・・・されど役者的妹尾blog

役者道を邁進している人たちの稽古場風景。 最後に笑うのは自分だ,系。 だ-か-ら、やることやって言ってますとも!   since.2006.4.14
6

石を垣るという遊びを力一杯やってみる



暑いです。

ずっと望んでいたことですがね。



やはり、日本の四季はもう無くなったという私の意見は正しいのではないでしょうか。

<はる→なつ→あき→ふゆ>という移ろいから、<夏→真夏→夏→冬>へと変貌を遂げたのではないかと思うちょる次第でごわす。


さ、そんな中、私は春先から決めていたことがありました。


「この夏、もっと夏の中に突っ込んでいく。
 
 そして、体力の続く限り夏を身体にしみ込ませる…。」


なつなつ大作戦。

詳細はといいますと…とにかく石垣ります

いしがきる

石垣り切る

石がきりっ放す


ほぼ野生の生活といっても過言ではない、ネアンデルタールのような?生活をしている方と知り合いました。

いろんなことを教わりつつ、自然と一体化…できるところまでやってみようと。




こーんなキレーな海で、

海1

既に、ほぼ停まってきている私の脳みその働きを完全に停止させて…

なーんにもしないで…ぽけー、ふんがらごっこーん…っと、しに行きます。

海2

胎児に戻るつもりで。

♪…海に抱かれて…男なら…おんぎゃーおんぎゃーと。



ざわわ、ざわわ…

いーや さーさー…


だけで十分、みたいな。

何が出てくるのかさっぱり分かりませんが、とりあえず自分のココロとカラダにへばりついている垢を海に溶かしてこようと思っています。





で。

帰ってきたらびしっと襟を正して進むぞ、と。

有り難いことに、先日受けたオーディションで、東宝さんの某・怪獣映画に合格させていただきましたので張り切って演じることが出来ますし。

どんな役なのだろう?


ゴジラ


とにかく私、 石垣って来ます。

山羊の生き血を飲み干すのね!





2

バイクさん、頑張れー



夏、真っ盛り。

わーいわーい!!

今日は時間がたっぷりありますのでバイクとデートすることにしました。


軽く数時間のお出掛けのつもりだったのですがね。

奥多摩と言われるとこにあるダムを二、三見に行けばワインディングも走れるし涼もマイナスイオンもとれるし。

うふふ、ルルルララ…。

ところが行きの高速道路でフロントフェンダーがバキバキってすっ飛んでって。

危ない危ない。

何か良くないことの暗示かなー、と。

暑さでファンも回りっぱなしだし、人間の方も汁(汗)だくで。

こりゃテンションも落ちたしダム巡りとか早々に諦めて帰ることにしました。

ま、走ってるだけでそこそこストレス飛ぶし。




この辺り東京の23区外、西の方は明治までは天領でした。

武蔵野の地と呼ばれていましたのね。

農家の次男坊連中が集まって新撰組が起こったのもこの地。

その中に、今でも駅名で(小平)コダイラ というところがあります。

【武蔵野うどん】というのが有名だと聞いたことはありましたが、私は食べたことがありません。

ガキの頃からずーっとうどんオタクの父に無理矢理のように讃岐うどんわ付き合わされていたからです。

大人になってからも大好きで、食い倒しています。

ありとあらゆる麺食いの私も、この武蔵野うどんだけは未体験。



バイクでの帰途、大きな看板が目に飛び込んできました。

【小平うどん】って。



「あ、あれは武蔵野うどんのことですな?」



と、バイクをするりと駐車場に向けました。

ワクワクしながら店内に。

すごい。

私の知る讃岐うどんの店とはメニュー構成が全く違う。

おつゆの中に麺が入っているうどんがない!

全てつけ汁モノ。

基本となるらしい、(肉汁うどん)大盛りを注文。




見た目、麺が黒い。

良いよい。

色黒、小麦色のマーメイド、大好物。

日焼けの跡、最高。



さ、一口。

……。

むむむむむむむむむ。

粉の味とぼっそぼその食感。


…むむう。

私、自分で作ったりするもの以外は出来るだけ食事の写真を載せないようにと思っていたのですが、これは是非…。

うどんは喉ごしが大切と今まで思っていたのですが完璧に無視されてます。

極太の粉の塊を、がっしがっしと噛み砕いて胃に放り込むの。

まわりにへばりついてる汁は口の中ですぐに分離して、粉オンリーの味わいがぶわわわっと拡がってくるのね。


なんかもう、すごいわ。

うどんって要するに水と粉なんだろうけど、こうも土地によって違いの出るものなのね。


あー、ビックリした、って話よ。



私は讃岐うどんでいくことにします、うどん人生わ。



さ、デート終了。


1

弾丸ツアー



日帰り弾丸ツアーで、京都~大阪で用を済ませて戻ってきました。

今回は軽自動車での移動。

体を車体からはみ出させながら悪一気走りです。

あちこち立ち寄りたい所や知人の住まいを横目で流しながらサクサク動きまわります。


途中、【帷子ノ辻】カタビラノツジ…を通過しました、

そ、数年前まで時代劇のメッカだったところです。

松竹、東映太秦、いろんな思い出が染み付いている街です。

今ではちょんまげ姿の役者さんが出歩いている風景もすっかり見えません。

ちょっと寂しい想いをしながら、数分だけ立ち寄った場所があります。

車折神社(くるまざきじんじゃ)。

商売繁盛、芸能の神様が奉られています。

時代劇のロケでも数回使わせていただいたことがあります。

十数年ぶりにご挨拶をさせていただきました。



いいことあるかしら…!




1200kmの移動。

何てことなしはずなんだけど妙に疲れているのは何故でしょう。



…次から軽自動車はやめときます。


一つ学習したぞ、と!


5

長靴を履かされた犬



阪神首位。

全く信じてませんが。

セ・リーグがほとんど横並びで五割を行ったり来たりですと。

つまり、全チームが弱いってことね。

こら衰退していくぞ、野球…。




********************************

何もする気力が湧きません。

全てはこの梅雨のせいです。

雨が大嫌い妹尾としましては、翼をもがれたエンジェル状態です。

身体にカビが生えてきそうです。




でも、犬の散歩は行きます。

家の中で飼っているので、外から戻るときに足を拭いてやるのですがこれが結構めんどくさいのですね。

特に雨の時はビッショビショになるので。

で、履かせてみましたらこれが何ともいい感じ。

本人(犬)は最初戸惑っておりましてこのままの状態でじーっと動かず、深く考え込んでいるようでしたが、靴というモノは大丈夫なのだと分かると楽しそうに走り始めました。

長靴犬

犬をいぢって暇つぶし。

ま、特に何もない…鬱陶しい梅雨は早く終われっていう話しです。


該当の記事は見つかりませんでした。