・・・されど役者的妹尾blog

役者道を邁進している人たちの稽古場風景。 最後に笑うのは自分だ,系。 だ-か-ら、やることやって言ってますとも!   since.2006.4.14
1

嗚呼、阪神ったら…




絶対につられんぞ…と思いつつも、消費税が上がる前に駆け込みで買い物をしてしまった自分にちょっと嫌気がさしていますがへこたれません。



さて、開幕しました、プロ野球。

私は腹の中を泳いでいる頃から阪神ファンだったのですが、今年はもう本当に嫌気がさしてきています。

開幕戦のアホみたいに情けない状況を見て、応援することがむなしくなってきました。


サウナに行っていたのですが、汗をかきながら踏ん張って試合を見ていました。

4-0で勝っていて、投手はエースの能見。

こりゃもう安心、大丈夫、開幕を巨人から勝ち星あげりゃあ大したものよと帰り支度を始めました。

汗をぬぐい替え、外に出て15分くらいして自宅に戻りました。

ビールを飲みながらにこにこ顔で。

サクッとテレビをつけてみいましたら12-4。


はあ? なんのこっちゃ?


って一瞬我を失うほど驚きました。

あっという間に、なにをどうしたらそんなすぐに大逆転されるのでしょうか。

とほほ。



3戦目、西岡選手が救急車で運ばれました。

後に響かないか心配です。

中核をなす選手が早くもケガをして…阪神ったらもう今年は終わったのでしょうかしら。

私の嫌な予感を何とかして裏切って欲しいです。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140330-00000069-dal-basehttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140330-00000069-dal-base

*****************************


さて、もうすぐ3月も終わり。

1月去ぬ、2月逃げる、3月去る…早いものでもう今年も終わろうとしております。

ゴーンって鐘が鳴って新年ですね。

また一つ歳を重ねたわい…的な。


今月末から一つ映画の撮影に入りますが、これがまたなかなか渋い役を頂きまして。



<暴力ふるいすぎて嫁に愛想尽かされ、家族に逃げられる夫。

子供にも嫌われてえらい騒ぎを起こされる…>



これ、DVDでレンタルもされるそうですので情報解禁されましたら報告しますね。





*********************************

ゲキ塾。リーディング VOL.04 の稽古も絶賛やっております。

かなり変態チックな作品に仕上げようと皆さん張り切っておりますので、是非是非ご覧になってくださいませ。

小さな喫茶店での公演です。

終演後、みんなと飲みに行ったりしますので、本当にお気軽に!

お会いできることを楽しみにしております!




4/11(金) 18:00-/20:30-
4/12(土) 15:00-/19:00-
4/13(日) 15:00-/19:00-

チャージ1000円+ワンドリンク

場所:お馴染みの『リーディング カフェ ピカイチ』

下北沢駅から徒歩7分ほど

住所:東京都世田谷区北沢1-40-11 サニーハイマート102

公演時間は:1時間(予定)


ご予約は→info@gekijuku.com


http://ameblo.jp/gekijuku-nissi/



2

神、発見




本当にバイクの風が気持ちよいですわ!

来たね、夏!

**********************

私、耳飾りやネックレス、指輪等のオサレグッズがめちゃめちゃ苦手です。

どうしても気になってしまい、飲んでいるときなどは外したりはめたり、時には酒に浮かべたりつまみにしてみたり。

とにかく一日以上つけられません。

ところがブレスレット系は割と平気。

腕時計で慣れているからでしょうか。

今は出かけるとき、お守りがわりに木製の数珠形のブレスレットをつけております。

いつ手に入れたものかは忘れましたが、かなり古いものだと思います。



今日、出先で時間が空いたときに暇潰しというわけでもなくねりねりいじっておりました。

茶色の玉が並んでいて、表面は綺麗に磨かれています。

一部、ブレスの対極に二つ、白の玉があります。

これをいじくりまわしておりましたら、白の玉の一つに、変なガラスの用なものが埋め込まれているのに気付きました。

何気なく空に透かすように覗いてみましたら…

アッチョンブリケ!(昭和)

中にはなんとも色鮮やかな神様の絵が!

ビックリしたのね。

私のボロいガラケーで接写に挑戦してみました。



守られてる感が一段階増してきたのね。

1

このタイミングですか…家電のボケ





ここのブログでちょいちょい書きますが…。

家電製品という奴らは必ず横並びの意識を持っていて、結託しているんじゃないかと私は思っているのです。

壊れるときは一緒。

集団自決。




「な、そろそろ逝っとかね?」



「だな! ざまあみろってんだ。」



「一気に家電を失ってそのその大切さを思い知ればいいんだわ。」



「うしししし…。」




ってなクソ会話が家電どもの中で行われていて、そんでもってヨーイ、ドン!でぶっ壊れる、と。

消費税も上がるし、色んなことを切り詰めて注意していかなきゃならんぞ、引き締めているところにこれ。





今回はね、ファンヒーターと食洗機が逝きました。

ふざけるな、と。

そうそう家電の思い通りにさせて溜まるかと言うことで、人工蘇生に挑戦。

ファンヒーターはとりあえずクソ寒い冬が終わったので後回し。

食洗機から。




なになに?…排水しない?ポンプも回らない?

さ、さっぱり分からない感じですがとにかく出来ることはやってみようと。




とにかくそこの辺りのふたをひっぺ返しててみます。

中身が見れんことには手のつけようもないからね。

電源は一応い切っておきます。

感電防止。


食洗機修理1


はい、出ました。

基板の嵐。

ここは触れません。

ってか触り方が分からん。


なので、しばらくにらめっこ。


うーん、どうやら私に出来ることは数が少なさそう。

目詰まり除去のための掃除と、ポンプのすりあわせ、全体的な組み直し…でしょうか。


それにしても防水加工のされた家電の中身って、結構面白い。

へー…とか、ほー…とか唸りながらこれを作った人のことを想像しておりました。

ただし、なんで動かなくなったのかはこんなモノを眺めていても皆目見当もつきません。



もう、ぶっ壊れていても仕方がないんだから…というあきらめの心があるのも確かですので、遠慮なくガシガシパーツをブッコ抜いてみたりします。


食洗機修理2




いろいろと外して分解掃除しておりましたら、一つ



「カサララン、コソロロン!」



って明らかに硬質なモノが外れている音がする場所が。

一番大きなポンプの中からです。

どうも水脈をたどってみますと、このポンプは逆回転もさせられる仕組みになっているようです。


つまり、水を吸い上げたり輩出したり。

その弁の部分、粋を\炉をふさいだり開いたりする部分がぽっきり折れて外れていました。


食洗機修理3


きっとこれに違いない!とウキウキしながら外してアロンアルファ攻撃。

組み直してみて再稼働させますと…ちゃんと動きました!



わーいわーい、すごいすごい。

奇跡的に直せてしまいました。



めでたしめでたし、と!




**************************

ちょっとえらそうなことを書いてしまって申し訳ないのですが…。

超素人の私が言うのも何ですが、バイクや家電、色んなモノを外したり分解したりとしたことのある経験から言いますと…




バイクは、ホンダ。

これが一番整備をし易い。

外してもバラしても、まるでそれを想像されていたかのような、かゆいところに手が届く構成になっていて。

外回り(カウル等のボディパーツ)も日巣穴がずれることはほぼ皆無。

川崎さんや鈴木さんは力任せで穴を合わせなきゃムリなので驚きます。

ま、これはバイク好きなら誰しも知っていることです。(…特にオン、オフ関わらずレースに関わったことのある方なら常識だと。)





で、今回思ったことは…家電もそういうのがあって、今回はパナソニック製のモノをいじったのですが、明らかにこの会社のと日立のモノは組み立てやすくて。

中身も整然としていて、機械に美しさを感じます。

取っ組みやすいのね。

んでもって組み立てやすいし…緻密。

どこのメーカーがダメで、ここのがよい!って訳じゃないですが…。

あるような気がしてしまいますのね、素人だから余計に。

全般的にはね、なんか、さすがは日本製だわねーと。




*************************************

フィンランド名前



古代の天気と作物と雷の神。

花の咲く丘。



これがフィンランド語の<妹尾 青洸>ですって。

意味不明。


************************

船免許


2級小型船舶の免許更新に行ってきました。

春の日差しを受け、バイクで会場に向かいました。

気持ちよく、とても素敵な一日になる…予感がしていました。




が、視力検査でひっかかりまくって。


「眼鏡かけていいんですよ。え?なに? 持ってきてない? …うーん、じゃあ目の調子を待ってとにかくクリアしてもらわないと…。」



何度も何度も測ってもらう羽目に。

もうね、目って言うか脳みそを使うほうの最終必殺技的な方法で無理矢理クリア。

皆さんの抗議をお待たせさせるようなコトになってしまい、恥ずかしいやら何やらで。

とにかくなんとかくりあはしたものの、次は眼鏡等アリでもかまわないので1級にステップアップさせることにしますわ。

多分一生使わんだろうけど、何か2級って負けた気がしてしまいますのね






*************************


さ。

明日は新しいムービーの衣装合わせ。

キャストが集まり、本読みと懇親会があります。



気合い入れていくぞー!

(DV親父の役)








2

絶賛稽古中




「ゲキ塾。」顧問の全温度チワワさんにより。またしても頭の中がラリパッパに陥っていきました。

海は広いな、深いな。



あんなに深いところでタコ飯が炊けるとはなかなかオツなものでございます。

いずれ私もご相伴にあずかりたいと存じます…。


あざす、顧問!




さてさて。

そんなこんな言うてる内に、ものすごい勢いで風が吹きました。

春一番。

ええ、ええ、元気ですよ。(げんきですかああっ?に答えて)


嬉しいですね。

この風が春を告げてくれるんです。

まいとし、めっちゃクチャ楽しみにしていることでございます。

バイクの季節がタリラリラン!


うふふ、クララも110mハードル走りそうな勢いです。

本当に、心の底から嫌いな冬が終わるんですもの。

ルルルララ!



****************************


リーディング芝居の方がですね、なんだかとても良いご評判をいただいているようでどんどん予約で埋まってきております。
めっちゃくちゃ小さなカフェでやりますので、お客様はマックスで15名。

そら、あっという間に満杯ですが、その分ぎゅっと集まった感じがとても素敵なんですね。

お客様と演じ手が一体かされる…っていう。

結局その後お客様と一緒に飲みに行っちゃうので同じなんですが、それはそれで緊張感も共有しますので楽しいのですよ、ハイ。


た・だ・し!

今回は演出している私が言うのも何ですが、ちょっとお子様は控えて頂いた方が教育上よろしいのではないかと…。

めちゃくちゃな内容ですので、大人の方でも疑問符だらけになってしまうかもしれません。


カオス。

混沌、不条理、新進…なんと言われましょうがとにかく意味不明のモノに仕上げていっております。

そ。

深海でご飯を食べる鮹みたいなお話。

タコはタコでも、結構イケル口のタコ。

このタコさんが何かを食べます。


へっへへーん!




是非!


『ゲキ塾。リーディング vol.4』

・公演日時
4/11(金) 18:00/20:30
4/12(土) 15:00/19:00
4/13(日) 15:00/19:00
※初日のみ時間が違うのでご注意下さいませ。

・料金
チャージ1000円+別途1ドリンク
・場所
reading cafe ピカイチ
世田谷区北沢1‐40‐11 サニーハイマート102



こちらへ!→ info@gekijuku.com

是非、いらしてくださいませ!



5

広すぎてラリパッパ




星の数ほど人はいる…なんて昔から言われております。



が。


これはちょっと違うみたいですな。






私、

「宇宙はどういう目的で存在するのかしら?」

とか、

「人はどこから来てどこに行くのかしら?」


なんて考えておりましたらいろいろと教えてくださるかいまして。

中でも「ゲキ塾。」の顧問、<全温度チワワ>さんが教えてくれたこのサイト…


http://karapaia.livedoor.biz/archives/52131854.html


これを拝見いたしましたらば、そらもう何が何だか。

分からんかったものが更に深まっていきまして、宇宙の果てから一周してきて逆に自分に戻ってきました。

で、結局何が発見できたかと言いますと、



1.星はどんなに遠くに行っても丸い。四角いのとか三角っぽいのない。

2.星の数の方が人の数より多い。




この二点でした。

うんうん、だんだんと最終的な段階に近づいてきました。


考えるだけ不毛っていう答えに。



********************************


もう何年ぶりかに飲むお誘いを断りました。

自分で言うのも変な話ですが、これはよっぽどのことです。

少々ならムリして行っちゃうのですが…。



芯からくる寒気って言うか、身体のけだるさを感じまして。

普段なら仕事終わりで飲み倒す雰囲気だったのですがね。

帰宅後熱を測りましたら、やっぱりありました。

大台までは行かなかったですが。

15時間寝たら熱が下がりましたが、しばらくはムリをしないようにしたいと思います。

ちょっと身体にガタが来ているようですのでオーバーホールをした方が良さそうですね。

ドッグ…的な者も視野に入れてきっちりリセットさせたいと思います。


**********************************


もうすぐクソめんどくさい免許の書き換えです。

小型船舶。

この機会に1級にしちゃおうかと思いましたが、時間がかかるのでまたの機会に延期。

だいたいこの免許は持っていても、私の普段の生活には何の役にも立ちませんもの。

ほぼ意味がない。

ですが、何かの時に…いざというときのために…役立つことがあると思ったのですね。

日本が沈没しそうになったときとか。

辺り一面水で覆われていて、車が使えない…とき?


もっともそんな非常時には免許は全く関係ないのでしょうがね。





さ、次の資料をお待ちします。

海。

海は広くて大きいよ。

宇宙のことよりも深海のことの方がまだ解明されていないと聞きます。



もしかして頭のいいイルカたちがすでに王国を築いているのかもしれません。

絶対に生物が住めないとされていたところに発見されたり、ややこしいお化けみたいな生き物がどんどん見つかっていて。

ここもね、まあ地球上ですので考えたら夜も眠れない…ってことはないのですがとにかく謎が多くて不思議なところです。

新しい海の物語をどなたかご存じでしたら教えてください!



今度、私が船で連れて行って差し上げましょう。(水着必着)








1

リハビリ記事


やっと。

パソコンの前に座る時間がだんだん長くても平気になってきました。

つまり、ぎっくり腰が治ってきたと言うこと。

今回は長かったですわ。



気をつける…なんていっても何をどうすればいいのか分かりませんのですが、とりあえず前屈みとか、足を揃えて重いものを持ち上げない…ってなところから始めてみます。

でも、もうちょい踏み込んで寝ているときの式布団をどうにかしようじゃないかと。



いろいろと聞いたところによりますれば、私が今、よかれと思い使っている低反発のマットじゃなくて高反発のマットが良いと。

消費税も上がることですし、この際いっとくかと速攻で購入致しました。

まだ届いていないので分かりませんが、きっと効果はあるんだろうな、と。






*****************************


春のウララの…すっかり日差しが柔らかくなったのでリハビリチックに2時間ほど歩いてみました。

車やバイクじゃ通れないところをテクテクテクテク。

知らなかったところが近所にもたくさんあって結構散歩が楽しい。

びっしょり汗をかいてなんだかすっかり健康的で治ってきたような気がするから不思議なもの。




あああ、バイク乗りてぇ。

あと10台は乗りてぇ。

必ず成し遂げてみせますとも!

*********************************

死ぬ。

みんな死ぬ。

のに生まれる。


宇宙って何のためにあるのかしら?

何が何次元?





とか考えました。

ものすごく。


そうしましたらものの見事に寝不足です。

それを話しましたら、



「そーゆーのは中学生の時に終わった。 何も産まれないと分かったから。」



一蹴されました。

私が40年遅れていようがなんであろうが、とにかく偉大なる謎が私の前に立ちふさがったのことは間違いありませぬ。


*******************************


うくらいな。

ろしあ。

あめりか。

きたちょーせん。



あああ、きな臭い。

どーなっていくのでしょうかね。


*******************************



沈丁花、大好きな香りがちょいと元気玉をくれたのね。





意味がない記事ですんまそん…




2

黄昏れ青洸



しっかし…こんなに腰痛が長引くとは思わなんだわい。

腰が痛くて動けないというのは、何とも表現のしようがない情けなさがありますもので。

ふふぁ~んふふぁふぁ~ん…ととろけるリーズの有様でございます。



ものすごいゆっくりした、カメレオン的なスピードで歩行するのですが、ややもするとそのことを失念してしまいます。

横断歩道が青だったのに太美上げると赤に変わろうと点滅していまして。

こりゃイカン、さっさと渡るぞと身体が勝手に反応してしまうわけですな。

んでもって、とっさに足がダッシュの体制に入ります。
一歩踏み出したところで、腰回りから膝にかけての筋肉が、



「それ、無理むりムリ…!」



ってストップをかけくさりやがいました。

だもんで私は走る意思を持った上半身と、走ることをやめさせようとする抵抗意思が腰の辺りでぶつかり合いまして。

その激痛ったらありゃしない。



がびびびびーーん!



って電気が走ったとたん真下にぶっ倒れました。

銅をの端っこで真下にジャンプしている人。

このパフォーマンスを不思議そうに眺められつつ、1分かけて痛くない角度を探しながらゆっくりと立ち上がる。

これもまた何かえらそうな空気を醸し出しているので意味が分からないおっさんに拍車がかかります。


ってか、もうどーでもええわい。

飽きた、腰痛。

この腰は俺の腰じゃない作戦、発動します。



(みなさま、ご心配をおかけし、そして優しいお言葉を有難うございヤス)

*******************************************




先日受けていたオーディションがありました。

結果の日になっても連絡がなかったのですっかりあきらめていました。

オーディションというのは落ちても気にしないでいいんです。

だって、作り手側に立てば分かることなのですが、作品に対してイメージができあがっているのね。

そこに当てはまる空気を持っている人を探そうと。

例えば、三枚目ででぶっちょで見た目がイケメンじゃなくて背の低い人…というキャラ設定でイメージしているオーディション、いくらキムタクでも受からないもの。

ま、詳しく言えばもっともっとその裏とかがあってなかなか一筋縄ではいきませんが、大体はそんな感じ。

作品のイメージに合わなかったからと行ってこちらが全面的に悪いわけではなく、そんなにへこまなくてもいいのです。

もちろん技術が未熟だったりとかの要因もありますが。

ま、そうはいっても楽しいことではありませんがね。

私らみたいな職業の人は、ものすごいたくさんいるのですが、そのオーディションを受けるためにほぼ半日使います。

例えば16:00から始まる場合、その日は仕事も休まなければなりません。

夜中に働いている人は顔がしんどく映ってはいけないので酒も飲まない(私は飲む)で、しっかり睡眠をとり、朝からちょっと身体を動かしたりして引き締めたりする人もいます。

んでもって電車やバスに乗り継ぎ、時間通りにたどり着いて。

たいがいは待たされますが、緊張の面持ちで部屋に入ります。

名前とかの自己紹介をします。

その時に台本のようなモノを配られて台詞をやることもありますし、質疑応答だけの時もあります。

で、はい、終了。



めちゃくちゃたくさんの人が受けるので確率は本当に低いです。

落ちたらそれでおしまい、何の保証もないし時給も出ないし(日本の場合)その日一日はある意味無駄だったということになります。

待合室を見てみたら、まだまだたくさん…。


「役者ってこんなに一杯いたっけ?」


って毎回思いますもの。


でね、話が逸れまくりましたが、合否の結果が出る期日を過ぎて連絡がなかったのですっかり忘れて違う用事とかを入れたりしてましたら、マネージャーさんから連絡があり、



「もう少し期日を伸ばしてほしいとのこと。難航してるみたい…。」



って。

あ、そう位に思っていたのですが、なんと数日後合格したという連絡をもらいまして。

なんか一度ダメだと思ったモノが思わず降って湧いたようで、めちゃくちゃラッキー感が強く。

宝くじに当たったみたいな不思議な感覚に包まれました。




<DVが激しくて離婚経験を持つ男。娘が二人いて、彼女らからは憎しみの目でみられている。
子供たちが成長し、母親を助けるためにこの男に復習をしようと…云々>



というね、何ともシュールな男の役なのですが、私からそんな空気がにじみ出ていたのでしょうか。

30代の頃、


「妹尾さんは冷たくて怖い感じの役がピッタリ!」



とよく言われたことがありました。

悪役たくさんやらせてもらえて。

役者の個性なんかは見ている人が決めればいいので、まあそういうもんかな…とうっすら自覚はしてました。

会って話すと(酒入り)全然そんなんじゃないのよって伝わるみたいなんですがね、冷たい感じがウケるならそれでいいやって。


実は、またしても最近そういう感じの役が続くんです。



先日の映画の時には監督が、



「妹尾さんは言葉を我慢して、背中でものを言う感じがいいですね。」



って。

なんか、黄昏れたおっさんが身についてきたのかなーと。


黄昏



どーんと来いやあ、めっちゃ黄昏れたるわ!




**********<ついしん>************************

地味こういうのもまだ続けてますので、良ければ観てみてください!

https://twitter.com/tokusatsuhero





4

ギブかも




まもなく三年ですね。

まだ不明者が多くいらっしゃるみたいで…本当に気の毒だし痛ましい。

身につけていたも野が密糧も、身元が分からない方もたくさんいらっしゃるようです。

落ち着く日なんて来るわけないと思いますが、せめてお墓に入れてあげたい、供養をしてあげたいと思うのは人情だと思います。

小さな子供が見つからなくて、


「あのときのまま時間が止まっている。泣くことも出来ない。」


と。

苦しい気持ちが伝わってきました。



天災って、誰が選ばれて、誰がラッキーなのかわかりません。

どういう基準で決まるんだろう…。




福島の子供たちにボランティアで会いに行ったとき、そういうことを思っちゃいけないんだろうけど勝手に考えてしまい、胸がくるしく詰まってしまう衝動を抑えられませんでした。

せめて、とにかく一つ段階として落ち着けるところまでたどり着いてもらいたいと心から願います。





******************************************

さて。

音響を作らなきゃならない。

台本もいじらなきゃならない。

船のお勉強もしなけりゃならない。

台詞も覚えなきゃならない。

そして、こういう風にブログも書いたりしなきゃね、と。


すごく分かっているのですが、どうしても机に座ることが出来ません。

ってか、出来るんですけどね、痛いんです。


腰が。



もう無理かも。

二日前、ちょっとよくなった気がして思い切り合気道でぶん投げられていましたら翌日からもう立てないほど。

正直な話、腰をしっかりまっすぐにして立っているときが一番ラクチン。

立ったまま全てのことをやれれば良いんでしょうけど、それはそれでしんどい。

腰痛



ああああ、めんどくせーなー。

腰痛って、骨がどうのこうのって言うよりも、内蔵が冷えたりすることが大敵なんですよね。

もうかなりプロの領域に近づいていますから腰痛に関しては詳しくなってしまいました。

そしてその引き金になっているのが


ストレス



なのね。

はいはいはい、もしも売ることが出来るなら時価総額で30億円分くらい持ってますよ、ストレス。

出てこいや、ストレス。

ぶっ飛ばしてやるってばさ。




あああ。もう無理。

これ以上は座ってられませんのでおしまい、と。



4

本当なんだけどなー。



数日経ってもまだまだ腰の痛みから解放されない…。

おじいちゃんのように腰をかがめて歩いています。

うーん、うーん。


少し動けるようになって、近くの整体に連れて行ってもらいました。

ガシガシ肉をいじられて…どうやら右側の筋肉がおかしなコトになっているんdすと。

首も、肩胛骨も、太ももも。

ぜーんぶまとめて腰にたどり着いているって。


以前、私の後輩であり整体師である小田島大先生にも同じことを言われました。

ちょっと本格的なダイエットが必要なのかもしれません。

さて、10kgくらいガッツリ行っちゃいますか!(あ、今日飲み会だった…)


**************************************



来月、リーディング芝居をやります。

「ゲキ塾。」で恒例になっているのですが、去年からはじめてもう4回目かしら。

固定のファンの方もついてくださり、わざわざ静岡の方から新幹線に乗って見に来てくださるお客様もいます。

腹がよじれるほど有り難いのね!

頑張らなきゃならんよ、ってことで毎日空いている時間には台本とにらめっこです。

小さな公演ですので、評価的なモノはついてきませんしすぐに目に見える反響も少ないですが、間違いなく着実に役者さんの腕が上達していきます。

と共に、喜んでくださるお客さんが増えている…。

そんだけ理由があればガッツリ稽古をするのが当たり前ですもの。


*************************************


昨夜も朝まで台本を改筆してました。

うんうん唸りながら、あーでもない、こーでもないと。

今回のテーマが<意味不明>です。

<不毛>や<不条理>ってーのは重すぎて嫌い。

だけど、意味不明…てくらいなら普段の感覚そのままでイケるし、大概の人が普通に持っているはてなマークですもの。


「なんじゃ、こりゃ?」


って思ってもらえるモノができあがればいいな、と。

んでもってまあ気色悪いモノを夜中に書いておりましたら…はっきりと書きますがね、遠回しに書いてもどうせ誰も信じてくれないでしょうからアレなんで…。

おるんですわ。

誰かが。


images.jpg

私の書いている本を後ろからのぞき込んでる。

多分…男。

で、なんやー!と思って振り向いたら私から見て左側に光のような速さでヒュンといなくなるの。

えっと、普通に。

超フツーに怖い。


ですが最近はちょっと開き直った部分もあってそうそう簡単にはひるみません。


ナンボのもんじゃい! 出てこんかい、何も出来んけど!


って、逃げ腰で臨戦態勢に望みます。

もしも本当に出てきたらきちんと膝を詰めてお話をしなければならない。




「うんうん、なるほどねー、アナタも大変なんだ。でもね、私もそらまあ生きてるだけで結構いろいろありましてね、今はお手伝いできる余裕がないんですよ。今日のところはいったん帰って、気を落ち着けて、酒でもあおってぐっすり眠ったらまた新しい考えも出てくるってば。明けない夜はないのだよ。」


と。

また、Bパターン…けんか腰で来たら。



「やるんならやったるわい。除霊のプロを呼んできてなあ、お前らなんか、何かものすごいことになってぐっちょんぐっちょのパッキンパッキンにされるんやぞ。とりあえず塩でも食らえ!」



形のない敵はややこしいです。

戦うことになっても精神の闘いになるのだろうから、きっ今まで正しい生き方をした美しい心の持ち主が強そう。

悟空のような。

ワタシ的には圧倒的に不利です。

神様は都合の良いときだけ出てきてくれるもんじゃない。


OTHER002.png




明け方、5時頃…ワタシのデスクは戦場と化しておりました。

背中に視線と息づかいを感じながら台本いじり…。

できるかっ!

仕方なく無理矢理おしっこなんかして、お茶を飲んだりして気分転換あーんど執筆。

素晴らしいものを作り上げますので、皆様どうぞ見にいらしてくださいませ…という宣伝で終えるぶろぐ。

7

やりがいのある役




小型船舶の免許、書き換えに行かなきゃならなくて。

住民票がいるっていうので125ccのスクーターで出動します。

アクセルがなんだか堅い感じがしまして、あれれ?って思ったんだけど関係ないやと思い切りひねりましたら

「ぷつん」

と音がしまして。

はい、アクセルワイヤーがご臨終。

ウンともスンとも。

ふざけるなって言うことになりまして早速以前からお知り合いのバイク屋さんに取りに来てもらいまして。

はあああ、何でもかんでも壊れりゃあいいってもんじゃないんですが、まあ、形あるモノは必ず…の法則ですね。

いたわりつつ乗り続けますともさ。

お気に入りだもの。



***************************************


世の中はアレですね、寂しがり屋さんがたくさんいますね。

私も賑やかな方が好きなのですが、かまってもらいたい…ってのとは違います。

寂しいときはちゃんと寂しいので遊んでください…的なコールを出しますもの。

自分から。

人がわいわいやっているところに無理矢理行ってかき回そうとは思わないですね。

惨めを演出してどうするんだ?みたいな。

何か能動的に起こせばいいものを、他人のリアクションをアテにするしかない。

そういう、まあちょっと気の毒な人が本当に多いかと。

頑張ってがむしゃらな人とかには結構応援者がつくもんですけどね。




判官贔屓って言うんでしょうか、私なんかは一番よりもどうしても二番目に頑張っているのを応援してしまいますもの。

阪神とかもそうですけどね、ええ。

ってことはですね、もう駄目だーなんてへこんでいるときこそ、パワー全開で発進していかなきゃならないってことなんでしょうね。

ここんとこ結構疲れてるので言い聞かせてます。


「頼らずに自分から行動。」


うん、まだまだイケるはず、頑張る!


******************************************


ボイスプレゼント、今しばらくお待ちください。

半分くらい終わりましたので。

全部終わってから一気に送信します。

これは…夜中に一人でぶつぶつやっていると、かなりキショイです。

が、恥ずかしがらずに思い切りやってますのでお楽しみにしていてください!



******************************************


先日、ちょっと気にかかっていた役を終了させました。

ものすごく背負うモノが大きなお父さんの役です。

十字架的な。


なんとか気持ちを理解しようと数日前から役に入り込んでいました。

きっつい感じの。

撮影が終わってホッとして…否、ホッとしすぎて、<お疲れ様>と称して一人で酒を飲んでおりましたら、吐きそうになるほど飲んじゃいました。

日本酒。

ひとりでぶつぶつ独り言を言いながら。(テレビに突っ込み)

翌日まで残るほどの一人酒、久しぶりにアホを発揮してみましたさ。



******************************************

ものすげえ面白い男が「ゲキ塾。」におりました。

が、色んな事情でちょっと離れていたのですが、久々に連絡がありまして、復帰することになりました。

休憩をする人は何人もいますが、そのほとんどはそのまま消えていなくなってしまいます。

私は、とにかくそういう意味で寂しがり屋なので、いちいち



「あいつどうした? あの子どうした?」



って気になっている時期がありました。

が、やっと、最近その寂しい感情から脱却できてきまして。

ま、去る者は追わず…を実践しなきゃ自分が引きずられてしまうと言い聞かせてきたからかと。

お互いそれぞれの道を進んで幸せになればいいよね!って割り切れるようになってきてましたから、そのまた逆って言うのはとても嬉しいことになります。

もう会うこともないんだろうなーって思っていた人がまた現れて。


「妹尾さーん、また行きたいよー。」


って。

うんうん、おいでおいで、って胸を開く瞬間はとても幸せに感じますます。

少なくともそのこのためには役に立っていて、生きている価値が見いだせるから。






<追伸>

暖かくなったと思わせておいて急に寒の戻りは許さない、マジで。




該当の記事は見つかりませんでした。