・・・されど役者的妹尾blog

役者道を邁進している人たちの稽古場風景。 最後に笑うのは自分だ,系。 だ-か-ら、やることやって言ってますとも!   since.2006.4.14
1

脱・浮浪の人




ふうううっと。

撮影が終わりました。

「ゲキ塾。」制作のショートムービー。


救い


ネタバレになるのであまり書けませんが、ちょっぴり切ないハートウォーミングな話です。

ださださなオヤジと娘…のような子とのお話です。

疲れましたが、めちゃ気合いを入れました。

できあがりが楽しみです。



今回、縁があって監督さんから「ゲキ塾。」のグッチョも呼んでもらえまして。

何も言わないで彼らに任せて見守っていたのですが、二人とも立派にやり遂げてくれました。

監督さんからも本人たちがいないところで褒めてくださいましたし!

ウフフ…なんか、嬉しい気持ちになります。

心もホクホク、天気もドピーカン、ロケ先の茨城県から帰るために車を走らせていましたら眠いのなんの!

どっと疲れが出たような、恐ろしいほどの睡魔が襲ってきました。

元々でっかい出目金をさらに大きく見開き、窓を開けて高速道路の風を直接眼球に押しつけようとします。

ヒーヒーして少しでも眠気が覚めれば良いと思ったのですが、痛くて涙が溢れてき、余計に危ないことになりそうでした。

ぎゃーぎゃー大きな声を出しながら、何とか無事に家に到着。




すぐにでも髪を切る準備に入らなければ。

一秒でも早く切りたいと思っていたのに、なんかちょっとだけ愛着的なモノが湧いてきてて。

もう少し伸ばしてみるのも有りなのか?と。

いやいやいやいやいや、なし。

キショいし。

救い5



今回、私の相手役は冨手麻妙(とみてあみ)ちゃん。

ほぼこの女優さんとしか絡みませんでした。

つぶらな瞳が美しい、新進気鋭の女優さんです。

面白い空気感を出せたんじゃないかしら…って思ってます。

今年は舞台を7本もこなしたとか。

舞台大好きなんですって。

救い3

また是非一緒に芝居をしましょうねとハイタッチで現場を後にしました。

リハから長い間…お疲れ様でした!




で。

もうすでに次の作品の準備にかかっておるんですね。

年に数本、確実な良質の作品を世に出していこうじゃないかと。

もちろん舞台も作るつもりだし、リーディングは確実に続けるし。

映画と3本立てでしばらくは遮二無二やっていき増すとも。

いっぺん、疲れ果てて倒れてやろうかと思うとります。


皆様、「ゲキ塾。」、ものすご頑張りますんで…どうぞご贔屓に願います!


**************************************



食品、贅沢品関わらず消費税が上がって、電気料金も値上げ、銀行の手数料も値上げ、高速道路の割引廃止。

前回の3→5%になったときもそうだったのですが、必ず便乗値上げが横行します。

諸々の事情により…で仕方ないのですが、なんかもう世知辛さばっかりが目立つ感じになってきて。

空気がギスギスしてて柔らかくない。


****************************************

ガキの頃、ちょっとお金が手に入るとすぐに郵便局に行き、


「おばちゃん、貯金する!」


ってものすごい少ない単位でちょこちょこ頑張ってました。

それが美徳であったかのように。

苦労した母親の勧めではあったのですが、それでも当時10年で倍になる!ってな言葉がありましたもん。

りそく。

今では一度のコンビニでの引き出して年間の利息を吹っ飛ばしてしまうんでしょ?

詳しくないのですが、モノによって区分けすれば良いのに、課税するものとしないものを。






<携帯電話・インターネット>が無かった時代から、それらが当たり前になった時代を私の世代は生きています。

ものすごい大きな変化を目の当たりにしてきたんですね。

白から赤に変わるような。

もう二度とあの情報スピードの時代には戻らないんでしょうね。

割と楽しかったんだけどなぁ…。


そぷいえば。

上京当時、アパートに暮らしていて一番最初にお金を貯めて贅沢したいモノが<電話を家に引く>ことでした。

そんな不思議なことではなかったのですが、今聞くとドラマ<おしん>のような、惨めさが漂うような苦労話になってしまいます。

全然違うのに。

ああ、こうやって文化が流れていくんだなーって。




進化をいやがるわけではありません。

が、もっともっと楽しい感じの方がステキ。






私の知っている大和の国に流れる空は、大らかでたおやかだったように思います。





2

浮浪者終えたらななみから連絡




いやいやいや、嬉しいことがありました。

 昔の「ゲキ塾。」メンバーで、トノゲキ演劇祭にて優勝したときの精鋭メンバー、牧尾ななみちゃんから電話がありました。

もうそれだけで嬉しいのです。

と、いいますのも、実は彼女はものすごく低い確率(10万人あたり2.4人)の奇病を患っていて、その闘病生活の中で女優活動をしておりました。



「同じ病気を持つ人にも勇気が与えられる!」



という、私なんざ足下にも及ばないほどの気概の持ち主で。

しばらく続けて、本番にも立ち、さあ、もう一発行くか!ってな時に病魔がまたしても彼女の身体をむしばみ始めたのです。

治療のために女優活動を断念、その後も時々連絡を取っていたのですが、この1年ほどさっぱり連絡が取れなくなっておりました。

メンバーには、



「返信が無くても良いから応援の連絡はするように!」



って言っておりました。

私も何度か連絡を取ろうと試みましたが、返事は無く…とても心配をしておりました。

もしも入院していたり、何か不自由なことがあるのならせめて少し手伝ったり元気づけてあげたいわねー…なんて考えるのはかつての仲間としてはあたり前のことです。



そんな折、本日撮影から戻ってきましたら嬉しい携帯電話の表示に嬉しい名前が!

声を聞くととても元気そうで、何よりもホッとして。



「ちょっと、指が動かしにくい状態が続いていて、電話とかメールが出来ませんでした。
こんばんは少し具合が良いので電話が出来ました! みんな元気そうで何よりです。連絡もらっていrの似へん字が出来なくて申し訳なくて…。」



いえいえいえいえいえ、全然結構ですから!

そんなしんどい中電話してきてくれただけでも超感動です。

ちゃんとみんなに伝えておくよ、と言い、少しの会話を楽しんで電話を切りました。



よかったー!


毎日治療で大変そうだけど、ちゃんといてくれて良かった-!



本当に一安心できて嬉しかったのね。

ななみ、有難う。

いつでも何でも連絡ちょうだいね…出来ることはやるよ、俺。


*****************************************




ってことでですね、本日は撮影でした。

膨大な台詞の量と、難しい芝居で現場ではうんうん唸りながらやっておりましたので記念写真とかをなかなか撮れなくて。

ですが、共演していたと、明日に出番を控えたグッチョがお手伝いしてくれて何枚かは面白いのが撮れました。

面白い…ってか別にそのまんまなんですが、何せ生まれて初めての浮浪者の役。

上手いこといくのかなーと心配していたのですが、そこはそれプロのメイクさんにかかればチャチャっと仕上げてくれます。


ちちんぷいぷい…こーやってこーしたら、

救い1


はい、できあがり…。

救い2


ほぼ自前の洋服で衣装になっているってことは、私はいつもそういった方と同系列の洋服?を着ているってことですね。

どやさ。

浮浪者のおっちゃん。





ううう…。

なんか、自分の中で新しい世界が広がってるのがはっきり感じます。

相手役の女の子は元AKBの○○ちゃん。

可愛らしい19歳です。

19さい。

じうきうさい。


まあ、親子モノなのでハッスルして増すとも。

できあがりましたら宣伝しますので、是非楽しみにしていてください!



ばいなら。



3

後悔も大きすぎるとパラレル。はぁ?



OH!牧場は緑-。

天高く馬肥ゆる秋、も終わりを告げようとしています。



私の一番嫌いな「冬」という将軍がすぐそこまで迫ってきてて。

脳内回避、すぐに春が来てジンチョウゲの花の香りに癒やされたと思ったら夏真っ盛り!ってとこまでいつもの歳なら考えるのですが、50歳になるのを機にちょっと変更を加えてみようと思っております。

刹那刹那を感じてみる…みたいな。

寒いのは大嫌いですが、ちょっと向き合ってみようかと。

いままで Tシャツで過ごしていたのをちょっと厚着をしてみる、とか、普通に対応してみようかな、と。

もしかしたら今まで嫌な奴だと思っていたのに、膝を交えて飲んでみたら良い奴だった…的なことが起こるかも知れません。

よっしゃ、味わってみようじぇねえか、冬も。






てなことでですね、若干咳が出たりするベストではないコンディションなのですが、明日、結構大変な撮影を控えております。

気合いの方は十分ですが、いかんとも芝居が難しくて。





ええ、ええ、よーく分かるんです。

演出家の仰っていることはよーく分かるんですね。

理解した上で、難しいんです。

媒体がショートムービーですので、キャラ設定を説明しているような無駄なカットはありません。

ドン!とゴロゴロ太い大木を転がすような画と、キュン!と小さなミクロの心が求められています。




ここから先は演劇論では無くて、生き様だったり空気だったり存在だったり。

役者体力は普段から十分に鍛えている自負があるので問題は無いと思うのですが、頭と精神をどのように昇華させるかという勝負です。

狙ってあからさまな表現はウンコでダメ、でも結果狙いのことを思ってもらわなきゃならない。

超・客観的想像力が求められています。

が、それでもダメなのかも。

死ぬほど考えて一週してきて、また元の姿に戻っている…みたいな堂々巡りを繰り返すうちに、不必要な力が抜けていってくれるのかもしれませんし。

わからない…答えがなくて、否、ありすぎて分からないのかも。


役者特有、産みの苦しみです。

味わっとけ、と。


*************


プロ野球パ・リーグ。

則本投手、新人王おめでとう!!

私ね、この投手大好きなんですよ。

ニコニコ笑う、面白いこと好きの好青年。

でも闘いの場になると闘志むき出しな。

職人ぽい感じではないけど、困ったときの直球頼みって!

パラレル


今時のできあがった感満載な若者よりも全然すがすがしい。

金満球団の監督の甥っ子で、何が何でも金満球団にしか行かない!なんてクソほざいていたガキとは大違いです。

身体ごとどーんとぶつかっていくの、頑張っていつも応援してました。


それにしても楽天はマー君や則本選手や、こういうタイプを取ってくるのが上手ですね。

長い選手とかの失敗をイカしているのかしら。

阪神にもこういう闘志むき出しのイケイケやんちゃ選手がどんどん育ってくれることを本当に祈っています。

*********************************

私の知人の知人が、隠岐の島や五島列島のほうに移住する準備を始めました。

ぶっちゃけめちゃくちゃ興味があることなので、とても気になります。

なんかね、人生が一区切りついて、さあもう一度新しい世界に突入してみようか!なんて考えるときにその方と同じような妄想をしていました。

身近でそういうことが起きると、まるで初恋の頃のようにどんどん自分の胸の中膨らんでいってしまいます。


私は個人的には近くにコンビニが無くてもデパートが無くても全然平気な人。

バイクに乗ってのんびりした余生を楽しむのも一興かな…なんて。

まあ、まだもう少し仕事をして世の役に立つようなことをしなきゃ罰が当たってしまいますがね。



罰を言えば…こないだ比率を計算してみたんです。

現在までにしてきた良いことと悪いことの比率。

パチンコの勝率よりも圧倒的に悪いことが多いのね。



バンバンの♪<サチコ>(超昭和。分かる人だけでOK)じゃないですが、良いことを数えたら片手でさえ余る。悪さしてきたことを数えたら両手両足、隣人のも合わせても足りない。

せめて、これを50:50に持って行かんと隠居は出来んのだろうなーと。

よくね、世界のセレブがものすごい大きな仕事をじゃんじゃんやり遂げて、貯めたお金で50歳くらいから隠居生活、人生を楽しむためだけに過ごす人がいるのですが、まあそれは来世以降にまわすことにします。

ってか、1億年後には人間なんて滅んでいるかも知れんので出来るだけ這うやい段階が有り難いのですがね。


あーあ、ガキの頃からもっとましな人生を送っていれば良かったなーと。

頭悪すぎて、その瞬間しか考えることが出来なかったんだもの。

せめて二日後くらいまで想像することが出来ていたらな-と。


後悔先に立たず…っていうのは50年分くらいの後悔に膨らませるともうどうしよーもない感が出てきておもしろいですね。

スッパリ開き直れる。






私の場合、昔から続けてきた<遮二無二、目の前のことだけ必死になる>作戦、まだ続けるしかなさそうです。



4

いつまでも貧乏暇なし




なんか、貧乏暇なし。

有り難いことでございやす。



このたびは群馬県桐生市にお邪魔しまして、無事に「ゲキ塾。」の皆さんのロケが終了しました。

ファミリー●ストリーという、今までにも何度かお世話になった番組でございます。

多くの方に観て頂ける番組…いわゆる数字の良い(視聴率の高い)番組ですので大いに張り切っておりました。

が、やはりそこは簡単では無く、まだ経験の浅い役者さんたちはパニックに陥っております。

再現のVTRが主体ですので、登場人物も多く、出番がそんなに多くはありません。

だから何となく出来てしまったような気がするのですが、実際はそうでは無いのですね。

みんなの良い経験になれば…という思いで一生懸命売り込んだりもするのですが、力が無い状態で視聴者の前に姿をさらすのは自殺行為でもあります。

いろんなことの狭間で苦しみながら、おのおのが考える力をもって望んでくれたようですので、ひとまずの答えは出してきたようです。

かくいう私も、今回はマネージャーとしての参加をさせて頂こうとやんわりご辞退申し上げたのですがそこはまた、どうせ現場に来るんだから…的に理由で参加することに。

生まれて初めての会津弁を方言指導の方に教えて頂きつつワンシーンだけ参加させて頂きました。

ファミヒス天童2


そういえば今回は会津弁と和歌山弁が出てくるドラマです。

和歌山…といえば私は一人知っている子がおりまして。

数年前まで「ゲキ塾。」にいました湯川智子

さっちゃんの呼び名で長くみんなの妹的に頑張っていた子です。

そのさっちゃんもすでに23歳。

ちゃんと事務所に所属して女優業を続けておりますが、今回は女優さん兼、方言指導として現場に入ってもらいました。

とっても楽しかったようで、


「もう「ゲキ塾。」メンバーじゃないのに有難うございました!」


なんて喜んでくれて。

もう一人、一昨年うちで作った芝居にゲスト出演してもらったししほんじ君。

舞台は山ほど経験している、もう中堅どころからベテランの領域に入る役者ですが、なんと映像のお仕事ははじめて!

ものすごい緊張感を漂わせてて、蹴っても殴っても反応できないほど。

とても楽しくいぢり倒せました。


そして、数ヶ月前から身体の具合が悪くて役者業をストップさせておりましたロクこと小川ゆかりが、女優業に復帰することになりました。

ご心配してくださった方、本当に有難うございました。

一段と美しく、可愛く、さらに磨きのかかったがさつさを身にまとって戻って参りました。

また、ともに精進していきますのでよろしくお願いします。

そして、復帰早々早速12月の舞台が決まりました。

やっぱね、演劇の神様の後押しもあるみたいで…とにかくおめでとう!ってことですね。







2日間で750km、数人の役者を乗せて事故のないよう無事にマネージャー家業を遂行できました。



ま。

ファミヒス天童


一度でも同じ釜の飯を食った人はみんな仲間、メンバーですよ、と。

ちなみにON AIR は12月13日だそうです。

お時間ある方、是非ご覧ください!

************************************

んでもって、一息ついたところで早速次のショートムービーの準備です。

狂言だとか落語だとか、膨大な台詞だとかと戦っております。

この仕事が終わりましたら、やっと小汚い中途半端ロン毛から解放されます。

頑張らねば…と思いつつも身体が悲鳴を上げております。

全然つかれなんて吹っ飛びません。

これはもう…チャイナドレスのきれいなおねいちゃんの膝枕しか私を救えなさそうです。


リーディングの仕上げの演出もあるしね、そのあとはちょっとしたお芝居が控えているのですが、まだ一言も台詞を覚えていないし…。



わーきゃーぐおー!って飲んで叫んでいるうちに除夜の鐘がゴーンってなりそうな気配。

いとをかし…いうてる場合か!


明日は衣装合わせ、リハーサル、打ち合わせ。

なんでこれで大金持ちになれないんだろ?



戦う40代最後の冬の陣!

3

みんな大忙し!




なんかね、ここに来てみんな大忙しで。

「ゲキ塾。」の人たち、お仕事がたくさん頂ける有り難いことになっております。
(ものすごいギャラになるかって言えば全然そんなことないのですがね)


メンバー長写真



「ゲキ塾。」のホームページも最近一新されました。

http://www.gekijuku.com/

私の信頼する超強力なブレーンと一緒に、「ゲキ塾。」を本格的な映画屋さんの集団にしようと愛一歩を踏み出し始めたんです。

で、とうとう「ゲキ塾。」で短編映画が作れるところまで来ました。

先日も書きましたが、全員オーディション、自分とこで作るからってコネコネありまくっていたら質が落ちます。

やりたいと思って始めたことからずれてしまうので全員ガチ勝負で決めました。

念願かなって「ゲキ塾。」第一作目に出演できることになったのですが、他にも<>と<グッチョ>が出演します。

大変嬉しいことでごいます。

グッチョなんぞはつい先日までオファーされた芝居に出演しておりまして、千秋楽を迎えた翌日には映画の衣装合わせと撮影、その間を縫ってテレビの撮影、1日開けてリーディング公演と、話だけ聞いていたら完全に売れっ子の話です。

他のメンバーも、入ったばかりの新人さんですら1本、それ以外の人で2~3本、仕事を抱えています。

みんな、


「ああ、台本を一杯抱えて忙しいよー…なんて言う生活をしてみたい!」


って言ってましたが、まさにそんな感じ。

身体を壊さないように祈るばかりです。


今回もたくさんの人が国営放送の<ファミリー●ストリー>に出演させていただけることになりましたが、これも全て前回、前々回ときちんとした仕事を評価していただけたからだと思っています。

アリガタヤ有り型や…思えば、10年前に私が「ゲキ塾。」を立ち上げた頃、



「若い奴らに仕事を持ってくるなんて…プロダクションを作っても厳しいのに今の時代にそんなことが出来るわけが無い。」



あほか!的に言われたこともありましたが、必ず正義は勝つ!、稽古は裏切らない! 的な青臭い言葉を信じてやってきました。

今、少しずつですがスクラムを組んで立ち向かえる体制が出来てきたことを私はとても幸せに感じているのですね。






仲間という人ははどんどん現れて、でもそれ以上にどんどん去って行き。

人のつながりの儚さや、また、強い絆を感じたりする10年間でした。

自分の行く道を50年生きてきたあたりでそろそろ考えようと思います。



演じることによって、芝居をすることによって…役者を始めた頃感じていたものと、この年齢で感じているモノが大きく異なります。

最終的には、たくさんの人に喜ばれるのが好きだったんですけどね。

色んな形でそれは表現できるのかも…なんて思っています。



混沌としていてまだ何がどうしたのかさっぱり分からないのですが、私は何かをしなければならないような…背中を押されるような…得体の知れないモノに焦っている気がしてならないのです。

へんなの。




*******<業務連絡>*********

●大岡山で一緒にちゃんこ鍋を食べたキム様…ぜひぜひ連絡をお願いします。

●全温度さん! なんかね、小さい頃から「へーんだ、スイカはなぁ野菜なんじゃ!」って言ってましたが、大人になってからどこかで、「いや、普通に果物でいいよ。無理があるから。台詞でも果物しばりにね。」なんて言われたのでことがあるのですね。それ以来野菜説を分している感じなのです。どっちがいいのでせう?
ちなみに、作った陶器には意味の無い画を描いてあります。殴り書き。雰囲気、です。

●へから夫人さま! スイカはね、志村食いが一番よ。それもマッパでね。

●まっふさま! 今度、おちょことか大量に作ってここでプレゼント企画やったろか!って思ってますぞ。

●pikminさま! 自分のペースで減量していこうとしますとですね、20光年ほどかかってしまうのですね。食べたいときには食べようよ系は、私にとっては何もしていないのと同じになってしまうのですよ。
アホの宿命ですね!

●いがきち様! そーなんですよ。もう少しね、小さく作っておけば良かったです。たんに一杯で飲む酒の量が増えただけで、非常に燃費の悪いぐい飲みになってしまいました。単に、大きなコップを作ろうと思っただけだったのですがね。次はちゃんと狙って作ります!


6

妹尾のさくしん!(懐)




最近、夜中にお腹が空いてたまらないのですが。

食欲の秋ってーのは便利な言葉です。

が、コレステロールを下げるために日夜戦っておりますので我慢、我慢の日々です。



なんかね、とくに果物が食べたくなるのよ。

果物と言えば不思議なんですがね、私は昔から果物が大好きで、そりゃあもう田舎者ですから学校の行き帰りなんかはそこら中に果物がなっているんです。

勝手にもいで食べたりしてて、割とそれが普通なことだったりもするんですが、時々持ち主にしかられたりして。

あけび、いちじく、柿、柑橘系…なんてのは超普通の食い物でした。

いちじくなんかスーパーできれいにパックに入れられて売っているわけでございますが、



「あんなものに金を払う意味が分からんわ!」



ってな思いが今でもあります。

勇気をふるって購入してみますと、これがまた何とも味気なくて。

薄味にもほどがある。


一番好きな果物なぁに?って聞かれましたら、それは今も昔も変わらず


「すいか!」


って答えます。

夏の到来という喜ばしい意味を持つ幸せの赤い果実。

なんと言いましても(夏味+遠慮のなさ)が最高でございます。

あんなに遠慮無くガシュガシュ食べられるものはそうそうありませんもの。

かぶりついて、ぼろぼろこぼしてもめんどくさくないし。

同じ瓜科のやつでもメロンなんかはこぼすと勿体ない、お上品に!ってな気を遣うのがめんどいー。

上に乗っかってくる生ハムも意味が分からんし。




でね、まぁミカンなんかも好きなんですよ。

果実の代表的な存在だし、ジュースや芳香剤、お菓子なんかにも必ずオレンジ系はあります。

当然おいしくいただくのですが、毎年、最初の一個がとっても美味しいの。

で、うわわわってなってもっともっと欲しいってんで箱で買ったりします。

今年もそうでした。

スーパーで並んでいるミカンを一袋買ってきて口に入れますと、これがまた何とも


うほほほっほーって笑けてくるおいしさ。

感動して一箱調子に乗って買います。

一週間ほどして届く頃にはすっかり飽きてる…。


別にぃ、ミカンそんなにいらんし…みたいになってる。

で、何か緑色の気色悪いミカンが出来てしまったりして。

最初のあの美味しい勢いはどこに行ってしまうのでしょうか?



年中ミカン味を口にしているから、体中で飽きちゃっているのでしょうか?

だったら全ての食べ物や飲み物からオレンジ系を我慢して、つまり<ミカン絶ち>を1年間やってからこの季節を迎えると、感動もひとしおってことになるのでしょうか。

果物好きセノオとしましてはやってみる価値があるかもしれません。

り<ミカン絶ち>。



*********************************************


さて。

この夏に、某所にて土いじりをしてきました。

そ。

陶芸体験みたいなやつ。

でね、忘れた頃…ちょうど昨日、その作品が届きました。

陶芸1



日本酒を飲むために手びねりでコネコネしたのですが、こういうふうになるんだーって。

二回り以上小さくなるんですね。

楽しい夏の思い出です。

これはハマる人が多いのが分かりますもの。

単に泥遊びだけでも楽しいのに、ブツが完成して、しかもそれが日用品として使えるのならこりゃもう愛着も湧くでしょうしね。

ま、出来が良いわけはないのですが、自作ってことで壊れるまで使ってみようと思います。


陶芸2

3

武道は飲んでも楽し





ぜんぜん大人に何かなりきれない妹尾です。





人間大好きー、もうみんなでわっしょいわっしょいやろうよねー!なんてるんるんで出かけていって、めっちゃくちゃ腹を当てている自分。

何か、本当に試されているんだねーって思います。

その試験には毎回不合格ですけど。


3歩進んで2歩半戻る、いや、たまには4歩戻ってみたりしているそんなくそったれですわ。





***************

合気道の兄弟子の家に集まりまして。


CAI_0486.jpg


兄弟子と言いましても、そらもう遙か彼方の兄弟子で、すでに七十●歳、合気道歴も五十数年という猛者です。

普通に言えばおじいちゃまなんですが、完璧に渡しより強いおじいちゃま。

いとも簡単にぶん投げられたり関節を極められたりします。


ぎゃふん。


瞬殺ですわ。



無題


ですが、このおじいちゃまとその奥様がたいそう優しくて。



「妹尾君、またうちに遊びに来て一緒に飲もうよ!」



って声をかけてくれます。

私は元来、野良犬の性質を持っていますのでお言葉に甘えるのがとても得意です。

そして癖になるタイプです…ので今回も他の方と連れだってお邪魔させて頂きました。




前回、大層お世話になったし、散らかしっぱなしで失礼しちゃったりしていたので今回は私が厨房に入るという約束をしておりました。

簡単なもので手っ取り早く皆で食べられるもの…ってんで、お好み焼き。

自分で作ったお好み焼きは辟易としているので見るのも嫌なのですが、これが割とたくさんの人に評判が良くて。

いろんなところでお褒めの言葉を頂戴します。

自然と、<困ったらお好み焼き>敵な逃げ道が出来ておりまして。

なかなか便利ですのでこの日も自宅より<マイ小手>を持参しまして、チャカチャカ焼きましたのさ。


で、そんなこんなの盛り上がりを見せていきますと…どうも身体を動かすことが大好きな人の集まりですので、途中からは技の実験場みたいな感じになってきます。



「●●を△□すれば、こーなってあ-なって、そんでもってこんな具合になるんじゃないの?」




「でもね、これをこーして、そんでもってこっちからこうすれば×■じゃない?」





ふむふむ、なーるほど…とどんどん武道家の方々のテンションが上がっていきます。

武道をたしなむ方の中には、本当に扇をついきゅしようとする純粋な方が多くいらっしゃいますので、皆さん驚くほど研究熱心なんですね。

飲んでても。

熱心すぎて、痛いのとかよく分からなくなったりします。





この兄弟子のお宅にお邪魔すると、翌日、必ず身に覚えの無い傷が出来ているのでとっても不思議!

んもう、皆さんお茶目・。



私、ここから先の人生、ずーっと武道に関わっていきたいと思ってます。


仲間、楽しいし、道の追求、めちゃくちゃ楽しい。





気を練る…まだまだ果てしなく遠いことですが、なんかとにかくやってみようって気が充満してます。



心技体。

今の自分はぐっちゃぐちゃのばらばら、パーツっを組み合わせて少しでもガンダムみたいにできあがっていけたなら…


もう少しお利口な人間になれるかも知れません。




******<ついしん>***********************


皆様、いろいろご心配をおかけしまして申し訳ありません。

身体ですが、とにかくコレステロール、中性脂肪、悪玉的なものが多すぎ!ってことらしく、本当に酒を抜く日を作ったり、あとはラーメンを食べる回数を減らしたりしております。

なんとかまともな数値になるよう頑張っておりますが、楽しいお知恵がありましたら是非拝借したいと思います。

じゃんじゃん書き込んでくだされば有り難き幸せ!



マリさん! マジで卵減らしてます。
どーしても食べたいときは、ウズラの卵。
もしくは白身オンリーなんでしょうけど勿体ないし、見ないようにしてます。



キムちゃん!連絡ちょーだいよ。
fb(https://www.facebook.com/senooseikoh)に書き込んでくれたらオッケーよ…ってか半月板?
積もる話しよーぜ!



全温度チアーさん!ロクはですね、なんとか出す方向でって話してます。本人も少し迷っているようですが、身体の問題なので何とも…ってところです。



pikminさん!ええ?ボッチがブログを?全く知りませんでした。
さっそくチェックしてみます…へええええ、時代も変わればボッチも変わるんですねえ…感慨深し。


まっふさん! 初めまして。
そーなんですよ、一度嫌いと思ったらとことん行っちゃうんです、私も。
でも、それがしんどくなってきたので自分を楽にするために他人を好きになれそうな気がしているんですが、なかなかその博愛の境地には届きません…。
これからもよろしくです!



嬉野市の方! いえいえ、こちらこそ本当に有難うございます。
めちゃくちゃ美味しくてびっくりしました。あれはいくら何でも自分の家では作れない味かと。
取り寄せます!



へから夫人さん! そろそろ京都はお漬け物の季節ねー。いーなー…自分で漬けたりしてるんだけど、どうしても美味しい味が出せないのね。最終的には大好物の<すぐき>を我が家で…って思ってる。
なんの話だ、これ? バイク、気をつけて!





seitaroさん! 悟り? サトリ…果て、いったい何のことやら…あと人間を3回くらい出直してこなきゃ私には無理っぽいです。
もうね、あほらしくなるくらい自分が情けないですよ。
どもならん過ぎて残念の金メダルです。

4

路線変更?




最近、対人関係が変わってきました。

変えようとしたわけではにのですがね。



後輩、先輩、年寄り、若いの、結局みんな仲間なんだな、って。

人生で出会った仲間。



何億人もいる中で話したり食事したり出来る人って本当に微々たるもの。

腹が立つのも憎たらしいのも、全てを受け入れようとしたらちょと景色が変わってきました。




この方がラクチンなんだけど、ずーと24時間そうは思えないのがしんどいところ。

なんかね、アホみたいなやつて思っていた人にも、立派な人生があって、人格があって、愛した家族があってって考えられるようになってきたのよ。



そんでもって、そういうやつが俺の骨を拾いに来てくれるって言うじゃない…。

ひよってる訳じゃないんだけど、自然で楽で楽しいから。



そりゃあね、大切にしようと。




秋の空、争いごとがめんどくせえ…。

秋空


私の人生にも秋が訪れたようです。



5

洒水の滝





なんか、まわりが慌ただしくなってきました。

今月末から、またしてもNHKのファミリーヒストリーに入ります。

今回は●●さんの半生を追いかけるのですが…。



「ゲキ塾。」からまた出演者が出そうです。

前回、一生懸命にみんなが頑張ったおかげですね!

ま、役があれば…ですが。

いずれにせよ台本ができあがってくるのがとても楽しみです。


今回は誰が出られるのかしら! うふふふ。





と、ほぼ同時期に諸音ムービーの撮影も始まります。

ショートとはいえ映画ですし、「ゲキ塾。」がはじめて立ち上げる舞台以外のコンテンツ。

力、入りまくっています。


自分を含めて「ゲキ塾。」の人も希望者は全てオーディションでした。

こういう形をとって、血が濃くなる(コネ等で出演者が決まり、作品の質が落ちる)ことを防ぎます。

これはこの企画のプロデューサ-であり、また「ゲキ塾。」の後援者でもある M 氏がきっちりと意思統一させてくれているのでとても助かります。

私も、自分のところで作る作品のオーディションを受けに行き、きっちり緊張して、くたくたになるとは想像もしていませんでしたから。

だけど、これを続けて…数年後には「ゲキ塾。」の優秀な演者とスタッフで色んな映画を作っていこうじゃ無いかと…。

そんなことを目論んでいるのであります。

うふふふ、だんだんと大きなものに近づいて行く感覚…楽しい!


一つ、死ぬほどウザいことがあるのですが、それは頭髪。

浮浪者のおっちゃんの役なので絶賛ロン毛キャンペーン実施中なのね。

私、個人的には耳にかかるだけでかなり鬱陶しいので、これには本当に平行しております。

M氏からも



「あ、妹尾さん、撮り終わるまで切らないでくださいね。汚く汚く。」


…。









さて。

医者にコレステロールが300オーバーってのを指摘され、



<ラーメン禁止令>


が発令された翌日に大変美味しいちゃんぽんをいただきました。

これはちゃんぽんであってラーメンではありません。

「ゲキ塾。」にいたロクのママから頂いたものなんですが、さすがに本場だけあってめちゃくちゃ美味いの。


エビ、イカ、豚肉、キャベツ、練り物、ウズラ他…うーん、最高!


高校生の頃、岡山県には


<長崎ちゃんめん>


っていう店があったのを記憶しています。

今はどうか知らんけど。

そこに、しょっちゅう通って食べていました。

上京してからは


<リンガーハット>


っていお店が身近なのでそこに行ってmすが、もう飽きまくりまして…。

このロクママからのプレゼントが何とも言えずに幸せな味だったのですね!

自分で取り寄せて、自宅で美味しいちゃんぽんがいつでも食べられるようにしますわ!




ちゃんぽん











先日。

森林浴を欲するココロがむくむくと沸き上がってきまして。

なんかね、自然のパワーを受け止めたい!みたいな。




午前中からあいにくの雨です。

あーあ、と行く気が失せてきそうなところに天気の情報が



「午後からはすっきり晴れるでしょう。」



ってことだったので、まあ限りなく昼に近い午前中に出かけてきました。



洒水の滝


これで、<しゃすいのたき>って読みます。

なんで<しゅ>じゃなくて<しゃ>なのかさっぱり分かりませんが、まあそうなんですって。




これはね、友人が教えてくれました、




「とてもマイナスイオンがあふれ出ているきれいな滝なのよ!」



っていう情報。

そんなに遠くないし丁度良いかなーと。

名前も<酒>とかって、なんか楽しそうだし。

どの滝でも良いのですが、お勧めならば選ぶのに苦労しませんものね。



雨の中、車を走らせて。

この日、はじめてカーナビに嘘をつかれていらいらしながら着きました。



天気予報も大嘘。

ジャブジャブ雨が降っていて、裏切られた感じが満載です。




が、運の良いことに駐車場に車を止めて滝に向かってテクテク歩き始めたら雨がほとんど上がってくれまして。

まあ、霧雨…っていうんですか?雲の中にいるみたいな。

じーっとしてても小さな水の結晶が着いてくるくらいで嫌な気はしません。

マイナスイオンのスイッチを<強>にした感じ。

好都合です。



先ほどまでのいらいらがスッとなくなり、ものすごい気持ちいい感じになってきまして。



「あらららら、不思議なもんよね-。」



ってさらに100mほど歩きましたら、目の前に大きな滝がいきなりドーンと!



「うわあああ、きれーーーーー!」



本当にね、きれいなんですよ。

わき水も出ててごくごく飲みましたし、とっても良い気持ち。

髪の毛が濡れてもサラサラした感じで本当に気持ちいい。



おお、これを求めていたのよーってテンションが上がりまくりました。

しばらくアホみたいにじーっと滝を眺めて、身体の中に元気玉を入れーの、悪さ玉を出しーのして帰ってきました。


洒水の滝

(頭の中に水を入れているの…っていうテーマ。実物は写真よりものすごい大きくて荘厳!)



連休の最終日で道路はどこも渋滞が激しいのですが、特に気にならないくらいるんるん気分。



♪フンフンフン! って鼻歌交じりに帰ってきました。



身体も軽くなった…って言うかさっぱりした感じなれて。

これはサウナや垢すりよりもすっきりします。



この<洒水の滝>、私の大好きな場所に加えることにしました。

プチツーリングで走りに行くのに最適ね!

皆さんも是非一度どうぞ!


2

血がヘドロ




じういちがつ。

それにしても早いもんです…月日、老化。




さ、恒例の氏神様参り。

1日ですので行ってきました。



「いつも健康を有難うございます!」


ってな内容がほとんどなのですが、パンパンってお祈りをしておりましたら、またしてもここの神社のおっちゃん(江戸っ子)が出てきまして。

そ。

私を野球選手と思い込んでいた面白いおっちゃん。

先月は大量に柿をくれた人です。

私が来るのを待ってましたとばかりに、



「兄(アン)ちゃん、おはよう! 今月はね、たーくさん採れた銀杏があるから持って行きな!」



って。



「神社の境内で採れたものだから縁起も良いぞ。」



「わお! 有難うございます。ってか、なんでしょっちゅうこんなにたくさんくれるんですか? そんなにたくさんお賽銭入れてませんよ。」



「俺はなあ、若い頃に悪さばっかりやってたからさ、老い先が短くなってからはちょっとでも善いことをしておこうと思ってさ。それに兄(アン)ちゃんは俺が車を売るときにいろいろと教えてくれただろ!その礼だよ。」




だと。

ずいぶん前のことを嬉しく思ってくれていたのね。





銀杏



霊験あらたかな神社産の銀杏。

さっそくおつまみにさせて頂きますわ。





*****************************************


先日、数ヶ月に一度の身体の検査に行きました。

私は脂肪肝なので、その検査です。



足と手の指先を硬直させながら全身を緊張させて採血を終えます。

まずはこの恐怖と立ち向かうところから始まるのですが、もうこの時点でへとへとにになります。

私はとにかく注射が怖いので。


そして待つこと数十分、いつもの先生の声が制がスピーカーからコールされます。




「せのーさーん、せのーさーん、○○号室におはいりくださーい…。」



「コンコン…失礼します!」




最初のうちこそお久しぶりですーみたいに、楽しく話してまして。

ケラケラ笑いも交えたりして。

でね、ちょっと濃い話になってきて。

できあがってきた私の身体の数値が書かれた表を見ながら、




「あのですねー、妹尾さん、ちょっとコレステロールが高すぎますねえ…280という数字を超えると普通はね、投薬で治療が始まるんですよ。それどころの数値ゃないし。中性脂肪も高いし肝臓の数値も…まあ体質もあると思うんですがね。」



「はいはい。でもまあよくある話だしまあ大丈夫でしょ?」



「うーん、ポックリ逝く感じですかね。」



「ほほう…ゆったり逝く感じにはなりませんかね?」



「なりませんね。」



「…ほ、ほほう…。えと、何に気をつければ良いですかね?」



「うーん、とにかくね、血がドロドロ。ヘドロ。脳も心臓も詰まると困るし、お父さんの体質を継いでいたら糖尿病もすぐそこですからね。」



「いや、怖いのは置いといて、何に気をつければ? 痩せるのが良いの?」



「まずね、ラーメンやめましょうよ。ラーメン、卵類。」



「それは死ですね。生きながら死ですね。」



「リアル死よりましですよ。」






的な会話がありました。

私、勿体ないお化けが出ますので、どんなラーメンも完食するタイプです。

つまり、スープも残さず最後の一滴まで飲み干す系。

しかも、たぶん一週間のうち10回くらい喰います。

ラーメン、パスタ、そば、うどん、とにかく細長いものが大好きなのね。

そしてもちろん卵類も。

特にね、魚卵が好き。

いくら、とびっこ…おおぅ、大好物です。



だめなんだって。

我慢するってか、やめるのはきついので少し食べる回数を減らすことにします。

あと50年生きてやる作戦のために。


いやいやいやいや、いずれにせよたばこを我慢するよりは楽なはずなのでね!






そして、近く人間ドッグに行くことを決意しました。

体中を輪切りにしてもらって、断層写真を撮る例のやつ。

まだ体験したことが無いのですが、なんでもこの先生が言うには、



「ドッグには行って色んな検査をした方が良いよ、間違いなく。絶対にやってくださいね。今は胃がんよりも大腸がんとかが多いから。西洋式の食べ物に変わってきてるから、病気も同じように西洋化してるんですよ。見つけにくいもの。」



「ああ、そういえば今年私の知人も私より若くして亡くなりました、その病気で。」



「でしょ? とにかくね、良いタイミングなのでやってみてくださいよ。大きな声じゃ言えないけど、うちの病院(日本的にもかなり有名な大病院)は高いからさ、どこか近くの病院で調べて…ね!」



「は、はい。先生、ヤサスゥィート!」



「…妹尾さんがやっているこの肝臓の血液検査、この採血の結果で、アレ?何かおかしいぞ?って他の部位の悪いものが見つかった時はもうどうしようもないくらいに進行してるってことだから。ちゃんと専門的に調べてよ。」




なんと!

私、あんなに怖い思いをして血を抜かれているので、その地を調べればほとんどのことが分かってしまうのだと思っていたのですね。

でもどうやらそうではないみたい。

…。





ま、ここらで一つ、身体の総点検…ってのもありなんだなと思うことにします。



輪切り





先日の映画で共演した、遠山景織子さんが野菜のプロ?なんですって。

ナチュラルフード・コーディネーター。

でね、すごく身体に良いと勧められていた、<生姜のハチミツ漬け>なるものを早速やってみましたわ。

レモンは漬けたことあったけど、生姜ははじめて。

どんなものができあがるのかは分かりませんが、血液をサラサラにするために頑張ってみますとも。


http://pecolly.jp/user/profile/165733


そして!

自転車を購入して乗り回すことも決意。

さあ、何から始めるか…腹が減っては戦は出来ぬ。



まずはラーメンいっとこ。






該当の記事は見つかりませんでした。