・・・されど役者的妹尾blog

太く拡げよう僕の細道   since.2006.4.14
3

恋の季節




NCIS。

去年頃からハマりまくっているドラマなんですが、おもしれえなあーって見ていた私の心に、年末くらいからもう一つの妙な感覚が湧いてきておりました。

それが何かは分からないのですが、観ていてももうひとつ落ち着かないって言うか、お尻の当たりがムズムズするって言うか。

何だろうなー、いやいやいやいや、気のせいだわと思い直して観ていましても、何かのはずみで何故か心が浮き足立つ。

なんじゃこれ? って気色悪いなーと感じつつハテナマーク全開で観続けておりました。



で、そんなことに気付いてからは3ヶ月ほども経つのですが、本日、その謎が解けました!

やっと分かった。

じっちゃんの名にかけて。



ムズムズするシーンを自分なりに解析しておprいましたら、気付いたのです。

ある特定の出演者が出て来るときにざわざわってなることに!

そ。

どーやら出演している女優さんにをしてしまったようです。

中2かっ!



何とでも言って下さい。

全然平気。

気付いてみれば単純なんですが、この方が出演しているシーンで、ずーっと目を追い続けてしまってる。



「こっちに気付いて! チラッと振り向いて!」



って念を送ってる。

当然阿呆ですし、異論ないです。

久々にテレビに出てる人にドキドキした。

多分、小中学生の頃のフィンガーファイブや河合奈保子さん…そこらへん以来だと思う。

どうせ壊れるんなら行くトコ行っとけ、的なね。

踊らにゃ損、損!



ハイ、この人、どーんっと!

コート・デ・パブロ


自分で大好きって思って調べるまで名前も分からんかったけど、<コート・デ・パブロ>ちゃんっていうらしい。

<さん>付けが正解なんだろうけど、距離感を近づける為にあえて<ちゃん>で行っとく。

どれが名字でどれが名前かよく分からんくて、ちょっと地名みたいな響きを感じてしまう名前だけど…ね? どですか? 美しい方ではあーりませんか?

仕草とかもね、男っぽいっていうかさっぱりしてて好感度アップなのね!


そっかー、俺、お話しや芝居が大好きだと思って観ていたつもりだったのに、単なるお姉ちゃん目線だったのかしら…。

ま、いいわ、すっきり解決して。




桜、咲けよ、急がなくて良いから。

ぽっかぽか、気持ちよくなってからでいいからさ、ゆっくりね。


嗚呼、恋の季節やねえ…






7

あざす!朗読劇終了!!


週末、リーディングっていうのをやりました。

朗読劇です。

ずっと仲良くさせてもらっている赤星昇一郎さんのお店。

ピカイチ



正太ロク




難しいですねー、いろいろと勉強になりました。

が、お客様には喜んでいただけたようで、ホッとしました。

笑って下さった方、売る売るして下さった方。


「こういう感じになったらいいなー・・・。」


ってのがほぼほぼ出来ましたので!

もちろん課題が満載ですが、それは次の機会に活かしていきたいと思います。


体を使った表現じゃないので、考えることが満載でした。

演出上、こうやったらいいじゃん!簡単じゃん!ってなことが出来ません。

だってじっと椅子に座ったまんまだから。

動かなくて・・・っていうのは私の場合どうしても落ち着きがない性格ですので無理。

ちょっとだけ動いていこうよってな方向で、立ったり座ったり振り浮いたり目を上げたり下ろしたり。



なんかね、体が紐で縛られているのに藻掻く…水中脱出みたいなものを感じながらの演出でしたわ。

でも、出演のみんなもとっても楽しみながら緊張できていたし、たくさん引き出しが出来たみたいです。

迅ゴイチ






ご覧頂きました方、本当に有難うございました。

また楽しい報告をさせて頂きたいと思います!!!

4

緊張…考



世の中いろいろ考えさせられることが多くて。

楽しいことと腹が立つこと、しんどいことと嬉しいこと。

どっちも良い方をよりよく感じさせる為にある苦痛かな、と。





芝居の本番前に、観なとよく話すことがあります。

緊張。

緊張するのって本当にイヤ。

ドキドキして圧迫されるし、なんか苦しいし。

なのにどうして、また同じく緊張を味わってしまうのでしょう、ってか日常的に。

それはね、きっと緊張というものが人間の体にとって苦痛ではないんじゃないかと。

苦痛であれば、絶対避けるようになるはずだもの。

もし、苦痛であるとするならば、その苦痛を乗り越えた先に待っていた喜びが無上のものだった!とか。

きっとどっちかだよねー、じゃないとこんなにドキドキするのイヤだもん…ってな会話です。

なんか当たってそうな気がするのよ。



緊張だけにとどまらず、全てのことに乗り越え感を求められているんだな、と。

強くなりたいなら鍛えろ、鍛えるのはしんどいよ!

発声でっかくしたいなら鍛えろ、鍛えるのはしんどいよ!

芝居を磨きたければ大きく感じて生活しろ、ないたい利苦しんだりをやんなきゃ!




あ、やっぱそうだわ、輝くものをゲットする為にその逆のものも手にしなきゃダメなのか!

スイカに塩、うどんに七味…。はぁ?


******************************************


ここのブログにもいろんな人が来ました。

いろんな人がいる、いやいやいや、本当に。

個人的に助かっているのは、コメントを下さったり読んで下さっている方が大らかってこと。

ほぼ、叱られたことがありませんもの。

産まれたときから一日も欠かさずに叱られている(現在でも)私としては驚異的に居心地の良い場所ですもの。

いろんな事をやるって書いたら、たくさん応援してくれて。

しんどいなーって思うことを面白く誤魔化して書いたりしても、何かちゃんと先まで読まれてるかのようなコメントをいただいたり。

元気玉、めちゃくちゃ有り難いですもん。

助けられっぱなしでね、マジで涙が出そうになったこともたくさんあります。

文章なのに、ものすご距離感近く感じました。



数名ね、…もう、なんて書いたらよいのかさっぱり分からないラリパッパな輩もいましたが。

いかにもネットならでは!っていう分かりやすいものでしたが。

しかしこんだけ好き勝手書いて、ラリパッパが数名の出会いで済んだのはラッキーでしょうけどね!

ちゃんと学習もしました。

面白がってやんやんや賑やかしちゃうと、その他の読んでくださっている方にも迷惑をかけてしまうんだなって。

心配をかけるっていうのは本当にだめなことだなって。

育った環境や年齢も、ましてや文化も違うので当たり前なんでしょうが…いずれにせよ仲間との居心地の良い空気ではなくなってしまいますもの。




記事がもうすぐ1.000件になるなーなんて…あんなこともあったなーなんて…何だかブログを振り返ってみたりしています。


***************************************

ナレ録り


先日、面白いのにものすごく緊張する仕事をさせていただきました。

まだ情報を公開できないのですが、とても大きな会社の出版物のTVのCFナレーションです。

短い言葉に命を吹き込む、芝居とはチョイと違ったスリルを味わってきました。

思って思って思い込んだ言葉を、台詞じゃなくてほぼ単語に乗っけなきゃならない。

私の仲良しの先輩や友人がナレーションの仕事をしていますが、こりゃ大変なのだねと納得しまくり。

いつもの現場と違う、畑違いのお仕事になんで私がこういうのをやらせてもらってるんだろう?ってちょっと不思議な感覚でしたが、そこは選んで下さった方に感謝、というもの。

男なら意気に答えなければなりません!

頑張ったよー、ドキドキしながら。

なんかオッケーが出て、家に帰ったらぐったりしてしまいました。

でも、ビールが最高!って。

やっぱり緊張ってのは良いモノなのかもしれません。




1

ほど遠いのね、極意


リーディングで使おうと思った曲選びをしていましたら朝になっていた。

また眠くてしんどい一日になってしまうのですね。

アホが治らない妹尾です。



ボーリングをしました。

数年ぶりです。

腕がパンパン。

調子こいて3ゲームもやるもんじゃないっすわ。




ロシアに隕石が落ちてきたって。

衝撃波とかの問題をいろいろとメディアが取り上げていますが、あの映像は凄かったですわ。

映画の特撮そのもの!

大都会に落ちていたらこんな風物詩的な、対岸の火事的な空気じゃなかったでしょうよ。

真剣に考えてもどうにもならんことだから、必要以上に不安感を煽らないようにしているのでしょうか。

地震があったときや、竜巻、ハリケーンなどの時は対策が講じられたり、普段からの準備などについてすぐに騒がれるのですが、今回の隕石に関してはずいぶんと大人しめだなーと。

変に私が勘ぐりすぎているだけでしょうが、何かいろんな情報を操作しているような意図的なものを感じずにはいられません。

来年からこういう隕石的なモノがビシバシ落ちてくるのでしょうか?

で、10個のうち1個くらいは宇宙人さんとかが乗っていて、それをカモフラージュする為に…みたいな。

うわうわ、なんか脚本が書けそう!


***********************************

宣伝させて下さい!

2月18日月曜日。

NHKにて22時00分~22時49分

ファミリーヒストリー「平岳大~父の背を追って、海を越えた一族の絆~」

「ゲキ塾。」の<濱口陽平><小川ゆかり><迅><森川拓也><五島想一郎>が出演いたします!

妹尾も編集されてなければちょいとだけ映るかも…。

去年、コロッケさんのお話でやらせて頂きまして、それに続き2回目です。

どんなふうに映っていますか分かりませんが、みんな一生懸命、入る力を抜くことに力を込めて、自然に演じております…?

お時間ございます方、是非ご覧になって下さい!

よろしくお願いいたします!



****************************


合気道のお稽古。

楽しいのですが、寒い。

武道家がいちいち暑いの寒いのうるさいわっ!てなもんでしょうが、まだまだ駆け出しのぺーぺーおじさんの私はやっぱり寒い。

けど、一生懸命やらなきゃねと、弱いココロを叩きつぶす為に動き回っております。

本日の稽古で一つ開眼しました、気がしました。

私は体が大きい方なので、相手の型に取ってみると圧力があるらしいのですが、またそれを逆に投げ飛ばすのが大層楽しいと、いつも喜ばれます。

黒帯の有段者の方にとっては、私なんぞ単に大きいだけの獲物。

ぶんぶん投げ飛ばして日頃の鬱憤を晴らしておられます。



「いやあ、妹尾さんを投げるのって本当に楽しいよ!」



ってニコニコ喜ばれてますもの。

でね、いつも不思議に思っていたことがありまして。

めっちゃ細っこいオバアちゃま的な方が、ひょいと私を投げ飛ばす方法。

何となく見てはいたのですが、力学的なことを解説して頂きまして、プラスここをこうしてああしてそうやるの!的に。



あ。


何か今分かった気がする…えっと、ココをこうしてこうしたら…!!!!!!!!

面白いほどにポンポン吹っ飛んでいく。

全然チカラいらなくて。

わーいわーい、これは楽しいぞ!

誰が考え出したのか、昔から伝わる古武術の奥の深さを思い知りました。

実践で編み出された、究極の理論といっても差し支えないと思います。

私の習っている道場は純粋に合気道というのではなく、五島流という古武術が入りまくってますので大層勉強になります。

本当にね、ずーっとこんなふうに人を倒す方法を考え続けていた人たちが武道家だったとしたら、これはこれでやはりプロの仕事ですわ。

全てが理にかなっていて、そして極めれば美しさをまといますもの。



うん、痛いけど続ける!


3

変な具入りパン

今、胸が高鳴っていることがあります。

WBC.

すんげえ楽しみ!


***************************


さて。

ちょっとクレジットカードを変えようと思って、メインで使っていたやつを廃棄しました。

そしたらば、光熱費やら何やらでいろんなものを決済していたらしく、何が何だか分からんようになってしまいまして。



「もしもし、もしかして私、電気代ってカードで落としてましたか?それとも銀行から引き落としていますか?」


なんて各社に訊いて廻っています。

後で、オンラインで明細見りゃすぐに分かるって気づいたんですがとにかくてんやわんやのカードお引っ越しとなったのでした。

やっと片が付いたはず、と思っていたらまだお前がいたか! 的なことがボロボロと。

ああ、めんどくせえ。


*********************************

今年はどこか海外旅行がしたいなーと。

どこに行こうかなー、アホの一つ覚えみたいでも構わんからハワイがいいなーとか妄想を膨らませておりました。

ものすごい盛り上がってきて、もういても経ってもいられなくなる感覚。

すぐに荷造りをして、その日の為の準備をしたくなったほど。

おっと、忘れちゃいけねえ! ってパスポートもしっかり確認。

・・・。




はい、切れてました。

もうやだ、めんどくせえ。

海外なんかどうでもいいわ。


大体ね、日本の素晴らしさを隅々まで知らんやつが、ましてや四国の四県の名前も出て来んようなアホタレが海外旅行ばっかり言って、しまいにゃあ


「やっぱアメリカだよね、自由で広いもん。日本はさ、せせこましくてダメだよ…。」


的な能書きを垂れる輩が多すぎるのよ。

ことしは北海道。

久々に行くわ、北海道。

十分広いし空気はカラッとしてるし、海の幸は美味しいし温泉は気持ちいいし、人々も優しいし。


…くそう…。

カニ食べに行きます、もう少しあたたかくなってから。


******************************************


家でね、某社のパンを食べておりました。

少しづつむしりながら。

そうしましたら、へんてこりんなものが目に飛び込んできました。

毛。

おけけ。



「あれれ? これは俺のか?」


よーく目を凝らしてみますと、どうやらまつげのようです。

写メをパチリ、と。

毛入り

これは…あれよね、ダメだよね?と。

別に吐きそうなくらい気持悪かったわけでもないし、喰おうと思えば毛の一本や二本なんてこと無いんだろうけど…平和日本に於いてはちょい違うかな、と。

これは親切な心を持ってして教えて上げた方がいいよな?と。

さっそくこの超一流企業さんに電話してみました。




「あ、もしもし、ちょっとお耳に入れておいた方が良いかなーと思うことがありまして。」


「はいはい、何でしょう?」


「えっとですね、まず先に断っておきたいことがありまして…あの、私、決してクレーマーですとかそういうのじゃありません。ですから何か見返りをもらう為にヤラシイ電話をしてるんじゃないんですよ。」


「ほうほう…。」


「ですから、お話しをしましたら電話を切りますので、住所とか名前とか聞かんで下さい。」


「はい、そりゃまた一体どういうことでしょうか?」


「実はですね、おけけがですね、パンに入っていたんですよ。最初は自分のかなーって思ったんですがね、パンをむしったところから出てきましたし、引っ張ってみましたらちゃんとパン生地に練り込まれていましたのでね、ああ、これは具になっているのねーって思いまして。」


あららららららららら! これはまた申し訳ありません!いやいやいやいやいや、(云々かんぬん…ごめんなさいの連発)」


「しっかりした毛根がね、見て取れるんですわ。これ、そちらの会社としてはとても良くないことだと思いましてね、放っておいてもいいのでしょうけど、一応お耳に入れておいた方がいいだろうなと。」





この後、その商品のバーコードだとか消費年月日だとかいろんな事を訊かれまして、あちらさんには何かが腑に落ちたみたいで。


「あの、いまからそちらに伺えないでしょうか?」


「いえいえ、本当にそれは結構ですから。何か持ってきたりしておかしなコトになるんでしょ、言ったじゃないですか。」


「いえ、もしよろしければ、その実物を持ち帰りまして、工場サイドともう一度徹底した衛生管理をさせていただくためにですね、ご協力をお願いしたいのですが。」


「ホンマですね?私、今嫌らしい感じになっていませんよね?」


「はい、決してそんな!とてもご親切なお話しを頂戴しております!」


「…うん、じゃあ住所教えます。そのかわり本当に何かのお詫びとか持ってこないでね。何か自分がものすごく嫌な感じになってしまうから。」


「かしこまりました!」




って、クレーマーみたいに思われたら男子たるもの沽券に関わる!って思っていたので何度も確認してしまったのですが、何かこれ…余計に催促してる感じになってねえか? 的に思い始めて。

1時間ちょっとで本当に私の自宅に来ました。

誰でも知っているこの大きな会社のかなりの偉いさんが腰を低くしまして。

家中に入れようとしましたが玄関先で結構ですって。

パンをね、見せました。

もう固くなってカピカピになりかかっていましたが、とても恐縮されて。

んでね、封筒を渡してきたんです。


「お詫びの返金です。」


って。

だーかーらー、そーゆーのをやめれって言ったのに!


「家、このパンの金額ですからご安心下さい。これは受け取って頂くべきお金ですから。」


って、封筒の中を見たら本当に小銭がチャリンちゃりんって。

じゃ、分かりましたと。

このおじさん、


「もう、これから工場に飛んでいって皆の気持ちを引き締めて、今後一切二度とこんな風なことがないようにしっかり教育をします! 今日は本当に有難うございました。 こういう方に連絡もらえて助かりました! 」


と。

このへんでやっと良いことをしたんだなと確認できてきて。


「で、これはですね、そういう私の個人的な気持ちですので、どうか召し上がって下さい。当社で作っているモノですので。」


つって、大きな包みを置いていきました。

むう・・・。





まあね、おじさん曰く、半分脅したり、おかしな難癖をつけて金を持ってこさせようとするやつはいるんですよ…的なことも言っておられたしね。

ここのメーカーさんに少し役立ったのなら良しとしようじゃないか、と

そんな話し。





*********************

下北沢のカフェ<ピカイチ>でリーディングをやります。

只今絶賛稽古中!

《リーディングcafeピカイチ》
東京都世田谷区1-40-11サニーハイマート102
tel 070-5599-6821

公演スケジュールはこちらです。
*入れ替え制

■23日(土)  
・17時~
・19時半~

■24日(日)

・15時~
・17時半~
・20時~

※両日ともにラストオーダーは22時半です。

15人ほどで満席、こじんまりした空間で楽しいひととき…一緒にを過ごしてみませんか!

もしもお時間ございましたら是非いらして下さい!

ご連絡は「ゲキ塾。」妹尾まで → info@gekijuku.com

2

ナイショのさわり




何かもう。

素敵な人間とそうじゃない人間の境目が激しすぎて。




本日、私のマネージャーと飲みました。

私はいわゆる事務所というものに所属しておりません。

数年前に、大手の俳優事務所を辞めて、その時に


「自分の出番くらい自分で作るわ!」


って大見得切ったので。

山ほど作りましたさ。

山ほど泣かされましたさ。







男子って何なのでしょう。

こざかしく生きるのが本当に嫌なので、信頼できる人間と出会いながら進んでいきたいと思います。

これって、分かりやすく書いてますが本当におっかないことなのよ!






今度ね、こんな鬱陶しいブログを読んで下さっている方のために、書きにくいことを書きます。

ってか、今しか書けないから。

たくさんの人が読むと、いろいろと問題があるから。




芸能界…っていう世界に暮らしているつもりはないのだけれどその括りで接してきた人のこあなはなしをかきますわ。






あ、明日は朝から声のお仕事なのに…。

早く寝ようっと!





2

修行?の心



心を落ち着かせようと。

何か爆発しそうな心を。

よい空気


何かが上手く行ってないワケじゃないし、どっちかというとイイ感じの毎日なのですが、私には分からないへんてこりんなモノが確実に産まれようとしています。

いや、産もうとしています。

何だろう…ただ、嵐の前の静けさ的なモノが身体の中で起こっていて。

20才くらいの頃よりもパワーが溜まってきています。


ネットで調べていたら面白いモノを発見しました。

古いね、日本中の民家が一杯並んでるんですって。

よくあるパターンですが、かなり規模がでっかいらしくて。




私、素より日本家屋に大変興味がありまして、大きくなったら(もうなってるけど)囲炉裏のついた天井の高いお家で暮らしたい!っていっつも思っていましたし。

イヤされて高ぶった気持ちも抑えられるかと思い、丁度イイやってんで行ってきました。

うん、うん、なーるほど。

地方色出てます。

すごいですね、建築のチカラ。

寒い地方、暑い地方、川が近くにあるか海が近くにあるか、等々すごい工夫が凝らされています。

竪穴式とか横穴式とか言っていた、ほぼ動物と同じところから数百年でばりばりすごいのが出てきて。

知恵やね、知恵。


太古に想いを馳せて感動しまくりでした。

囲炉裏

星空の見えるお風呂と、囲炉裏の付いた居間。

これは絶対に実現させたいと思っています。

囲炉裏で魚に串を打って、遠火で焼きながら友とかわす酒・・・くううう、たまらんっ!





***********************************

外に目を向けますと納得のいかないことや事件が多すぎまして。

これからの我が国は一体どうなっていくんだろう・・・と、本当に心配でなりません。

矜持。

誇りを持って残りの人生を生きていきたいと思っています。

例え国のトップがどんなふうな風を吹かせても、私たちは啓蒙されない術を身につけました。

プロパガンダに対してもちゃんと是非を見抜く知恵を授かりました・・・はずです。





最近、新聞を某社から某社に変えました。

やはり、どうしても偏向した意図を感じずにはいられません。

私が歪んでいたのかとも思いましたが、冷静に判断しても想ではありませんでした。

また、他社のモノに変えようと思います。

単純に右か左かじゃなくて親大陸派と親英米派みたいなことになるんだろうけど、それでも線引きは私の全てに当てはまらないもの。

全くの自由思想を貫かせて頂こうと思う。




原始人が集まって集団で暮らすようになり、社会が出来て理性が求められ、知性…教養が後からドンドンくっついてきて。

当然それらがないと秩序は乱れ、何もかもが煙になっちゃうと思うけど。

たかがオスの人間が一人・・・何かに守られようとして、何かを恐れて、何かに媚びへつらってってのは嫌です。

男一匹、遮二無二自我を通す! っていうのも全然違う。

そこまで若くもプアでもない。





根っこの話しさね。

心の根っこに自分をしっかりと握りしめて。

畏れを乗り越え、感謝にひれ伏し、まっすぐ進める度胸が欲しいのね。



「サムライの心を持つのが夢。 負けない肝っ玉を持つのが夢。」



思い続けてるんだけど、なーかなか手には入らんよ…ってか姿すら見えない。

雑念、欲の固まりなのよ。



朽ちるまでに、一かじりでいいから味わってみたいんです。

はぁ…まだまだ修行やね。




4

マグマ溜まりとリーディング




こにおブログも書き始めてからずいぶん経つなー、よく続いたなー…って見てみたら、もう少しで記事が1000回に届きそうです。

続けられたのはもちろん、呼んでくださっている皆様のおかげかと。

だってリアクション中ったらただの秘密日記だもの。

そんなに乙女チックでもなければストイックでもないし。





ただ、最近フェイスブックを始めてから、ここのブログとの棲み分け方が変わって参りました。

FBではその時その時の感覚を書きなぐり、結構早いツッコミをもらったりしてて。

それはそれで楽しくて、またすぐに情報をお渡しできるので便利だなーと。

多くの人が使う意味が分かります。


ここのブログ、逆にじっくりと自分の考えていることや何かを書くようになってきましたので、回数も減ってきましたし。

その分、ウソのない、ちょっとコアな内容に手を出せる感覚になってきました。

FBで読んで下さるかたが増えた分、こちらの読者さんが減ってきたのが人対の理由ですが、ですからその分与系に炎上一歩手前のところまで触れていけるように…なった気がします。



うん、これはやりやすいぞ!




*************************************************


ぬおおおおおおおっ!

マグマが。

腹の底に溜まってきました。

これはね、動きたいっていう願望が叶えられないときや、事がうまく運ばないときに見られる一つのシグナルです。

私の場合は、旅行に行きたいぞこのやろう! ですとか、バイクにのりたいぞこのやろう!、あとはチャイナドレスのお姉さんと飲みたいぞこのやろう! 等の欲求不満的な意味あいです。

ま、多くはこの寒さが災いしているのですが、かなりのストレス君が私の身体に住み着いているのは否めません。

ヤバいです。

誰か、私と一緒に飲んで下さい!飲み倒れて下さい! 飲みつぶれて眠るまで・・・。

酒飲み_





********************************************************

今月末、23日(sat)と24日(sun)、赤星昇一郎さんのお店でリーディングを行います。

ピカイチ情報

「ゲキ塾。」のメンバーで参加します。

私もやることになりました。

リーディングなんつうとどんなもんじゃろかい?って思われる方がいらっしゃるかと思いますが、実はハッキリしたカテゴリーはまだ決まっていませんし、私は聞いたことがありません。

ですから、かなり自由に表現できるのですが、演劇ではないのです。

まぁ読み聞かせって言うか、紙芝居的なっていうか。

?(じつはよくわからん)



是非、時間のある方、遊びにいらして下さい!

10人も入れば一杯になる、こじんまりした空間です。

普通のサテンで雑談しながら朗読を聞く…みたいなソフトタッチなノリですから!



《リーディングcafeピカイチ》
東京都世田谷区1-40-11サニーハイマート102
tel 070-5599-6821


公演スケジュールはこちらです。

■23日(土)  
・17時~
・19時半~

■24日(日)

・15時~
・17時半~
・20時~

※両日ともにラストオーダーは22時半です。

※公演は1回当たり60分を予定しております。


■料金システム(1公演につき)

リーディングチャージ 1,000円
別途1ドリンク制
(喫茶メニューからアルコール、おつまみ等もあります。)

宜しくお願いします!!







3

ありがとう。という作品なのね。

今回関わらせて頂きました作品は、<ありがとう。>です。


原廣利 監督。

またしても素晴らしい方にお会いしました。

若いのですが、とても才能豊かな監督です。

分からないことがたくさんあり、いろいろと質問させて頂きましたが全て、私にも分かるように懇切丁寧に教えて頂きました。

こういうふうに話し合ってお互いが納得し、創造させていく作業は心も身体も楽しくて堪りません。

原監督にはどんどん作品えを作って頂きたいと思いますし、またご一緒させてもらえたらなーとワクワクします。


短編映画なのですが、内容はどこの家庭にもあるようなヒューマンドラマ。

ちょっとしたことなんだけど、家族だから余計に手が出せないような・・・。


とあるシチュエーションに<家族>というモノをはめ込んでみて、


「大きく呼吸をしてみましょう、きっと大切にしなきゃならないモノが見えてきますよ・・・ほら、ね!」


的な、ほんわかした美しい映像です。



短い時間の中で、集約させた画をお観せします。

長々と説明できない短編映画の美しさと難しさを味わいました。

観た人が、ポンポンっと想像していけるカット割り、台詞。

むむう・・・。



いや、本当にこりゃ死ぬまで勉強だわな、と。

何にせよ素晴らしい経験をさせて頂きましたさ。

出来上がったら宣伝しますので是非お楽しみにして下さいませ!




茨城県の協力がありまして、当地での撮影でした。

ありがとう2

水戸駅前にてパチリ、と。

茨城、広い!

高速でバンバン端って移動です。


ありがとう1


フィルム・コミッションの方が用意して下さった、とても趣のあるお家。

休憩中にわさわさッと集まったスタッフと記念写真です。

外国の方の姿も見えますが、この方はハリウッドの<ダイハード>なんかにも関わっていたんですって。

現在はフクシマに関する映像を撮ってらっしゃるそうです。

いや、立派。

金髪の、サッカーの本田選手みたいに見えるのが原監督。






撮影というのは水モノで、いろんな事(事件)やトラブルが起こります。

ってか、起こるのが普通なので何とも思いませんが、その際の処理能力が弱ければ時間がかかってしまい、疲労したキャストとスタッフが絞りきりながら乗り越えようとします。

どうしてもそれが画に映ってしまいますのでなんとか回避したいところ。

今回の撮影ももちろん…トラブルがありました。

が、それを感じさせないほどの事後処理の速さ、そして対応により、普通に撮影を進行させることが出来ました。

ココのスタッフさんはかなり優秀ですわ。

いやいや、驚いた。

坂井裕美


そして、最後までニコニコと辛いのも顔に出さず頑張ってくれたのが、私の娘役の<坂井裕美>ちゃん。

ものすごい天然な、いや、ピュアな女優さんです。

元々はモデルさんですが、ハキハキと大きな声で挨拶をし、周りのスタッフを明るくさせる素敵な女の子。

ちゃんと酒も飲めるのは高ポイントね。






てなわけで。

大きな事故もなく、大失敗もケンカも失禁もなく役目を終えることが出来ました。

長いインタビューに受け答えしているとき、現実と交錯して涙が出そうになってしまいましたが、それも残念、且つ楽しい思い出になりそうです。


本当に映画は素晴らしい!


観た方にも同じ気持ちを共有して頂けるよう…切に祈ります。


(ガンバレ、ナイス編集・・・!)




3

ビバ! 優也、がんばれよ!!




1月いっぱいで、「ゲキ塾。」の田中優也クンが役者を廃業しました。

昨年の暮れに相談を受けまして、(といいましても決定報告ですが)ちょっと人生を考えてみたいと。



「ウチじゃないところに行ってもいいから役者は続けてみれば?」


「いやいや、そう言うことじゃないんです。役者の仕事って、本当に生半可な気持ちじゃ出来ない…って思いまして。ものすごく考えたんだけど、一度違う視点から見て考えてみたいと思いました。」




って、すんごくスッキリした顔して言うもんだから、こりゃもう応援するしかないなって。

彼とはたくさん一緒に仕事をしてきましたし、とても才能豊かな役者だったので残念な気持ちはあります、正直。

「ゲキ塾。」に来て、すぐに芝居に出られるとは思っていなかったらしく、たくさん出演できたことをとても喜んでくれました。

さらに演劇祭の優勝メンバーでもあり、彼を欲しがってくれる他の団体さんからのオファーも受けました。

さあ、これから優也をどういじっていこうか・・・?なんて考えていた矢先だったのでかんり驚きましたが。



ま。

ずーっと仲良しの友達でいようぜ!っていうとてもすっきりした送別が出来ましたので良しとしたいと思います!

優也追い出し4



昨夜、「ゲキ塾。」の稽古終わりをちょいと早めまして送別会を。

一緒に隣で飲んで、今までの話しをしてたりしたら泣きそうになってしまいましたが、そこはもう49才なのでぐっと我慢して。

そうしたら私の誕生日のお祝い亜も兼ねちゃおうって若い奴らが盛り上げてくれまして。

なんとも照れくさいし、そんでもってまた涙が出そうになるし。

いろんな事から邪気を祓ってくれる・・・っていう効き目がある(と言われている)石で出来たブレスレットをプレゼントしました。


撮影終了でロケバスの中から?走って駆けつけてくれた迅ちゃんが、


「普通に来週もおいでよ。」


って変な別れの挨拶をしておりましたが意味が分からないのは疲れているからでしょう。

優也追い出し8


めちゃめちゃ応援しているぞ、優也!!っていいながら、もしも戻ってきたら困らないようにちゃんと居場所を用意しておこう、とひっそり思うのでした・・・。

該当の記事は見つかりませんでした。