FC2ブログ

・・・されど役者的妹尾blog

太く拡げよう僕の細道   since.2006.4.14
3

怖かったぞ、プリウスおばさん


バイクでの稽古帰り。

高速に乗りまして、管轄区間画家wる所にETCゲートがあります。

入り口でくぐっているのにめんどくせーなー…と思いつつ前を走る車について走っておりました。

あと300mほど。

ゲートは4つほどあります。

皆さん、そんなに渋滞しているわけでもないので左側の二つを交互にくぐり抜けていっております。

私、バイクですし加速も速いので前の車よりももう一つ右のゲートをくぐろうと思いました。

あと50m。

私のすぐ前の車はプリウスで、順序よくゲートに入ろうとしております…のを確認し、右にウインカーを出しまして一車線分スライドしました。

4つある内のゲート、右から2つ目に入ろうとしております。

プリウスは右から3つめ。

その前の車も3つめと4つめ。

さ、まもなくゲートに入りますぞ、と思った刹那、プリウスがウインカーも出さずに私の車線にハンドルを切ってきました。

スピードを殺しすぎるのがイヤだったのでしょう。

で、私は慌ててホーンを鳴らします。

ZZR1100はダブルホーン、車のような大音量。

・・・・・・・・・

・・・・・

・・なのですが、鳴りません。

そ。

私のバイク、ホーンはほぼ死んでおります。

思い切りボタンを押しましても、携帯のゲームくらいの音量しか出ません。

先日の車検の時にも<ひょほほおーん…>という情けない音に、試験官のお兄ちゃんと笑ってましたから。(少しでも音が出ればOKなのです)



で、このクソプリウスの時は焦りました。

私の左足の30cmくらいの所まで普通に寄ってきましたので、慌ててもう一つ右のレーンに飛び込みました。

そのとき角度がありすぎて、ゲート内の壁に突っ込みそうになり、思いきりバンクさせてブレーキ。

リヤが流されて淵にドン!って。(タイヤだけ)

頭にきて再度出発、クソプリウスの横に並んで運転手を観るとおばはん。

何で私が怒り狂っているか理解している様子です。

理解しているって京春自分がやったことを分かっているってコト。

なのに謝りもせず、ひたすら目を合わせようとしない。

ので、その車の前に張りついて停まってやりました。

ゲート出て50m位の所。

下手をすると後ろからオカマを掘られます。

普通、そんなところに停まってるって誰も想像しませんから。

すぐに発進できる準備をしておいて、後ろを振り返り、思い切りにらみつけました。

あんまりそんな経験がなかったのでしょうが、驚いたような顔をしてます。

観念したのか、ぺこりと頭を下げました。

案の定おばはんの後ろにはちょっとした渋滞が発生しており、数台はけたたましくクラクションを鳴らしております。

むかつきも取れないけど、まあケガもないしいいかと帰宅をしたのでした。


あああ、ちょっと怖かった…。



そして翌日。

速攻でホーンを購入してきまして、愛車に装着。

右側の電気が死んでいてなかなか難しい作業になってしまいましたが、お店に頼むと1時間8.500円の工賃だって言われまして…仕方なく自分でやりましたさ。

とにかく電気系は苦手。

テスターもちゃんとしたのを買わなきゃならないです。


ホーン
(緑色のはガムテープ。割れてるのね…kawasakiだからグリーンってわけじゃありません)


とにもかくにも、お爺ちゃんバイクの声帯ポリープを取り去る手術も終えましたのね。

今まで、ホーンを鳴らす代わりにエンジンを吹かして気付かせていたのですが、ノーマルマフラーゆえ、高速道路とかではかき消されてしまいますもの。

美声を取り戻してくれて、ご老体も満足げです。




該当の記事は見つかりませんでした。