ生でやってますので視聴してみてください!
http://live.nicovideo.jp/watch/lv278190402?nicorepo_community_live_broadcast&ref=zero_mynicorepo

1

アンチテーゼ…愛・阪神



2016ドラフト会議がありました。

指名された選手、おめでとう!

胸が張り裂けそうなほどのウキウキとやる気の充満したすばらしい時間を過ごしていると思います。

ステキ!!


********************

さ、ここでちょっと個人的な見解を。

いつものごとく突っ込みはご遠慮願います。


私、生まれるまえから、DNAレベルの阪神ファンです。

球場に行って応援し始めたのは切通選手や東田、田淵、藤田ブリーデンとラインバックの時代。

遠井のゴロちゃん、安仁屋が活躍する…つまりめちゃくちゃ弱いときですね。

何が言いたいかと言いますと、これは前置きなんですがチャラついたファンではなく、そこそこ年季の入った本当のファンを自覚している、ということです。

当然、愛情もあります。

深くあります。

だからこそ書かせてもらいます。

性根からの阪神ファンなら同じように感じる人いらっしゃるかと…。(私の周りにはおります)

img082.jpg

当分ダメかも、阪神。

「当分」というのは、現在のシステムが機能している間ってコト。

もっと言いますと、金本監督の意見が総意に反映される間ってこと。


金本監督。

個人的にはもちろん大好きです。

根性あるしバイタリティもメンタルも最高のモノを兼ね備えた選手だと思います。

そ、選手。

だから現役の時は声がかれるほど叫んで応援していました。

骨折を押して出場、右手一本でヒットを放つ姿には涙しました。

広島方面に足を向けられませんでした。

が、監督としては別物です。

WBCの小久保監督があんだけしくじりまくって韓国に逆転負けしたのに、まだ監督を続けているのと被って見えます。

名選手、名監督にあらず…なんてクソ画一的なモノじゃなくて。

やってること、矛盾してね?みたいな。


たとえば。

今年、阪神の投手でぴかっと光る選手、私には二人しか思いつきません。

岩貞と青柳…ちょっと入れていらっしゃいませの高橋。

能見も安藤、球児も子0礼状求めても酷、岩田、榎田…なにをか況んや。

松田、まだまだ藤波正念場。

あああ、投手がいない…なのに今ドラフトは…なに?



超改革、若手の野手をどんどん使いました。

育つ選手もいたでしょうし、これから歯を食いしばる選手ももちろん。

下地は出来ました。

私たちファンは、ある意味今年を捨てていましたよ。

「育ての一年!」

と割り切って。

んで、ドラフト一位指名が野手。

申し訳ないけど超一流じゃない。

ゆっくり2位とか3位でも指名できそう、なんなら単独で。

監督が下位指名で、その後努力で乗り切ってきた人ですから、何かの思惑や、

「こいつ、化ける!」

てのがあったり、私らの知らない情報をキャッチしてたりするんでしょうけどね。

で、糸井選手も獲っていくんでしょ?

何のための下地作りだったのかしら。



「10点取られてもいいから11点取ろう」作戦?


draft2016.png


ネットを見渡せば、ほとんど

名スカウトのドラフト採点。「最悪は阪神、最高はロッテ」

てな文字が躍っています。

そらそう書かれるわよ。

これをはねのけるような結果に繋がって、


「やっぱ見る目が違ったのよ。餅は餅屋、プロはプロってことね!」


と、ぎゃふんと言わせてもらいたいものです。

だったらカケフでいいじゃんって思っちゃうもの、順番からして。




私、とにかく今の時点ではウキウキ来期を楽しみにする感覚ゼロですもん。

新しい選手、新しい体制、皆無。

どうかこのマイナスな気持ちが裏切られますように……ちょっと距離を置いて見守ることにします…。

(敬称略で書かせていただきました。)

3

付いていくのが大変!




ちょっと考えてしまうことがありまして…。

決して大所高所から偉そうなことを書くつもりはございませんのであしからずご了承ください。

内容としましてはボヤキ…と言いますか、個人的不思議ワールドのお話ですので全く面白くありません。

後学のために、また自分の軌跡を残すため…に書き記すものです。

多くの人に発信する立場の人間として、ちゃんと鍛えていかなきゃならないぞって部分を。

それでも読まれる方、重ねてお詫び申し上げておきます。



************************************

現在、一緒に芝居の訓練をしている子がいるんですね。

とっても可愛らしい子なんです。

18歳。

女優さんを目指して一生懸命いろんなコトに挑戦しております。

この春、初めて会ったときは驚きました。

まあ、よくあるパターンと言えばそこまでなんですが、間近にいるとびっくりするタイプです。

私からの話しかけには、すべてうなずき返すだけ、もしくは 「うん。」

ちょっと質問をすると、ほぼタメ口。

私、困ってしまうしかなくて。

しかしまあ、35年ほど年齢が違うと文化も二回りくらい違うので受け止めねばなりません。



「ちょっと厳しめの稽古を続けたら、すぐに辞めちゃうだろうな…それが流行の子。」



というのが正直、思ったところでした。

ですから粛々と稽古をすれば良いのだと自分に言い聞かせておりましたのね。

稽古をする限りは誰彼なくきちんとお話をします。

足りないところを補うこと、長所を伸ばすこと、すべてまじめにやります。

彼女の場合、蚊の泣くような(可憐な)声量で、何を言っているのかもよく聞き取れない声でしたのでいろいろと方法を伝えました。

滑舌の訓練に関しましても同様に。

これ、ちょっと難しくてなかなか続けることが困難な内容を含んでいるんですね。

ところが、この子は1ヶ月ほどでめちゃくちゃしゃべれるようになって。

長い長い台詞もきっちり覚えてきまして。



「どうしたの?すごい良い感じじゃん!?」


「はい。毎日ずーっとやってるんです。」


あらま、そらすごい。

本当に声は通るようになり、外郎売りなんかもすべて覚えており、おまけに勧めた柔軟運動で体まで柔らかくなってる。

返事もきちんと受け答えできるようになってて。

私、言いました。



「お前、偉いな。 
絶対に才能があるよ。
売れる…って言う不確定な目的を指すんじゃないけど。
これだけ毎日継続させられるっていう才能がすごいんだよ。」


今回は彼女の人としての頑張りを伝えたいわけではありません。


「あと4~5年して、周りの男が振り返るくらい魅力的な女性になりなよ。 
そのためには見た目だけじゃなくて、出来ること何でもいいから勉強しなさいよ!」


そんな彼女、驚くほど漢字が読めません。

オドロクほど、です。

台本を渡すと、漢字の緊張から始まる。

とりあえず何でも良いから本を読んだり映画をたくさん観たり…って伝えて。

本人はこのブログを読んでいないだろうから書きますが、ちょっと前に腰を抜かすほど驚いたことがあったんですね。



「ね、ちょっと聞きたいんだけど、シェークスピアの戯曲って何でもいいから読んだことある? 
…あ、いやいや、読まなくていい、観たってのでもいいから。」


「…は? しぇ…しぇーぴぴ? 何をするものですか?」


「……。 むううう。」


shouzo.gif

いくら想定を超えた返答だったとしても私は怒りません。

愛を伴って叱ることはあっても怒りません。

だって彼女は真剣に頑張っているのだから。


「あのね、シェークスピアっていうのは人の名前でね、たくさんの戯曲を書いた人なの。
…あ、戯曲っていうのはね…ま、いいや、本を書いた人なの、劇の本。
台詞になっててね、でね…」


ってロミジュリに辿り着くまでに5分くらいかかって。

でもいい。

それでもいい。

最近の若者で<忠臣蔵>を知っている人の方が少ないって自分リサーチで知ってるから。

でも役者志望ならって、…ちょっとショックなだけ。


で、まあ彼女は必死にノートに書き留めてる。

本当に一生懸命。

すべての文言を新しく吸収しようとしてるのね。

だから余計に言ってやりたくもなる。

翌週、顔を合わせたときにこう言ってきました。


「妹尾さん、先週教えてくれた人について調べて、本も読んでみようと思っているんですがどうしても検索できません。」


「えええ?! んなアホな。そりゃないよ、スマホでもパソコンでもシェークスピアが出てこないわけないもん!!」


「本当なんです。
んんん?!???ええー、私何か間違ってるのかなー、ちゃんと<C .X . ピア>って入れたんですけど。


しー、えっくす、ぴあ?  ・・・上手い! 座布団100万枚!!!」


脳裏をかすめるC.W.ニコル。

ギャグのセンスというか、ネタに出来そうなので今度は私がノートに控えつつ丹念に伝える作業をしていくのです。

笑ってばかりいられないんですね。

こういう下地があるのでもうおおよその察しはつきながら質問をしてみたりします。

E59D82E69CACE9BE8DE9A6AC.jpg


「坂本龍馬って知ってる?」

「はあ…聞いたことあるような…。」

「うんうん、じゃあ徳川家康は? わりと有名なんだけど。」

「えっと…教科書で見たような…。」


05_image_01.jpg
こっちじゃなくて

ダウンロード (2)
こっちの気持ち。

このあたりまで来ると私の耐性もかなり鍛えられています。


*****************************
こういうの、よくネタで聞くんですね。

でも違う。

何が違うか…わからないけど…多分<ゆとり教育>かとも思いました。

ホント、よくあるパターンのお話ですから。

ゆとらせすぎ、かもって。

今更どうにもこうにもならんのでしょうが、この年代の人たちと話しているとまた違う反面も垣間見れる気がして。

あのね、暴力的に言うと、担当された先生の資質。

この子に聞きましたら、


「熱くて、一生懸命何かを言ってくれた先生って、部活の先生一人だけでした。
あとは…何言ってるかわからない小さい声でぶつぶつ言って授業が終わる先生もいたし。
とにかくつまらなかった。」


って。

ググッてみますと…


「目上の人に叱られない術はすごい。
きちんとまとまることもすごい。
悪く言えば自分を突出させない、目立つと損得が発生する。」


「自分のやりたいことが一義。
スキル優先、耐性低い。
言葉に強く実践に弱い。」


こんな感じ。

<教師はグーグルだ>ってのも。

私らの世代も、その当時は<新人類>とか言われてて。


「ふざけんな!なんじゃそれ! 大人が勝手に言ってるだけだろ、」


ってやってましたが。

まあ木を見て森を語るつもりではありません。




違う男性(一流大学生)から聞いた次の言葉にも驚きました。


「え? ニッポンてアメリカと戦争したことあるんすか!?
まじ!? すっげー、かっけー!!」

images.jpg

d04_pic02.jpg

お前の行ってる大学、受験してねえのかよ…もうどうでもいいやと思えるのですが、何かむかつきました。

…とまあ、これは書きながら思い出した余談ですが。


***********************

こういうことなのかな?

ダウンロード (1)

ちょっと私の芯とは違う気もするのですが、まあこういった一面も含んでいると思わなくもありません。

PicsArt_1364163688182.jpg

こちらはね、もうよく当てはまるからめんどくさい。


何が言いたいかって言いますと、こういう風に文化も風土も変化していくことに…どこまで迎合していかなきゃならないのかと。

先輩の言いつけを守った後輩、何も間違っていないと思われるのですが、


「ツウと言ったらカアと動けよ!」


的な、行間を読む訓練を強いられてきた世代ですので、いちいち<ツウ>と<カア>の間を文字に起こさないんですね。

言葉にも。

行動が正しい、誤り、じゃなくて…人間が使える、使えない…的なこと。

岡山にいる頃は…銭になる、ならん…って表現もありました。

そのファジーな部分がまさに無形な文化だと思うのですが…日本の文化、大切にしたいけど変えることも必要なのかしら?と。



芝居で言えば…まさにその部分にキモがあると思っているんですがね。

******************

この後輩くんのように頑張っている人を私は応援しなければなりません。

そんなの目を見りゃ判る。

必死さすごいもの。

でも、それもファジーな感覚。


「そんなこと思ってません、勝手に決めないで下さい。」


言われたとしたら…頷きの一択なんですよね。



「見えないものは信じません。」


<愛>とか<友情>ってモノは目に映らないけど誰にでも心にあると思います。

<悔しさ>や<悲しさ><喜び>なんてのも。

行間の空気を台詞にしちゃったらつまらないのよー!



あああ、自分探し…まだまだ続く。

心を太らせねばならんのね。













0

二人の寸劇



久々に筒井さんとお仕事しました。

何回会っても飽きない、オモローの人です!

IMG_1004.jpg

現場はたくさんのお客さんを会場に集め、まじめなお芝居でハートを鷲掴みにしていかなければならない現場。

緊張感もとても大切なんですね。

長年連れ添ってきた夫婦のように、その場その場の空気に会わせてアドリブをぶちかましていきます。

もちろん台本はちゃんとあるのですが、やはりお客様はナマもの。

ちょっとでもつまらないと、さざ波のごとく引いていくのが伝わってきます。

通り一辺倒なコトでは伝わりません。


で。


結果、とても喜んでいただけまして!

またお願いしますね!みたいなお話とともにすごく評価していただきました。

会場の人たちの大きな拍手に送られて次の現場へと。

現場…つっても高坂将軍とイベントの打ち合わせなんですがね。

14589786_1138111139599143_8403709354002615283_o.png


コーヒーショップでちゃんと説明を聞いたのですが、その後に飲めるビールのことを思うと話が頭に入ってきません。

将軍、一生懸命話してくれたけど結局よくわからないままビール、からの焼酎

おもしろい写真にしようと、熱いのを我慢して頭を突っ込みましたが、伝わりきれない悲しさ。

わーいわーい!あほばっかし。


14680557_10202137569037994_4261569967762162224_n.jpg

この酔っぱ雷蔵たちが2年間も地球の平和を守っていたなんて…想像も出来ません。

来年の阪神に期待しつつ…来たれ綱島へ。

2016年10月23日、是非お会いしましょう!!

後は頼むぞ、高坂将軍!!


3

メタルな忍者ショー



小さい…秋?なんてそんなもん小さすぎてみつけられません。

まだまだ夏じゃい!…そう、私はまだタンクトップに短パン。

我が道を行こう、 Going my way. This is Summer yet.

IMG_0686.jpg


************************

米国のドラマを見ていましたら、こんな台詞が出てきました。


「あんなに怒ったり憎んだりする気持ちは、二度と味わいたくない。

 だから、見逃すことも許すことも必要かも。」


言い得て妙…。

私は、感情面で怒りをコントロールするのが特にへたくそです。

自分の中で、一番寿命を縮めているところだと自覚しております。

自分に正義があるなら絶対に譲らない、相手を屈服させるまで納得させないと気が収まらない…的なことが多々ありまして。

もちろんトラブルにもなりますし、それがかなわなかった場合、後々まで思い出して地団駄を踏んだりします。

<思い出し笑い>よりも<思い出しむかつき>のほうが圧倒的に多いんですね。

これは疲れます。

なんと言っても、本当に精神衛生上よろしくない。

むーん


自分の存在価値、その有無すらも真剣に問うたりします。

ふと聞こえて(字幕見て)きた何気ない台詞に、なぜか思い切り食いついている自分がいて。

結論は出ませんが、改めてわかったことが。


俺はなんちゅう不完全な乏しい人間なんじゃ!


っちゅうね。

皆様、何卒ご指導、ご鞭撻のほど…よろしくお願い申し上げます。

***************************

さてさて。

将軍とこのイベントが決まりましたのね!

またまた筒井さんと二人で参加。

忍者ショーをやってからの打ち上げ会、と。

詳細はまだ何も聞いていないのですが、何せ筒井さんと一緒だったら何も怖くない。

14589786_1138111139599143_8403709354002615283_o.png

因みに…私は忍者、一切関係ありません。

宗家でもなければ伝承者でもなく、伊賀でも甲賀でもないです。

第一でかすぎて隠れるの困るし。

そんな忍者・妹尾は筒井さんと何をやるのでしょうか!!

とっても楽しくなりそうですので、皆さんドシドシ参加して下さい!!

俺も楽しみ。




0

ぐぬぅぅぅ、許してなるものか…



くそたれがあああ!

ffabf0ab28.jpg

スパム。

こんなへんてこりんなものに引っかかってたまるか!って思っていたのですが、とうとうやられてしまいました。

facebookで、知人からビデオが送られてきました。

私は仕事の関係もありまして、動画ファイルのやりとりは普通に行っております。

一般の方とのやりとりも多少はありますが、仕事関係の人とはごくごく普通なことですので、



「妹尾さん、動画ファイルを送ったよ。」



的なメッセージには何の疑いもせずクリックをしてしまいます。

こんかいは、ブラジルの方からでした。

芸能のお仕事をされている方で、何か新しいメッセージかな?と普通に開いてみました。

すると、何も映りません。

ビデオファイルを調べてみますと、見たこともない拡張子。

<.mp4>や<.wma、.wmv>なんぞは私でも知っていますが、<.ig>?とか「何かそんなのだったと思います。



「あなたのPCはこのファイルを開けません。クロームに何たらかんたらを入れて観られるようにして下さいな!」



的な文言が出てきました。



「あらま、手間がかかるわね、なにかしら?」


てな具合にサクサクっと進めましたら……



「ちゅっどおおおおおおおおおおーーーーん!!!!」



と吉宗(私のパソコン名)がやられてしまいまして。

なーんにも出来なくなってしまったのでございますね。


ググッて解決策を探しますが、新しいマルウェア(ばい菌)ということらしく、詳細が出ておりません。

数時間かけてあーでもない、こーでもないとやっておりましたら怒りで頭から煙が噴出してきました。

ダウンロード



「妹尾さん、送ってくれた動画を見たいんだけど、俺のじゃよく見れません!」


「妹尾君、これもしかしたら悪意のあるウィルスかもよ!?」


「ごめんなさい、どうしても開けないのですが…どうしましょ?」




ってたくさん送られてくるんです。

メール転送で。



「絶対ダメよ! 開けないで!! ごめん、本当にごめん、それ自動送信されてるウイルスなのおおっ!!!」

20141031173846.jpg


って心で叫ぶのですが、ログインできなくされていますのでそれを伝えることが出来ないんです。

歯がゆい、申し訳ない、いらつく、むかつく、悔しい…全部おそってきてます。

飯も食わずに必死に阿呆の頭でカチャカチャやっておりましたら、やっと解決!

灯台もと暗し…簡単なことで解決しました。


うううう、しかし「fb」の方からは、



「安全のために24時間アカウントからの投稿、その他を制限させてもらいます。」



ってことで。


「ごめんなさい!」


の連絡ができないまま。




<Your Video> っていう顔写真付きの楽しそうなビデオファイルが送られてきても、絶対に開けないで下さいね!!

そのビデオ、全然笑えません。

これなんです。(参考資料)

http://heal.27commu.net/?page_id=1354

へんてこりんなファイルが送信されてきた方、本当に申し訳ありませんでした!!

ごめんなさい!!!




****************************

お口直しに…おひとつどぞ!

おもしろくて、私が好きなどうがは、このページね!

http://www9.plala.or.jp/pandanotasogare/dvd.html

昔、腹を抱えて笑いました!

お暇な方、どうぞ!





該当の記事は見つかりませんでした。