・・・されど役者的妹尾blog

太く拡げよう僕の細道   since.2006.4.14
1

山歩き




台風が来るってか?

かかってこんかい! つっても本当は大嫌い。

まあうじうじした長雨よりはさっぱりしてて分かりやすいから良いですが、なんかやだ。

雨が基本的に嫌いだしね。

バイクにも乗れないし。




さて。

12月の舞台、私は演出としてですが「ゲキ塾。」が演劇祭に2連覇をかけて参加します。

素晴らしい脚本が決まりまして、その稽古をそろそろ始めようかと思っていまして。

作家さん、とても理解のある型で。

まだお会いしたことはないのですが、ウチの正太が連絡を取り合っています。

ものすご懐の広い方で、話しを聞いているだけでも尊敬に値します。



さ、それに伴いキャストも決めていきたいのですが、これはなかなか難航しています。

一緒にやりたい役者さん…っていうのはやっぱり苦楽をともにしたような、ツーといえばカーと響き渡る、そういう人がいいのですがね。

ある種どこかが共通していて、紡ぐことが高次元で行われる人。

そういう仲間もいるのですが、少し時間をおいてしまうと人というのは変化していきます。

その変わりっぷりもまたよい芝居、味に繋がるのでしょうがね。


そういう、人と人の交わりが様々な化学反応を起こし、お互いを刺激し合って総合芸術が出来上がっていきます。

私の周りで怒起こるいろんなものに期待しながら、芸術の高みを目指していくのみです。


イヤイヤ、楽しみ!







先日、バイクでフラリと高尾山に行きましたが、今回は 登山で上ってみました。

マイナスイオンを求めて。

森林浴。

うん、すげえ気持ちいい。

人間の害に犯されていない原生とういのは何とも逞しく、そして優雅で。

ありえないほど大きな木々に包まれ、ふわーっと浄化された気がしました。

大風雅来る前に行っといて正解。

ぶっ壊れてしまった<お数珠で出来たブレス>もゲットしましたし。

高尾山徒歩


肉体的にはね、去年も登っていますが今年は寝不足も手伝っていてとても疲れました。

あれ? こんなにしんどかったっけな? って。

妹尾汁もびっしゃびしゃ。

下山後、各筋肉がヒクヒクしてて。

特にふくらはぎなんぞは形が変わってしまいましたし。



でもね、これでまた頑張ろかーって気がわき上がってきましたのよ。

まさに命の洗濯…ってやつですわ。




あ、明日からはまた映画の世界にどっぷりと浸ってきます。

あああ、気持ちよかった。


3

立ち食い蕎麦の旅

ちょっと午前中に自由になる時間が出来まして。

つっても本当やらなきゃならない事がたくさんあるのですが…あまりの天気の気持ちよさと、ムズムズってした感触にじっとしていられず。

バイク(命名はまだ)に跨ってノープランで出かけてました。

走り始めてすぐに、何か目的を持たないと面白くないってか…大人としてただ走り回るっていうのはどんなものなのか、と反省しまして。

うん、そうだ、涼しい方面に向かおうと。

涼しい方面に向かえば、そこはつまり山側なワケで。

お蕎麦とかが美味しいンじゃん!と。



決定。


<立ち食い蕎麦の美味しいところを見つける小旅行。>


前日にね、ステッカーを貼って気分も上々だし。

ZZR04.jpg


ブンブンバイクを走らせます。

平日なので山に近づくと交通量もドンドン落ちていって。

かなりなペースで走れるようになります。



私、こうみえても道交法にはえらく嫌われておりまして。

過去に切符の反則金やら罰金やらで楽にガードレール●メートル分とカーブミラーの2・3本、電柱1本くらい?は献上しております。

そのせいかここ数年、ネズミ取り系につきましては市販のレーダー探知機よりも敏感になってきております。



この日も空いた直線道路、片側2車線の気持ちよい道路をルンルン気分で走っていました。

他に車両がほとんどいないのですが、もちろん信号の付いた公道ですし、流れに任せた速度です。

特に吹かしているわけでもなく、鼻歌気分の。




かーなーりー気持ちええぞー的な。

が、そのとき髪の毛の先っぽの方から背中にかけて悪寒が!



「父さん、妖気です!」



びびびびってなもんですわ。

何か嫌な予感を感じまくって、視線を車線の左側、その先までずずずーっと奥に走らせましたら・・・

あった、ありました。

コーンが二つ。

この間に光電管仕込んだりしてるんですわ。




「だるまさんが転んだ!」



くらいの素早さで速度を落とし、風景と環境に対してあり得ない遅さで通過しました。

いたいた、えっらそうにふんぞり返って重箱の底ばっかり覗いてる公僕が。

言い方ひどいかも。

でもね、私ずいぶん昔ですがねずみ取りにやられたときにはっきり言われましたもん。




「今日はネズミが少ないわぁ。お前な、次からもあちこちで金を払いながら走れよ。」



立派なお巡りさんもたくさんいます、知ってます。

でも、このパートを受け持っている奴らだけはどうしても好きになれません。

事故を起こすのを未然に防ぐため…っていうなら、切符を切るんじゃなくてスピードが出ているから注意してねって旗でも振って喚起してくれりゃあいいだけ。




・・・。

とにかく勘が鈍っていなかったことにホッとしつつ高尾という駅まで来ました。

丁度休憩するにはいいくらいの距離。

さ、立ち食い蕎麦食べよ! って駅前に着いたら何やら大きなバスとか人がうじゃうじゃいまして。

うわ、止めるとこに困るなーとか思いながらもなんとかお店を探したのですがなかなか見つかりません。

のぞき込んだり辺りを見回したりしたのですが、大きなお店はあるんだけどちょっと見つからなくて。



も、いいや、も一つ先の駅にまで行ってみようってことで今度は高尾山口駅に。

高尾山に登ったときに使った駅です。

久しぶりねーとバイクを停めて歩き回ったのですが、ここにも見つからない。


まあね、元々蕎麦は二次的な目的で、単に走っているだけでいいのだから気にしない!ってことに。

よく考えたら私は蕎麦よりうどんの方が好きだし。


高尾山口


で、速攻で引き返す事に。

全く違う道をね、ぐちゃぐちゃ迷子になりながら走り回ったという事ですわ。



結局家の近所まで帰ってきてしまい、想定外のつけ麺を食う事に。

なんのこっちゃ。




午後早めに別件があるので仕方ありませんが、150kmほどの楽しい小旅行でしたとさ。



いやいやいやいや、バイクって本当に楽しいっすわ!


1

緊張感持続!




病院で撮影しました。

院長先生がとても撮影に協力的な方で、懇切丁寧に指導までして下さいました。



長いシーンを取り終わり、翌日は都内某所にありますスタジオハウスです。

ここ、重要なシーンです。

特に私にとりましては意味があるシーン。

もっと手っ取り早く、分かりやすく書きたいのですがネタバレになってしまいますのでNG.

ま、ね、緊迫した空気での撮影になるのは間違いなし。


クオン01


控え室に入ります。

相手役の俳優さんと挨拶、今日も宜しくお願いしますね、と。

めっちゃ好青年で、とてもお芝居が上手!

ちょっと空いている時間に話し込みましたら、なんと以前「ゲキ塾。」にいた露敏クンとお友達だと言うではないですか!

露敏君とはいまだに付き合いもあるし、芝居も観に来てくれます。

大好きな奴なんですが、さすがに類は友を呼ぶ・・・この田島優成クンも負けず劣らず好青年です。



クオン03


礼儀正しく、ガッツ溢れて、ものすごい前向きで勉強家。

いいとこずくめ。

この方と、もう一人女優さんとの3人で撮影です。

作品世界がそうある為仕方がないのですが、現場が緊張感たっぷりです。

しかも長回し。

ワンカットが長い。

会話のシーンも、あまりカット割りをしません。

1台の手持ちカメラでブンブン振り回して撮影します。

田島君と綿密に打ち合わせをしながら動きを決めていきます。

こんな場所ね。

クオン02



えっとですね、出来上がりの画はどんな感じかと言いますと・・・例えばアメリカのテレビドラマ。

<24>や<NCSI>みたいな、めちゅあめちゃスピード感とリアリティ溢れる感じの。

ドキュメンタリィ-タッチな方法ですね。

ちょっと映像をチェックしたりするときに撮った画を見せてもらうのですが、新鮮!

うわーーーー、今までに日本でやってきたのとちょっと違う感覚!


超楽しいです。

新しい分野に突入していった感覚が私の身体中にビンビン走り回ります。

血湧き肉躍る、正にそんな感じ。




よっしゃああ、やり切るぞ!

使っても良い写真、今度偉い人にお願いして撮ってきますから。

しばしのお待ちを・・・。








そうこうしているうちにこの映画が終わると同時に(翌日)お世話になっている監督が誘って下さった某・日本国営放送さんの撮影が入ります。

「ゲキ塾。」の正太とロクも一緒です。

と、同時に12月の芝居の稽古も。

有り難い事に11月の芝居の出演オファーもいただきましたが・・・ちょっと身体が一つでは無理かも。



何かよう分からんけど・・・

うん、このまま加速し続けるぞ、っと。



1

クランク・イン


あれま。

すっかり写真を撮ってくるのを忘れてしまいましたが。



「ご紹介します、内田役の妹尾青洸さんで~す!」



って助監督に紹介頂いて。

まあいつもの映画の現場のオープニングです。




「宜しくお願いします!」




元気に挨拶一発、さあクランクインです。

気合い入れまくってるし、しかもリハもきちんとやっていただいたおかげでかなり濃密なところから撮影開始です。


うんうん、よかった、やり切ってて。

まあこのお仕事をしていない方には表現がわかりにくいかもしれませんが、台本4ページ分のシーンを1カットで撮りきります。

差し込みはありますが、とにかくそれを4パターンくらい。



正直しんどい。

ため息をついたりお茶を飲んだり、呼吸から目線まで同じようにしなくっちゃ。

あらららら、こりゃ大変。

テストを何回かやった後、しんと静まりかえった現場で相手役の役者さんと目を合わせて・・・イケルね?・・・なんてアイコンタクトを交わします。



「・・・お願いします。」




「ではいきます・・・よーい、スタート!」



シュールなシーンなんですがね、そらものすごい緊張感です。

スタッフの皆さんも気を遣って下さって、余計な言葉を飛ばしません。

我々が集中できる環境を作ってくださいます。




「カット!・・・オッケーです!!」



ふわわわわーっと気が抜けていきます。

膝からカックンと落っこちそうになります。

すんごい脱力。

汗で身体中がべっとりです。

撮影初日にして大関門をくぐり抜けたような感覚。

オッケーテイクのあと、相手役の役者さんとハイタッチをしてしまいまいたもの。


うんうん、これこれ。

久々の映像系の緊張感。

楽しいんだわね、これが。



家に帰ってからビールをぐいっとやって・・・・といきたいところですが、今回は我慢してます。

緊張を持続させる為に、自分にちょっと鞭打ったりしてみてて。



制作さん、スタッフさんの気合いに飲み込まれないよう、こちらも気合いを入れっぱなしにしておこうと。

さて、明日も行って参ります。


ku_on


映画→ クオン



さて、いかなる事になりますやら。

乞う、ご期待!









気分転換でバイクでスッ飛ばしにいこうかなって思っていたんだけど大雨の為に断念。



「雨が降っても雪が降っても、槍が降っても俺はバイクの上にいるぜぃ!」



なんて若い頃はのたまっていたのですが、たかが夏の雨で気がしぼむとは・・・歳ですな。







12月にやる芝居の脚本が決まりました。

正太がイチオシの台本。

面白いのは当然として、世界観が美しい。

書かれた方もとても理解を示して下さる、演劇に愛が溢れてしかも造詣が深い方とお見受けしました。

うん、正太、良い本を選んだね!

正太5


さて、これでしっかりと演出をしてまたまた演劇祭の上位入賞を狙っていこうじゃありませんか!

なんならまた優勝しちゃいますか!?




ま、順位はともかくプロとして恥ずかしくない作品に仕上げていこうと思います。

また詳細を発表しますので、是非お楽しみにして下さいませ!













<業務連絡>**************************************

ダンナさん!

イグナイターゲットしましたぜ!

ぐえっへっへっへっへ・・・これでちょいと安心ですわ。















1

複雑な事と嬉しい出会い




今日はね…。

昼間に少し時間があるので、某・国家治安機関に行きます。



そこにね、長い事お泊まりさせてもらっている知人がいまして。

つい先日、私の知らない弁護士事務所から電話がありまして。



「もしもし、妹尾さんですか? 実はですね、●●さんが▲▲に拘留されてましてですね。本人がどうしても妹尾さんには伝えてほしいと言う事で連絡させて頂きました。」


「はあ、何じゃそりゃ?」



なにがどうしてそんなことになっちゃったのかさっぱり分からないんですが。

本人に会っても詳しい話しを聞くのはまた今度にしておきます。



だって、お花の花びらを一枚ずつ愛でるような優しい男子なんですもの。

すごいピュアで、繊細で…でもめちゃくちゃ運動が出来て。

私、本当にこの男の子とを羨ましいと思ってましたし。

よほどの理由があるはずですし、何かを感じて自分で処理をしている事が山ほどあるはずです。

まあ話したくない事もあるだろうし、今は辛い状態だろうし・・・面白い事を話して、何か美味しいものでも差し入れしようと。

早速、その国有宿泊所に電話をしてたずねました。





「もう一度、午後になったら連絡下さい。ちょっとね、今ははっきり返事できないんですよ、面会できるかどうか。取り調べとかの問題でね。」





おいおい。

仕方ないですね。

私、個人的にそういう国家機関の場所はよい思い出がさっぱりありません。

多分、私の人生を終える日までよい思い出は出来ないと思われます。

だから嫌いなところなのですが、やっぱお役所仕事のお役所トーク。

しかも高圧的。



なんだかな・・・。







******************************************


水元監督。

私の友人でもあり、尊敬する方。



次の作品でですね、「ゲキ塾。」の小川ゆかりと森川拓也を出演させていただくことになりました。

NHKのドキュメンタリーものの中の、再現VTRなのですが、思い切り力の入った、ちょっとしたドラマ構成です。

きっちりやり切らなイカンねと本人たちに伝えました。

ロクこと小川ゆかりなんざ映像が初めてで、しかもちゃんと台詞がある役をいただきましたので大張り切りです。

そらもう、おもいきり肩でも揉んでもらいますわ。

小川0667a

わっしょいわっしょい。

森川なんざ熊本弁の方言指導もやったりしちゃいます。

私も少しだけですが映り込むみたいで。


さあさあ、生きていればいろんな事がありますが素晴らしい出会いもまた人生の喜びの一つであります。





出会い、といえば昨日。

めちゃめちゃ素敵な男と出会いました。

作家さんであり、プレイヤーであり、父親であり。

そしてクレバーだし苦労人だし、体育会系だし礼儀正しいし。

すっかり2時間以上話し込んじゃって。



ついつい口から出てきた言葉が、




「お互いの残りの人生、一緒に楽しむ時を増やしましょう!」




って。

女の子を口説くときに似た感覚を思い出しました。




「好きになりました。これからも末永く宜しくお願いしますっ!」



って言ってるのと同じですから。

今のところ、まだゴメンナサイって言われてないから大丈夫だと思いますが。

いっしょに作品作ったり、映画もやりたいねー…なんてトークに花が咲きまして。



うん、ドキがムネムネしながら帰宅したのでありました。

また改めてちゃんと紹介させて頂きます。






ホント、生きてるだけでいろんな事が向こうから迫ってくる・・・。


ああ、楽しきかな人生は!







2

京都から婿入り

朝からね、愚突いた天気の中出かけてきましたさ。

映画のリハーサル。

先日から始まっているのですが、毎日ね、監督とあーでもないこーでもないと侃々諤々、いろいろ話し合い(一方的な質問攻め)ながらどんどん出来上がっていきます。

ものすごくきっちりリハーサルをして下さるので大助かりです。

言うなれば、舞台の稽古みたいな感じ。



昔々、まだまだ世の中がバブって元気だった頃、ときどきここまできっちりテストをしてくれるテレビドラマがありましたが、最近では珍しいのではないでしょうか。

制作サイドの、この作品に対する愛情、思い入れ等々がひしひしと伝わってきます。

プロデューサーと呼ばれる偉い人もちゃんと顔を出して、にこやかに挨拶をしていってくれます。

本当にね、毛穴が開くような思い入れでガンバッておるわけでございますが・・・。




当然、そのような日はとても疲れて、そのままバタンキューと眠ってしまうほど脱力感に襲われるのですが、今日はチト事情が違います。




そ。



我が家に、古い友人が婿入りに来る日でございます。

ぶゎいく。



ハヤブサ(GSX1300R)が盗まれてからどのくらいの月日が経ったでしょう・・・。

その間、XR600やら、250のスクーターやら、何じゃかんじゃと誤魔化しながら乗ってはいましたが、私が求めるものとは全く違うバイクでございました。

どれもこれも小さくてかなわん。

どっしりと、重量級で圧倒的な加速力があって。



でもね、いろんな事を加味して、私もいい歳こいたオッサンだしいろんな意味で諦めねばならんのねーなんて思っていたのですよ。

でも矢先に、運命的な出会いを運命的な人からさせて頂いたのでありんす。

めちゃめちゃ最近の事。

ノープランで何気なく聞いていた話しがあれよあれよという間に気持ちがたかぶってしまって。





昨日まで何も思っていなかったし意識もした事がなかったのに、ホンの小さなきっかけで頭の中から離れなくなってしまう・・・・



そう、これは、濃い・・・

濃い恋ね!




うまく言えてなくてもいい。

そんなの関係ねえ、古くてもいい。

その恋が成就するのでありんす!


妄想モード全開!!


やべえ、俺、上がりきったテンションが下がる気配がない。

興奮して前夜あまり眠れませんでした。

うん、こういうの大切。

小学生の心意気で行っとこう。

起床して朝一、リハに出かけるときヘルメットを携え、台本と筆記用具と共に小脇に抱きかかえます。

祝日の電車はそれほど混んではいません。

落ち着こうとしながら台本に神経を集中させます。

時間を短く感じようとする苦肉の策でもあります。

現場に到着。

リハ開始・・・・あっ、終了。

遠方からやってきた婿殿を、某業者さんから受けとる時間まであと4時間あります。

なにする?

何もする事がない。

ありそうだけど思いつかない。

お腹が減ってるのも忘れてる。

行っちゃいましょうよ、ってことで電車に乗りましてゴトンゴトン・・・。

もっと時間をかけて付いて欲しかったのに3時間30分前に到着。

アホの大人みたいに思われるのがイヤだから何の興味もない近所を3時間ぶらぶら。

コーヒー飲んだりコーヒー飲んだり、コーヒー飲んだりしながら無理矢理時間潰して。





ほー・・・ほけきょ・・・




はい、もうこれ以上焦らされたらオジサン仕舞いにゃ怒るよ!っていう我慢の限界でのご対面。


ZZR2.jpg



♪(ターミネーターで)どどん、どんどん、ど・どん!



きゃーーー、会いたかったのよー!

頬ずり頬ずり!

清めの塩も忘れずにっ。



「さ、さ、こっちに来てあったまんなさい、もう何も心配はいらないからね、寂しかったでしょう?

今日からは私の事をお父さんと呼んでいいんですよ、はい、言ってごらん・・・そ! それでいいの!」




的な一人芝居を心でくり返しながら、セルボタンをキュイっと。

ちょっとこの子の癖に馴染みがないから、コツを掴むまでもう少しかかりそうだけど何とかエンジンに火が入りまして。

そこそこの暖気で良しとしてギヤをローに叩き込みます。




「がっコン!」



という、当時の川崎重工を偲ばせるダイナミックな感触に痛く満足。

クラッチを繋ぐとするすると巨体を震わせながら動き出しました。




もうね、後はルルルララ・・・

魔法使いが久しぶりにほうきに乗ったのね!



「夢の中へ、夢の中へ、行ってみたいと思いませんかぁ、ふふっふぅ!」



なかなか年季の入ったお婿さんですが、前のご主人様が愛でて愛でて、閨を共にするくらい慈しんで育てられていますので元気そのもの!

きゃんきゃんヨダレとか汁とか、いろんなものを垂れ流しながら帰って来たという、そんなお話しです。


ZZR3.jpg



ご存知、元祖320kmメーター!


ZZR1.jpg



京都からの長旅、ごくろうさまでした。

さ、名前を付けてあげなきゃ!


この子の産みのの親御さま、後はどうぞ任してくだせぇ・・・ほんに、有難うごぜぇましただ・・・!





4

あのアジの味を味わう




こないだ釣りに行きましたが。

その時に釣果として持ち帰り、家で料理したアジの刺身のアジが忘れられず。




「お兄さん、そんな形のいいアジを食ったら、もうスーパーの魚は食えなくなるよ!」




って言われたのですが、蓋し納得。

その通りです。

口の中のプリプリ感と濃厚な味が忘れられない。

朝早く起きて車で一っ飛び、ちょいと船に乗って釣り倒し、お昼にはもう戻ってこれる・・・で、あのアジの味が味わえるならば!



くわああああ、もっと早く始めておけば良かったっす、海釣り!



ねえねえ、高田さん!近所のヨシミって事で今度一緒に行きましょうよ!

ヒマなときにぷらーっと。

道具なんて全部借りられるから。

家庭内ポジションも3段階アップしますよ!

高田さんごめんよー


あああ、本当に毎日あんなの食いてえっす!

一人でじゃんじゃん行っちゃうことにしました。

もうオッサンなんで、人知れず孤独に楽しめる趣味・・・ってことで。

「ゲキ塾。」釣り部、作っちゃおう、こうなったら。









ku_on


クオン。

オフィシャルサイトなのですが、未だ工事中のページが多くて。

もう少ししたら出来上がってきますので芝居お待ちを!

私、○○で■■、そんでもって最後は&%で×#する役です。

しゃべり倒すので、なかなかしんどい役です。

これはね、去年の秋頃から何度も何度もオーディションに行って。

今年の春先になってやっと決定しまして。

わーい、映画だー!って大喜びしていた作品です。

リキ入れて力抜いていこうと。

楽しみにしていて下さい!







最後に、この写真は載せるかどうかずううううっと迷っていたのですが、まあ魔よけにでもしていただければ。

「ゲキ塾。」にはちょっと性別を迷っている人が多いみたいです。

女は男に、男は女に。

楽しいみたい・・・。


田中優也(ゆーや)



優也きもい





1

リハ、開始!



さて。

そろそろ撮影も始まろうかという、良い緊張感が起きあがってきました。

ううむ、やっぱし映画は好きなジャンルなのも相まって清々しいですな!


この半月、忠臣ぐらっちぇ!の芝居が終わってからはずーっと失敗続きでした。

やることなすこと全て自分の思惑と違う方向に進む。

ってか、自分が分からなくなる事ばっかりで。



大きく変えていかねば。

・・・。

本当に笑えるほど人間失格ですからね、私って。






腹の中にどす黒い毒を大量に抱えながら「ゲキ塾。」の稽古に励みます。

励むのには理由があって。

先日、私の仲良しの監督さんから連絡があり、「ゲキ塾。」の役者を二人も使ってもらえる事になりそうなんです。

舞台も観ていただいていますので、コネとかじゃなくて納得済みのお話し。

これは嬉しい。

今日の稽古でそのことを伝えましたら、本人も大喜び。

何とかうまく話を決めて、皆でわっしょいわっしょい頑張りたいモノです。

決まりましたら報告しますね。







それにしても。

12月のお芝居に使う台本が未だ決まらない。

余裕がありすぎ?

いや、あほなだけですわ。

去年、この演劇祭で優勝させてもらっているのでディフェンディングチャンピオンとしてはみっともない真似は出来ない。

だから、吟味に吟味を重ねて台本を選ぼうじゃないかとしてたら・・・吟味しすぎた。


役者がイイ感じに育ってきているだけに、100%の力を出せる芝居を作ろうと思ってるんですわ。

難儀やなあ・・・でもまあ楽しみって言やあ楽しみなんですがね!






いつ死んでもいいように後悔しないでやり切ろうっと。












5

釣りが趣味ですが。





台詞を覚えなきゃならんのにいろいろと多忙な一週間でした。

でも楽しい、お目出たい事ばっかりだから良かったけど。




私が30年前、上京してすぐに始めたアルバイト。

飯が食える、肉が食えるってんで焼き肉屋さんです。

その時、まだ30才にもなっていない強面のオッチャンが働いてました。

厨房のチーフとして。


それ以来何故か分からないけどもとても仲良し状態が続いているんですわ。

家族の皆とも仲良し。

子供が小さかったのでよく遊びました。

竹馬教えてあげたり、お勉強もちょっと教えたり、アレやこれも。

3人兄弟です。

真ん中の女の子はちょっと前に嫁いでいき、イヤイヤめでたいねーって言っておりましたら、今度は長男坊が。

おお、跡取りが家庭を持つなんて、これまためでたいねーって。



夫婦揃って先の芝居も観に来てくれて。

奥様はとっても演劇好きなんですって!

やったね!


洋一


早く二世を作ってもらって、そらもう大人数でわっしょいわっしょいやりたいモノですね。

それにしても・・・この人たちの結婚式、じーっと観ていたのですが何か知らんけど感動して泣きっぱなしでした。

鬱陶しいオッサンになってしまいましたぞ・・・。

その勢いでチーフを胴上げ。

天井すれすれまで、酔った勢いで叩きつけようかと思いましたがやめておきました。

そんでもって、初めてお会いした新婦のお父さんも胴上げ。




いやいやいやいや。本当に末永い幸せを祈ります。

そして、健康も祈ります!














さて。

かねてより私は


趣味は釣り!


と豪語してきました。

子供の頃から吊ったことなんて無いのに。

魚が好きだから(食べる)釣りが趣味っていっていただけで、本当は知らないしやった事がない。

でもいつか必ずやりたいと思い、先ずは公言する事だろうとやっておりましたら、・・・おおお!知人が、




「妹尾さん、釣りに行こうか!」



って誘ってくれまして。

何でも船に乗って出かけて行って、わっしわっしと魚を釣り上げるんだそうな。

当然参加の方向でお願いしますと。




朝、4:30に胃えっを出て朝一の船に乗り込みます。

めっちゃ人が多い。



「こんなに混んでるのは初めてだわ!」



なんてプロっぽい人たちがあちこちで言っております。

が、まあ満員電車ほどではないので私としては平気。

竿も当然持っていない趣味釣りですので、レンタルします。

500円。

針が200円。




うん、イケルイケル。

何だかね、この日はとっても釣果が悪い日らしく、プロの皆さんもなかなか苦戦しております。

船頭さんが気を遣ってあちこちに船を移動させてくれますが、全然つれない人がたくさん。

めっちゃ値の張る竿やリール、服装まできっちり決めていらっしゃるのに何だか可哀相。



私、こういうのは割りと持ってるタイプなので、きっちり釣ってきましたが。

うん、道具じゃないね、やっぱ。


アジ


プロの皆さんにぶん殴られそうな空気なので多くを語らず帰宅。

クーラーボックスからおにぎり、なんじゃかんじゃとずーっと隣でお世話してくれた友人にぺこぺこ感謝しながら心はもう既にビールです。





さっそく鰺を捌きます。

わお、身がもったいないからってガリガリやってたらなかなか立派なお刺身が出来ました。

ついでに釣れたカサゴも素揚げに。


アジ料理



うん、当然ながら美味!

もうね、全然言っちゃいます。



私の趣味は釣りも!



意味が分かりにくいですがこう言い続けます。

そして、今回初めて釣りに行って気づいた事があります。


釣りという趣味をやるにおいて一番必要なモノは・・・


出刃包丁である!


と。



間違いないです。

竿なんて借りりゃいいって。

ま、だんだんハマっちゃうんだろうけどね。








猿と


これはね、ちょっと前に猿山に行ったとき、小猿が何故か私の周りに集まって来るものだから一緒に落ちている麦を拾っているところ。

心が通い合うわね。

エサを持っていたわけでもないのに、中には私の足の上で休憩し始める子までいて。

人間に不思議そうに見られました。

ってか俺が不思議だって。






あああああ。

乗り過ごしたよ。


また。

昼なのに。


ホーム



腹立つからさわやかに後悔しておこうとした時の写真。

はらわたは煮えくりかえっていますが何か?







変なブログ。


6

映画<ku_on>のご報告!



親友の藤倉みのりさんの芝居を観に行きました。

お相撲さんで有名な両国国技館のすぐ近くにある<シアターχ>これ、カイって読みます。


昔、ここでは何度も芝居をしました。

その時に知り合った友人、今でも仲良しだし。

一緒にやっていた奴が先日も一緒に出ていた石本っちゃんだったり星野史帆ちゃんだったり。

まあ中には身体をこわしてリタイヤした人もいたりして・・・。

何かと思い出深い舞台です。



昔、知り合った頃から比べるとものすげえ上手になっている藤倉さんとかを見ておりますと、感慨深いと言いますか、じわじわ、沸々とわき上がってくるモノがあります。

いやいやいやいや、人間ってのは生きているだけでいろんなものを重ねていているんでありますなあ・・・。

素晴らしい!



*******************************************



今月からは有り難い事に映画の撮影が待っております。

有り難い事でありますが、台詞が大変。

ガンバレ、俺。

なんてったって映画だもの。

残るもの。

私、映画を自分で作るのが目標ですから、いろんな事を勉強してこようと思っています。

おりゃああああの気持ちです!

宣伝カマしていいらしいので、発表します。


ku_on

ココカラ→クオン




ちょっとね、おっかなそうな作品かしら。

フフフ…、何か恐いんですけど…。

撮影日誌みたいなのもバンバン載せまくりますんで。

乞うご期待!!


************************************************





そして、12月に出す演劇祭の演目を決めなければならない。

脚本探し。

大体メドは付けているのですが、これがなかなか大変。

ここでの失敗は確実に3ヶ月間を無駄にしてしまいますから。

「ゲキ塾。」の皆で酔ってたかって、あーでもねえこーでもねえと侃々諤々やっております。

ううう、頭が痛い。

誰か、ステキなおもしろ脚本ご存知ありませんか?











私ね。

最近、自分の頭がおかしいんじゃないかって思う事がたくさん出てきました。

否、元々あったことなのに今まで気付かなかったというか、認識できなかったというか。


他人様に言っちゃ行けないような気がしていたのだけど、勇気を奮ってたずねてみる事にしたんです。




「ねね、俺さ、●●を▲▲で■にしたらさ、××にまっちゃうんだけど、これって変なコト?」



とかって。

答えはね、一様にキチガイ扱いされます。



あ、やっぱね・・。




本当に。

もうすぐ信長の時代なら人生が終わってしまう年齢を迎えようとしているのに、私はどうなってしまうのでしょう。

身体ばっかり立派な大人になって、中身ってか脳みそが痛くて仕方ないんですが。



むむうう・・・。

具体的に書けないのが辛いのですが、輪郭だけボカして書きますと、ウ●コちゃん騒ぎです。

ガキの頃から肥だめに落ちたり、●●しちゃっちゃっちゃったり、ことある度に私の人生について回るのですがね。



はああああ。


*******************



いやいや、今回は映画の宣伝をきっちりやる!というポジティヴな内容です。

しかもああた、とあるお世話になってる方から勢いで購入する流れになったのですが、近々私の元にバイク様が嫁いできます。

多少年増ですが、その昔はミスワールドになった事もあるべっぴんさんです。




あれ? 男だっけ? …じゃあ婿入りか?

男なら、その昔 WWC世界チャンピオン に輝いたくらいの経歴を持つ男です。

ジェームズ・ボンドで言うところのショーン・コネリー。

し、渋いのよ、このバイク。

今でも本気と勇気とドーパミンを出せば、最新のモデルを食っちゃう事も出来ます。

zzr1100.jpg



あああ、楽しくなってきた!

死なないように楽しみますとも、バイクちゃん!





ついしん。

舞台の時にピクミンさんからいただいた、頭に変な柔らかいブラしみたいなの立てて、ぞわぞわってするやつ・・。めちゃめちゃ気色悪いです。

1秒で鳥肌全開。

なんじゃあこれわっ! って皆さんにもお勧めします!








6

裸族の為のセレナーデ?




まだ少し残務処理が残っていますが・・・

時間のある役者さんだけ集まってもらい、BBQをやりました。



タープテントを立てているとき、雷がゴロゴロ鳴ってきて大雨。

あーあ、なんだこりゃ?…って思いましたがまあ去年もこんな感じでした。

始めると同時にピーカンになったし。




きっと今年もそうなるはず!と意味不明の自信があったのですが、海から出てきたくらい身体中をびしょびしょにしてから皆で乾杯しようとしたら・・・ね、ほら、ちゃんと晴れてきた。

不思議ですわ。

ただ、今年はちょっとなんか外国の・・高温多湿の国のようなお天気で、降ったり止んだりを繰り返しておりました。

酒は回るは、お腹はイイ感じになるわ、だんだん一人二人と脱ぎ初めて。

右から左まで全員乳首ビーチク、裸族の集まりに。


ま、いっか。

って、今会談ストお芝居でお世話になったNaomiちゃんんが一人残された女子になってしまいまして。


24のチクビ


<ビーチク軍団に囲まれたダンス講師の図>




で、近所にある温泉に行きまして身体を温め直し、夜の部もしっかり飲みましょうね、と。

じゃんじゃん飲み倒していった、最高の夜でした、と。




めっちゃくちゃ酔っぱらいましたが、これで今年の夏も終わったのねと実感しきり。

また、こういう美味しい酒が飲めるように頑張っていこうねと思って折るのです。





京都から来て下さった方、東北から来て下さった方、、球種から来て下さった方、地元岡山から来て下さった方、そしていつもいつも応援して見守って下っている方、有難うございました。

じゃんじゃん作っていくぞーと!





部屋飲みBBQ





ついしん

渋谷のおそば屋さんのお姉さん、マジで皆で飲みにに行くからね。

覚悟するように!

該当の記事は見つかりませんでした。