・・・されど役者的妹尾blog

役者道を邁進している人たちの稽古場風景。 最後に笑うのは自分だ,系。 だ-か-ら、やることやって言ってますとも!   since.2006.4.14
0

年の瀬の有り難さ




拝啓


このブログに1年間お付き合い下さいました皆様へ。




本年度、最後の仕事も無事に終えまして。

これで全ては完了です。

身内のことや友人のこと、多少引っ掛かることもありますがそれはそれでドンドン解決させる方向に持って行ければ良いんだと言いきかせつつ・・・


気にかけて下さる方や応援して下さる方、皆様のおかげで2012年を無事に終了させることが出来ました。



皆様、本当に今年も有難うございました!



くれぐれもお身体に留意なされて、新しい1年を素晴らしいものにしていただきたいと思いおます!!

心の底から感謝の言葉を伝えたいと思います。

多くの人に喜びと幸が舞い降りる、そんな時代の担い手になりたいと真面目に思っています。

また来年、楽しい報告をさせて頂きたいと思います。

この馬鹿男にお付き合い下さいますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。




では、皆様、良い歳をお迎え下さいませ!


有難うございました。




敬具



2

まだまだ続くよ忘年会



インフルエンザの予防接種。

逃げ倒しながらもとうとう捕まってしまいました。


まあね、仕方ないです。

アレを食らった日にゃおしまいですから。

恐いのを我慢しましたさ。





さて。

ギャラの振り込みやら事務的な手続といった年末のご挨拶などに奔走しておりますが、大掃除も平行しつつ。

タイヤ交換も予約を入れたし、バイクと車のオイル交換もしなきゃならん。

あ、忘れてた年賀状・・・、否、覚えていたのだけれどまだ書けていない・・・。

もう一件、合気道の忘年会も幹事を任されていてるから予約やらいろいろやらなきゃならんし。

ゆったりとしたお正月を過ごす為に前倒し的に全てをスッキリさせようとしています。


新しく迎える年を新鮮な気持ちで迎える為ですね。

だんだんとクリスマスがつまらないイベントに思えてたので、それはそういう年齢なのかそれとも単におねいちゃんが近くにいないからなのか・・・。

何ごともなく只の一日として過ぎ去っていきましたもの。

やっぱ、お正月でしょ、日本人ならば。

おとそをね、クイクイやりながら餅やらおせちやら。

堪らんね。

最近じゃ凧を揚げたりコマを回している子供もすっかり見なくなりましたが、それでもやっぱりお正月の1日は神聖な空気を感じますもの。

凧揚げ



************************************



今年はどんな一年だったのだろう・・・。

振り返って見ますと、反省することがたくさん出てきます。

が、後悔することは出て来ないので、まあ私にしてみればほぼほぼ良く動けた1年だったかと。

満足することなんかは一つもありませんが、待たないで動けた・・・っていうのが大きかったように思えます。

動けたから分かった失敗や反省。


春先に生命を脅かされるような肝臓的な問題を克服できたのも、まあ楽しい思い出になりましたし。

うん、来年はこれに愛人造りをプラスしていってみるぞ、と!


愛人



*******************************

今日は「ゲキ塾。」の大きめな忘年会です。

今年お世話になった人や、仲良し、色んな仲間を集めて飲む。

普通の飲み会なんだけど、忘年会という大義名分があるのでもっと飲みやすい、っていうか後押しがあるって言うか。



「来年もまた一緒に楽しくやりましょう!今年はどうも有難うございました、良い年末を!」


ってご挨拶をするわけですが、それを言える人がドンドン増えていっているのが楽しくて堪らない。

今年はちょっと お店の都合で人数を調整しておりますが、それでもやはり大所帯になるみたいで。

忌憚のない話しを腹を割って出来る仲間・・・そりゃもう最高です。

ですからツマミなんぞいらんのですよ。

だから酔うのよ、必要以上に。

楽しい飲みになるのは間違いなのですが、同時に飲み過ぎてグダグダになるのも間違いなし。

分かっているのだけど、どうにもならんので諦めてます。

明日の夕方まで概ね死体になるかと覚悟を決めております。

sake

↑ 酔い(良い)本ですわね。



さあ、レッツ二日酔い!!

5

オカンに追いついた




年の瀬感が満載になって参りました。

済ませなければならない用事が済ませられず、でも来年に持ち越したくない一心で必死に動き回ります。

慌ただしく身辺整理をしていく感じ。


そんな中、本年最後の合気道道場の稽古に出席しました。

といいましても先月、今月と忙しくてほとんど出席できておりませんでしたが。

足の裏が冷たいのを通り越して痛く感じ、これはまた小学校の頃の剣道の道場を思い出したりして懐かしい感触でしたが。

道場の忘年会も出席できず、お世話になった方の舞台も観劇できず、ありゃりゃりゃそういえばまだ年末ジャンボ宝くじも買ってないわ。

で、仕事上避けられない飲み会の企画と出席があったりして、相変わらず胃袋だけは焼けただれてて。



ああ、大掃除もしなきゃならん(ならんわけではなかろうが、脅迫観念的なもの)っつーことで、形だけでも取りかかれよ、と。


しかしまあ、こんな時に私の阿呆な性格が災いしまして・・・一度やり始めると意味もなく維持になってしまう悪い病気。

風呂総司から始めたのですが、ほぼ3時間弱、ずーっとこすりっぱなし。

壁やら何やら全て。

おかげで、風呂中どこを舐めても平気なくらい美しくなったのですが、全身に塩素系の薬品を浴びてしまいまして。

指紋以外にも、毛や他の小じわも取れていったのでは? というくらいにツルツルに。

天井なんかをね、こう洗剤をつけでゴシゴシやるとですね、ポタポタ浴びるんですわ。

腹が立ってね、全然平気な顔をしてやるんですが、たまに目ン玉に食らったりすると飛び上がるほど凍みる。

つぶれるんじゃねえかってくらい痛い。

カ●キラーなんぞは特にね。

それでも負けずに、真っ裸でこすり続けまして。

この寒さの中、汗びしょびしょ。

頭も朦朧としながら。

まる1日経ってもまだ身体が塩素臭いし。


次はね、多分30日くらいまでできないと思うんですが、家中の窓をこすり倒します。

ピカピカのイルミに町中が浮かれてるとき、私はこすりますとも。

そして、厳かな気分でお正月を迎えるのです。

嗚呼、大和の心よ、永遠に。



おおおおおいいっ!

エガ人形



この歳になると、本気で思う。

クリスマス? 何じゃそれ、超めんどいー。

自分に必要なし!

ガキの頃母親に、



「ウチは真言宗やからサンタさんやら来んっ!!」



って言われて育ちましたが、ある意味正論だなと理解できるようになりました。

オカンに追いついたぞ。




4

どえらい撮影会



フェイスブックを始めてからこっちを更新する回数が減ってきたような気がする。

書いている頻度は増えている感覚なので何とももどかしさが募りますが…。




最近、ものすごく嫌なモノをみたので報告します。

これは他人の振り見て我が身を…のお勉強にさせていただきたいと思いまして。



近所の大きめな綺麗な公園。

通りがかりましたら、何やら撮影会をしてしているようです。

大がかりなものではなく、レフ板を持った人が一人とカメラマンが一人。

ビデオカメラではなく、写真撮影。

まあ仕事的にも見慣れた光景ではありますので素通りしようと思ったのですが、私は足を止めてしまうのです。

被写体。

これね、凄いの。

もう、本当に凄いの。

見るにつれドンドンその凄さが分かってくるのですがね。


被写体、女の子。

多分20歳前後かと(自信なし)。

特徴、三頭身。

・・・・・。


あのね、私最初そのモデルさんの後ろ姿を見たんですよ。

最初に強烈な違和感を感じました。

何か変。

冬なのにミニスカートとか、そんなんは置いといて。

靴。

靴底がね、コルクみたいなんで出来てるやつで白のサンダル的なもの。

まあ、夏バージョンですが撮影なのでいいでしょう。

驚いたのはその靴底の分厚さ。

オーバーじゃなくて、30cmくらいある。

まじで。

多分、アレは自作したのかも。

あんな不安定な靴売ってるわけないもん。

私が履いたら3歩で捻挫するわ。

器用に歩いているのですが、やはり無理があるんでしょうね、ひょこたんひょこたん、ふらつきながらの歩行です。

まあ信じて下さい、30cmのサンダル履いた女の子。

でね、トータルしてその子はチビなんです。

その靴合わせても。

ええええええっ!!!って思いながらシゲシゲと見つめておりました。

ひざの裏。

膝小僧のいない側。

お肉がたっぷんたっぷんしてる・・。

普通細くなってなきゃならないところが膨らんでる。

って過、」上から下まで全部がたっぷりしているのですが。

もうね、デッサンとかめちゃくちゃなのよ。


fat-animals-10.jpg


正面を見るのが恐かったんだけど、撮影している男二人は鼻の下をダラリと伸ばしながらチヤホヤした浮かれ言葉で必死にシャッターを押してる。



「さいこー! うん、めちゃ可愛いね、あっ、その角度の表情もう少し頂戴!」


みたいな。

だから気になっちゃって勇気を持って正面側に回り込みました。

遠巻きに。

私、乱視と近視であまり視力は良くないのですが、それでもハッキリとわかる。

手術を途中でとめた感じ。

残念ながら平安時代でもNGが出るデザインです。

しかも顔、以上にデっカい。

おだてられた彼女、すっかり気分良くなってて超ニッコニコ。


・・・。

三頭身で、変な靴はいてて、身体のデッサン間違えてて、超笑顔。

私、なんだか胸の奥の方がキュンと痛くなる奇妙な感覚にとらわれました。

きっと将来、初めて宇宙人に遭遇したときにこの胸の高なりを思い出すのでしょう・・・。



こんなこと書くのは大変失礼なことだとは思いますが、正直にあまりに驚いたので記しておきます。

どんな人たちに夢や楽しさをプレゼントできるのでしょうか?

自分たちだけの遊びだったんだろうか・・私の中で謎は深まるばかりです。



もしも発売するのならなんて言う本に出るんだろう・・・聞いておけば良かった。

めちゃめちゃ気になる・・・。



3

師走やね~





先日、芝居の公演中についつい飲みすぎて帰宅難民になったことがありました。
劇場主のご厚意により、劇場に泊めていただけることになりまして。

わーいわーいと飲んだくれて舞台上にシュラフを借りて眠りました。

爆睡。

が、その日を境にある現象が身体に起こりはじめて。
鼻。

風邪じゃなくて、鼻が膨らんで何か異物が詰まっている感触がずっと続くように。

明らかに鼻づまりじゃない。

でも気持ち悪いから鼻をかむと、血の固まりみたいなんがプッと出てくる。

知るかって無視していたのだけど一向に改善されない。

こんな感じで年越しは嫌だからって医者にいきました。

耳鼻咽喉科。

人生においてほぼ経験無し。



はい、来ました。

おお、わりと…否、結構…否、抜群に並んでますなぁ…

何回も出直して来るほど暇じゃないのでそのまま順番待ちを。

4~5回キャンセルしようとしたも思い直し、ジーッと座ってる。

も、限界だと思い、


「すんません、あとどのくらいですか?」


「次の次です。」


この時点で3時間弱待ってる。

大丈夫ですか?の一言と、可愛らしい作り笑顔がなければ帰っていたところです。


診察時間は3分。

薬もらうのに40分。


すごいね、らーめん二郎は並んでても回転早いしお腹一杯になるからいいけどお医者さんはこりゃかきいれ時だわね。

誰に聞いても

「この時期は医者は混みますよね。」


って、皆一斉に病気になっちゃうんかね。




さて。

民主党に裏切られた国民がNOを突き付け仕方なく投票した自民党…による日本の仕切り直しです。

多少不便でも構わないので楽しく熱く、そして安心して生活できる空気を作ってもらいたいものです。

2

選挙は行こうね


前回、私は勇気のある決断を下した人たちに男気を感じまして。

そして、この国の進む方向を託してみようと思って一票を入れました。

めちゃめちゃ裏切られた感しか今はありません。

若い人たちに、


「選挙権というのは前人が凄い苦労をして手渡してくれたバトン。必ず次の時代に繋がるように心を込めて投票に行くように!」


と言い続けてます。

今回も然り・・・ですが、私がまだ迷っている、決めかねています。

唯一ハッキリしていることは、裏切られた奴ら以外ってことだけ。




12団体かー、混沌としてきちゃってもう何が何だか・・・まだまだ迷走しそうですね、ニッポン。

このままだと多分いろんな意味で世界のトップクラスからおいて枯れるよね、きっと。

二番手集団までは落ちるんだろうな・・でもその方が大和の国には合っているのかもしれんけど。



アラタマン

(湾岸署のオタッキー刑事:アラタマン-五島想一郎。初舞台とは思えない妖演。)


クソ寒い中、バイクを持ち出して。

さ、出発です。

帰りは夜中なので防寒をしっかりと。

18~9才の頃は、


「寒いのなんか関係ない。ずっと死ぬまでこいつ(バイク)にまたがって生きていく。

世の中の男には二種類しかいないよ、バイクに乗るやつと乗らないやつだ。」


なんて、うすら寒いことを平気で言ってのけておりましたが、そのときですらほぼほぼ本気ではありませんでしたし。

なのに、普通にこの季節にぱっち履いてバイクに乗ってます。

顔面は寒いって言うよりも痛いのですが、それでもコーナーをジャリジャリ言わせてスポーツしているときは興奮しておりますので楽しい楽しい。

ただ昔と違うのは、そう簡単には死ねんぞってことくらいですか。

それにしても私にとっては若返りの元です、バイク。



迅それ貸して

ぐっちょけろけろけろ

(上が迅。結婚を夢見る殺人鬼を怪演。下がぐっちょ-濱口陽平。愛を求めるが故に言いなりになるヘタレを熱演。)



体の芯の方の疲れがまだ取れなくて、本当に朝が辛いんですが。

いつになったら起伏するんだろう。

チャイナドレスのおねいちゃんに膝枕してもらわんとこら無理かもね。

誰かお願いします!長尾良い人生

(あの世とこの世の連絡係、夕凪。黒川鮎美が暗い過去を背負った影のある女を見事に表現してくれた。右側、今作品で一番恐くて一番優しいという、見せ所満載だが難しい役を私のイメージ通りに演じてくれた。川本役の長尾一広。)






なんかね、今一番苦しんでもらいたくて、世の中の業というものを一身に背負ってもらいたいと思っていた超殺人鬼のくそばばあが勝手に自殺しましたね。

ずるいよね、もうどうしようもないくらいずるい。



地獄って言うのはあるのでしょうか?

絵本になっているような、死んでも死んでも生き返って苦しむ、みたいなのってあるのかしら。

私、あれは拘束具を前進に巻いてでも生かしておかなきゃ鳴らんと思うわ。

毎年、骨を一本ずつ抜いていくとか、とにかく自分が与えた苦しみを少しでも感じさせてやらんと、無くなった者も浮かばれんでしょうに・・・。

私が遺族なら断腸の思いを通り越してます。

神様に祈って生き返らせてもらって、自分の手でどうにかしてやりたいと思うもの。

なんなんやろね、必要悪って。

災害やら事故やらで人間が淘汰されるんだったら、アホ悪人を整理すればいいのにって思ってしまう。

比較対照する者がいなくなると、皆が皆、悪に走っていくのかしら・・・そんでもって、それに気が付かなくなるのかしら。

だから絶対に必要なのかな? だとすれば善をキープする為の人身御供ってことなんよね、被害者は。


正太31

「ゲキ塾。」の番頭さん(森川拓也)も本番中に誕生日を迎えました。

ずっといってるんです。


「そろそろクレジットカードを一枚くらい作れ!」


しし渋い

(ししほんじクン。劇団の座長、木島役。めちゃめちゃだけど愛がたっぷりな・・・昭和チックな役どころ。一番最初に思いついてオファーした役者。感謝。)





さてと、後は秒読みでシャンシャンって音がして、ごーんって音が鳴ったら来年という年。

早いの遅いのはもうどうでもいいとして、時間を大切にしなければならんね…ということなのでしょうかね、やっぱ。



3

振り返ってみます




たくさん撮った写真を載せながら書いていきますね。

見に来られなかった方も、何となく想像してみて下さい!



芝居が終わってから、やっぱ疲れがどっと出て来まして。

出た出た、いつものパターン。

寝ても寝ても疲れてる感じね、これ。

オッサン化してきてなかなかスッキリと回復しなくなってきてるんだわさ。

全員1


まあそろそろ動き始めてはいるのですが、年末に向かってまたハードなスケジュールが待っているわけですが。

特にですね、この忘年会という恐ろしくハードな波を乗り切らなければならないのがちとしんどい。

断りゃ良いのだろうが、お付き合いやら誘ってくれた方の顔を思い出すと無下にそんなことも出来ない。

お世話になった人たちにはこちらからもお誘いしなければならないし。

お祭りね、これわ。


言葉が出て来ない




久々に合気道の道場に顔を出します。

先輩の門下生もいつも芝居を観に来てくれたりしていますし、こちらにもご挨拶をしなければならんくて。

身体をね、無理矢理起こしてきます。

で、気になっていたことで・・・実家に帰る・・・っていう予定がですね、無くなりました。

ってか延期されてしまいました。

母親に電話したら、余計に邪魔になって落ち着かんから帰ってくるな、との由。

逆ギレしそうになる自分を押さえつつ、まあそのくらいまで回復したのならそれはそれで良いのか、と納得することにしました。

えいえいおう


最近死ぬことを考える時間が増えているのに、それでもまだ出会えたり一緒に燃えることが出来るのが楽しくて。

なんかね、私の亡骸をみて誰も悲しまず、この人はガシガシ生きたヒトだったよね~、と楽しい曲でも口ずさんでもらえるような・・・そんな死に様が言いなーとか考えてます。

だから、この歳からでももっともっと出会っていこう、発信していこうって。



確実にそう感じてます。



さ、アレを登って



「さ、アレを登って・・・。」


という、ラストの黄泉へ向かうシーンですが、私も笑いながら堂々と去りたいな、と。






4

終わると早い、いつもながら。



有難うございました!

無事に千秋楽を迎えられました!


<八月のシャハラザード>

大盛況のウチに終了いたしました。

ご覧いただきましたお客様、ご協力頂きました方、声援を送って下さいました皆様・・・本当に有難うございました。

心底感謝いたしております。

生きててよかった・・。






それにしても慌ただしかった…。

いつものように初日を迎え、そしていつものように千秋楽がやってきて。

お客様には喜んで頂けたようで、嬉しい限りです。

この作品はコンテストに出品しているのですが、来年の結果発表までドキドキを続けておくことにします!




いろんな事が毎回起こります。

楽しいハプニングもあったりしましてね。



九州の長崎県出身の濱口陽平クンのお母さんが初日から観に来て下さいました。

初めて息子の晴れ姿を見て涙を流して喜んでおられました。

それを見ていた出演者がもらい泣きしたりなんかして。

客入れや誘導なんかも手伝って下さいましてね。


そうこうしていると、千秋楽には今度は小川ゆかりのお母さんもいらっしゃいました。

同じく九州の佐賀県から。

ご近所さんと言うこともあり、すぐに意気投合してらっしゃって。

ついでだからいいじゃん!ってことで打ち上げにも参加して頂きました。

ママ同志

っそんでもって、馬鹿の一つ覚えのように朝帰り。

朝まで飲む体力があるわけでもないのに。

八月打ち上げ

わっしょいわっしょい。




さて。

今日から再始動です。

戦士に休息はありません。

稽古再開!

この芝居の本番中に田中優也のCM出演も決まり、幸先良い発進です。


頑張った人が最期に笑う・・・! 休まんぞ、俺わ!

5

時は来た!




さ。

一丁ぶちかましていくか!!ってことで皆さんで栄養を補充しにいきました。

お肉。

たくさん食べて本番に臨みます。

どえらいニンニク臭も全員で染まれば何てことない。


笑いあり、泣きあり、楽しい人情話になりました。

お時間ある方、是非いらして下さいませ!




昨夜、国営放送のファミリーヒステリーという番組に「ゲキ塾。」の小川ゆかり(ロク)が出演しました。

ちょうど皆で飯を食っているときにオンエアされたのでタブで観ました。

芝居はまだまだ勉強しなければなりませんが、一生懸命さだけは伝わります。

佐賀県の出身ですが地元の友人や家族、親戚の方から早速『観たよ!』連絡があったみたいです。

すごい喜んでもらったみたいで、本人も顔をくしゃくしゃにしてました。

伝える喜びにハマった瞬間ですね。

うん、わかるわかる…けどハマりすぎて婚期を逃さないよう注意してやらんとね。

コロッケさんがとてもお母様を大切にされる話で、すっかり感化されてしまいました。

柄にもなく、数日前に脳梗塞で倒れた母親と連絡をとりました。

力強い口調に多少安心しましたが、やはり弱っているのは伝わります。


「しゃんと休みーよ。ついでに、あちゃこちゃ悪いとこを全部治してもらいなよ。」


母親は珍事の電話に驚いていましたが、ちょっと嬉しそうに何度も


「有難うなー。しっかりええ舞台にしぃよ。」


と。

はいはい、やりますよ。




この芝居がハネたら顔を見に戻ることにします。

3

完成です。星三つです。

さ。

お芝居が完成いたしました。

2ヶ月弱の稽古期間を、かなりの充実感で過ごすことが出来ました。

私の母が脳梗塞でICUに入れられたりするハプニング?もありましたが、まあ帰れるわけでもなくがんばってねー!なんて祈りながら…ってのもありましたが。

手前味噌で申し訳ないのですが、素敵な作品が出来上がりました。

笑いあり、涙ありの人情劇という「ゲキ塾。」スタンスは変わらずです。

どうか皆様、観に来て下さいませ。

きっと喜んで頂けると思います!

よろしくお願いいたします。



八月のシャハラザード


原作/高橋いさを  演出・脚色/妹尾青洸

戸野廣浩司記念劇場   東京都台東区谷中3-19-5 B-1

チケット 3.000円


2012 12.5(水)~9(日)



5(水) 19:30~
6(木) 14:30~  19:30~
7(金) 14:30~  19:30~
8(土) 14:30~  19:30~
9(日) 15:30 ~

戸野廣浩司記念劇場マップ

お問い合せ info@gekijuku.com

稽古日誌→ http://ameblo.jp/gekijuku-nissi/






いつの間にか寒くてしかたない感じになってしまっていますが。

雨の中、無理矢理バイク乗っていましたら, 身体中が冷たいのを通り越していたくなってきました。

ついにはそれも通り越し、何も感じなくなってしまい。

それでもバイクに乗れるのは楽しいことだと言いきかせながら、根性で楽しんでおりました。

こんな残念な親父になってしまうとは夢にも思いませんでしたが。

とうとうエネルギーも無くなってしまったようで、ビタミン剤を飲んでもオシッコが黄色くなりません。

すべて吸収しているようです。

それでも朝起きるのが、死者復活の儀式のようにしんどい。



ま、本番が終わるまでの負荷だとは思うのですが。

決めた。

今日は焼き肉を食べに行きます。

絶対。

お肉を食べる!




なんじゃらかんじゃらしてたらあっという間にクリスマスが来て、鐘がゴーンと鳴って。

そろそろ


「今年何年だっけ? 22? 23? え、まじ? 24?」


で、やっと馴染んできたと思ったらもう25になろうとしてる・・・そんなのから卒業したいんですが。






あ、そうそう12月3日。

「ゲキ塾。」のロクこと<小川ゆかり>が主演で、NHKのファミリーヒストリーがオンエアされます。

私も、番頭の森川拓也もちらっと出演していますので是非観てみて下さい!




皆様、マジでお身体に気をつけて寒い季節を乗り越えて下さいませ!






該当の記事は見つかりませんでした。