・・・されど役者的妹尾blog

役者道を邁進している人たちの稽古場風景。 最後に笑うのは自分だ,系。 だ-か-ら、やることやって言ってますとも!   since.2006.4.14
4

母の教えと言うことで。




こんにちわ、キダ太郎です。うそです。

やっと夏が来まして喜んでおります。

まっぱで寝たら少し寒いと感じてしまいましたが忘れることにします。

とにかく夏です。

夏→真夏→夏→冬…これが妹尾式の四季です。



大量の台詞に追われ、四苦八苦しております。

頭はこれ以上悪くならないと思っておりましたがいやはや何のその。

日に日に衰えのスピードを増し、スピード感は絶好調であります。

5秒前のことを忘れる、人の名前を間違える、台所に何しに行ったか忘れる。

はい、過去は全て置き去りにしていこうと思いますので丁度良い塩梅です。




******************

他人様の色んな<素敵な話>を見たり聞いたりしておりますと、母親のことが出てきます。

人生を渡りきるための様々な教訓や知恵袋。



「ああ、この親にしてこの人ありなんだなー・。」


と、感心することばかり。

本来ならば長く苦しんでしまうことを、明瞭な例えや言葉でひもといてくれたり。

人は、男は、○○じゃなきゃならない…的な教え。




私、そーゆーのひひとっつもありません。

ガキの頃は弟と<メスゴリラ>と呼び、恐れおののいていただけですし。

なーんにもエピソードになりそうな美談がない。

ぶん殴られるのは茶飯ごとで、毎日の日課のようなモノでしたから、そらまあ叱られるのは普通でした。

教訓的に叱られるんじゃなくて、



「おどりゃあ、このクソガキがああ、ええかげんにしーよー!」



嫁ぎ先の岡山弁と、生まれ育った京都の言葉が混じった風変わりな啖呵。

ま、現在に至るまで毎日毎日必ず誰かに叱られる…という習慣はこの時から始まっておるのですがね。




そんな母親も、先日で82才になりまして。

最近の彼女のお気に入り、佐賀県の嬉野温泉の湯豆腐を送ってやりましたらたいそう喜んでおりました。
(これは「ゲキ塾。」の小川ゆかりのママにごちそうしていただいたものですが、超お勧めですので皆さんも一度お試し下さい!豆腐がね、溶けるの。不思議クン。)

だんだん身体の阿あちこちが痛んできておりますが、彼女とのつながりをずーっと幼少に遡って思い出しておりました。

何か、良いこと言ってもらってねーのかなーって。



なし。

あるかもしれんけど思い出せないってことで、なし。

怒られた記憶が90%で、あとの10%は怒らせた記憶。

まあ、私が生き死にの目に遭ったときとか,ずいぶん心配かけたりしたんですね。




ただ、外出すると皆さんコートとか着ているのに、私だけ半袖や薄着だったりすると、


「おいらは丈夫な身体なのだね。」


なんて思ってみたりします。

単に脳みそが不良品のなのかもしれませんが、個人的には大した問題ではないので、ここは単に身体が丈夫、という意味に取っておきます。

まだ身体は十分に動きますし、武道も出来る。

腰や肩は痛いけど、ほぼスポーツ的なことは出来ます。

バイクでも足でもドンドン走れますし水泳はまだ1500m普通に大丈夫。



「丈夫な身体に産んでくれたのだね、母。」



これに尽きるのかと。

大層なお家柄でもないどころか、やや問題ありの家に生まれた身としては必要にして十分なのかしらね。

口で伝えてもらえなかった部分に関しては、私自身が身をもって体現しながら教訓を生んでいっておりますし。

私は、何か子供に伝えられたら良いなとは思いますが、それでもやはり一番望むのは健康ですもの。


「殺すなよ、生きろよ!」


これで十分かもしれないのですがね、色んな欲が出てくるもので。

子の立場と,親の立場で共通するのはここだけかも。

だったら、私が何度か死にそうになりながらも何とか生きていけてるのは、丈夫に育ててくれたから!って〆でイケると思います。
牛子供


昭和、牛乳→健康を盲信していた時代、親は給料の四分の一をこの白い飲み物に充てていました。

妹尾少年は毎日、瓶に入ったオハヨー牛乳を10本飲んで育ちました。



うん、文章に出来る母の教えです。




3

(ヨーロッパに行きたいかーっ!?



ヨーロッパ01


美しい町並みです。

ここは…どこの国のなんていう街なのか知らんけど、とにかく美しい雰囲気が満載です。

私、欧州にまだ行ったことがありませんもの。

ベルギーとかイタリアとか、スペインの美女、ドイツのビールとかにもめっちゃくちゃ興味はあるのですが、いざ行くとなればどうしても常夏の島を選んでしまうのですね。

だって、海が好きだから。

愛、あいらんど。

しかしまあじっくり眺めておりますと、こういうセカンダリーロードの街をちょい小さめのアルファロメオとかで走り回ってみたい…てっね!

ヨーロッパ02

向こう側に見える山々を見ていますと、これはこれでバイクで走りたくなってきます。

住んでる人からすりゃ大したことのない日常なんでしょうがね、ちょい憧れがあったりしますわ。

外人さんが京都の写真を見るのと同じなんでしょうかね?



さ。

ほぼ私の生活に関係のない写真から始まりました今回の記事。

なんとなく…このまシラコイほどの宣伝に移らせていただきたいと思います。

ヨーロッパ的なリーディング…写真で引きつけておきーの、興味湧いてくださいーので。



なんかね、私、最近めちゃくちゃ忙しくてパソコンに向かう時間がほぼなくて。

スマホでFBとかはカチャカチャやってるのですがね、今回の宣伝にしましても少し出遅れてしまいまして。


「ちゃんとPRしてね!」


的な主催者の要望をかなえようと思いましたら、もうチケットがだいぶ売れてしまっているようでございます。

代官山という、東京でもとってもオサレな街でグラスを傾けながらのリーディング…。

ここどこですか?聞いたこともない漁港の場末でホッピー傾けるのが好きな妹尾がリーディング…。


是非、気楽に聞きに来て下さいませ。




では早速…コピペします!!

*******************************
『おとうさんはモーツァルト』


・・・みんなが私の物語を読んでくれる理由は
「読むと音楽が聴こえてくるから」
自然と納得ができた、会った事はないけど名前だけは知っている
私のおとうさんはモーツァルト
物語を書き続ければ、いつかあなたに逢えるのかな
本当の私に逢えるのかな・・・



■会場
『代官山ヒルサイドテラス バンケット』
東京都渋谷区猿楽町29-18

http://www.hillsideterrace.com/access/index.html


■公演日時
2015年 3/22(日)
① 13:00~/②16:00~


■チケット
『前売り4800円+1DRINK』

チケット取扱いは主催ウィンドプロモーションにて
2月10日10:00~より販売開始
メールフォームよりWeb予約⇒入金確認後⇒スマホチケットをお送りします
♫スマホやタブレットのチケット画面を見せるだけで、お手軽入場の案内メールです♫
スマートホンをお持ちでない方には通常のチケット郵送も喜んで対応致します。

題名:おとうさんはモーツァルトチケット予約

・氏名

・電話番号

・希望日時&時間帯

・お目当てのCAST

を記載した購入予約メールを下記に送信してください

roudoku@wind-pro.jp

※万が一メールが届かない場合のために、必ず電話番号は記入してください



■出演者
<IKKAN>
・・・ざわざわ森のがんこちゃん カッパのラッパー 役・・・

<福島雪菜>(エイベックス・マネジメント㈱)
・・・元ニコ★プチ 専属モデル・・・

<妹尾青洸>
・・・超人機メタルダー 主演 剣流星役

<帆世雄一>
 ・・・おはスタ 準レギュラー・・・


ピアノ演奏:あいあい           ほか たくさんの演者


■主催
ウィンドプロモーション
http://wind-pro.jp/

■協力
・朝日カルチャーセンター 湘南
・㈱アクロスエンタティンメント
・エイベックス・マネジメント㈱
・オフィス★怪人社
・ナレータープロダクション風韻 ~Fuin~
・毎日文化センター
・㈱麗タレントプロモーション

おとうさんはモーツアルト フライヤー表
おとうさんはモーツアルト フライヤー裏

2

プチ同窓会



ストレスが溜まってきますと、最近は犬(幸ノ助)と散歩をしております。

これがまたなかなか良い運動になりまして。

ご近所の知らない人ともご挨拶を交わしたりするようになり、幸ノ助のおかげでなかなか社交的になって来ました。

幸ノ助散歩


散髪したらカワウソのような生き物に変身して、あまりの不細工さに大笑い。

一粒で二度美味しいと感心しております。

さ、そんな愛嬌と心の安定をもたらしてくれている幸ノ助ですが、これがまたなかなか成長してきまして。

お座り、お手、待て、伏せがほぼ完璧に出来るようになって来ました。

トイレだけは成功率が半分くらいですが、それでもまだ以前に比べればだいぶ良くなってきた方で。

そのうち私の頭よりもずいぶんと優れたモノになっていくのではないかと不安に駆られております。


バウワウ

ああ、長閑ですなー…。




先日、オーディションを受けました。

この年齢になってもまだそういうことでドキドキしなきゃならんのもどうしたものかと、自分の仕事に不思議さを感じることも多くなってきましたが。

さすがにもう緊張とかはしなくなりまして、変に開き直りみたいなモノが出てきております。

スポンサーサイドのイメージに適うか否か。

だから落ちても、悪いことをしたわけじゃないのでヘーキ。

そうです。

これは役者の世界における防衛本能なのですがね。

そんなのは凌駕するパワーで受かるヤツは受かりますから。

そのために半日空けて、交通費や色んな制約を使っても一円にもならないのね。


…で、その受けたオーディションなんですが、私は会社の中でちょっと偉い人の設定。

若手の男の子が面接しに来て、そこで挨拶をします。


「私は○○しておりましたが、御社では△△な仕事をこなしていきたいと望んでおります。まだまだ未熟者で、何のトリガラもない私ですが、一生懸命頑張りたいと思います。どうぞ……。」


これは当日渡された台本です。

私が返事を返します。

返しますが…確かに台本にも書かれているのですが、トリガラってどうよ?って思うのですね。

そこだけ余計に大きな声で


「我が社はね、何のトリガラ人は採用しないよ…。」


って。

取り柄です。

トリエ。

振られたとおりに返す基本を忠実に守らねばなりません。



「だから、それは佐藤さんが持ってきたんじゃないか!」

「そうだよ、その通り。それは間違いなく吉岡さんが持ってきたもんだよ。」

「ええ、そうよ、誰でも知っているわ。私見てましたもの。佐々木さんに間違いありません。」


意味不明ね。

本当の名前は佐々木さんだったとしても、それはお客さんには分からないことなので最初に佐藤さんって言っちゃったら仕方無しにでもずーっと佐藤さんで行くしかないもの。




私もそのルールに則りつつ、しかしそこまでバカじゃないのよ!っていう意味を込めて分かってるけどわざと誘導されてます的なしゃべりをしたのですよ。

そうしましたら皆さんにドッカンとウケまして。



「あああ、○○さん、次からは<トリエ>って読んでくださいね。」


って若い相手役が注意されてました。

私、何も触れられなかったのですが、空気を読んで


「あ、こりゃ落ちたな…。」


って。

いいや、不運だったと笑っておこう的な。



そうしましたら夕べ、合格の報せが。

あらららら、何がどうなるか分からんモノですね、と。

詳細は分かりませんが、Webでも流れると聞きましたので撮り終えましたらご報告しますね!

めでたしめでたし…





************************


001image.jpg

雪月花歌劇団。

ここでね、<美姫 光>っちゅう名前で頑張ってる娘がおります。

もともと「ゲキ塾。」で一緒に芝居していた子、岡めぐみちゃん。

久しぶりに休みが取れたというので東京に出てきました。

旧友達も集まって。

色んな処に数ヶ月行きっぱなし、毎日レビューショーを。

そらもう話を聞けば大変そうなんですがね。

身体もくたくたになるって。

もともと細い子でしたが、又一段と肉がなくなっていて驚きました。


「お前、いろいろ苦労してんのか? だいじょうぶか?」


ちょっと心配になって尋ねましたら、


「はい、しんどいですけどずぅううーッとやりたかったことなので大丈夫です!」


そういえばメグはショーをしたりダンスをしたり、そういうことでお客さんに喜んでもらえるような生き方をしたいといつも言っておりました…のを思い出しました。

つまり彼女は自分のやりたい道を切り開いて、それでちゃんと生活をまかなっていると言うこと。


すご!

立派!

偉いじゃん!

メグと


てね、楽しくはっちゃけて飲んだわけですよ。

なんかね、同窓会みたいに来てくれて、そんでもって皆が三々五々集まってきて…。

こういう集団性を作れてよかったーって。

全員でほっこりして楽しくなりましたのね。



石川県、加賀屋。

敷居が高いけど行ってみっか!




2

違和感




実を言いますと、心の中が全く晴れません。

ぐちゃぐちゃです。



…ISIS、日本人の人質に続きヨルダンのパイロットが焼き殺されました。

司馬遼太郎先生ではありませんが、人は憎しみが増すとここまで残酷になれるものか、と。

結果には原因があります。

私のような阿呆でも、何もされないのに怒ったりしませんもの。



様々な映像、写真につきましては真偽、諸々の説がありますが国民水準の話に則って考えてみました。

検証しているサイトも散見しますが、真実が彼らのご遺体を翻弄することにもなり得るので私には恐れ多く感じてしまうのです。


********************

ここでもう一発、すごい違和感を感じていることがありまして。

100%申し上げておきますが、私は右翼思想も左翼思想もありません。

神は信じますが、特定の宗教団体にも所属しておりません。



この度、私を含め戦後生まれの人にとって初めて経験する危機感に日本が覆われました。

メディアも一斉に報じて、さあこれから我々はどうしなければならないのか?と、本腰を入れて考えなければならない処に来ていると実感しました。

ですが、流石はニッポン…のど元過ぎれば何とやらで、インターネットを使わなければそちらの情報を集めることが難しくなりました。

まだ数日しか経っていませんが、ワイドショーのゴシップネタと同じ並びに片付けられています。

私、ここにものすごい違和感を感じるんですね。

もはや対岸の火事ではないはずなのに。

もっともっと真剣にこれからの対応や考え方をまとめていかなければならないのではないかと焦ってしまうんです。

悲惨な映像が流れたときにキャーって騒いで、ハイおしまい、みたいな。

もちろん全然そんなことない人も多くいるのは知ってます。

が、大きな流れとして、です。

fbは相変わらず食い物の写真やピースサインばっかりだし。

私自身、ちょっとISISのことを書いてみても反応はほとんどありません。

この問題は、もっともっと前向きに国全体が取り組むべきじゃないのかな、って思います。

地上波はお笑いが良いみたいですので、BSやCSでそちらのソースを探し続けています。




繰り返しますが私は危険思想を持っているわけじゃありません。

平和を守りたくてたまらないだけです。

将来のためにも。



http://matome.naver.jp/odai/2142222254072200701?page=3


これを読んで涙が出ました。

答えなんてないのでしょうが、じゃあ未来永劫?どうなっていくんだろう。

みんな平和になりたい。

国のメンツとか、大義とか、そんなモノのために人類は滅亡に近づいていくのでしょうか。





違和感ばっかりです。








3

ぎっくり腰2015!




今年初のぎっくり腰にやられてます。

ずーっと杖ついて歩いてる。

完璧に癖になってますわ。

知り合いのつてで教えてもらった腰痛直しの魔術師…って人のところに向かいます。

ぎっくり腰、西洋では(魔女の一刺し)って言うらしいので、対抗するなら魔術師もありではなかろうかと。

もうね、これを速攻で治してくれる人なら勇者でも魔術師でも村人でもメタルスライムでも誰でも素晴らしいです。

師匠です。



早く杖を取って、二本足で歩きたいのですね。





*******************

イスラム国の人質事件が最悪な結末を見て、気分が悪すぎて治る腰も治りにくくなってます。

日本国民のほとんどが、喉に触れるナイフの恐怖を想像したでしょう。



モールス信号の記事や、陰謀説、やらせ、自己責任…様々なコメントが乱立してます。

全員がコメンテーターになっちゃうこのご時世、本当に見守る、語らない、という時間が必要だと考えてました。

でもなにも変わらないんだな、と。

あんな映像が世界中に発信されてしまう世の中、なんか違う気がしてしまうんです。

正しいものとそうじゃないものが混沌としてきて、それを選ぶ方も迷ってしまいます。

私なんか体調や気分によって正義が日替わりしそうですもの。




大きな想念、気の潮流、グリグリとひん曲がっている気がしてなりません。

平和ボケ日本人だからやっと気付いたことで、他所ではとっくに始まっていたのでしょうがね。



深呼吸。

…新鮮な空気が奥底まで入って来てる気がしないのね。






該当の記事は見つかりませんでした。