・・・されど役者的妹尾blog

太く拡げよう僕の細道   since.2006.4.14
2

行く人、来る人


森川拓也という男がおります。

福岡出身の役者。

そこそこいろんな役をやらせていただけるようになり、まあイイ感じな空気を漂わせ始めております。



私、知り合った頃から訳あって(大した訳ではないが)ショウタと呼んでおりました。

そうしましたら、まあ何年か付き合っているウチにだんだんと役者の付き合いがメイン処になってきておりまして…つまり周りの人たちが彼のことを<ショウタ>と呼び始めまして。

だんだんとそれが本名を凌駕する勢いになってきまして、今ではすっかりゴクゴク一部の方以外の皆さんが<ショウタ>と。

本人画ですね、


「妹尾さん、もうね、俺は名前を変えますよ。芸名って言うのですか?そういうのにします。」


「へ、そうなんだ。何にするの?」


「ショウタでしょ、ショウタ。それしかないでしょ。今でしょ。」



で、何か緩く責任を感じまして、私が命名することに。

画数とか何や羅漢やらいろんなのを調べまくって、



森川勝太


っちゅう、少しは九州男児っぽい雰囲気になったかも名前に変わりました。

これからはこの名前でお届け(何かを)しますので、どうぞ皆様お見知りおきのほどをお願い致します。

まあね、ぽうああああんんっとしてって約束の一つも覚えられない、ショーもない所が満載なのですがね。

徐々に変わっていって、男っぽく芝居に真正面からぶつかれる役者になってくれればいいなーって。

勝太



******************************


そして。

また新しい塾生さんが入ってきました。

本人の確認を取ってからのアップになりますのでココでは控えますが、とってもよい子。

今時の人にしては珍しく、受け答えもハキハキしているし礼儀正しく、挨拶もカンペキ。

少しレッスンをしてみましたが、度胸が据わっていて、緊張しながらもがしがし突っ込んできます。

とても有望ですわ!



ロクラスト1


この写真はロクのラストレッスンの様子ですが、いつもと変わらない普通の稽古をしました。

最後の相手役は同じ九州出身のグッチョでした。

ロクの最後の台詞の前に噛んだりつまずいたりして、情感たっぷりだったロクを一気に笑いに引きずり落としていましたが、まあそれもご愛敬。

ロクが言いました。


「妹尾さん、最後の芝居がグッチョと出来て嬉しかったです! そして、私がいなくなるけどまた新しい子が入ってきて、それも楽しみです。ショウタさんもちゃんと名前が変わったので新人みたいですし!」


ロクラスト2


やっぱこうでなきゃね。(ケーキを一口で飲み込むところ)

居酒屋さんでとりあえずロクの送別会をやってあげようってことでですね、みんながいろいろと準備してケーキを持ち込ませてもらったりなんかしてて。

大拍手の後、普通にガブリと。

そうそう、この子はいつも食べているので、最後まで自分のキャラを守り通しておりました(ってか普通のこと。)



ロクラスト3

最後はまた楽しく練って事で。

夏にはBBQもするし、海も遊びに行くし。

暖かい仲間に囲まれて、みんなとっても良い気分だねーと。




**************************

7月、釣りに行きます。

海に。

釣果をアップしますので楽しみにしていて下さい。

必ずおかずにしてみせますともさ!(全て自分流&貸し竿で)



****<業務連絡>************************

超…一部の方へ

こにしさん、お久し振りです!
懐かしい名前を有難うございます。私、忘れてました。飲みの席、当たり前のように来て下さい。
楽しみにしています!
えみさん、いぇい! 好き好き大好き、えろ大好きフリスキー!

7

告知とお返事

もうね、いやらしい感じになってしまうんですが、告知させて下さい!


【ShortTrialProject】
ショートトライアルプロジェクト


詳しいことが書いてあるページ

ってーのがあります。
オーディトリウム渋谷で上演されます。
素敵な作品がバシバシ並んでますので、皆さん、是非観に来て下さい!

私もこの中の、
(プログラムA-「ありがとう」 原 廣利 /監督)
に出演させていただいております。
7月17日に舞台挨拶にも伺いますので!

<ありがとう。>


出来ればですね、たくさんの方に観ていただければなーと思いまして。

ってか、私もまだ観てないのでどんな風に仕上がっているのか分からないのですがね。

ショートフィルム


お話しはですね、とてもシンプルな父親と娘の物語です。

ありふれた日常に、見過ごしていた心の扉をちょっと開けてみようじゃないか…大切な物がその扉の向こう側にあったんだね…ってなかんじのハートウォーミングな。

ショートフィルムで、とても短い作品ですが、私のありったけをぶち込みました。

是非、よろしくお願いします!





*********************************


何でだろう、朝起きたときからちょっと気分が良い…って思って外を見てみたら、雨じゃない!

そんだけでテンションは上がります。

うん、今日は頑張るぞって気になれる。

「ゲキ塾。」の稽古に言って、その後はロクの追い出し会という名の飲み会に行って。

で、帰りの電車ではきっとケンカをふっかけられて。

で、頭を冷やす意味でも一駅分くらい歩こうって酔っ払いの余計な気持ちがわき上がってきて。

テクテク歩いている…と、余計に酔いがまわって帰宅した頃には気持ち悪くなる…から、もう二度と飲んだ後には歩かないぞと心に誓い続けて約10年。

今日もいつものパターンになることは間違いないのですが、それでも雨よりも晴れている方が3割増しで有り難いです。




*************************************

さ。

コメントをいただいている方にお返事させていただきます!

いつもね、本当に有り難く思っているんでございあすのよ、感謝感謝でございあーっす!


全温度チアーさま

この方はもう、「ゲキ塾。」の一員のような感覚におちいっているのですが。
いつも的確なダメ出し、並びに塾生たちへの丁寧なメッセージをいただきましてめちゃめちゃ有難うございます。
クッキーは完食していただけましたでしょうか?
またいつでも遊びに来て下さいね!そして飲みましょう!




千鶴さま

優しい言葉を有難うございます!
なんだかんだ言いましてもですね、優しさに勝る元気玉はありませんもの。
ロクも喜んでおりました。
都合がよいときに是非芝居やリーディングにいらして下さいね。




いがきち様

全温度チアーさんが、「いがきちさんのブログ面白いよ!」って教えてもらいまして。
見せていただきましたら…クッキーについて書かれている事なんて知りませんでしたから、恥ずかしくなってしまいました。嫌がらせのようにもっと送りましょうか?
短気は損気…はい、その通りです。身体にしみ込んでいるはずなのですが、大きすぎてまだ廻りきっていません。
残念大男ですが頑張りますね!




マリさま

むむう…私なんぞがコメントすることが憚られる気がして大変恐縮なのですが…。
本当にもう、尊敬してしまいます。
自分が小さくて恥ずかしいです。
昔、アシュリーちゃんの番組を観ているときに、同病の男の子が「僕らにしか体験できないことが出来ている。素晴らしいことだよ!」って言っているのを観て、高潔さとその美しさに嗚咽した覚えがあります。
何も言えないのですが、とにかく頑張って下さい。私は、どんなときでも面白いことをやり続けますから!




ばーろっく様

そうなんですよ、今まではずーっと切れてました。ってか切れちゃってました。が、この歳になってようやくそれが得策じゃないと悟りましてね…自分をコントロールするっていう基本的な難題に挑戦している所なんです。
人間が出来ていないから毎日毎日…大変ですわ。映画、是非観てみて下さい!



HcinMannパパ

いつも含蓄の固まりのような言葉を有難うございます!
なーるほど…まず心身を萎えさせる…ですか。その難題を克服できる田総があるかどうかの一次試験みたいなもんですね。これは肝に銘じます。ってか、念頭に置いておきます。後押しをしてくれる考え方ですし、自分を伸ばせそうな勇気が湧きます。いやいやいや、本当に有難うございました。医者の不よ…に気をつけて下さいね!



へから夫人様

バイクの季節が来たねー!気をつけて転がして下さいよ。この秋口くらいに、関西に行くかもしれなくて。時間を作りますから、また集まって一杯やりましょう!だんなさんも誘っちゃいましょう!!
あああ、バイクのタイヤ、まだ買ってないのね、ツルツルで怖いのさ…。




seitaroさま

何を隠そう、実は私も通販番組のMCをやらせていただいたことがあります。
「妹尾さん、めちゃめちゃやって下さい!クサいくらいで良いですから!」ってなことでしたので思いきりやりましたよ。売り上げが上がった!ってえらい喜んでもらえて。でも、契約がグロスでしたの、放映回数に関係なくギャラはそのまんまでした…ううう。



えろ(えみ)様

そーなんです…か? 私はエロが大好きなので、そのための呪いが来たのなら仕方ありません。ですからこれからも、えろさんと仲良くやっていけそうですね。は?どゆこと? とにかく、また関西、飲み会計画を立てますので是非えろさんもいらして下さいね!わーいわーい!


4

雨につきエナジー残量5%



蒸し暑い。

しかも梅雨の長雨。

大嫌いだしテンションがた落ち。

濡れついでに海行って泳いでこようかしら。






あ、気付いたらETCカードをなくしてる。

4日間出て来ないんだからもう無理だろうと、カード会社に電話したら全てのカードを休止させてからじゃないと再発行できないって。

めんどいーなー、光熱費とか保険会社とか、あとはよく覚えてない引きおとしのものまで全部カード番号を変更手続きしなきゃならない。

最近はケンカを売られるのと同じくらいの頻度でものをなくしていくからさ。

脳細胞の数と同じなのよね。



マンガでしか見たことがなかったけど、本気で頭に引っかけているサングラスを探しまくるようになったもん。

凄いわ、阿呆さが。


************************

なんかね、斉藤さん(PC)で作業をしていましたら、急にエロサイトが立ち上がるようになりまして。

1時間に一回くらいかなー。

ビックリ!

このブログを書いているときにも、急に画面が変わって立ち上がる。

私、ブラウザは[google clome]を使っているのですが、IEで立ち上がってくる。

なんじゃこれ?

でね、ちょいと除いてみました。

エロサイト。

全く見ないワケじゃないし初めて見るワケじゃないんですがね、今回よーく見てみました。

感想を書いてもよかですか?

皆さんべっぴんさんですねえー。

こんだけ美人揃いってすごいなーと。

容姿が揃っていて、しかもそういう特殊なお仕事が好きな方を、よくもまあ探して来るものだと。

私のまわりにいないですよ、そういった方。

若い頃にお近づきになりたかったなーと。

なんのこっちゃ。



ま、それほど可愛らしい子ばっかりで驚いた、と言う

本当に心底どうでもいい話です。


(だって、雨なんだもの。)


************************

こないだやったリーディング芝居、youtubeにアップしてみようかなーなんて思ってます。

へんてこりんなものだけど、ちょっとでも多くの人に見てもらおうかしら?って。

写りは素人のそれで、放送に耐えられるものではないのですが、まあ一般家庭のビデオを観る感覚なら許してもらえるかなーって。

ちょっと待ってて下さいませ。






夜中の通販で、


<なんでもスライスしたり微塵切りにしたり出来て、すぐにスムージーが作れる!>


ってのを観て、衝動買いしてしまいました。

速攻で開封して早速玉ネギやら何やら野菜をぶち込んでブィイイイイイーンって回してみましたら…

全然ダメ。

下の方ばっかり粉々になって、上の方は葉っぱがそのまま残ってる。

使い物になりません。


<一週間以内なら返品自由!>

っていう事だったので本当に返品してやりました。

あの番組内で遣っていた野菜は日本お野菜じゃないのかしら?

テレビとは全く違う結果にムカツキき倒しました。

あーあ、同業者にやられた感じがしてます。




ま、

これも本当に心底どうでもいい話です。


(だって、雨なんだもの。)



読書しよっと。


7

試されてる。




頭の中がいろんな事で充満してきますと、どうしてもイライラした空気をまとうようになってしまいます。

私、本当に正直に告白しますが、超平和主義者です。

争い事は大嫌いだし、揉め事や訴訟も本当に嫌いです。



しかしながら、人間の未熟さが手伝いましてガリガリ怒ってしまうことが多いんですね。

何度も痛い目に遭っているのに、その場になるとどうしても勝手に体と心が反応してしまう…。


これはもう、半世紀も生きている男としましては由々しき問題です。

どげんかせんならん!

と、一念発起。

つい先日のことですが


「もう二度と、家を一歩出たら怒らない! 何でも全て我慢する!」


っていう誓いを立てました。

もっともっと人間を大きくしたいのと、成長したいという強い思いが込められています。




誓いを立てて一日目。

電車に乗っておりました。

終電近くの電車ですが、私も付き合いで飲んでいたとは言え、そんなにベロベロな感じでもなく。

まあご機嫌ちょい手前…っていうつまりゴクゴク普通な精神状態で乗り込みました。

満員電車と言っても良い混み具合です。

私の横にいた、同年代のサラリーマン、かなり酔っぱらっています。

ちょっと気持ち悪そうに頭をブンブンさせてます。

ま、絶対に怒らないキャンペーン実施中の妹尾は背中にゴンゴン当たるその人の腕についても悠然とシカトしております。

うん、これでよかよか。

私、左の腕を大きく上に伸ばし、天井当たりに手のひらをついて身体を支えております。

右手はつり革のぶらさがっている鉄棒。

で、右からその人がグリグリ押してくるので、身体全体が(くの字)に弓反っております。

結構な時間がマンしていたのですが、とうとうその男性が


「あ”ー、もうっ!」


って身体を大きくグラングランと揺らし、自分のスペースを確保しようと動きました。

私の右足は浮いてしまい、片足断ち。

その男性は樽でも抱えるかのように身体の前にスペースを造り、電車のドアに突っ伏してます。

ちょっと限界感じたので、


「すんません、押さないでもらえますか?」

「混んでんだから仕方ねえだろ、たこ。」

「…うん、降りようか。」


ってところからややこしい話しになりました。

また警察にお泊まりか-と悲しくなったりして。

しかしながら、その時私の左側にいた男の子が、


「やめましょう、絶対にやめた方がいいですよ、ばからしいですよ!」


って。

ものすごい冷静になれて、その人にお礼を言って事なきを得ました。

その後しばらく30分くらい舌打ちとガンクレ似合いながらも我慢できました。

しかしながら、キャンペーンやってなかったらどうなっていたか分からないです。

ああ、試されてるんだなーって。(誰に?)




で、雨の翌日。

全く飲んでなくて。

普通に電車に乗りました。

目の前の席に座っていたおばさんが電車を降りました。

普通に座席に座りました。

そうしましたら、一分くらいたってからでしょうか…右隣の女性が私の右太ももをゴシゴシ擦り始めました。

ビックリして中腰に飛び上がり、その人を見ましたら、なんか私の座っているところをゴシゴシ擦っています。

その人のスカートを踏んじゃったのかと思いましたが、スカートじゃなくてズボン。

私、分からなくてまた座りましたら…今度は携帯電話を右腕に押しつけてきました。

ものすごい全力で。

ぐいぐい押してきます。

マッサージやる感覚で、押し当てた状態でグリングリンって擦ってる。


は?

意味不明。

密着してて気持ち悪いとかならアレだけど、触れてもいない。

かなり痛いです。


「何ですか?どうしました?」


って押さえて聞きましたら、シカト。

どうやらイヤホンをしているので聞こえてないよって言う体をとっているようです。

いつもの私ならイヤホンを耳から外して大声で怒鳴りそうになかんじなのですが、キャンペーン実施中。

耳元に少し千かずけ、


「どうされましたか?」


ってハッキリと。

周りのお客さんもチラチラ見てる。

それでもシカト。

ああ、これはもうまた俺は何かに試されているんだなーと考えるしかなくて。

その後、びしょびしょの傘を私の右足に押しつけられてバリケードのようにし…もう本当に嫌な思いを我慢しておりました。

二日連続で電車の中でこんな目に遭うか?普通。




そして三日目。

最近、区役所に行かねばならない用事が続きまして。

昼間に地元の区役所に行きました。

用を済ませ、歩いて建物から出て来まして、まだ区役所の敷地内でスロープを降りて外に出ようとしたとき…めっちゃ大きな声が聞こえました。


「危ねえだろ! どこ歩いてんだ、バカ!」


スクーターに乗った男性が私の横を通り過ぎるときに発したものでした。

これはね、結果的には頭の中で何かを調整することが出来ませんでした。

条件反射で振り返ってしまい、


「ああ?誰がバカだ、この野郎!」


って。

そうしましたらその男がバイクを降りて、


「てめえのこと言ってんだよ、死ねこら!」


って。

今から思えば(ああ、もう)って。

同年齢くらいの男に近づいて


「バカとは何だ、ココは敷地内で、しかも歩行者が優先だろうが!」

「ふけんな、ココはバイクが走ってもいいんだよ、そこの立て札見てみろ、バカ!」


立て札には

<バイクは押して歩きましょう。>

って。

フルフェイスの視界部分を上下から掴み、

「おいばか、こらばか。おまえは日本語が読めないばかか。だったら許してやるけどな、ばか。
通りすがりにいきなりバカ呼ばわりされて笑えるほど人間できてねーんだよ、ばか。聞こえたか、ばか!」

歩行中の人が足を止めるほど大きな声をヘルメットの中に響かせてやりましたら、その人は超激怒。


「いつもは書いてるんだよ、看板にちゃんと書いてるんだよ。
てめえはムカついたらばかって言わねえのか! ちょっと言っただけだろうが。 
てめえはでかいだけで育ちが悪いんだよ。誰かー、警察呼べ、警察!
死ね、育ちが悪いんだよバカ!
おら、殴れよ、早く殴れよ、ばかこら。」


そのへんからだんだんアホらしくなってきて、しかもチキン野郎でかかってくる様子もなく。

そうしましたらまた通りすがりのジャージ着た大学生くらいのお兄ちゃんが、


「やめましょう、ね、ここは押さえて。」


って。

で、相手に、


「次からバイクを押して歩き迷う、ね、ね。」


って。

またしても超冷静になれるトーンで諭してくれて。


「ああ、お兄ちゃん、有難うね。」


ってお礼を言って。



「死ね、死ねー、ばーかばーか。きちがい野郎!!」


って言ってるその人にニコニコと笑いながらバイバーイと手を振り返す落ち着きを取り戻せました。




誰か教えて下さい。

何かの実験が成されているんでしょうが、普通に息を吸っているだけでこれほどトラブルに遭遇するって言うのは、そういうものを私が呼び込んでいるからなのでしょうか?

今日も何かあるのかと思うと出かけにくですもの。

先日、一緒に飲んだ友達(泥舟船長)は、


「君子危うきに近寄らず…とにかくヤバい空気を感じ取る力を鍛えないと。もっと大人になれって事ですよ…。」


って。

そうね、そうなのね。

そういう危機管理能力…的なモノを研ぎ澄ますように頑張るしかないのね。

びびびびびびって。

妖気



あああ、もう自分がしんどい………。











3

続・生きてりゃいろいろある…

来月、7月17日夕刻~ですが、年初に撮影をしました短編映画、

ありがとう

監督/脚本/編集 原廣利
プロデューサー 伊藤主税/門馬直人
BABEL LEBEL /制作

が公開されることになりました!

場所とかの詳細はまだ何も知らないのですが、舞台挨拶に伺いますのでお時間のある方は是非!

 <ありがう> 予告編





そして。

ku_on


昨年、私が魂を込めて参加させていただいた映画です。

オフィシャルサイト(作成中)




先日、スタッフオンリーの試写会がありました。

緊張するかなーと見始めましたが、それはなく。

ただ、自分の芝居に対するダメ出しを心の中でブツブツ言いながら見ておりましたら、どんな話しだったのかも分からなくなってしまうほどNGが多すぎました。

後輩たちに偉そうなことが何も言えない…めちゃくちゃ腹が立ちましたさ。

でも、また次に繋げますし、妹尾は進化しますから。

まあでも


「あんたのせいで作品がめちゃめちゃだよ!」


というエライ人たちからのダメ出しは(直接)なかったので、すごすごと退散させていただきまして。

来週、もう一度試写をする、と言うので監督に直々にダメを出してもらいに行こうかなと思っております。

本当にね、思ったように身体が動いてないって言うか、心が動いてないのですね…まだまだひよっこですわ。


偉い人のアナウンスによりますと、現在庫の映画は海外に持ち出されているそうでございます。

どこの国で何をしているのかは分かりませんが、元々が日本映画の心意気を海外でご覧いただこうぢゃないかっ!っていう意味合いを持った作品でしたので、そのような形になっているそうです。

んで、まだまだ海外旅行をしてmノラッテですね、日本では来秋(2014・秋)に公開されるということです。

ですから、ホームページなんか冒頭にリンクさせていただきましたが、正式に公表しているわけではなくてそこに向けて完成させていく段階なのでございます。

劇場公開までは、ちゃんと生きておかなければ。





***********************************************


先日、リーディングの芝居をやらせていただいたのですが、次回の公演日程がほぼ決まりそうです。

詳細はまだですが、ざっくりと10月くらい。

近づいてきましたらジャンジャン告知させていただきますので、是非観にいらして下さいませ!

確実に私らと一緒に飲みに行けます。(いやがる人も)





「ゲキ塾。」の若い女の子で、丹羽咲絵(にわ さえ)ちゃんという女優さんがいます。

丹羽咲絵2


この子が、難関をくぐり抜けまして


誓い 奇跡のシンガー


という舞台に出演が決まりました!

  わーーー!パチパチパチパチ!!

めっちゃ大きな芝居です。


丹羽咲絵


主演は<土屋アンナ>ちゃん。

カムイ外伝のときに数日間一緒にウダウダご一緒させていただいた方です。

ファンキーなイメージがありましたが、とっても女性らしく、そしてクレバーな方。

まとうオーラもハンパじゃないです。

役所は取っても難しいのですが、芝居力を買われての合格…なんだから思いきり力を出し切ってもらいたいと思います。

めっちゃべっぴんさんだし、度胸も満点なので期待しまくってます!




<出演>
土屋アンナ・瀬下尚人(ザコンボイ)・藤重政孝・ツートン青木・丹羽咲絵 ほか

<脚本・演出・音楽>
甲斐智陽

●東京公演
  草月ホール  2013.8.6~9日

●大阪公演
  あましんアルカイックホール・オクト   2013.8.16~18日

●全席指定  前売り:A席 8.000円 B席 7.000円

●母との約束を果たすために一人東京に出て来た朝子。
レコードプロデューサーの宮田と出会い、何とか歌を聞いてもらったが、
宮田に歌が上手いだけじゃダメなんだと突き放されてしまう。
それでも、私にはこの道しかないんだと悔い下がり、決して断念などしないと宮田に訴え続ける。
それから、朝子と宮田のプロ歌手への挑戦が始まるのだが…




この芝居、ご覧いただきたい方は是非、下記のアドレスにご連絡ください!

お席をご用意いたします!!


[info@rasta-entertainment.co.jp]

もしくは

[info@gekijuku.com]

まで!!!

よろしくお願いします!











******************************************

…。

訃報を耳にしてしまいました。

信じられないお話しでした。

ずーっと付き合いのあった友人(私よりも若い)が亡なくなりました。

某、キャスティング会社の社長です。

明るくてダンディで、酒好きでスポーツ好きで、そしてものすごい料理が上手で。

仕事もやらせていただいたし、オーディション受かった時なんて一緒になってお祝いしてくれて。

一時期は、毎日毎晩飲んでおりました。

あーでもない、こーでもないとグダグダ尽きない馬鹿話に花を咲かせて。

一緒のチームで野球も、花見をしたり麻雀をしたり、プライベートな話しもずいぶんありました。

最近あまり会ってなかったので、


「たまには昔みたいなバカ騒ぎしようよ!」


「へっへー、いいっすね!」


なんてやりとりをしていたばかりです。

めっちゃくちゃショックです…が、今は自分の気持ちがどうこうよりも、彼のご冥福を祈らなきゃ…と。

安らかに眠って欲しい、本当に。

お世話になりました。

有難う…。


合掌 合掌 合掌。

7

贈る言葉。ロク編。



うっわー…

ツワモノドモガユメノアト…


リーディングが終わり、身体中の力が抜けていました。

想像していたよりも皆が頑張ってくれたのが、本当に嬉しかったですわ。





さて。

今回は、前の記事にも書きましたがこのリーディングで役者を休業することになったロク(小川ゆかり)のことを書いてみたいと思います。

もしかすると、女優としていぢって書くのはこれで最後になるかもしれない…と思うとちょっと寂しい気持ちになってしまいます。


本名、小川由香里…(漢字、あってたと思う…芸名がひらかなのゆかりなので書いたことがない)

佐賀県出身。

ロクという呼び名は私が付けました。

理由は、<小川>という名字をホワイトボードに書いてみましたら、棒がタテに6本並んだから。


「じゃ、ロクで!」


って。

このとき、既にウチには<ナナ><ハチ>と呼んでいるいう子がいまして、なんだか職人の集団みたいで面白えなーっていたく感心したものです。

現在ではゴイチってーのがいますが。



私が<ビタミン大使ABC>の芝居に出演する頃に「ゲキ塾。」に入ってきました。

ですから、2011年の4~5月くらいだったと。

身長が高く、目の強い子だなーというのが第一印象でした。

ロク11
(2012.12 八月のシャハラザードで主演女優。善い目です。)



「ある年齢まで区切りをつけて思いきり芝居をしてみたいです。声優さんにもとても興味があります。」


ってハキハキ話してくれて。

すでに他の研修所に通っていたのですが、変な問題に巻き込まれているようでした。

ものすごい困った顔で相談に来まして、多分苦しかったことなんでしょうが勇気を奮って話してくれました。

田舎から上京したばっかりで、東京の、しかも芸能の仕事に携わろうとした場合、世間の常識が通用しないかもしれない…という危惧を持ってしまうものです。

ロクも、そんな間違った公式に自分を当てはめなければならないのかと苦しんでいるようでした。



ま、そんなあほな話しはなくてですね(一部の地域を除く)、正義は正義であり、悪は悪です。

その境目を自分でどこに設定するか、で周りの目が違うだけなんですね。

そんなのはどこの世界でも同じ…ただ、芸能界と呼ばれる世界の方が極端に晒されるだけです。



「全然怖がらなくていいよ。嫌なモノにはノーと言いなよ。それでガタガタ訳の分からんことを言ってきたら、そん時は俺が出張ってやるよ。社会人として当たり前のことを言うだけだし。
ウチに来たからにはそのくらいのことは守ってやるよ。」


で、めっちゃ安心してくれて、ものすごい本腰を入れて「ゲキ塾。」に通い出しました。

まあ、元々こちら側の才能を持った女の子だったので、吸収はかなり早い方でした。

と言いましても私もかなりどぎつく叱ったり、普通ならボロボロになるだろうなーってくらい訓練しましたが、この子は本当にタフな精神の持ち主でした。



「ああ、本当にこの世界向きな子だわね…。」



ってよく他のスタッフと話してましたもの。



えっと、よく言うとタフなんですがね、普通に言うと、この子はものすごい<がさつ>なんです。

男らしいというか、竹を割ったような…っていうか、気を遣えば遣うほど失敗するタイプ。

飲みに行くと倒すしこぼすしひっくり返すし。

食欲もめっちゃ旺盛だし。

どんだけいぢっても絶対に壊れない…と思わせるほど我慢強い子。

毎回、稽古の時にはマッサージをしてもらっていました。

パワーも男より強いので気持ちいい!



DSC03860.jpg


この二人はリーディングでコンビを組んでもらいました。

ぐっちょこと<濱口陽平>クンと。

二人とも九州の出身です。

ぐっちょが長崎、ロクが佐賀。

両方のお母さんが去年の芝居を見に来られて、そこで意気投合されまして。

今も仲良くお互いの家を行ったり来たりと仲良くされているそうです。

善い縁結びが出来て、これも役者冥利に尽きる…嬉しい限りです。



この写真の作品では、男女の精霊のような役をやってもらいました。

素晴らしく完成されていきまして…ロクのお母さんに届けろよ!とpの願いが通じたのか、他のかたも含めて涙を流される方が…ここまで気合い入れて頑張るとは思っていませんでした。




ロク仲良し


この写真は打ち上げでカラオケに行ったときのものです。

ロクの追い出し会みたいな空気になってしまいましたが、とにかくロクを皆で泣かそうじゃないかと…別れの歌ばかり歌っていましたら、こっち側までしんみりして来ちゃいまして。

年に、何人も出たり入ったり…ものすごくこういうことの多い世界なのは事実です。

いちいち引っ掛かっていたら心が持たないので、出来るだけドライに受け止めるよう、自然と訓練をしています。

「ゲキ塾。」を作ってからちょうど10年、いろんな人との出会いや別れがありました。

在籍した時間は短いのですが、ロクはとても強く印象を残してくれました。

ロクファミ

これは初のテレビ出演の時。

皆で撮影所に衣装合わせに行き、スケジュールをもらって緊張し、台詞を稽古しようと集まって…。

NHKで大きな役がもらえたのはとても刺激的だったようですね。

輝きが2段階くらいアップしましたから。

一緒に出演していた正太(森川拓也)も、目をぱちくりさせて驚いていましたもの。

気合いが入ると、この子は化ける。

気に入っていただきまして、その後もお声がかかるようになったりして。


下北で皆


わずかの在籍でこんなに順風満帆に事が運んだのはとてもラッキーだったと言えるんじゃないでしょうか。

それにもましてこの子の持って生まれた天賦のもの…大らかさ、周りを和ませる天然さ、等々。

もちろん、傷みを押しのける強さも。

素晴らしい教育と環境が与えられていたんだと思います。


ロク13

この度は、健康に関する不安を払拭させる為…というのが大きな理由です。

これはもう、人間の一大事ですから慰留するも何も、身体に専念した方がよいのは間違いありません。

どうしても、もったいないなーという気持ちが引き止めたくさせてしまうのですが、それも無責任なことで。

私のとやかくく言うことではありません。



皆と一緒に走り続けたこの数年間、青春の、人生の良い思い出になってくれていると思います。

人と出会い、人とサヨナラをする…それがしんどいので最初から出会わなきゃいいのにって。

じゃあ死に向かって産まれてくることもそういうことで。

そのあたりの機微に、何か人間が求め続けなければならない秘密が隠されているような…。

とにかくこの子にはお礼を言いたいですわ。

キラキラした時間を有難うって。



ま、飲み会もするしウチでバーベキューもするし、付き合い方は何も変わらないんだろうけどね。



ロク14

私も含め、周りの多くの人が言ってます。

絶好調な状態になって、また芝居がやりたくなったらすぐに戻ってこい!

うんうん、さもありなん。





妹よ、楽しかったぞ!!



4

無事に終幕。リーディング vol.2




「ゲキ塾。」のリーディング芝居が無事に閉幕しました。

ご来場いただいた方、本当に有難うございました!!

とても嬉しいことに、全公演が全て満員御礼で、逆に窮屈な思いをさせてしまいまして申し訳ありませんでした。


不味い不味い<おがくずクッキー>で身体中の水分をなくしてから、緊張の面持ちで本番に臨みましたさ。

私、今回は演出だけなんですが、めちゃくちゃ緊張しました。

自分の失敗は自分でどうにかなるだろうと開き直れるのですが、若い子達の芝居はただ見守るしかできません…。

が、まあ大きな失敗もなく終えることが出来たのでホッと胸をなで下ろしております。

お客様の反応やご意見も概ね良かったので、また次への励みとなりました。


私の場合、個人的にどうしてもリーディングという枠になじめないところがありまして、お芝居…になってしまうのですが、読み聞かせと芝居の中間的な出し物です。

ようするにお客さんが喜んで下さるものなら何でもあり!という理念。

このラインで次回以降も作っていこうと思います。


ちょっと写真なんぞを載せてみたいと思います。

DSC03863.jpg

これはもう完全に<読み聞かせ>リーディングじゃないですね、はい、それでいいです。

DSC03879.jpg

ぐっちょ<濱口陽平>が血だらけになって演じてます。

この役者のテンションに助けられるシーンもあり、成長していく様が頼もしくもあります。

ちょっと変な人だけど…。


DSC03918.jpg

みんなライバルなのに仲良しって事で。


DSC03908.jpg

終演後、いつもの「ゲキ塾。」パターンで、観に来て下さった方も巻き込んで飲み会です。

こういうところで楽しい仲間が増えたり、新しい出会いがあったりして…本当に新鮮で有り難い!


DSC03861.jpg

エロがあったりシュールがあったりで、少しくらいは真面目な脚本もやっとこうぜ!ってんで、この二人に芝居をしてもらいました。

笑っていただいていた方も、この時は涙を流される方がいらして…ステキな空気感を作り上げることが出来ましたわ!

ロク(小川ゆかり)とグッチョの九州コンビが渾身の芝居。

この二人のお母さんは佐賀と長崎で仲良しになってるんですって! ステキ!

とにかく、二人とも魂をぶっ込んで頑張ってくれました。


DSC03865.jpg

休憩時間中に。

リラックスしているように見えますが、絶賛ど緊張中。

うんうん、胃が痛くなるような緊張に苛まれるのに、それでもまたやっちゃうんですよね…不思議。

喜んでもらえることっていうのが唯一、役に立てたという実感なんですね。

だから辛いのにやっちゃう…必要とされたくてやっちゃう。


CAI_0371.jpg


やっぱし朝まで飲んじゃいましたね。

よかよか!

年に数回、こういうときくらいは弾けてよかと思うちょりますたい。



DSC03924.jpg

フライングゲット。

私のこと、嫌いにならないで下さい…的なロク。


実はこの子、この芝居をもちまして役者業をいったん引くことになりました。

いろんな事情が重なっているのですが、まあ私としては応援するしかありません。

とても面白くて素直で、力強くてがさつでおおざっぱ(全て褒めてる)な子なので本当に残念です。

いろんな条件が整って、肩の力が抜けたら是非とも戻ってきてもらって、また一緒に歩みたいと思ってます。

みんなで惜別の言葉をかけながらの、打ち上げというか…送迎会のような飲みになりました。



うううむ、寂しいですが仕方ありません。

ロクの前途を祈りたいと思います。


10

仕上がりました!

今週末…「ゲキ塾。」のリーディング芝居を行います。

全開は私も出演しましたが今回は演出のみです。

が、責任は重大なのでめちゃめちゃ頑張りましたさ。

機能の一日通し稽古で仕上がりました。

とっても内容の濃い、楽しんでもらえる作品が出来上がったと思います。

是非、お時間あれば観にいらして下さい。




場所は下北沢、赤星昇一郎さんのお店。

15人も入れば満員です。

お酒やコーヒーを一杯飲んでいただいて、ゆっくりとくつろぎながら…ね!


私もすぐ横で飲んだくれております!

そして、妹尾特性の<おがくずクッキー>(*注:極限のまずさ)をプレゼントいたします!

『ゲキ塾。リーディング公演vol2』******************************************

リーディングcafeピカイチ

東京都世田谷区北沢1-40-11
サニーハイマート
最寄り駅 :小田急線・井の頭線<下北沢>駅より徒歩7分

6月14日(金)~16日(日)

◎14日(金)
・20時~

◎15日(土)
・15時~
・20時~

◎16日(日)
・15時~
・19時~

リーディングチャージ¥1000
別途1ドリンク制***********************************************************

メンバー長写真k改

<横に長いしゃしんよ>





さて。

私、ちょいと前に小学館の大辞泉という辞書のCMナレーションをやらせていただきました。

ココの画面の<再生>ボタンをポチッとな。

この辞書は珍しく横書きで、しかも紙質というか、紙の色の具合までものすごく細かく設定されていて、フォントとかも本当に目に飛び込んでくるように読みやすいんです。

ただ単に紙に印刷しているものでも、人間の知恵が加わるとこんなふうになっちゃうものかと驚きました。

今度、本屋で見てみて下さい、すごいから。

***********************************


ちょいと前に、お医者さんから脂肪肝ですよと宣告されて、死ぬまでの過程を時系列で教えてもらいました。

もう少し長生きしなきゃならん!(やり残しまくり)ってんで、無理のないダイエットと運動を意識し始めました。

昨年、3週間ほどで約10kg落としたんですが、そりゃやっぱし無理があったんだろうなと思います。

だって、半年くらいで元に戻ってしまいましたもの。

ですから今回はゆっくりゆっくり、無理のない程度にやってるんですが。

とにかく大好きな炭水化物に手を加えることを意識してます。

1.ラーメンのスープを完飲しない。

2.白米に穀物を混ぜる。

3.夜のビールを減らす(雰囲気的にウイスキーに変更)。


これもね、かなり緩い規則なんですが自分にしてはものすごいハードルです。

スープを飲んじゃダメって言うのは辛いので、辛い思いをしないようにラーメン屋さんに行くこと自体が減りましたし。

穀物は、今は一緒に炊き上げるのが売ってるから楽ちん。

思ってたより不味くないよ。

それに運動…合気道とかはそのまま続けて。



ってやってましたらね、3週間くらいやってみたのですが約3kg落ちました。

ま、一回焼き肉食って死ぬほど飲んだら元に戻ってる数字ですが。

こんな感じでちょぼちょぼやっていけばいいのかなーと。

私の身長から割り出す、理想的な体重って77kgなんですって。

それはいくらなんでもガリガリ君で、私の求める肉体じゃないですからアレですけど。

現在の寝心地の良さそうなプニプニ君から、しっかりとした頑強な肉体レベルに持っていきたいと思っております。




<せのおのお返事と独り言>*************************************

いつも皆さんからのコメント有難うございます。
ええ、もちろんちゃんと読んでいます。
ココをお借りてお返事を書きたいと思います。
それと、ちょっとぶつぶつ呟いてみたりしますので、面白くも何ともありませんから飛ばしてもらって結構ですよ、ええ。

しかしアレですなあ、今回なんかも思いましたが…こういう文章での繋がりだけなんですが、お人柄って言いますかその人の持ってらっしゃる個性っていうのはハッキリと伝わるもんだなーっと。
音声ファイルをプレゼント!とかって私なんかが偉そうに書きましたが、それでも欲しいって言って下さる方が結構いらして。
それは逆に私が感謝して送らせて下さいっていう気持ちで動いたことだったんですが、もう有り難くてね。
だってこんなくそみたいなブログをずーっと楽しみに読んで下さる方がいてくれてっていうのは嬉しいんだもの。こんな稼業じゃなくても嬉しいし有り難い。
だから、何かできるお礼はないものか?ってだけのこと。至極当たり前。
でね、送らせてもらったのですが、そのなかでも反応はそれぞれたくさんあります。
「ありがとう!」とか言って下さる方はたくさんいて、「いややいやいや、そうじゃないんだよ、こっちがありがとうなんだよ」、と。
文句?っていうか不満を漏らしてくる人もいます。それはもうすんません、こんなことしかできなくて…っていおう体であやまるしかできません。
あとはシカトする人ね、送ってるんだけどノーリアクション、みたいな。きっと気に入らなかったんだろうなー、ごめんなさいねーって頭で考えるしかない。
もしも私が逆の立場で「欲しい!」って言って何かをいただけたら、どういうリアクションを取っていたのかなーと。知り合いや世話になっている人、友人、後輩。あと、顔を知らないネットの繋がりの人…。
相手が気持ちよくなる対応を考えて行動せにゃならんわねーと、お勉強させてもらった感じですわ。

旦那さん、やっぱ私は<ぜっとぜっとあーる>がしっくりきますわ。カワサキだしゼット。<ズィー>は高級感溢れ、おしゃれすぎて。ゼッツーっていうけどズィーツーって言わんかったもんね。おっさんだからなのね!
関東地方、地震も来るでしょ?ラングラー、便利かなーと。そして個人的にも頑丈なものが大好きなのよ。
あと、バイクのタイヤはツーリングスポーツにしときます。α系は命も削りそうです…・

seitaroさん、3年後って言うのは思いつきです。そのための貯金?とか心の準備、ってか自分へのご褒美、おもちゃ感覚な車だから実用的じゃなくて。遊び車を増やすっていう…近場の目標ね!
一人芝居、この作品は私じゃなくても誰かを使って演出にまわって…とかも視野に入れています!

えみさん、えみさんのNAMEを見ると、勝手に脳内でエロさんに変換してしまってます。今度神戸に行くときは一緒に飲みましょう!人造人間芝居ね、ものすごく前向きに考えています。そのときはよろしくお願いしますね!

千鶴さん、有難うございます。本当に前向きに考えています。伴さんはね、とーっても素晴らしい方です。
人間的に大きいんです。で、周りにいる人をニコニコさせるオーラを持っていて。
よくイベントでもご一緒させていただきますので、今度是非いらして下さい!

ばーろっくさん、ありがとう。実現させる方向に動こうと思っています。待ってて下さいね!

全温度チアーさん、へっへっへー。週末にたくさんお話ししましょう!またウチの打ち上げにも出て下さいね。
おがくずクッキー、ちゃんと焼いていきますから。ぐぇっへっへっへ。地獄を見ますぜ。

HcinMannパパさん、いつも有難うございます。企画としましては難しいのですが、どんな形にせよやってみたいと思っております。タイミング、何とか会えば是非、膝を交えて飲みたいものです…。

難波さん、いついも助言を有難うございます。CRCもね、吹き付けたところをごしごし磨いてやろうとおもっているのですが、ちょうど梅雨の雨が続いていまして、そのまま放置しています。磨きーのパーツクリーナーで落としーのでもむりだったら入院させます…。また報告しますね。



他にもいただいている方、有難うございます。

書き切れなくてごめんなさい…取り急ぎお礼まで、です!



あああ、雨が鬱陶しい…私の元気を削りまくる…。






8

伴さんからのお手紙!



決めた!

3年後にジープ買おうっと!!

ラングラー。

思い付いちゃっただけなんだけど、何だかとても必要なものに思えてきたのさ。





さて。

先日、お世話になったショートフィルム…別作品でしたが門馬監督と出会いました。

たくさん話しをして、凄い人はたくさんいるもんだなーと思っていましたら、


<SSFF & ASIA〉“UULAアワード”を門馬直人監督作『ハヌル』が受賞!>

っていう素晴らしいニュースが飛び込んできました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130610-00000017-cdj-musi

いやいやいやいや、本当に凄いことです!

身近にこういう方がいますと、私としてもすんごい励みになりますし、刺激になります。

よーし、俺もまだまだがんばるぞーって。

いろんな人に影響を与えることの出来るパワー、素晴らしいですね。


門馬監督、おめでとうございます!!



**********************************

先日、神戸の結婚式に出席しているときのこと。

時間があったので須磨寺に参っておりました。

突然のにわか雨に驚きながら軒下で雨宿りをしておりましたら一本の電話が。

着信名を見ると<伴大介>さん。

はい、人造人間キカイダー等々でお馴染みの先輩俳優さんです。

いつもお世話になっている上に、何と言いましても優しくて人間味のあふれる方で、私も一方的に大好きな先輩です。
伴さん


「もしもし、どうされましたか?」


「あのね、実はね、古い台本を整理していたらさ、とっても良いモノが出て来てね。」


「はい。」


「俺が昔。一人芝居で使った脚本(ホン)なんだけどね、もう年齢的に俺じゃないなーって思って。」


「…はい。」


「妹尾クンやってみない?」


「はい。…いやいやいやいや、そんなに簡単に言われても!どうしたんですかっ?」


「このホンね、原発の事故を予言していたかのような内容でね、とてもいいのよ。渡辺宙明さんが音楽作ってくれてね。」


「ええ、いや、その、とても有り難いんですが一人芝居って言うのは…。」


「そうなんだよね、いろいろ難しいこともあるしアレなんだけど、一応さ、良いホンってことで読んでみてよ。どう使うか、いつ使うか、とかはまた別の問題でね。」


「はい、有難うございます。是非読ませて下さい!」



ってな会話がありました。

で、先日送っていただいたのがこれ。


伴さんホン


そうね、だいたい30分くらいのボリュームなんだけど、とても良いお話し。

伴さんが、


「好きなように書き換えてもらっていいよ、音楽もね。機会田 次郎っていうのも、めたるだ流星とかに変えちゃって!ギターもサックスで。」


なんて優しい手紙まで付けて下さってます。

ううむ…これはどげんかせんならん…のかも。



実を言いますと、一人芝居とかって超大変なんです。

いろんな意味で。

何かのイベントのお題目の一つとして…とか、もうしばらく温めて…とかいろんな事を考えておりますが、何せ伴さんからの直々の忠言であります。

大切に大切に…じっくり考えてみたいと思ってるんです。





で、今週末は下北沢でのリーディング芝居。

演出をしておりますので、こちらの方も大詰めになってきております。

今日も雨の中稽古に向かうぞ、と。


ただ、ちょっと楽ちんなのは、役者のスキルが上がってきていること。

新人さんが一人いますが、その子にしてもとっても良い経験になりそうですし、それをカバーする力が皆についてきてます。

うんうん、やあっぱり稽古は裏切らんね、と。

真剣にやればやっただけの効果はちゃんと出て来るものなんだなと、改めて思い知りました。





さ、阪神や門馬監督に負けないように妹尾も頑張りますぞ!




<業務連絡>

えっと、着ボイスですが、まだ届いていないと連絡を下さった方にも6月10日に送信しました。
無事に届いているでしょうか?まだでしたら再送しますので。
いずれにせよご連絡いただければ有り難いです!


ZZRの読み方ですね! このバイクに限らず、CB-FやGSX系、Z-FXなんかも地方によって呼び方が違うんですよね。
岡山でいろいろ呼んでた名前が、上京したら通じなかったのでビックリした記憶があります。
ZZRは、私は<ゼットゼットアール>です。多分、古い人はこっちの方が多いんじゃないですかね?
<ダブルズィーアール>は私らの年齢で車・バイク好きはほぼ言いません。
当時、いすずからジェミニの<ZZ/R>という超ホットな車が売られており、こちらを<ダブルズィーアール>と先に呼んでいたからです。なんか、車とバイクを分けるような感じで<ゼット>っていう発音になったのと、どうしてもカワサキつったら<ぜっと>でええんちゃうかい!ってなノリでした。
<じすぺけ><ふぇっくす>は言わなかったけど<ぺけじぇー><シーラカンス>やは言ったし。
<マメタン><マメカス>や<にごってぃー>なんてのも懐かしいです。

今さらながらホークシリーズにものすごく乗ってみたいと思ってるんですわ、あとGL。

5

あ、スクーター壊しちゃった!素人はダメね…の巻


ここ2~3日、ずーっとバイクを分解したり組み立てたりしてました。

で、結果的にはガキのいたずらと同じで。

やるたびにいろんな不具合が増えていき、とうとうウンともスンとも言わなくなりました。

これね、明らかに何かの拍子に過電流が流れて逝っちゃった系なんですが、私、鉄の者を組み立てたりするのはある程度分かってるつもりなんですが、電気系統はものすごく弱い。

とにかくセルモーターをもう一度バラして掃除したのですが、くるくる回るし大丈夫なのよね。

んで、組み上げていく際に丁寧に電極部に高めのCRCなんぞを塗布しながら組み立てましたら、あらららら、不思議なことにスターターを押しても<カチカチ>音さえ出なくなっちゃいました…。

はい、お手上げ。

もう、どこかの誰か(業者)に頼むしかなくなってしまいましたね。

セルモーター



このキムコっていうメーカー、中身はホンダなのでモノはいいのよ、造りも。

一昔前は<KYMCO>の代理店たくさんあったんだけどね…ホンダに交渉してみることにしますわ。

とほほほ。




んで、カワサキ爺さん(ZZR1100)の方はと言うとこれまた極めて絶好調で。

クラッチから異音がしまくっているのが心の底から気になるけど、聞こえていないふり作戦を発動しましたので問題なし。(にする)

で高速もよく使うし、このお爺さまがどのくらい元気なのかちょっとアクセルを捻ってみたりするのですが、メーター、3時の方向に針が指すくらいのスピードはすぐに出るのでやっぱ絶好調かと。

しかもね、このバイクの素晴らしいところは小食なんですわ。

以前、(盗まれた)ハヤブサの燃費は10km/Lいけば喜んでいたのですが、この爺さまは12kmは走る。

どんな環境でも、平均それ以上いくのね。

すばらしい!




ってことで、今回 ETC を取り付けることにしました。

車載器hが以前乗っていたものから外したのでポン付け。

なんですが、ちょっといろんな事に電源が捕れる方がいいと言うことになりまして(携帯の充電やら、将来もしかしたらタブ的なモノを持つかもしれない)、シガーソケットをシート下に設置することに。

そんなに凝ったことはしなくてもいいので、バッテリーから直電ってのもアレなので、便利なヒューズからの電源取りをすることにしました。

が、いちいち新しいパーツを買うのもしゃくに障るって気がして、全て自分でやってやろうぢゃあないか!と。

はんだごてを用意しまして悪戦苦闘、分からないことを弟に訪ねながら(レースやってたのでエンジンなんてバラして組み立ててって遊べる奴)やっとのことで完成しました。

メインキーのオン-オフに連動して使えるように。

やったね!

難しい事じゃないんだろうけど満足度100%。

スクーターが壊れなきゃ200%。

シガーライター


さっそく近くの高速に上がって、ETCゲートをくぐり……パッとゲートが開いた瞬間、

「やったね!」

ってガッツポーズ。


これでまた便利になってきました。




さ! ここ何年かビッグバイクのタイヤとかの情報を仕入れていないので誰か教えて下さい!

ライフと食い付き、平均的に良いタイヤってどれですか?

私、ハヤブサが盗まれるまではダンロップばっかりでした。

今じゃ違うのかしらね?



*************************

えっと。

ちょっとですね、バタバタと慌ただしかったもので、細かい情報を失念してしまっていることがたくさんあります。

大変申し訳ないのですが、


「着ボイスがまだなのよ!」


ってムカついている方、是非とももう一度ご連絡下さいませ。

必ず、必ず送らせて頂きますので(誰かの力を借りて)!

全てが送信できたと思った瞬間にですね、個人情報を持ち続けるのは失礼だろうと思いまして、それらしいメールを削除してしまっているのです。

こんなことならもう少し消さないでおけば良かったと思いつつ…本当にゴメンナサイ。


ご連絡頂く際は、

info@gekijuku.com

もしくはこのブログのコメント欄にお願いします!

それ以外の所に書かれてる方もいらっしゃったのですが、面倒が多くて月に一度も見てないんですね、私。

コメント欄、もしくは上記メルアドにお願いします!!


<業務連絡>

えみさん、神戸だったのねー。
耳元でささやけるチャンスだったのに…残念です。

次回必ず、超本意気で!

3

いやー、めでたいめでたい!!くぅぅぅぅっ!

ちょっとご無沙汰してしまいました。

神戸の友人を訪ねウルウル涙を流し、感動しまくりで帰って来ましたよ。

だって、結婚したんだもん。

石本伎市朗クンと紘實(ひろみ)さん。



歳をとると涙腺が緩むとよくいわれますがアレは本当です。

こんなもん泣くわけがないわい…と思っていた友人でも全然ダメだったし。

須磨海岸

須磨駅を降りると、ホームから海が見えています。

既にこの時も水着の地元民がキャッキャやってて、ついつられて海パンを買おうかと思ってしまいました。

こういう風景は東京にはあり得ませんのでとっても素敵な空気です。

北側に山がそびえ、南側に海!なんて風水的にも最高な土地柄ですわ。

かの勝海舟が軍艦の操船所みたいなんを神戸に作ったとき、只の漁村だったそうです。

が、地元の農民たちに



「ここは必ず土地の値段が上がるよ、大きな意味を持つ港になるから今のウチに不動産を持っておきなさい。」



ってアドバイスした話しがあります。

本当ですね…何回来ても素晴らしい土地柄です!

開けてるようで田舎で、ちょっと文明開化の味が残ってて。

須磨寺


須磨寺なんかを彷徨いながら、当日言い渡された友人代表のスピーチをどうしよっかなーと考えたりして。

歩いて須磨離宮に到着。

ちょっとね、寂しい感じはあるんですよ。

私、東京から行ってる唯一人の他人です。

知ってる人が新郎新婦以外ほとんどいません。

一緒に飲みに行ったバーのマスターと、新郎の会社の専務さんだけかしら。

ま、出たとこ勝負でジャンジャン話しかけてりゃどうにかなるだろう…ってことで。

離宮

すばらしいロケーションの須磨離宮。

大正ロマネスクの香り…?

離宮2

見とれてしまう建築美。

この建物、


「ここね、私の友達の●●ちゃんのおうちやったんよ。」

って教えてくれた女性がいたのですがその話は後半で。


電話


電話もね、趣の固まり。

「そおざますのことよ、おほほほほほ、いえいえ、宅のほうこそ…ではごめーんくださいあせ、おほほほほ…」

っていう会話がなされていた電話。

ついつい見とれてしまいます。

新郎と新婦以外にもウキウキしまくりで、ましてや新婦さんはアパレル業界の(超有名ブランド)とっても優秀なスタッフさんですので、もう綺麗なべっぴんさんばっかり!

イタリアから飛んでこられた方もいらして、とっても勉強になる話が聞けたりしましたよ。

落ち着け、俺!と言いきかせながら式が始まります。

人前式。

感動して泣きそうになって…ああ、もうこの人前式というのは友人知人が結婚の証人なワケですから絶対に勝手は許しません。

株主みたいなもんですから。

いろんなものを動議にかけて口を出してやろうと思っています。

とにかく感動。

ケーキ入刀

形式的?には夫婦で初めての共同作業。

あんまりケーキ食べない日本人とかの場合、巻きずしとかマグロの解体みたいなんでやったらどうかしら?って思ってしまいました。
披露宴・改

あああ、もう本当に嬉しい限りです。

素晴らしい歌や踊り、多くの出し物がありました。

私のフリートークもそこそこ笑いが取れていたよう?で、ホッと胸をなで下ろしましたぞ。


二人の門出、素晴らしい宴はその後も厳かに厳かに…。





んで、二次会から三次会、四次会へとなだれ込んでいくわけでございます!

二つほどサプライズがありました。

どちらも私にしてはとっても嬉しいサプライズ。



その一。

近鉄バッファローズ、かの野茂英雄投手が大活躍している頃、同じく左のエースとして両輪の活躍を見せていた小池秀郎 選手が奥様と一緒にご列席で!

飲みながら何気なく他の女性の話しを聞いておりましたら、小池選手の話になりまして。


「うんうん、もちろん知ってるよ。ドラフトでめちゃめちゃたくさんの球団から指名された、あの火の玉ボールのピッチャー、大好きでしたよ。」


「私の旦那ですよ。」


「は?え?うそ?マジで?もしかして今日来てる?」


「ほら、あそこ。」


「え?うそうそうそうそ、どれどこどなたっ!」


って目の前のお席に座って下さったのが、本物の小池選手!

どっわあああああああああああ!




もうね、いろんな事を聞きました!

ニコニコ笑いながら答えて下さって。


「妹尾さん、かなり地味なことまでよく知ってますねー!」


って良いのか悪いのか分からんリアクションもらってんですが、私としてはテンション上がりまくりです。

だって、本当に凄い選手だったんだから…15勝するってハンパじゃねえっすよ、最多勝投手、オールスター選手さ!

帰り際、タクシーに乗った小池さんに、


「まだまだいける! あと5勝できますよっ!」


って大声で叫びましたが単なる酔っ払いのタワゴトでした。

ううう、でもめちゃめちゃ嬉しかったのね。

小池投手

絶対また会いたい、人柄も抜群…私のこと、嫌いにならないで下さいませ…。



で、さっきの須磨離宮が友達のお家だったのよーって言っていた女性。

今回、新婦の友人で受付や進行なんかを甲斐甲斐しくお手伝いしておりましたが、実は私と会ったことがあったんですね!

あったって言うか飲んだことがあって。

25年ほど前。


「妹尾さんウチのこと覚えてます?」



って聞かれて、ものすごい見たことあるので記憶のパルスが飛びまくってるけど繋がらない。


「え、えっとー…。」


「妹尾さんがメタルダー終わった頃に神戸で●#して△”%の時に!」


「おおおおおおおおおおおおおおっ!」


確かに思い出した、ああ、あの時の●&%$で□=&%した、あの子でした!(変なことではないですぞ!)


いやいやいやいや、四半世紀ぶりに会って、お互いに思い出して、そんでもって


「変わらんねぇー。」


なんて言いながら昔話に花が咲いて。

ま、とにかく楽しかったというわけですわ。






んで、また車で帰るのですが、天気がいいので退屈な高速道路を咲避けて下道をてくてく走っていましたが、何か途中から意地になってきて。


「このまま何十時間でも下道走って帰ってやろうか…。」


何の意地かわかりませんが、そんな感じになってしまいまして。

実際には14時間ほど走ったところで家にたどり着きました。

楽しい思い出を喜びつつ運転していましたのでそれほど苦にはならんかったとですたい。



眠いけど。



ご両人、お幸せに!







<業務連絡>
真さん!すいません…<ブログ拍手>の方にコメントをもらっていたのですね。
そっちはほとんど見ないんですよ。
コメント、じゃんじゃん書き込んで下さって結構ですからこれからもよろしくお願いします!(コメント欄なら見てますから!)
で、」改めまして  info@gekijuku.com  までご連絡先を頂けますか?着ボイス作って送りますから。
すいません、面倒をお掛けして。どんなことを喋ればよいかも指定して下さいね!

該当の記事は見つかりませんでした。