・・・されど役者的妹尾blog

役者道を邁進している人たちの稽古場風景。 最後に笑うのは自分だ,系。 だ-か-ら、やることやって言ってますとも!   since.2006.4.14
7

火!


自宅バーベキューなう。

火はいいよね、やっぱ。

2

おっちゃんがもの申すぞよ。




愚痴ります。




本当にね、本当にここ何年かで慣れてきたんだけど。

<最近の若者>っていう特殊な人に限定したくないからそういう言い方はしたくないんです。

でもね、そう呼ばれる年齢層に多いのも事実なので他にボギャがみつからないのよ。


バックレ。


たとえばバイト。

バイトをしている子が、ちょっとしたサボり心で休みます。

こんなのはよくある話で、私なんかいつもそうだった。

でね、休んじゃったら


「ごめんなさい。」


って言うことが出来ないのね。

で、辞めちゃう。

電話がかかってきても居留守を使ったり、果ては電話番号変えちゃったりしてまで逃げる。

着信履歴にお世話になった人の名前が出てても全然平気なのね。

知らん顔。



別に謝らなくてもいいのだけど、


「かくかくしかじか、こういう訳で○○しました、つきましては私は□□することに決めました!」


って言えばいいのに…っつうか言うべじゃないのかなって。

通念上の常識が変化してきているのなら単なるオヤジの小言ですが、私は自分の常識にとらわれて生きていますのでそれでよかと思うちょります。


小言湯飲み




「ゲキ塾。」なんかでもね、過去にたくさんいました。

何も言わずにいなくなっちゃう人。

本番を控えていて、稽古も大詰めなところにきて急にバックレちゃう人。

最初はね、バックレなのかはこちらとしましてはわかりませんし疑ってもいないので、まずは心配しちゃうんですよ。



「おいおい、どーしちゃったんだろう。事故でも起こしてるんじゃないのかな?病気かな?」


何日か連絡が取れなくなった子が実は入院していたとか、ややこしいことに巻き込まれていたとかは事実ありました。

ですから早急に答えは出ないのですが、とにかく何度も連絡しても音沙汰なし。

最近では便利なSNSとかがありますが、そちらも解除して…っていう手の込んだ作業がなされてます。

そんなんするんだったら一言はなせばいいだけなのにねって思っちゃう。



役者を廃業してからも何度も稽古場に遊びに来るOB,OGがいることはうれしい限りです。

人生を通してのお付き合いが出来ると思ってる。

でも、バックレた子はその失った信頼を取り戻すことはたぶん出来ないでしょう。

10年かかってやり直しても、最後の最後で


「この人はね…」


ってつきまとうもの。



なんなんだろう、本当に不思議。

自分の考えていることを相手に伝えて。

もしもそれが迷惑をかけてしまうことだったら一番良い方法を話し合って…んでもってきれいに飛び立てばいいだろうに。

その方が自分も楽だし笑い合えるのに。

そんなふつうのことが出来ない人が、第三者に何かを伝えたり心に一石を投じたり…っていう仕事は無理なことじゃないかと思います。

ですから、俳優を目指す方には特にそういうことはないように口を酸っぱくしているのですがね。



でもね、本当に多くて。

残念でたまらないんですわよ。

寂しいしね。

人を信じる力がそぎ落とされていく…ような気がしてしまいます。


おっちゃんの愚痴ってことで。




**************************************

さて。

今日は「ゲキ塾。」が作るショートムービーのオーディション。

たくさんの応募がありました。

「ゲキ塾。」を立ち上げた私も公平な立場でオーディションを受けて、良い芝居が出来なければ出演できません。

監督に見て決めてもらいます。

良いものを残さなければ次につながりません。

コネの通じない世界を「ゲキ塾。」で作りたかったので記念すべきすばらしい第一歩です。

ローマに通ず


わーいわーい!

で、明日は映画の撮影。

なんだか立て込んで参りましたが望むところよ。



体を張ってでも頑なに自分の我を通そうとする…つまり頑張るってことですわね!




3

復活、モロボシ!




くっそー、モロボシめ、手間をとらせやがって…。

っていうわけでですね、やっとwindows7をぶち込むことができたぞ、という苦しい4日間くらいでした。

なっかなか出来なくて悩みに悩んだのですが、とにもかくにも7のCDをゲットしまして、あとは南無三…とばかりにクリーンインストールいたしました。

立ち上げからお先真っ暗みたいな感じになってしまいましたのですが、セーフモードっていう、昔xpと戦っているときに一度か二度みたことのある画面から操作をしまして。

やっとこどっこいネットにもつながってこんなブログも書き換えたり出来るようになったのです。

ハードディスクのパーテーションを作り、解凍ツールやら何やら必要なソフトをぶち込んで。

私にしましてはものすごい戦いでした。



しかしながら全てがうまくいったわけではなく、失ってしまった戦友もいます。

thunderbirdのメールソフトを使っていたのですが、モロボシに移行させようと(過去のデータをちゃんとバックアップをとっていたのですが)しましたがウンともスンとも言わず。

色んなところに書かれている情報を駆使しまして、cドライブの中に入っていき、○○○.default を引っ張り出して貼り付けて…で、だめ。

やっている内容の意味がわからないのでこれ以上の作業はやり用がありません。

失ってしまったたくさんの情報、もうあきらめることにしてモロボシと新たなメールの旅に出ることにしました。

全て新規でやり直し…今までの10年以上の情報はいずこへ…。


はぁ、二度とごめんだわ。




でも、このモロボシ君はさくさく動きます。

だいぶんダイエットしてすっきりした感じ。

xpと対して変わらない感覚で動かせるのでこれなら私でも大丈夫です。

そーいえば今まで使っていたadobeの Photo Shop mini っていうアルバムソフトがモロボシ君では使えなくなってしまいました。

私、たくさんの写真を管理するのでこれに変わるのをまた探さなきゃなりません。

せっかく使い方がよくわかっていて慣れ親しんでいたのに、否応なしにこういう感じになってしまうのは本当にいやなものです。

ついでにいえばAtokも。

私のverが16で、これもモロボシには対応していないって。

これだけは譲れませんので(ほかのソフトでは文字入力がまともに出来ない)何とか急ぎでゲットしなきゃ。


はああ。



******************************


で、しばらく前から我が家になくなっていたものの一つが<ホットプレート>。

これは、お好み焼き愛好家としましてはなんとも不便でありまして。

散財するのもいやだしなー、どーしよっかなー、って思案しておりましが良いこと発見。

ぽいんと。

クレジットカードやら何やらで貯まっていると思われるポイントを使ってゲットできねえか。

調べてみたら出来た。

いきなり。

ドコモのポイント。

で、ゲットできる品物がくそみたいなモンだったらいやなので一応調べてみますと、ちゃんとタイガーのステキな商品みたい。

価格.comでも一等賞の人気みたいで、これなら間違いなしだろうと速攻で発注しましたら届きました。

わーいわーい!

いきなりたこ焼きやってみましたらすんげえうまく焼けるの。

たこ焼き

前に使っていたのが8年ほど粘っていたので、その技術の進化には驚きました。

で、本当ならお好み焼きをやるのが王道なんでしょうが今回ちょっとひねってもんじゃ焼きを。

私、この食べ物はどーかと思いながら上京した口ですが、じつは大好物になっております。

お好みとは全く別のもので、ちゃんと酒のアテになります。

おいしいもの。

自分でやるときは、<餅・チーズ・めんたい・ベビースター・イカ、干しエビ>ってーのがパターン。

東京の下町っ子に教えてもらった、めちゃ美味もんじゃだそうです。

これは美味いっすよー!

もんじゃ

ほっほー、美味しくて美味しくて。

ビールやかき氷が進というものですわよ!

ああ、とにかくバイクも併せて3つ我が家のぶっ壊れ君がふっかつしましたの。

めでたしめでたし!


氷

8

宣言!




直ったー!と思って喜んで乗っていたスクーターがまた壊れた。

っちゅうか動かない。

えらいこっちゃ!どーしよーと緊急対策としてキックを蹴り続けるも無駄。

100回ほど蹴飛ばしてみたが初爆の起こる気配もない。

だんだんムカついてきて、



「ええ加減にせえよ、ほかすぞ!」



って本気で怒鳴っていたら学校帰りの小学生たちが一斉に振り向いて、んでもって小走りに逃げていった。

明日あたり、学校の回覧板的なモノに



「小学校の近辺に変質者と思われる大男が出没します。保護者の方は…云々。」



的な文書が回りそうです。

すんません、変質者ではありませぬ。





セルボタンを押す→カチカチ音がする…っちゅうことはセルボタンからリレーまでは生きているってことなのよね。

では素人的に考えて一番怪しいのはセルモーターーがご臨終ってこと?

先日このバイクを直してくれたお兄ちゃんが、



「ほぼほぼ尚しましたよ。いろんなものを流用しましたが問題ないです。ただ、ちょっとセルモーターが弱り気味なのが気になりますが…。」


って言っていたので、99%間違いないでしょう。

ってんで早速キムコの,、セルモーターっていうので検索をかけて調べました。

ない。

みつからん。

キムコの代理店に連絡して取り寄せればいいらしいのですが、それはとってもお値段がお高いらしくて何とか避けたいところ。

徹底的に調べましたら型番が出てきました。

そしてエンジンの型式も。

それらと一緒に調べてみましたら北海道のとある方にたどり着きました。

この方、詳しいらしくて。

で、いろいろと聞いてみましたら、やっぱりかなりユルい感じみたいで。

つまり、パーツは型番を合わせておけば、普通ならきっちりボルトオンできるはずなんですが、なかなか一筋縄ではいかないよ、と。

日本製と同じに考えてはいけないらしく。

とにもかくにもスクーターを動かしたい一心で、一か八かにかけて商品をヤフオクで安く落としました。

新品だから問題ない…はず!と。


セルモーター


速攻で届きました。

わっしょいわっしょい、さっそくスクーターをバラします。

ボディ廻りだけストリップにして、セルモーターに手を突っ込みます。

ガシガシやって取り外し、新しいものに換装。



うん、やっぱしね!



はまりません。

当たり前のように入りません。

形状を見比べてみれば、そりゃもうタラちゃんでも分かるくらい違います。

が、モーターの本体部分の形状は同じなので取り付けパーツ、ネジ穴部分、その他全てが形が違ってて。



「これは試されている!」



ってことですね。

なんとか工夫して取り付けなさいよ、と。

何せあと50.000kmは乗るって決めてるんですから。

溶接機器を持っていないので、外装部分をばらすことができません。

まあそこまでやる気力もありませんが。

ハンダゴテでなんとか金具を取り付けて装着できるようにしようかしら…なんてやっぱメンドクセエので力業で行くことにしました。

モーターの取り付けネジは2本。

別にアースの役割をしているようでもないので1本止まってりゃいいだろうと、本体を斜めにしてネジ穴を合わせます。

泣き叫ぶモーターを無理矢理ボディに固定。

すると、リレーに向かって伸びていく配線2本(とても大切)が後輪のタイヤハウスに思いきり干渉してます。

干渉しているって言うよりもめり込んでるくらい。

こりゃダメだわ、必ずぶっ壊れる!のでタイヤハウスを削って穴を空けました。

そうしましたら干渉していた大事なコネクター部分がひょこりを地面に向かって顔を出すようになりまして。

これで大丈夫…じゃないですね。

地面から跳ねてきた小石などがモロに激突してしまいますわ。

シャレにならん。

めっさ弱いパーツなのに…。

さ。

またしても加工が始まります。

蓋付け。

只今絶賛思案中(飽きてる)。

とりあえず動くようになったのでまあ良しとします。



キムコさん、お願いだからポンヅケできるようにして下さいよ…ううう。


*****************************


やっと。

パソコンをウィンドウズ7に乗り換える準備が出来ました。

長く付き合ってきました斉藤さん(xpパソコン)ともこれでお別れです。

今までどうも有難う。

君のことは忘れないよ。

マジで泣けてきそうです。

マイクロソフトという守銭奴会社のために使い慣れてきた斉藤さんと無理矢理別れさせられ、新しいパートナーをあてがわれることになってしまいました。

この週末は多分パソコンと付きっきりになってしまうことでしょう。

上手く7になってくれればいいのですが。

南無三。



因みに新しいパソコンの名前はモロボシさんにしようかと思ってます。

ノーヒネリで<7>そのままっちゅうことで。(昭和 or オタク)





ここんとこずーっと何かをいぢっている様な気がします。

今度は大きい方の老バイクです。

水温計が動かない、燃料センサーが反応しないなどといろんな事が起こってきてますので、アースを増やしたらタンクを空けたりといろんなことをしなければなりません。

大変ですが長く乗るためです。

走行距離も70.000kmをとっぱして、ご長寿バイクと言っても良い風格が出てきました。

近々、バイクドッグにいれて徹底的に健康状態に戻してやろうと思います。

他のバイクにも目がいきそうですが、この老バイクは私のスピード感性にマッチしています。

速過ぎなくて、安全で、意志がそのまま車体に繋がる感じに近いかも。

このくらいのゆったりしたバイクをガリガリ乗りますのがとても楽しいです。

ですから、こちらもあと50.000kmは一緒にいることにしました。

まあ、もともと乗っていた方が凄く丁寧に整備していたから今の状態があるのですがね。


それにしましても毎回押し掛けするのはしんどいですわ(分かる人のみで結構です)。


全てのものを永く使うぞ宣言!


発令。



2

イージーライダー妹尾





いろいろと準備を進めてきておりました、「ゲキ塾。」の拡大化計画が進行して参りました。



その第一弾。

短編映画を作ります。

夢が現実として少しずつ動き始めています。

年間に数本作る予定です。

第一作目は一般公募も含めてオーディションをしていきます。






************************************************************

劇場公開短編映画「救い」(仮題) 



10月下旬に撮影決定

監督・脚本:上村知之(所属:らんくう) 1980年8月29日生
2001年 日本映画学校卒業演出コース卒業
      脚本家 渡辺千明に師事
主な作品
映画:「僕の金魚」 脚本・監督 「Re:verse」脚本・監督
広告:「3can4on」(ワールド) 監督

あらすじ

里村ミカをいじめからかばったことにより、クラスのいじめの標的になった緒川マユ。
助けたミカからも裏切られ、自暴自棄になったミカは、ある日不思議なホームレスに出会う…。

募集

・緒川マユ(おがわまゆ)   17才 女子高生。優等生。
・石原晋作(いしはらしんさく)50才 ホームレス。関西人。
・石原雅子(いしはらまさこ) 17才 転校してくる女子高生。関西人。
・里村ミカ(さとむらみか)  17才 マユの友人。イジメを受けている。
・森川 灯(もりかわあかり) 17才 女子高生。イジメグループリーダー
 ※上記年齢に見える男女の募集となります。

撮影予定日

10月21日~31日の2日間
衣装合わせ及びリハーサルは撮影前までに2日間(予定)

選考について

○書類選考後、オーディションを行ったうえで、配役を決定いたします。

 ※下記メールアドレスへ、件名に『「救い」オーディション』と記入の上、本文に希望する
  配役を明記いただきプロフィールを添付の上、お送りください。
 ※オーディション日、撮影日に、NG日やNG時間帯、ありましたら必ずご記入ください。

○オーディション予定日:9月25日(水)、27日(金)、28日(土)の3日間行っております。

 ※書類選考の通過者のみ、9月20日(金)までにオーディションのご連絡をさせていただきます。

連絡先

info2013@gekijuku.com
キャスティング担当:伊藤

もしくはこのブログの右カラム<妹尾にメールしてみる>からご応募下さい。

http://www.gekijuku.com/work/index.html


*****************************************************


やっとこんな風に「ゲキ塾。」大革新をしているところですが、多くの方のご協力やご理解、ご指示あっての賜です。

感謝感激であります。

じゃんじゃん頑張って大きな風邪を巻き起こしていくわよ!っと。




ちょっと重たい感じの話しを………………。




先日来、私の周りで騒がしいことがありまして。

<秘密保全法>

これにつきましてはなんだかややこしい言葉が並んでおります。

●情報を投稿すれば<取得罪>?

●情報を閲覧すれば<未遂罪>?

●情報にコメントすれば<共謀罪>?


うわわ、ってんでザックリ調べてみました。

なんでも、政府に都合の良くないことは隠していくのでよろしく…的な意味のことが多くコメントされています。

こりゃ大変だなってんで、その法案の<ご意見>板のようなところに書き込みしました。


「私たちは日本の全ての情報を知り、それを元に自由に考えて生きる権利があると思います。それが侵されるのはとても怖いし民主的ではないと思います。
しかし、第三国に知られることによりこの国が危機に晒されたり軍事的に危ういことになってしまうと思われる情報に関してはその限りではないと理解しています。」


と、小さな意見ですが何もしないよりはマシだろうと個人の意見として書かせて頂きました。

フェイスブックなんかを覗いてみても私の周りでこのことがかなり大きく取り沙汰されています。

皆同じような子意見を書いていますね。


「ああ、知らない間にどんどん日本が変な方向に向かっていってしまうなー。気をつけてなきゃなー。」


なんてのほほーんとしておりましたら、私の友人から連絡をもらいました。

この辺りの情報にかなり詳しい人です。

全てが同じ考え方ってわけじゃありませんが、真っ白な情報としましてはかなり正確で造詣の深い眼力を持っている人です。

いろいろと教えてもらいました。

***************************************

古くから言われているように日本はスパイ天国。

国連加盟国でスパイを取り締まる法律が無い国は日本だけである。

日本の安全保障上の機密なんかを他国に官民共にスパイされ放題なわけ。

だからアメリカなど同盟国も日本には情報を制限してしか渡してくれないの。

だって日本と大事な情報を共有したくても敵に筒抜けになっちうからね。


つまり今回の特定秘密の保護に関する法律案しスパイ防止法の足がかりなわけ。

***************************************



これはね、とても貴重な意見だと思います。

よく見てみますと日本弁護士連合会は死刑廃止を訴えている左翼的要素が強いと思われる集まり。

あのドラえもん…云々の山口県光市、母子殺人事件犯人を弁護していたりね。

だから日本にスパイ防止法なんか出来たら困るわけ。

なので「軍靴の足音が聞こえる」というような情緒的な印象操作を仕掛ける。


むぅ…。


何にでも二面性があって。

右から見る景色と左から見る景色はちがうんですよね。

両方ともちゃんと見比べて、その後は自分の頭で判断して正しいものを見極めていかなきゃなーって思いました。

そんな理屈知っていたはずなのに、すぐに情緒に踊らされてしまいうい自分。

二人がケンカしていたら、最初に相談をされた方の意見ばっかり聞いて肩を持ってしまい…でももう一人の意見も聞いてみたらやっとそこで判断が付いてってことは胃やっちゅうほどありましたもの。

活かされてない、学べてないなーと。

参考までに…→ http://www.youtube.com/watch?v=SL-IlyhwuCU





すぐに踊らされてしまうイージーライダー妹尾より。

4

おかえり、キムコちゃん




やっぱりね…朝になってしまったわ。

いつものことだけど、芝居に当てる音楽をいろいろと構想していたら必ずこうなってしまうのよ。

イメージだけは出来上がっているんだけど、


「あ、もしかしたらあいつこんな風に台詞を言うかも…だったらもう少し情熱的な音の方が合うわよね…。」


なんて思い付いてしまうともう大変。

その情熱的とやらの音楽を探すのに代替2時間くらいかかるのよ。

わずか2小節くらいの長さでも。

前後のつながりとか雰囲気とか、そんなのでピッタリ来るのを数多の曲の中からピックアップするって、ウォーリーを探すよりもよっぽど大変。


不思議と妥協しない…ってか出来ないタイプ。


「わしゃ作曲家かっ!」


とかぶつぶつ言いながらCDやらダウンロードものやら涙目で聴きまくってる。

台本睨み付けてると、プランが次々と変化して…結果一つの題材に1週間くらいかかってしまうのね、私の場合。

どんくさ。

だんだんと音楽が嫌いになりそうな明け方の雰囲気、慣れてきました。

深まれば深まるほど内容も進化していくと信じて根性入れてますわ。


あああ、眠たい…。




****************************************



キムコちゃんがね、無事に戻ってきました。

しかも、信じられないほど元気になって。

近くの親切なお兄ちゃんが、違うバイクから流用して、リレーやらハーネス類、なんじゃかんじゃと大サービスで直してくれました。

自宅に持ってきてくれて、めちゃ安いお礼を支払いました。

うううう、ありがたやありがたや。

V-LINK125.jpg


早速乗ってみましたら、そらもう絶好調!

あまりに楽しくて、近くのパーツ屋さんに行き、オイル交換してもらうことに。



「これ入れて!」


ってオイルをレジに持っていったら、


「あ、キムコですね、キムコは外車なので工賃が高いですよ。」



あほか。

外車っちゅーのはね、もっと奥州の精密なアレで日本車よりも手がかかって…



「じゃ、いーです。オイル買って帰ります。」



日本のバイクの50倍くらい大胆な作り方されてて、めっちゃ簡単な側の外車なのに余計に金とられてたまるか。

で、自宅でオイル交換することに。

以前買ってあって、もう劣化してると思われるオイルも少し残ってます。

それを使って、今やどこのバイク屋も車屋もやってくれないであろうフラッシングもやっちゃうことに。

超丁寧バージョンですわ。

このクラス、フィルターもなければワッシャーもないのね。

びっくりした。

Oリングみたいなモンくらいは付いてると思ったんだけど…(俺のだけか?)まあ漏れていないから大丈夫なんだろうねーで回避。

プラグも代えてやったので、キムコちゃんはもう全身綺麗さっぱり、サウナで垢擦りをしたみたいになってます。

試乗。

うんうんうんうん、こりゃいいわい!

最高の走りを取り戻しました。

変な振動もなくなり、モーターのようにスムーズに加速する。


もともと何故このバイクを選んだかというと、125スクーターの中では最速だったから。

鈴木のアドレスが都内最強の名を欲しいままにしていたのですが、実はこっちのほうが速い。

ただ知られてないだけ。

そして修理が大変なだけ。

壊れやすいだけ。



敬遠されるには十分な要素と、選ばれるに十分な要素とを持ち合わせた、なんとも魅力的なバイクなのです。

これ、私は長ーく愛して乗っていくつもりなのですよ。



いやあ、バイクが元気になるのってマジでテンションが上がりますね。

嬉しくてウキウキしてますもの。



******************************************************


xpをどーするか。

うちには斉藤(パソコン名)さんともう一台、ノートのデルさんがいます。

二人ともxpです。

なんでも、大人の事情でxpが使えなくなるのだと。

こりゃえらいこっちゃ!またしても日本人的な駆け込み危機感でパソコンが手に入らなくなりそう…はやめに対処しなきゃ…って思っていました。

ちらっとそんなことをフェイスブックの方に書きましたら、とても親切で詳しい方が教えてくれました。



「妹尾さんのパソコン、そのままのスペックでウィンドウズ7に代えれるよ!」



わっしょい。

デルさんは元からVISTAが同梱されていたのでそれで対応できましたが(デルのサポセンの人に3時間くらい付き合ってもらってやっと)普段使っているデスクトップはそんなんない。

またしてもアホみたいに高いお金を出して買い換えなきゃならんのかと嫌気が差しているところでしたからこれは大助かり!

おんぶに抱っこで、細々としたところまでいっぱい教えてもらいつつ(ほぼサポセン状態)改良中でございます。

もしもこの作業が上手くいかなかった場合、全ての連絡が途切れ、そしてこのブログもしばらくの間お休み状態となります。

更新が止まってるなーと思ったら、裏ではてんやわんやしているとご理解下さいませ。

それにしても、


「知らんでもええけど、知らんっちゅうことは金がかかるってことよ。今の時代、無知は損するんよ。」


と私をあざけるように言った弟の言葉が身に沁みております。

ホンマやねえ、言い得て妙。




xpでいいじゃん…ってどうしても思ってしまうけど、まあ流れに飲み込まれてみます。



かかってこいや、大人の事情!





5

おっとっと…危ないアブナイ

浮世絵


三菱一号美術館って所に行ってきました。

この建物は、それ自体が美術品とか文化財的な匂いがプンプンするのですが、本日は浮世絵展に行ってまいりました。

素晴らしい刺激を受けましたですよ。


浮世絵ってね、どれもこれも同じで、玉にエロい春画とかがあったりしててとても庶民的な、今で言うマンガっぽい空気を感じていたのですが、ね。

間近で観ながら、500円で借りたヘッドセットの解説を聞いておりますといやあー、奥が深い。

深すぎてよく分からなかったのですが、奥州の立派な画家たちもずいぶんと刺激を受けたらしくて。

江戸~明治~文明開化を経て西洋文化との混沌な時代…。

この辺りの時代が描かれている景色をじーっと覗き込んでしまいました。

おもしろいですね、いろんな事が含まれている。

文明開化で静養のモノが一気に入り込んだんだとばかり思っていましたが、そうでもないらしい。

一度は受け入れたモノの、やはり自国の文化を守ろうと排斥された時代もあったのだと。

画で言うと、西洋的なタッチ、画風も禁止されたとか…なんかそんな風なことを言ってました。

でも、やはり世界的な時代の流れに飲み込まれていって現在に至っているのだと。

私も良く知る今の町並みが当時のまま景色になっているのですが、着物、ちょんまげからだんだんと洋服になっていき、また今度は和服と洋服の入り交じったようなモノになり、そしてまた洋服へと。

和洋折衷なんて言葉はこの辺りで出来たんじゃないかしら?



というように、私はこのウキヨエという文化がどうしても美術品として受け止められず(眼力がない)文化の解説をしている貴重な工芸品のようにお見えてしまうのです。

画から感じるモノが、時代とかそれ表す大きなうねりとかで。

ウキヨエじゃないモノを見に行きますと、その書いた人の心情と言いますかパワーとか苦悩とか、痛々しいものや晴れやかなモノを感じるのですがね。

詳しい人には叱られるかもしれませんが、私はしばらくこの楽しみ方で良いのかしらねーって思っています。

そらね、もう髪の毛より細い線でいっぱいいっぱい描かれていて…ものすごい繊細さですよ。

細かいし、あ、こんな所にこんなこと描いてる!みたいなことがたくさんあって。

しかもそれがまた版画だっちゅーから想像もつかんほどの根気、恐ろしいほどの器用さ(技術)ですもの。

いずれにせよ大変楽しめましたよ、ってことです。はい。


*************************************


おっとっとを食べました。

いつもは滅多に食いません。

ってか多分、人生の中で2~3回目です。

普通にパリポリ食べながら、


「あ、割りといけるね、これ。お菓子のくせにさっぱりしてて…長い間売れるはずだわ。」


くらいに感じておりました。

手を袋の中に入れてサクサク取り出しては口に運ぶ一連の動きをしているのですが、何故か私の左手が停まりました。

一つ取り出そうとして停まったのです。

何故か…は分かりません。

本能的に、としか…っていうか指先に掴んだ感触が違ったからです。

一つだけ生きていた、とか柔らかかったっていうんじゃないのですが、


大きかったんです、微妙に。


なんか、得体の知れんモンがお菓子の袋から産まれてくるのかとドキドキしながらそっと取り出してみますと…は? なんじゃこりゃ?

大きくて変な形。

よく分からないです。

おっとっとが魚をモチーフにしたお菓子というのは名前からしても常識的にも知っています。

が、この形の魚が何を意図しているのか分かりませんでした。



「あ! 機械のミスでこんなへんてこりんなモノが出来上がっちゃったんだ! どっちにしてもレア、ラッキー!」


10円玉100円玉、他のコインや切手にしてもた間に見落とされる異形のモノはとても高値がつきます。

わーいわーいと喜んで、見せびらかそうと思って大事に取っておきました。

ついでだから写メも撮って。

ニコニコしてテーブルに老いたとき、気づきました。



「あ、これ…人魚?」


魚の国の人魚…さもありなん。

ってーことはミスじゃなくて狙い?

よくよく眺めてみると、なかなか素晴らしいプロポーションです。

よく描かれていてウキヨエも真っ青です。

うーん、本当に美人…ドキドキしてきた。

おっとっと



むむう…。

後で聞きましたらその通り人魚で、メーカーの狙いだそうです。

ただ、子供でもそんなに驚かんぞ、と。




お菓子と恋に落ちても悪い思い出にはならんだろ。

大人が喜んで何が悪い…。



2

果報は早起きして三文待て



秋風が吹いているのをはっきりと認識しているのですが、それでも昨日の稽古では


「まだまだ夏真っ盛り! なんて暑いんだ!」


と、震える子を傍目にエアコンを最強にしてもらって稽古をしておりました。

明日はプールに行きます。

楽しみー。

無理矢理にでも夏を続行させてます。

********************************

さて。

めちゃくちゃ嬉しいニュースがありましたのでお知らせさせて下さい。




昨年撮影しました映画

【ku_on】


クオンと読みます。

久怨…的な意味合いが強いです。はずです。

この映画は、数ヶ月に渡ってのオーディションを何度も繰り返し、精神的にもへとへとになってやっと頂けた役でしたので、最初から思い入れが強い作品でした。

とても重要な役所ですし、そらもう魂の底から気合いを充満させて挑んでおりました。

スタッフも俳優部もチームワークが良くて、素晴らしい現場でした。

もちろん体力的には大変ですし、役作りでもかなり追いつめられた状況でやってましたがそれもこれも映画館で上映される作品が出来るのなら苦になりませんもの。

監督ともたくさん話し合いましたし、時には空いている時間でロケハンを手伝ったりもしました。

とにかく、目に入れても痛くない…っていう表現さえ当てはまりそうな可愛い子です。

その【ku_on】は、来年の秋頃日本で公開されるらしい…というところまでは知っていました。

それまではどこで何をしてるの?っていうのは、とある海外の映画祭に出品させたいとの回答でした。

上手くいくかどうかは分からないけど挑戦させたい、と。

そのあたりは難しくてよく分からなかったのですが、なるほど、箔を付けて帰ってこられるといいねー的に思っていました。

そうしましたら先ほど、とてもシンプルなメールが。



*****************************************

妹尾さん、【ku_on】のレインダンスの件、情報解禁になりました。

長編映画「Ku-on」が、現在英国はロンドンで開催されている『レインダンス映画祭』に正式ノミネートされました。

上映は、英国時間の9月26 の3.45PM。

詳しくはこちら
http://raindancefestival.org/films/ku_on/

******************************************

おおお!

今日はちょっと早起きしていたのですが、早起きはいくらかの得になるってーのはホンマやねーって。

すんげえ嬉しかったのでご報告させて頂きましたぞ、と。







皆さんからの元気玉、有難うございます。

確実に受け取れています。

間違いなし。

風呂に入っているとき、練る前、酒飲んでるとき、いつでもいいので大盛りにしてじゃんじゃん送って下さい


ぜーんぶ頂きたいと思います。

あのね、コメントとかいただいて読むじゃないですか…あれね、ものすごい嬉しいことなんですよね。

十分元気玉が盛られてて。

なのに返事もちょくちょくでホントすいません。

東京と関西でめちゃ楽しい飲み会をやろうと思ってるので待ってて下さいませ。




あざす!





8

世にも奇妙な。




妹尾のお返事。



<へから様。>

岐阜で落ち合って…っていいっすねー。

下呂温泉…奥飛騨…楽しい旅になるのは間違いないでしょう。

行っちゃおうかなーマジで。

奇跡的にでも都合が着いたら是非遊びましょうね、ワクワク…。




<千鶴さま>


そうなのよねー、皆さん大体そうおっしゃるのです。

「夏はヤダ! 秋がいい!」

私は裸族出身なので、服を着るのがメンドクサイし好きじゃない。

冬とかは寒くていっぱい着なきゃならないから胃ヤンなんですよ、アホみたいな意見でしょ。

せめて、冬将軍が来る前に少しでも楽しんでおきますとも!





<seitaroさま>


バイクの話しなんて無理に付き合わなくてもいいですよ!

単に火を見て酒をあおりましょう。

どうやっていくか、バイクか電車かヘリコプターか、どこでもドアか。

それは関係なく…seitaroさん、お世話になりっぱなしだし、一度呑みましょうぜ!ぐえっへっへっへ。

楽しみにしてます。くれぐれも健康で!






<へから夫人さま>


あなたの息子さんたちはとても頼もしいですね!

発想のおもしろさや個性をどんどん伸ばしていってあげてるんですね。

素晴らしい!

たくさん武器を作って、悪を倒すようお伝え下さい。

いつも有難うね、そしてこれからもヨロシクです!





<マリさま>


よっしゃー! 待っててね。

大阪で、大飲み会やるつもりです。

チャイナドレスに膝枕…よろしく! 超楽しみ!

映画もmだまだ続いてるので宣伝させてね、いぇい!




<pikminさま>


赤いうさぎの謎、追いかけて下さって有難うございます。

周りの奴らにも頼んだんだけど、結局誰も分からなかったの。

近々、東京のどこかで夏を惜しむ飲み会を作ろうと思っています。

都合が合えば是非参加してちょんまげ!

少人数でね、しっぽりと、です。





<ばーろっく様>


いつも優しいコメントを有難うね!

疲れているときにはとても勇気が湧くんですよ。

夏は終わり、寒い方向に向かっていきますが、その前にちょっと休憩ってな感じで飲み会を考えてます。

時間の都合が合えば是非参加して下さいませ。

楽しみにしてます!

あ、男性はチャイナドレスじゃなくていいですから。




<えみ様>


花火デート…やりましょう。

是非。

浴衣も大好物好きです。

花火→夜店→盆踊り→ビール→しっぽり…最高ですとも。






********************************


私、迷いに迷ったのですがやっぱり書くことを差し控えます。

が、2013.09.03という火を多分一生忘れないでしょう。

そらね、もうおっそろしいというか不思議というか、意味不明な訳分からん体験をしました。



旅に出てみます…ってな書き方をしましたが、これはもう旅処の話しじゃなくて…。

書けば完全にキ●ガイになってしまいますので…。

た、お会いしたときに


「聞きたい!」


っていってもらえましたらいくらでも話します。

人間って、いろんな面があって、可能性もあって、そんでいて自分では分からない自分が未だまだ眠っていたりして。

不思議っすよー。



*********************************


スクーター。

セルモーター、ハーネス、バッテリー、その他諸々にへんてこりんな箇所を発見。



「どうします? 直します?」


むむむむ。

大きい方のバイクにたくさんお金を使ってしまったところ。

く、苦しいが、この子もやはり捨てがたい。


困ってましたら、


「じゃあ、適当に使えそうな中古でも集めてきて何とかしてあげますよ!」


なんていう優しいお兄ちゃんなんでしょう。

しかも、


「セルモーター、もしもアレだったらヤフオクとかで安く落としてきてもいいですよ!」


す、素晴らしい客対応!

私、ここのお店とお兄ちゃんが大好きになりました。

しかもよくよく話しを聞いていましたら、いえが近所。

マジで?

店が近いので(といってもバイクでそこそこの距離よ)ラッキーくらいに思っていたら、歩いて遊びに行ける距離。

もう、これはお友達になるしかないです。

あああ、またしても大好きな人間が出来てしまいましたさ。

バイクも安く直って、新しいお付き合いも始まって、嬉しいわいっ!




***********************************



またしても大きな映画のオーディションが…。

かなり気合いを入れていきます。

既に数千人からかなり絞られて人数が減ってきております。

これはとても大きな作品ですので、なんとか頑張りたい。

皆様、どうか元気玉を送って下さい!



それにしてもこの歳になっても常に競争…って、まぁ、他の業種ももちろん競争ですが、私らの場合敵が横に座っていたりするのでめちゃ分かりやすい。


「こいつが受かれば俺が落ちて、あいつが受かっても俺はダメなのね…。」


みたいな。

ですから他人の芝居やどうさ、そう言ったモノがとても気になったりします。


「あ、そうきた? だったら俺は違うことやらなきゃ。」


「やべえ、あいつめちゃ上手、焦るなー。」

とか。



ですが、ちょいと最近変化がありまして。

他人じゃなくて自分と闘っている…っていうか自分のきらめかせ方に心血を注ぐ…みたいな。

人のことが全く気にならなくなって、自分だけの世界に入り込めるようになってきて。

100%役と向き合える、向き合うために必要なことしか考えなくなった、みたいな。

結果、緊張もしなくなり、他の人の動向が見えなくなり、きっちり入り込めるような。

競争なのに闘っていない感覚、この仕事を30年ほど続けてきて初めてです。

とにかく自分を鋭利に、とぎすませて、心を静かにして…





これは瞑想後の武道に似た感覚ですわ。

遠藤先生


合気道、有難う。

しんどいけど続けてて良かった…。


4

火遊びのお誘い



9月になりました。

夏をあきらめて…という決死の覚悟が必要なときです。

1年を通して一番辛く哀しい一週間かも。


この夏はいろんな事がありました。

楽しいこと、ここ数年夏が舞台のスケジュールで埋まっていたので久々に満喫(半分くらい)できました。

っていうか、今夏も芝居を作りたかったのですがどうしてもスケジュールが組めませんでした。

これは時期をずらしてでもどこかに持っていこうと思います。

とりあえず、サラバ、夏・2013。




でもね、いいことも一つありまして。

バイクが気持ちいい!

まさにツーリングの季節ですね。

どこかのコテージを借りて、キャンプがてらにツーリング…なんてやってみたいモノです。

でね、周りを見回してもサスガに大人でバイクに乗っている人が少ない!

いるっちゃあいるんですが、そうそう周りにはいない。

AV女優さんみたいな(白衣の天使や家庭教師のすごエッチな)女の子、あんなにたくさんパッケージがあるのに自分の周りには一人もいない…ってのと同じです。

俺の周りにだけいないのは何故なんだろうといつも歯がゆく思ってますが。


火がね、好きなんですよ。

特に自分で地面に作ったカマドの。

なんかアホみたいなもんでも火であぶりながら酒をあおる。

星が綺麗なら言うことナシ。

地面に腰をおろし、風と木々の越えに耳を傾けて。

不思議とあっという間に時間が流れていくのね。

マンモス展見に行ったからかもしれんけど、原始人ってかマッパになった気がするのさ。

毎日だったらきっとイヤなんだろうけど、たまにはええもんです、はい。

文明人からちょっと離れてみるの。

ただそれだけ。

意味はナシで。



誰か、一緒に走りに行きませんか?

絶賛募集中です。

炎



あ、バイクと言えば、125ccのスクーター、台湾のキムコっていうメーカーなんですがいろんなところで見積もってもらったらすごく高い値段を言われてて。

中身はHONDAなのに、なんでやねん!ってぶつぶつ言いながら自分でせっせとイジリ回しておりました。

とにかくよく走るし、国産の同じクラスのモノよりブッチで速いし。

便利だからもっと使いたいのですが金はかけたくない。

悶々。

どーにもこーにもならんくて、藁にもすがる思いでネットを検索しておりましたら…。



みっけ!

「キムコでも何でも直してまーす!」

っていう素敵なブログ、整備日誌。

で、住所を見てみたら何と我が家のすぐそば、超近所!

ソッコーで電話してみましたらめっちゃ気持ちのいい人で、すぐに引き取りに来てくれました。



「急がないからねー、安く直してねー!」


「はーい、とりあえず見てみまーす!」



って。

やったね、ちゃんと調べるって大切なのねー。







**********************************


さて。

私、今月は一つ大きな挑戦をします。

今まで体験したことのない、超ドキドキ体験です。

上手くいくかどうかは分かりませんが、終わりましたらきちんと報告させて頂きたいと思います。

肉とそうじゃないモノを引っぺがす、的な…。

おお、怖っ。

けど楽しみ、みたいな。




1

はじめ人間




さて。

バイクのタイヤも新調しましたので前後絶好調となりました。


「ああ、日本の道ってこんなに怖くなく走れたんだ!」


という感動にむせいでいる今日この頃です。

全く違う乗り物に乗っているくらいですわ。


で、天気もどうやら完全に秋へとシフトしていこうとしているらしく、私がどう抗っても夏は終わるらしいです。

夏を諦めきれず、追いかけていこうかと画策中。

そんな折り、短パンから長ズボンに履き替えて…向かいましたのは横浜美術館。

ゲージュツの秋を先取るみたいになってしまいましたが。



本日はプーシキン美術展とマンモスを見るためでございます。

夏休みも終わりですので子供たちが少なくて静かに観れるだろうと。

プーシキン:マンモス=9:1

っていう楽しみ感だったのですが、過去にも絵描きさんの画では、驚いたり見入ったり…良い意味での裏切りを感じて高揚したことが数多くあります。

もしかしたら、こうなに高名な方ですので何か素敵な感動をもらえるかもしれないという期待感はありました。

マンモスにつきましては、子供のマンモスがほぼそのままの形で永久凍土から発見されて保管されている…という情報は知っておりましたので100%楽しみです。



さて、先ずはプーシキン美術展。



プーシキン

テンションはあまりあがっていません。


横浜美術館


表は綺麗でね、否応なしに美術館だねーって感じさせられます。

これはどこの美術館でもそうであるように、まず建物の外でで心を静めておいてからゆっくり入ってきてね!っていう効果が伺われますし、実際そうなります。



東京、上野に負けず劣らず綺麗ですねー。

………………じーっ(観てるときの時間経過。写真撮れないから)

まあ、私的に書きますとですね、そんなでもなかったかな、と。

フランスのすんごい画家の画が集まってるんですがね。

時代なのかしら…もともと宗教がみたいなのは嫌いで、それは少なかったのですが。

ルノワールとかはね、飛び出てきそうなほどで凄い綺麗だし、人物も生きているかのようだし、なんか写真みたい!ってなかんじのね。

よくもまあ絵筆であんなことが出来ますわね、っていう。

けど、なんかぐぐっと来るモノが少なかったような。

綺麗すぎるのかね。

ただ、ナイル川の渡し船を待っている行商人とラクダ…ってな感じの画が一枚あったのですが、それは釘付けになった。

作者忘れたけど。

画からね、台詞が聞こえてくるって言うか、生きている感じが凄くしたので。

まあ、役者だからどーしても見るところが違っちゃうのかもね。

人がごった替えしてるところじゃないところに立ち止まってるのよ。

ま、楽でいいんだけど。


で、すたこらさっさと出てきまして、マンモス展に向かいます。

途中、なにやらざわざわしている広場がありましたので覗いてみましたら、大道芸人のパフォーマンス中。

いつもなら素通りなんですが、やたらとハキハキしたしゃべり口調が耳に着きまして。

ちょっと意識してみると、面白いことを喋ってる。

わ、こいつ上手いな!なんて思いながら足を止めてみますと二度目のビックリ。

その流ちょうなしゃべくり、実はガイジンさんだったのです。

イギリス人だって。

昔、ノバをクビになったガイジンさん。

面白くて最後まで観ちゃいました。

で、帽子の中にお金を入れて…ってもしかして初めてのことかもしれない。

いくらかでもげなきゃ、これをタダで見たらそれは失礼という完成度の高さでしたから。



ま、時間を楽しく使ったなーとか思いながらマンモスへ。

マンモス3

テンション上がり気味です。

ただ、大人(49才)ですのでそんなにはしゃぐ訳にもいかない。

大人しめの顔でテンション上がってます。

マンモス2


これはね、夏休みど真ん中辺りは人が多すぎて何も見えないって言うくらい混雑してるらしいのですが今日は大当たり。

時間も夕方を狙っていったので大正解。

ゆーっくり観れたのですが、最高でした。

すごいすごい!


あのマンモスも、1万年以上も経ってからまさかこんな風に人の前に現れるとは思いもしなかったでしょう。

何かね、見えない糸の作為的ですらありそうな偶然…を感じずにはいられませんでした。

誰かが何かを後ろで操ってる…みたいな。

だからこれは必然なんでしょうか。



とにかくね、必見です。

ロマンチックな気持ちにもなれるし、不思議さ感も満開だし、いろんな事に想いを馳せてしまいました。


永久凍土から偶然牙や毛がぶら下がっているのが見えて…って。

見せたのか見えるようにしたのか。

サスペンス!

ああ、楽しかった!


マンモス1

ギャートルズ…ええじゃないかっ(昭和)。



該当の記事は見つかりませんでした。