・・・されど役者的妹尾blog

太く拡げよう僕の細道   since.2006.4.14
3

よい新年をお迎えください!




皆さま、今年も一年間アホブログにお付き合いいただきまして、本当に有難うございました。

来年ももっともっと楽しいお話ができるように頑張らないかんなー…言うてます。


私も、すべての事に笑顔であたれる…そんなでっかい漢を目指そうじゃないかと。

かなり無理っぽいけど、目標は大きく。

悲しいことや腹が立つこと、そらね、生きてたらいろいろありますわ。

でも、それも全ては健康あってのものです。


私、本格的に皆さんの健康を祈ります。

誰一人欠けることなく、無病息災、元気なまんまで楽しみましょう!!





みなさん、来年もどうぞよろしくお願いいたします!




本当にホントに…有難うございました!!!


5

メタルヒーロー忘年会



はいはい!

いとまほろばさんによる、80'sメタルヒーロー忘年会をやりましたのね。

仮面ライダーの鈴村監督、殺陣師の村上さんも参加されまして、簡単な芝居やアクションシーンをやりましたのよ。

酒飲みながらで身体しんどかったけど、めちゃくちゃ楽しかったですわ。

濃ゆい話もできましたしね!!





お客様は、なんと北海道から来られた方や、岡山から参加された方も!

本当に有り難いことです。

また来年もこのメンツでお会いできたら…そしてもっともっと素晴しいイベントにできれば…なんてね、反省会をして帰ったのですよ。

ああ、楽しかった!!


そして…いとまほろば主催の高坂くん、お手伝いしてくださったスタッフの皆さん、大変お疲れ様でした。

素晴しい時間を有難うございました!

2

笑福バンザイ



あらま。

あと一週間すか…2015。

酒の量が減ったなーと感じた一年でしたわ。



******************


さて、ニコニコ動画、番組を見てくださった方。

どうもありがとうございました。

まだ番組二本しかやっていないのに、すでに最終回が二回ありました。

全てのモノを断ちきる、そんな竹を割ったような男になりたい妹尾です。

もっともっと楽しいモノ作りをしていきたいと思っておりますので、またマッタリした感じがお好きな方は是非のぞいてみてください。

マッタリと番組を作りますので。



来年、ちょっと無理め?の人を呼び込もうと、私、交渉に当たっております。

絶賛準備中ですのでしばしお待ちを。

おもしろいトーク番組ができあがる…はずですので!


***************************

おお、すっかり失念しておりましたが本日はクリスマスイブなんですね!

なんだか…気のせいかもしれませんが外に出てみましてもそんなにはしゃいだ感じがないような…。

ピッカピカでキラッキラの、いつものあの感じがちょっと少ないような気がするんですがね。

もう皆さんすっかり飽きてきたのでしょうか?


私はといえばクリスマスとは完全に無縁でございまして、夕方より「ゲキ塾。」の忘年会が始まりますのですね。

これはもうぐあんぐあん飲むことになります。

おつむの弱い人ばかりが厳選されて集まりますが、ちょっと久しぶりー!って子もきますので楽しみにしております。

とにかく、仲間がみんな誰一人欠けることなく、健康で笑って年を越せるのがうれしいですわ。

この調子でね、福がくるようにじゃんじゃん笑って過ごしていこうじゃないかと!

怒ることをやめた妹尾としましてはね、!!

笑い顔

********************


この期に及んで宣伝って言うのも何なんですが。

次の土曜日、80’のメタルヒーローが集まってどんちゃん騒ぎ忘年会をやります。

ちょっとでも多くの人に集まってもらおうと、皆さんで企画を練り練りしているところでございます。

筒井さんなんかは早速おもしろ企画を準備していて、ゲームに勝ち残った人に、


「ジライヤの○○○○をプレゼントする!」


と張り切っております。

そこを筒井さんに張り切られますと、私も何かせないかんのじゃないかと焦るのでございますが、ジバンもピルバンも皆さん思案中。

はてさて、どんな感じになるのか分かりませんが、とにかく喜んでいただけるようなすてきな時間を作りたいと張り切っておりますので、是非お時間ある方はいらしてください!!

http://blog.nicovideo.jp/niconews/ni058159.html


年の瀬、わっしょい!!


5

昭和ヒーローの心意気じゃい。なにが



あと二週間で2015年も終わりなんですって!

最後の忘年会が29日。

そこまで飲み続けていますと、忘年…ってなんやの?って思います。

全然、歳を忘れないし。

かえって色濃く思い出に残るし。

ま、ね…最近ラーメンとか油分を減らしていたので病院の検査でも褒められたばっかしなんですね。

なのに例年通り血を吐いていたらまた元に戻っちゃう。

ウコンに頼りつつ、体をケアしながらの忘年にしたいと思っています。

ドドーン



小学校の時の同級生が亡くなったと知りました。

いっつも遊んでいたのでショックです…だから余計にって訳じゃないけど…。

酒飲み


**************************

とかいいつつ、お酒の飲み会のお知らせです!

超次元電視 いと、まほろば

「急げ!百鬼忘年界へ」

12月26日に開催される、超レアな忘年会。




ジライヤの筒井さんは、


「このメンバーでの忘年会は今後二度と実現しないでしょう・・・。」


って言っております。

うん、私もそう思う。

なんでこんなことになったのかよく分かりませんが、とにかく貴重な集まりになることは間違いなし。




で、ジバンの日下さんは、


「12/26は「ラゾーナ川崎」で時間の許す限りみんなにサインしまくります!今までチャンスや時間がなくあきらめていたグッズや写真をお持ちください!シャリバン!メタルダー!ジライヤ!ジバンが最初で最後のこの回に、サインをしまくります!こんなにおいら達が集まれるのは、たぶん最後かと・・・。(涙)」


と。

これまたこの集まりのイレギュラーさを語っておられます。

じゃ、俺も!

…ってあんまり思いつかんけど、まあとにかくですね、


昭和ヒーローの心意気、



ど~んとお見せしようじゃありませんか!

どういうことかって言いますと…よく分かりませんが、とにかく男意気ですよ。

盛り上げるためなら何でもするんじゃね?みたいな…。


主催者、とにかく来てくださった方がわっしょいわっしょい喜べる会にしたいと張り切っております。

前回、渡さんの番組にお邪魔したときに知り合った、救急戦隊ゴーゴーファイブ ゴーピンク柴田かよこさんも急遽参加決定。

えろいろんなお話が出来そうです。

柴田かよこ
(柴田さんを昭和オヤジ共がいぢくるの図)


渡さん将軍
(渡さんと将軍:昨年の年末トークショウのとき)


トーク1
(舞台上で、妹尾と日下氏の名刺交換に突っ込みを入れる筒井氏の図)


「仕切る渡さん、べっぴん柴田さん、サービス日下さん、飲み倒し妹尾さん、スベる筒井さん。」

てなことでひとつ…。


チケット、詳細→http://itomahoroba.com/
超次元電視いと、まほろば『急げ!百鬼忘年界へ』
日時:2015年12月26日(土) 14:00~18:00予定
受付開始、開場は開演の30分前です
会場:ラゾーナ川崎プラザソル
神奈川県川崎市、ラゾーナ川崎プラザ、幸区堀川町72?1ラゾーナ川崎プラザ5F

チケット料金:一般4000円
当日500円増
※チケットの購入後のキャンセルはできません
出演:
渡洋史(宇宙刑事シャリバン 伊賀電役・時空戦士スピルバン 城洋介役)
妹尾青洸(超人機メタルダー 剣流星役)
筒井巧(世界忍者戦ジライヤ 山地闘破役)
日下翔平(機動刑事ジバン 田村直人役)
柴田かよこ(救急戦隊ゴーゴーファイブ ゴーピンク)
司会進行:髙坂将軍(いと、まほろば)
お問い合わせ:info@itomahoroba.com
企画・製作
超次元電視いと、まほろば

*******************************


おっとっと・・・!


その前にもう一つ!

新ニコ動番宣

<新:妹尾 青洸の怒る!心頭!>

の ON AIR がございますのよ!

写真の間に合わなさ加減がなんとも切なくていい感じです。

今回のゲストは、


山田一善 さんです。

アクションものがお好きな方ならご存じの方も多いと思いますが、いろんな現場でアクションコーディネーターをやってらっしゃいます。

昭和風に言いますと、殺陣師、ですね。

私なんかはその呼び方の方がしっくりきますが。

メタルダーの中の人でもあります。

妹尾×筒井トークショー(仮)
(以前、山田さんと筒井さんでトークショーを企画したことがありましたのね)


特撮のスーツアクター(これも最近の造語ね)は、だいたい二人いらっしゃいます。

カメラ的に言うと、<アップ用>と<アクション用>ですね。

特にメタルダーの場合は質感がロボット的でしたので、かっちかちの金属感を出すと美しいのですね。

ですから、アップ用って言うのは、そらもうバンザイの姿勢をとることも難しいくらいカッチカチです。

アクション用はそうはいかないので、ちと柔らかめな素材で。

山田さんはアクション用に入っておられました。

番組では当時初めてお会いした時のことから、現在に至るまでのいろんなお話、また、ちょっと裏的なお話までたくさんしてみたいと思っております。

是非、ご覧ください!

今週、12/19(土)

http://live.nicovideo.jp/gate/lv244536922



ずーっと宣伝でした、スマソ。


2

ジョン&パンチと妹尾オタク



csで。

めっちゃくちゃ懐かしい番組を観ました。


「白バイ野郎ジョン&パンチ」


ジョン&パンチ

岡山県では、中学~高校の頃にかけて、深夜に放送しておりました。

毎週楽しみで仕方がなかったのですが、どうしても眠気にやられて見逃すことも多く。

今のように録画するものがありませんでしたから。

で、このドラマ、内容は大してどうでも良かったんですね、当時から。




このあたりからかなりオタクな内容になってきますので興味のない方はすっ飛ばしてください…。

主人公の二人が乗っているバイク!!

全てがこれに尽きました。

カワサキのZ1P

これは、Z1と呼ばれていた900ccのバイクを改良したものです(確か…)。

日本にはこれの小さいバージョン、750ccのZ2(ゼッツー)がありましたが、日本のローカルルールに則ってサイズダウンされたものです。

小学3年生の妹尾少年は近所のGSのお兄ちゃんにこのZ2に乗せてもらい、それ以来数十年バイクオタクへと染まり続けているのですね。

カワサキ特有の、キャブが空気を吸い込む音がヒュンヒュン唸って、ものすごくかっこよかったのを覚えています。

ホンダのCBはどろろろろん!って迫力で、今とまるで正反対のイメージです。

さ、予想通りどんどん話がそれていきますが、私はなぜこの番組にかじりついていたのかと言いますと、そのエンジンの音を聞くのが超快感だったからなのです。

テレビのスピーカーに耳を近づけて、バイクが加速していく音を恍惚として聞いていたのですね。

今、改めて観てみましたら、思い切りハメ込み音声でしたが…それでも少しは同時録音されている部分もありまして。

もっと言えば、Z1とZ2のエンジン音の違いを聞き分けようとしておりましたもの。

あほすぎます。

ホーク3


テレビの音で分かるわけねえし…とはいえ、ホンダのホーク2とホーク3、そしてその250と400の違いは全て聞き分けることが出来ておりました。

あと、CB650と750(両車SOHC)も。

オタク感満載で申し訳ないのですが、ちょっとした自慢だったりもしたのですね。

当時はそんなに車種も多くなかったからアレなんですが、カワサキなら250FTとか、GS系は楽勝でしたし、2ストもRDとKH、その後のRZに至るまで聞き分けられていましたもの。

遠くから聞こえてくるバイクのエンジン音を聞いて、


「あ…あれは…サンパチ(GT380)!!」


で、振り返って確認、


「ほら、やっぱしねー!」


って。

GT380.jpg



まあなんといいますか…そんだけのお話です。

ドラマの方の中身ですが、懐かしさはたくさんありましたがおもしろくも何ともないもので。

数十年ぶりに観ましたが、やはりほぼ95%はバイクに目が行っておりました。

いやいやいやいや、ええもん見せてもらいました!

***************************


<伊藤晴香さま>

はじめまして!
コメントをありがとうございます。
HP,見せていただきました…すごい活躍ですね。
現在はインドなんですか?
聞いたところによりますと、昔ながらの階級差別が残っていて(社会で習ったアレ)悲惨なレイプ事件なんかもよく耳にしますし。かといってITはものすごいことになっているし、映画も世界一ですよね。邦題で「きっとうまくいく」っていうのはとてもおもしろいと評判です。
いろいろ想像もつかないことがおありでしょうが、お体を大切に、健やかにお過ごしください!
また何でも書き込んでくださいね。




<へから夫人さま>

ちうごくご…むづい。
聞き取るのも大変だけど、本当にこのままやっていって、理解が進のだろうか?と。
いろいろおしえて!
どこにいってもええ人とそーじゃない人はおるんよね、うん、わかってる…つもりよ。




<pikminさま>

そうなんですよね、ちょっと…ってかちゅごくと台湾じゃあかなり違うみたいですね。
私ね、ざっくりとした括りのお話をそのまま頭に入れることが多いので、もっと本当のことが知りたいなーなんて考えるようになったんですよ。
そうしたら、今の中東じゃないですけど、マジで頃試合をしなくてすむ糸口が見つかるんじゃないかと。
模索だけでもしてみようかな?って。ちょっとだけ動かし始めたんですの…ウフフ!


3

五十一の手習い…



昨日はですね、気心の知れた友人といろんなお話をしましたのね。

心を許せるので、しゃべりやすいし、何でも聞いてくれる。

たくさんの話の中で、


「妹尾さん、怒らない…って最近ブログに書いてるけど、あれは正しいですよ! そしてすごくいいことですよ。ボクにもできましたから。」


って。

その人はね、<超>が200個食らい付く武闘派、だったのね。

でもね、今ではとっても優しい表情を浮かべ、まーるい空気をまとった親バカです。

何でも、達人の域に達してくると、そういう空気を先読みして避難する能力も身に付いてくるのだそう。

そして、すてきな空気を持った人たちが集まってきて、ルンルンランラン楽しく生活ができるようになるんですって。

わお!

うん、ぼくもがんばる!

********************************

さて。

告白…します。

いつまで続くか分からんし、すぐにギブするかもしれんから書かなかったんですがね。

私、3ヶ月ほど前から<ちうごくご>のオベンキョを始めたんですね。

ええ、中国語。

ぶっちゃけ、なんですが、私は彼の国が大嫌いです。

どこにでも集まってきて大声でわめき倒して汚して散らかして、そのあげくものすごく悪口言って帰る…みたいイメージ。

政治家さんたちも、そらもう糞味噌に言いますものね。

ネットを開いてみても、罵詈雑言のやりとりが目に付きまくります。

でもね、やばいな、と。

もっとホントのことが分かった方がいいのね、って。

当たり前すぎますが、完全に<木を見て森を見ず…>ってなってますもの。

第一、そんな人ばかりで形成されている国があるわけないし、ましてや高度の成長なんかするはずもない。


山崎豊子さんの<大地の子>を昔読みました。

ざっくりとした外堀を学びました。

そのころから、文革以降、天安門も含めての中国の在り方を、ふんふんと眺めている感じでした。

何千年も前から、八犬伝じゃないけど「仁・儀・礼・智・忠・信・考・悌」だの、諸葛亮の「三顧の礼」だの聞いてたので、現在とはずいぶん違ったものになっとるがな、と。


ある知人が、



「文革って、そういった儀礼的なものはめんどいーからサクサクと実利をとって要領よく行きましょう!みたいなものなのよ。だから年上を敬うとか、思いやりを大切にするとか、そういうものが排他されてきたのね。」



って教えてくれました。

あなーる…ほど。

ま、その方の意見がすべてではないと思いますが、こうも続けました。



「今、ものすごい悪口の言い合いみたいになっているし、国同士はいろいろと問題抱えているけど、少なくとも俺の周りにいる人たちはとてもすてきで優秀な人ばっかり。一部よ、一部!」



至極当たり前のことなんですが、まあ私の場合パーセント的にハズレを多く引いていたみたいです。

でね、日本ダメダメのプロパガンダ的に作られている中国映画や、好き好き、好日満載で作られている台湾映画なんかのお話をよく聞くようになりまして。

自然と興味もわいてきまして。



「よっしゃ、喋れんでもええから、少しは読めて意味が分かるくらいになったろうじゃないの!」



と、心の中で何かが弾けまして。

近所の中国語アカデミーの門をたたいたわけでございます。

中国語CD


中国人の先生に習い始めて、訳2週間くらいで、



「これ無理。絶対無理。3回生まれ変わって、そのうちの1回が中国人だったらイケる。」



と、早々に壁にぶち当たります。

が、なけなしのお金を前払いで払っておりましたの、少なくともその分だけは行かなくちゃ!って通っていたのですね。

口の中の筋肉が痙攣しておりましたし、耳から煙が昇っておりましたがだんだんと慣れてきまして。

なんか、ちょっとした<謝謝…>に毛が生えたくらいの言葉が話せるようになってきますとアラ不思議。

すっかり楽しくなってきました。



「うん、なんか…イケるかも!!」



って。

ピンイン



ばしばし働いて、決して安くない月謝を払わなきゃ駄目なんですがね。

この年になってさらに習い事をするとは思わなんだ。

ま、死ぬまで勉強ってことですな。

もうしばらく続けられそうなので告白してみました。


大きく出ますと…

何とかですね、少しでも会話が聞き取れるようになってですね、生活にも文化にも仕事にも役に立てることができればな、と思ってます。

(ホントにそんな日は来るのか?)




ええことに還元させたいぞよ。














2

切れてないすよ、俺切れさせたらたいしもんすよ…



年末進行。

皆さんがあわただしく、そして殺気立ってきております。

やばいやばい。

ちょっとしたことでかりかり思想になるのを押し殺して、にこにこ笑っていこうじゃないかと頑張っているのですがね。

そういうときに限って、まるで試されているかのように腹立つことにたくさん遭遇してしまいます。




ところで。

ちょっとしたことを聞きたくて、某クレジットカード、JAC○Sに電話をしました。

ここのカードはずいぶんと使っておりまして、ずいぶんとお役に立ってきておるんですね、この会社のために。

ですがね、今回、これでカードの利用をやめることにしました。

もうね…何と言っていいやら、融通が利かないのはこのご時世だからいいとして、受付対応の悪さが半端じゃない!

ちょいと前にブラザーさんやDELLさんの対応がすばらしいと書きましたが、このクソッタレの窓口連中はものすごいですわ。

一言で言えば単なるマニュアルトークなんですが、頭が悪すぎ。





「教えてください。」


「お答えできかねます。」


「分からないんですか?」



「お答えできかねます。」


「ちょっと話の分かる担当者に代わってもらえますか?」


「誰が代わっても同じです。」


「では皆さん分からないで受け付け対応してるんですか?」



「お答えできかねます。」



「あなたとの会話は話にならないので巣が…。」



「お答え……」



「もうこのカード使うのやめるよ?」



「はあ…。



馬鹿の一つ覚え。

だし、この人たちは自分の会社に誇りを持っていません。

時給感覚で覚えさせられた文言をしゃべるだけ。

そして何よりも他人に対する(少なくとも利用しているお客である立場の人)敬意はみじんも感じられません。


間違いなくこの人らの仕事はあと10年以内にロボットにとって代わるんだろうと。

ロボット君、今すぐでも楽勝でしょうがね。
ロボット事務


まあ、とにかく長い時間を無駄にさせておいて何一つ解決に至らなかったという、究極のサービス。

二度と使うものか、そして使おうとする人には丁寧に忠告をしてやりますとも。

ちょっとネットで調べてみましたら、対応最悪!って記事がとても多くありましたわ。


あああ!

いっけね!

腹たててる…ドンマイ、ドンマイ。


次から、ね。


*********************************


寒いし、バイクの調子悪いし、うまくいくはずだったことがうまくいかなかったりするし、バイクの駐車違反で切符着られるし、お便りこないし、待ち人来たらず、だし…。

サンタさんにお願いしてみようかしら…クリスチャンじゃなきゃだめなのかしらね?

せめて、一つしかない取り柄の<健康>をキープしつつ、楽しい年末年始になるように心がけたいと思います。

特に、自分に課した<怒らない>っちゅーのを守りつつね。



昔から毎週


「怒る、怒る!」


言ってたから麻痺しとるんだわね、脳みそが。

怒らない、ちゅうことで一つ、よしなに…。




ビバ、年末!



0

新は新しいの意味。2回目じゃない





朝起きると膝が痛い。

ものすごく痛い。

富士山に登ったときの痛みと同じくらい痛い。

原因不明…きっとのろい系のものかと。

黄泉の国からの赤紙かしら…。


**************************

さ、12月と言えばある意味戦いの一ヶ月です。

お酒。

忘年会。

精査して、行き先を選びます。

どんどんやっているとものすごいことになってしまいますから。

今年は何とか5~6件に調整しました。

もう以前のような飲み方が出来なくなってしまっていますので、体をいたわりつつ飲まんと正月が大変なことになってしまいます。

ずーっと寝込む正月はおもしろくないです。

寝正月…というのはあくまでも自分の意思で寝ることです。

眠らされるのとは意味が違うので、要注意です。


*************************


合気道で使う道着、袴が到着しました。

ざっくり広げてみるとカーテンみたいです。

こんなもん履いて動き回るのはじゃまになりそうなものですが、昔の達人たちは足の捌きを見て盗まれないようにするために袴を履いていた…という説があります。

私は全く達人ではないのですがね。

剣道をやっていた頃を思い出しつつ、懐かしく匂いをかいだりしてみましウフフ!
袴

***************************


来年の準備をね、着々としております。

もう、大掃除の一環を始めました。

まとめてやると大変すぎますので、ちょいちょい始めていれば楽ちんですから。

世間は


♪じんごのべー、じんごのべー


ってカーネルサンダース一色です。

10年ほど前にはびっくりしてみていた電飾も、今ではすっかり飽き巻くkってしまいまして感動もヘチマもありません。

LEDだからそんなに電気を食ってないのでしょうが、それでもやはり無駄だなーって思う気持ちもあります。

毎年書きますが、私の家ではあの白ひげのおじさんは滅多に来てくれませんでしたから。



「ウチは真言宗やから!!」


という母の一声で全てが消し飛んでおりましたもの。

私ら兄弟、あほ面下げて妙に納得してしまっていましたし。



「すげえなー、みんなキリスト教なんじゃな-、なんかかっこええなー…。」



とほほ兄弟。

来年の手帳のリフィルなんかを入手してしげしげと眺めておりますと、2016だとか平成28年だとか…。

ああ、歳をとったものだなーと感慨深く…。

リフィル


これからの人生に思いを馳せてみますと、結局何も出てこなくて。

ま、酒を飲んでるんだろうな、と。


あと何ガロン飲めるのか分かりませんが、どうせならめっちゃ楽しい酒にしようぢゃないか、と。



味わい深く生きたいものでございます。

**********************

さて、今月19日。

ニコニコ動画でまた番組をやらせていただきます。


<妹尾 青洸の怒る!心頭!>


前回、まったりとした番組で、自分的にはいいのか悪いのかさっぱり分からなくて終了したのですが、なんとまさかの最終回!

番組第一回目にして最終回!

ノリで言っちゃったら本当にそうなっちゃいまして。

で、制作の方が、


「また最終回やりましょう!」


的なことを言ってくれて。

うん、これは閉店サギと同じですね。

毎回、さいしゅうかいですぞー!って叫び続けて実は全然終わらない…オオカミ少年ですわ。

でも、正式には新番組です。

その名も


「新 妹尾 青洸の怒る!心頭!」


・・・。

なにをかいわんや。

http://live.nicovideo.jp/gate/lv244536922

ゲストの発表もそろそろ出来ると思います。

楽しい人を迎えてぬるぬるしゃべり倒しますので、お時間のある方、是非ご覧くださいませ。

12月19日、19:00~。

よろしゅうおたの申します!!

つきましては、どんなリクエストにも(放送コード内)お答えしますので、何かやってみたらええやんけ!的なことがございましたらビシバシリクエストを書き込んでいただければ…と思います。

重ねてよろしうおたの申します…!!






該当の記事は見つかりませんでした。