・・・されど役者的妹尾blog

役者道を邁進している人たちの稽古場風景。 最後に笑うのは自分だ,系。 だ-か-ら、やることやって言ってますとも!   since.2006.4.14
3

ちょーっとだけ触れとくわ…



なんかね、ここんとこ立て続けにおかしなテレビを見てまして…。

敏感になっているわけではないのですが、ちょいちょい耳に入ってくるので引っかかっていたんですね。

仮面ライダースーパー1の、高杉某…って俳優さん?のこと。

-全く笑えないネガな情報なので詳しいことも感想も控えめにさせていただきますが…私も一応はヒーローという役をやらせていただいておりましたのでね。

あんな風に情けないことはやめてもらいたいなーって。

ああ、何残っちゃ?と知らない人はスルーして下さい、気分が良い話じゃありませんから。

私は同じ釜の飯を食った…ような者として一言だけ。

看過できんかったのでね。




全く…都知事といい高杉某といい、セコイし小さいし…聞いててしんどいっすわ。

被害に遭った方、本当にむかつくと思います。

お気の毒に、としか言えませんがきっちり型にはめてやればいいですよ。

善意を逆手に取る…被災地の火事場泥棒と同じです。

KRS.jpg
この人は何も悪くない。

子供たちの元気の素、ヒーローなのよね…。

なんだかなぁ…悲しい。



*************************

今、すんごく調べているjことがあって。

携帯電話。

今、21年4ヶ月使い続けてるんですね、ドコモ。

何度かむかつくことの欧州があって、素意の度にほだされてやってきたのですがもう我慢の限界。

腹立つことオンリー。

だからキャリアを変えます。




どなたか、良いキャリアを教えて下さい!

仕事柄通話が多いので、カケホウダイ的なモノがある会社がいいのですね。

SIMフリーってのも調べてるけど、もう別に何でも良いし。

いろいろありすぎて分からんのね。

*************************

<東京マーケットワイド>っていう番組で私の出演させていただいたCMが流れているという情報をゲットしまして。

(株)についての番組なんですが、何のことやらさっぱり分からないものの一度観てみたいと思いまして。

我慢してじーっと見つめておりましたら…やってたやってた!

へええ、こんな風に流れてるのね!って。

松井証券さん。

matsui_yuki_l.jpg
この人じゃない、好きだけど。

よし、決めた。

おれも株をやってみよう。

40362_original (1)
この人でもない、好きだけど。



かぶ・・・どうやるのだろうなにをよういするのだろうなにをべんきょうするのだろうめんどくさそうだなけいばのほうがらくちんなのかもなやっぱやめとこうかなただのおもいつきだしな。




1

長々とバイクネタ、一部の方にどぞ!



通りゃんせ、通りゃんせ…。



楽しいことを書きたいのですが、腹立つのでネガも書いちゃいます。

車の税金を納めに参ります。

車2台、バイク2台。

趣味もかなり入っているから仕方ないけど…くそ高え。

しかももう手元になくて、4月に1週間ほど家に残っていた古ーいプレオ君の税金、軽四なのに12.900円て。

13年を超過したら高くなるんだって…本来7.200円が。

必要なモノは払いますよ、国民の義務として当たり前ですし。

福祉や教育、いろんな所に使って下さいな。

でも…モノを大切にしていたら税金が高くなるっていうね、儒教的な感覚にも日本人的な感覚にも相反するやり方、気持ちよく納得できるモノではないです…私は。

ホントにね、とれるところからむしり取るっていうバランス感覚の悪趣味色が最悪です。

今騒がれている都知事みたいな浪費に使われてるんじゃ胸くそ悪いっすわ。

***********************

はい、またまた懐かしい写真をアップしてみたいと思います。

まず一つめ、<ルージュの伝言から。

ルージュ2 

これはユーミンの歌詞をドラマに起こした、一話完結のドラマでした。

私と有森也実さんと、二人のラブストーリーでした。

まだ都庁ができたばっかりで。

晴天の新宿公園でロケをしていると真横にそびえ立っているんですが、それまでそこには存在しなかったビルです。

高層ビル群の中にあっても、なんじゃーこりゃああ!ってくらい大きな建物に見えました。

ルージュ1 駒澤大学をお借りして撮影。

昔付き合っていた二人が偶然の再会。お互い、結婚していることを言えずにドギマギしてて…焼けぼっくいに火がつくか…?と思いきや、写真に子供の顔。指にリング。
あの頃とは違うんだ…的に納得し合い、お互いこれからの幸せを祈りながら明るく手をふってサヨナラする…。」

みたいなストーリー。

とても楽しかったのを覚えています。

まあ時代的に言えば…トレンディードラマっていわれたモノの範疇かと。

藤田さん 


で、こちらは<はぐれ刑事・純情派>ですね、きっと…。

藤田まことさんには本当によくしていただきました。

芸能界の裏話なんかもたくさん教えてもらいました。

必殺シリーズにも数度お邪魔しておりましたし、とにかくステキ、ダンディーな芝居が私は大好きでした。

味…ってこういう風に魅せていくんだなーって勉強させてもらいました。

ああ、またお会いしていろんな話を聞いてみたいな、と。

感謝の気持ちは未だに持ち続けております。

**************************

ちょっと最後に楽しいことを…つってもこれは私の変態的な部分ですので興味ない方には何が何だかさっぱりでしょうから、ここで読み終えて下さい!

一部のマニアさんだけ、引き続き放送を続けます。

DSC_0217.jpg 
30年ほど前に付き合いのあったSさんと、その旦那さん。

fbで数十年ぶりに連絡を取り合いまして。

いろんな話をやりとりしていたのですが、なんと夫婦揃ってバイクレースをしているとのこと!

神的に優しくてエンジンとか詳しい人なのも納得。

すんげえ多趣味で、バイクはバイクでもチャリンコも毎日数十キロ乗るほど好きらしく。

あとはラジコン、最近は手話にも手を伸ばしておられて。

とにかく何でも自分でやっちゃう、作っちゃう人。

聴かせてもらって驚きましたが、凝りに凝って自作したスピーカーとかも。


「レコードで、歌っている人の唇の開閉する音が見えるように作った。」


とのことですが、いや、マジで。

サックスとかすぐ隣で吹かれてる気分でしたもの。



ま…とにかく私の調子の悪いバイクのことを話したら、


「とにかく一度持ってきて下さいよ。自分でやってもらうけど、いろんなことをレクチャーするし工具もそろってるから。」


って優しい言葉。

行って驚きましたが、<工具が揃ってる>っていう一般人のレベルじゃない。

旋盤や溶接器具は当たり前として、何に使うのか分からないほどの機械がぎっしり。

家一件分、ワンフロア全部。

こりゃすげえわ。

ご主人、出身地である東北の震災で辛いことがたくさんありすぎたらしく、

「あの後の人生はオマケみたいなもの…。」

って話してましたが、誰彼なく優しく接する人間性に、気高く見えるほどのオーラを感じました。

DSC_0213.jpg 

で、とにかくバイクをバラして最悪のモノから調子を取り戻そうと。

やっぱ、キャブですか。

負圧式気化器…エエゴで言うところのCVキャブレター。


DSC_0210.jpg 

こんなのね、教本とかにらめっこしててもやれませんよ、めんどくさくて。

必ず元に戻らない自信しかありませんもの。

隣で、あれこれ言ってもらえるからできるの。

キャブの中身はね、そらもう長年にわたってこびり付いてたガソリンのカスと埃やなにやら意味不明のモノが混ざってできあがった鳥の糞みたいなもんがびっしり!

これを全部キレイに溶かしてエアを吹いて。

組み直したらあら不思議。

次からは自分でできそうな…いや、できる。

キャブのお掃除できりゃあたいしたもんですよ、あーた。

ご主人、プラグ穴にバキュームぶっ込んで圧縮比を測ってくれまして。


「2番だけ弱い…だから始動性が悪いんでしょうね。次は圧縮を4発そろえるところからやりましょう。
で、その次はフロントサス。ちょっとオイル滲んできてるから。1Gから妹尾さんの体重でちょうど良いセッティングを出しましょうね。
で、その後はタンクのさびを落としちゃいましょう。またキャブが詰まる原因になるんで。
あ、ちょっと燃料ポンプが弱ってるからヤフオクあたりでゲットしておいて下さい。あとはサスのオイルシールとね。」

俄然やる気が出てきますわよ!

同時に老バイクに対する愛着もものすごく。

…。

……大きな声では言えませんが、キャブをぴかぴかにして空気やガソリンを不自由なく通してあげただけで…バイクが恐ろしく速くなりましたのね。

ちょっと身体がおいて行かれる感じの…元々ZZR1100Cのエンジンはまだ世間様が余りうるさくないときに作られたバイクです。

そしてそのエンジンの出力特性も、パワーバンドでもりもり力が出てくる2次曲線的な出方をするのね。

分かる人はうんうんうなずいてもらえると思うけど…昔のNSRやガンマやRZ、GT38、もっと言うならマッハみたいな…つまり2ストと同じような特性なんですね。

で、排気量があるからトルクは十分で。

5速や6速に入れっぱなしでもアクセルワークだけで前に出て行く力はあるんですよ。

それが、今回さらに磨きがかかった…っていうか、本来の力を取り戻したのね。

ものすげえのよ。

高速道路、前のひとかたまりを追い越そうと準備。

3速くらいで80km、おいしい回転数にタコを合わせておいて車線変更。

チョト 失礼してアクセルをがばっと捻りますと…なんて言うんだろう、前方にはじき飛ばされる感じ?

ジャックと豆の木の人がドライバー(ゴルフ)でバイクの後ろをフルスイング、みたいな。

あーた、そりゃもう気持ち良か良か良かタイム(昭和)!っすわ。


「もっと調子が良くなりますよ!」

って言われたけど、楽しみすぎるって言うかこれ以上速いのってどうなんよ!でニヤけてしまうのね。

死ぬわ…ってくらいの恍惚。

ホントはね、古いバイクがそんなに速いわけないだろ…って理解してるんだけど、23年モノっていう年齢や、壊れるなよーっていう労りの感覚を持って接するとですね、別物に感じてしまうんですよ。

整備して良くなるのもモロに感じられたし、キャブの性質上、乗り手の手のひらに優しいのね。

柔らかいって言うか暖かいって言うか、融通が利く…っていうか…。

どこでどうなるか分かりませんが、この老バイクとはまだまだ付き合っていくつもりでございます。

整備する度に報告しますので、一部のいい歳こいたバイク好きの方、お楽しみに!


Sご夫妻、本当に有り難うございます。

また近々、速攻で参りますので!(ただいまパーツの入荷待ち)












3

パクる?…インスパイアなの



どもです。

筒井さんのブログを拝見していたら、(カコフリ)と題して、昔の写真をアップされているのを発見。

おお、こりゃいいね!ってことで私もまるまるパクらせていただくことにします!
(筒井さん、すんません)

過去に出演させていただいた作品のエピソードやら思い出話なんぞをちりばめてみたいかな、と。

と言いましても、昭和ですのでそんなに写真やビデオも残っていません。

現存するモノからちょこっと引き出して載せてみたいと思います。


時代劇行ってみましょう。

今では時代劇は地上波ではなくなってしまいました。

演じさせていただいているときは、京都に行くのが大変だったりカツラや衣装が大変…等々いろんなことで気が重くなったりもしていましたが今となっては懐かしくて楽しい思い出ばかりです。

それどころか、和物の所作や衣装の付け方、帯の結び方なども学ばせていただいたおかげでどんだけ役に立っていることか。


そして、裏を書けば最も大きな要因としまして…(大きな声では言えないことなのですが)東京にいる多くの役者さんは京都をとても嫌がっている方が多かったんです。

スターさんや売れっ子役者さんは全然そんなことはなかったでしょうが、とにかく嫌がる人が多かったんです。

<スタッフが怖いから>

これ。

これに尽きます。

まず、関西弁。

当時はね、今みたいに市民権を持って東京の方に浸透しているわけでもなかったですし、いちいち怒って怒鳴っているように聞こえると。

あとは京都独特の文化。

つまり、ご挨拶や仁義…等々。
(菓子折は必須。各パートへのご挨拶)

ラッキーなことに私は特に頭のねじが緩んでいたのと、関西弁の母の元で育っていたので接することが全く平気でした。



「なんや、妹尾くん、まーた来たんかい! しゃーからお前みたいなおっきいモンには着せる衣装がないっちゅーねん!Jリーグ行けや!」



と、衣装部の方が暖かく迎えて下さいます。

私は、サッカーよりも野球のファンであること、そして阪神のファンであることを切々と伝えます。

あっという間に打ち解けます。

関西の言葉を怖いと感じてしまう方はここで萎縮してしまうでしょう。

普通に話せば全然平気っ…て言うか優しい人たちなんですがね。

京都で時代劇を作っていた人たちは、めっちゃくちゃプロ意識が強かったです。


「映画作らせたら誰にも負けん!」


という意気込みはビシバシ伝わってきます。

今では信じられないくらいセットの転換(壁を外したりドア付けたり等々)なんかも早くて。

口は悪いけど腕は確か…みたいな職人気質の方々。

ですから何よりも礼節をわきまえない人(役者)に対してものすごく厳しかったのも事実です。


「わざわざ東京から来てもらわんでも、こっちにもよーけ役者さんはおるんや。帰ってもろてええで!」


なんてよく耳にしましたよ。


「ほんまや。あ、俺もか。」


って。

*******************

さ、行ってみましょう。

松竹と東映の撮影所。

撮影所があった「太秦」、「帷子ノ辻」界隈は当時普通にちょんまげのお侍さんが歩いてましたもの。


つまり、衣装とカツラをつけたまま食事に出かけていたんですね。

街の人もそれが当たり前だったから何とも思っていません。

普通にうどんとおいなりさん食べて。

見つけた外国人だけ大喜び、みたいな。

ああ、懐かしいなあ…。

松竹の必殺シリーズ、見るのも大好きでしたがよく出させていただきました。

が、今回は東映の水戸黄門!から。

妹尾、30歳。

曖昧な記憶ですが、ストーリーを追いつつ…

弥七0

「最近、身体がしんどい!誰かええ感じにしてくれよ、何せ俺は殿様なんやから。」

と言ってたはず。

弥七

「中谷さん、そんなん危ないですやん、針治療って、それ太すぎますよ。風車の使い方間違ってますよ。」

と言ってたはず。

弥七2

「妹尾君、肩がこってるよ。ここをこうすれば…気持ちいいでしょ?」

と言われてたはず。

3弥七

「あ、ホントだ!なんかおなかの調子がいいみたい。ちょっと刀で開いて見てみます!」

と言ってたはず。

弥七4

「♪かーごめー、かっごっめー♪ 後ろの正面だ・あ・れ?」

と言われてたはず。

弥七5

「いやいや、やっぱおなか痛い…もう無理。トイレ行くわ。あと、よろしくね。」

と、言ってたはず。




さ。

そんなこんなでお送りしました

リスペクトもオマージュもカバーもパクってナンボ!

のコーナー、いかがだったでしょうか。

また来週お会いしましょう…ごきげんよう!!



0

正月より飲んだっちゅーの



さ、黄金週間も終わりまして。

天気にも恵まれましたからね-、皆さんはいかがお過ごしだったでしょうか…。

私はね、ほぼほぼ酔っ払っておりましたよ。

東京の府中市にくらやみ祭りっていうでっかいお祭りあるのですが、神事を全て抜かして出店だけ冷やかして遊んできました。

祭りっていってもね、ちょっと調べたことがあるんですが、その…江戸の頃は今よりも庶民が性についておおっぴろげっていうか、開放的っていうか、もっともっと楽しむことの一つだったようなのですね。

で、祭りって言うのは何かにかこつけて、男女が出会って秘め事を…という社交場だったのだと。

もちろん神様大切ですが、まあ、ね。

くらやみ

じゃ俺も!ってな感じにはなるわけもなく。

あまりおいしいといえないイカの丸焼きやほおばりながらいろんなお店を見て回ったのです。

子供の頃はもうこういう場所にいるだけで心が躍って、全部の店を見て納得しないと損した気分になって。

キャーキャー言いながら興奮していたものです。

************************

3にん


これまた最近よく見る光景ですね。

いや、これは本当にマジで打ち合わせることが増えてきたので仕方がない。

打ち合わせが終わったら、じゃあかんぱーいなるので最初から飲み屋で打ち合わせる、と。

本当にね、楽しい仲間なのですよ。

ま、私は飲み過ぎてまた腰を痛めてしまい、終電に乗り遅れて始発で帰宅もやっぱりねで最寄り駅を通り過ぎてしまい…。

ひこんち

こちらは私が上京したときからの友達。

まあ悪友といってもいいのかもしれないですが。

そろいもそろってアホばっかりです。

アホって言うか、だめな人たち。

全員がツーと言えばカーの仲なので、そら楽しいったらありゃしないわけですよ。

でね、この日もさんざんお天道様が高いときから飲み始めてへべれけ。

最後にはこのおっさんたちはウンコネタで大笑いしていたそうです。

ああ、もう…。

50歳過ぎた大人が心の底からだめダメな感じでアホの黄金週間を締めくくりましたのね。


********************************

さて、ボイスプレゼントは全て届きましたでしょうか?

筒井さんとのコラボも良い評判をいただきまして。

調子コイてこれからもいろいろ作ってみようかな、なんて思ってます。


「まだ来てねー!!」

って方、まったく遠慮はいりませんのでじゃんじゃん文句を言ってきて下さい。

ちゃんと送らせていただきますから。

【gekijuku.senoo@gmail.com】

の法までお願いします!(受信設定もね)

天気散歩


ではでは、<皐月は黄金週間だけじゃない!>また次回!!

ごきげんよう!



2

そろそろバイクの虫が…



雨が降って一気に憂鬱…。

なのですが、たぶん今月中にバイクが元気を取り戻し、楽しく走り回れる予定なのですね!

昔からの知人がレースもやってる超詳しい人で。(しかも女性)

訳の分からないバイク屋に持って行くよりもよっぽど安心感がありまくるので、時間が空いている時を伺っていたのです。

それがもうじき…!!ウフフフ!!!

さすがに23歳という、バイクにとってはクソじじいの年齢なのですがまだまだ付き合っていただくつもりですのね。

こまめにいろんな所を労っておりますと、愛着もどんどんわいてくるってモノです。



「ああ、もういいや、こんな古いのはここでおさらばしようかね・。」


なんて心が折れそうになるときもあるのですがね。

いやいやいや、最後の最後までかわいがってやろうじゃないかと。

まだまだ走らせ方によっては十分異常に使えます。無題


キャブの心地よさと煩わしさを最後まで堪能してみようと思うのですね。


あああ、走りたい…!


*************************


阪神が調子いいです。

そんなに気にしないようにしていたのですが、やっぱ嬉しいモノは嬉しいですね。

しかも若手を多く採用しての戦いっぷり。

原口選手とか、もう何が何でも応援したくなりますもの。

頑張っている人がシンプルに認められる環境はとても大切だと思います。

上が詰まっててなかなかそこの景色が見られない…なんてのはどこの世界でも同じでしょうが。

頑張ること、我慢すること、自分を律すること、なんでも同じでしょうが、認められる喜び合ってのモノです。

いいこといいこと!

そして忘れてはならない掛布監督の二軍。

ゴールデンウィークで驚きの3万人越えの観客数。

カケフ!コールが起こったそうですが、底上げしてる若い力…磁気カケフ監督が楽しみですわよ!



********<業務連絡>**************************

千鶴さーん!

メールを送信しても帰ってきます。
ううう、 【gekijuku.senoo@gmail.com】を受信できるようにして下さいませ。

あとですね、数名の方から

「まだ10周年記念プレゼントボイスがおくられてきません!」


って連絡をいただきました。

本当に申し訳ないです。
ちょうどプロバイダとの契約が切れてなくなる頃だったので…受信ができていないようなんです。

ちゃんと皆さんに送らせてただきますので、申し訳ありませんが再度お願いいたします!(リクエストの言葉や内容、ご意見ご感想…)

gekijuku.senoo@gmail.com

の方に!
すんません!!

2

届きましたか?



ブログ10周年、ボイスプレゼント企画にご応募いただきまして有り難うございました。

全ての人に送信できたと思っておりますが、ちょっと確認してみて下さい。

やり直しにも対応しますし、さらなるリクエストにもお答えします。



「ついたよ-!」


って連絡をいただけた方もたくさんいらっしゃるのですが、私の方からは確認できかねます。


もしも、



「まだ届かない!」


って方は、大変申し訳ありませんが再度ご連絡をいただけますでしょうか。

その際のアドレスを


【gekijuku.senoo@gmail.com】


とさせて下さい。

よろしくお願いします。


結構ね…皆さんのリクエスト手面白くて。

エロいのから超まじめなのまで。

一人でムフムフ言いながら声を吹き込んでおりますと…タリラリラーと春を感じます。

でも面白いのでこれはまたやらせていただきますね。

筒井さんとの掛け合いの目覚ましボイスは、吉本新喜劇のギャグをパクら背手いただいているモノです。

私、ものすごく好きなので。


DSC_0061.jpg


************************

実を言いますと、またしても私と筒井さんとの二人で新しい企画が始まろうとしておるのですね。

まだ具体的なのは聞いていないのですが、今週末に打ち合わせます。

新しいことへのチャレンジ。

何が出てくるか分かりませんが、楽しみにしていて下さい。

東海テレビの<朝が来る>というドラマの撮影も始まります。

大きな役ではありませんが、とても深くて良いお話なので良い色で世界観を引き立てられるように頑張りたいと思っています。

楽しみにしていて下さい!

http://tokai-tv.com/asagakuru/




4

喜んでいただけたでせうか…



4月30日、キカイダー伴さんをゲストにお招きして行いました、いとまほろば生収録イベントが無事に終了しました。

参加して下さった方、視聴して下さった方、本当に有り難うございました!


DSC_0149.jpg

あっという間の3.5時間でしたわ。

まだまだお話しできていないことがありますが、それはまた次の機会に。

伴さんがとーっても熱い方で、白熱したのが嬉しかったのですね。

DSC_0146 (1)

本番中に自由な行動で写真を写させていただきました。

何か問題があるといやなので一応目線を入れてあります。

本番中

鈴村監督伴大介さんとロボ石丸さん。

皆さんお話が上手で、機転も利くし楽しいのね!

なんと言っても尊敬し合える仲ですので、会話が美しく流れます。
(トークができて番組回してわらかすことのできる監督ってどうよ!)

ともとして、先輩として、本当にすばらしい仲間と知り合うことができました。

こりゃ私の人生の財産なのでございますよ。

大感謝!!


DSC_0153.jpg

これはね、打ち上げのワンシーンでございます。

お客様として筒井巧さんが参加されていたのですが、そらもう壇上の人たちったら普通に筒井さんとトークしちゃうもんですから、目線がおかしいよ、と。

カメラに向かって話すんじゃなくて、客席のある一点を観て話しちゃうもんだから。



どんなことがあってもブレない、ずーっと楽しいまま…いぢり甲斐がてんこ盛りの筒井さんなのです。


本当に有り難うございました。

これに懲りず、さらなるエンターテイメントを目指して次につなげていこうと思っております。

厳しいご意見、ご指導、クレーム、恐喝、なんでも受け付けまして必ずもっともっと楽しんでいただけるように力を込めていきますので・・・

これからもどうぞよろしくお願いします!


***********************

さて。

妹尾ブログ10周年記念音声ファイルですが、徐々に送り始めております。

順不同で遅らせていただいておりますので、もうしばらくお待ち下さいませ。

なんとか連休明けには目覚ましボイスとして機能できるように頑張るつもりです。

なお、



「おもんないからやり直してくれ…。」

「思ってたのと違う…こんなのやだ…。」

「やっぱこっちの方がいい…。」


全て1週間以内のご返品を受けて受けております。(ウソ、いつでもオッケーよ)

気にくわない場合は再度ご連絡下さいませ。




では!すてきなゴールデンウイークをお過ごし下さい!

該当の記事は見つかりませんでした。